検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

biologyの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)13697 件中 1 - 40 件目

  • 5億年前の「行進」 化石発見、最古の集団行動か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

    一列に並んだ三葉虫の一種「Ampyx priscus」の化石(2019年10月17日公開)。(c)AFP PHOTO / CNRS / UNIVERSITE CLAUDE BERNARD LYON 1/JEAN VANNIER 【10月18日 AFP】モロッコ・ザゴラ(Zagora)の近く...

    5億年前の「行進」 化石発見、最古の集団行動か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
    • CNN.co.jp : 性別は720種類、脳がないのに学習 特異な生命体、パリ動物園で一般公開

      (CNN) 明るい黄色をしていて、時速4センチの速度ではうことができ、脳がなくても問題を解決でき、半分に切断されても自己修復できる――。そんな特異な生命体が、フランスのパリ動物園で19日から...

      CNN.co.jp : 性別は720種類、脳がないのに学習 特異な生命体、パリ動物園で一般公開
      • タワマンで「シカが走り回っている」 約7時間半後捕獲 札幌 | NHKニュース

        16日、札幌市のタワーマンションの敷地内に角の生えたオスのシカ1頭が出没し、最初の目撃からおよそ7時間半後に捕獲されました。 シカは角の生えたオスで、マンションの敷地内にとどまっていたことか...

        タワマンで「シカが走り回っている」 約7時間半後捕獲 札幌 | NHKニュース
        • 台湾縦断テナガエビ釣り武者修行の旅 :: デイリーポータルZ

          趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。(動画インタビュー) 前の記事:佐渡に伝わるカラフルなだ...

          台湾縦断テナガエビ釣り武者修行の旅 :: デイリーポータルZ
          • 驚愕 東工大教授が指摘「福島第一原発原子炉内“謎の生物”が!」 | FRIDAYデジタル

            驚愕 東工大教授が指摘「福島第一原発原子炉内“謎の生物”が!」 | FRIDAYデジタル
            • 理研、生物組織を簡単に長期培養できるマイクロ流体デバイス - PC Watch

              理研、生物組織を簡単に長期培養できるマイクロ流体デバイス - PC Watch
              • 人類が100年~1000年程度の時間スケールで進化させた生物一覧

                ない? 鴨→アヒル 猪→豚 狼→犬 みたいなの。

                人類が100年~1000年程度の時間スケールで進化させた生物一覧
                • ノーベル医学生理学賞に輝いた「細胞の低酸素応答」の解明は、がん治療などの追い風になる|WIRED.jp

                  JONATHAN NACKSTRAND/AFP/AFLO わたしたち人間は呼吸するたびに、食物をエネルギーに変換するうえで必要な酸素を細胞に供給している。その際の代謝率を調節するために、細胞は利用可能な酸素の量を検知...

                  ノーベル医学生理学賞に輝いた「細胞の低酸素応答」の解明は、がん治療などの追い風になる|WIRED.jp
                  • サンマが獲れないのは中国のせいじゃない? メディアが伝えない不漁の真実 | Gyoppy!(ギョッピー) - 海から、魚から、ハッピーをつくるメディア - Yahoo! JAPAN

                    秋になると「そろそろサンマが美味しい季節だなあ」と思いますよね。しかし、ここ数年、サンマの不漁がメディアで報じられることが増えています。 日本人がサンマを好きなことはわかるけど、それって本...

                    サンマが獲れないのは中国のせいじゃない? メディアが伝えない不漁の真実 | Gyoppy!(ギョッピー) - 海から、魚から、ハッピーをつくるメディア - Yahoo! JAPAN
                    • ビル・ゲイツも多額の投資「インターネット以来の大改革」とは - ライブドアニュース

                      2019年10月6日 11時0分 ざっくり言うと 米国で「インターネット以来の大革命」として合成生物学が注目を集めている 生命を構成するDNAやタンパク質などを、人工的に改変していくというもの ビル・ゲイ...

                      ビル・ゲイツも多額の投資「インターネット以来の大改革」とは - ライブドアニュース
                      • 強靭すぎるクマムシ、ついに極限環境を生き抜くメカニズムが判明 | ナゾロジー

                        Point ■極限環境におけるクマムシの高い生存能力を支えるタンパク質Dsupの働きのメカニズムが解明 ■Dsupが細胞内のDNAとタンパク質の複合体クロマチンに結びつき、ヒドロキシルラジカルからDNAを保護す...

                        強靭すぎるクマムシ、ついに極限環境を生き抜くメカニズムが判明 | ナゾロジー
                        • 山中伸弥が「人類は滅ぶ可能性がある」とつぶやいた「本当のワケ」(山中 伸弥,浅井 健博) | マネー現代 | 講談社(1/6)

                          タモリさんと山中伸弥さんが司会を務めたNHKスペシャル「シリーズ人体Ⅱ遺伝子」は、今年高視聴率を獲得した番組として話題になった。背景にあるのは、現在急速に進む「遺伝子」研究への期待と不安――。...

                          山中伸弥が「人類は滅ぶ可能性がある」とつぶやいた「本当のワケ」(山中 伸弥,浅井 健博) | マネー現代 | 講談社(1/6)
                          • エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見 - sorae 宇宙へのポータルサイトsorae 宇宙へのポータルサイト

                            土星の衛星「エンケラドゥス」から宇宙空間へ噴出した氷粒に、これまで未確認だった有機化合物が含まれていたことがわかりました。NASAのジェット推進研究所(JPL)と欧州宇宙機関(ESA)から10月2日付...

                            エンケラドゥス、生命存在の可能性高まる。噴出した水溶性の有機化合物を発見 - sorae 宇宙へのポータルサイトsorae 宇宙へのポータルサイト
                            • 分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 | 東京大学

                              分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 - 情報と機能の分業を「対称性の自発的破れ」により解明 - 研究成果 生命の根本原理の1つは、ゲノムと触媒の区別、すなわち遺伝と触媒の...

                              • 東大、分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功  :日本経済新聞

                                発表日:2019年10月2日 分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功 ~情報と機能の分業を「対称性の自発的破れ」により解明~ 1.発表者: 竹内 信人(ニュージーランド・オークランド...

                                東大、分子生物学の基本原理「セントラルドグマ」の理論的導出に成功  :日本経済新聞
                                • エイリアンは「最近」来ていないだけかも…新研究で指摘 | BUSINESS INSIDER JAPAN

                                  太陽系がある天の川銀河は、1000億個以上の恒星とそれ以上の数の惑星などで構成されている。 NASA/JPL-Caltech 人類が住む天の川銀河では、さまざまな恒星系を超えて地球以外の文明が広がっている可能...

                                  エイリアンは「最近」来ていないだけかも…新研究で指摘 | BUSINESS INSIDER JAPAN
                                  • クジラ1頭に2億円分の経済効果、IMFが試算 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                    マッコウクジラは大気中の二酸化炭素を取り込み、死んだ後は海底に沈んで炭素を隔離する。クジラ1頭の経済的価値は、生涯で数百万ドルに上る可能性がある。(PHOTOGRAPH BY GREG LECOEUR, NAT GEO IMAG...

                                    クジラ1頭に2億円分の経済効果、IMFが試算 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                    • テック業界の大物ら8人が注目、全産業を破壊する「合成生物学」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

                                      「DNAはコンピューター・プログラムに似ている。だが、これまでに作られたどのソフトウェアよりも、はるかに高度なものだ」 ビル・ゲイツは1995年、著書の中でそう述べていた。それは、DNAを読み、書き...

                                      テック業界の大物ら8人が注目、全産業を破壊する「合成生物学」 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)
                                      • 世界最大の両生類は「新種」のオオサンショウウオ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                        アトランタ動物園のチュウゴクオオサンショウウオ(Andrias davidianus)。新たな研究で、近絶滅種のチュウゴクオオサンショウウオは少なくとも3種に分類できることが明らかになった。(PHOTOGRAPH BY ...

                                        世界最大の両生類は「新種」のオオサンショウウオ | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                        • MIT Tech Review: 遺伝子療法で「痛み」根絶へ 「無敵の兵士」に軍も関心

                                          The next trick for CRISPR is gene-editing pain away 遺伝子療法で「痛み」根絶へ 「無敵の兵士」に軍も関心 遺伝子編集技術のクリスパーを用いて、病気やけがによる痛みを感じなくする疼痛治療法が...

                                          MIT Tech Review: 遺伝子療法で「痛み」根絶へ 「無敵の兵士」に軍も関心
                                          • 遺伝子組み換えされた蚊を野生に放ち撲滅する実験が失敗、予想外の結果に - GIGAZINE

                                            by skeeze 蚊は刺されるとかゆみが出てうっとうしいだけではなく、デング熱・ジカ熱・マラリアといった伝染病を媒介することでも人々を悩ませています。そんな伝染病を媒介する蚊を撲滅するため、遺伝...

                                            遺伝子組み換えされた蚊を野生に放ち撲滅する実験が失敗、予想外の結果に - GIGAZINE
                                            • セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ、秋の季語に

                                              秋に黄色い花を咲かせるセイタカアワダチソウに寄生するアブラムシの一種「セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ」が、秋の季語として『令和歳時記』に収録されることがわかった。近年の俳句ブーム...

                                              セイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシ、秋の季語に
                                              • 約5億年前のサソリやクモの祖先を発見 中国科学院の研究所 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                Mollisonia plenovenatrixの復元図。カナダ・ロイヤルオンタリオ博物館提供。(c)Xinhua News 【9月17日 Xinhua News】中国科学院南京地質古生物研究所はこのほど、同研究所の研究者がカナダのロイヤル...

                                                約5億年前のサソリやクモの祖先を発見 中国科学院の研究所 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                • カラフトマスのアレ、食べてみた | 北の大地の水族館 -山の水族館- | 公式ホームページ

                                                  カラフトマスのここはどんな味? どうも!かんちょーです! 先日カラフトマスの”あの部分”、背中の出っ張りを食べてみました。 というのも以前よく来て下さるお客様に”あの部分”がコラーゲンでできてい...

                                                  カラフトマスのアレ、食べてみた | 北の大地の水族館 -山の水族館- | 公式ホームページ
                                                  • 人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能:朝日新聞デジタル

                                                    防衛医大などは大量出血した負傷者を救命する人工血液を開発した。ウサギの実験で成功した。人工血液を素早く輸血できれば、大けがによる死者を減らせるという。論文を米輸血学誌に発表した。 血液に含...

                                                    人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能:朝日新聞デジタル
                                                    • タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                                      <豪クイーンズランド大学の研究チームは、英国人およそ50万人の遺伝子情報のデータベースを用い、「極端な近親交配」について分析した......> 近親交配は、両親の血縁が近いため、両者が有する共通の...

                                                      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
                                                      • 9歳少年が一発で発見! 巨大都市近郊で恐竜のタマゴが何万個も…(安田 峰俊) | ブルーバックス | 講談社(1/3)

                                                        猛烈な抗議活動が続く香港。現地に飛んで精力的な取材を続ける大宅賞作家・安田峰俊氏からの最新報告は「恐竜のタマゴ」。読めば現地へ行ってみたくなるスケールの大きな物語です! 現在、私は大規模な...

                                                        9歳少年が一発で発見! 巨大都市近郊で恐竜のタマゴが何万個も…(安田 峰俊) | ブルーバックス | 講談社(1/3)
                                                        • 「A型の日本人とA型のブラジル人とA型のロシア人とA型のイタリア人が同じ性格なわけないだろう」血液型性格診断に対する不満爆発…だが諦めていく流れへ - Togetter

                                                          榎宮祐 @yuukamiya68 「ノーゲーム・ノーライフ(著・絵・コミカライズ)」、「クロックワーク・プラネット(共著)」とか小説・イラスト・漫画を無軌道に書いてる在日ブラジル人。最近は頚椎痛めて治療...

                                                          「A型の日本人とA型のブラジル人とA型のロシア人とA型のイタリア人が同じ性格なわけないだろう」血液型性格診断に対する不満爆発…だが諦めていく流れへ - Togetter
                                                          • 5.5億年前の「死の行進」、初期体節動物の運動解明の手掛かりに 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                            中国南部で採取された蠕虫(ぜんちゅう)様動物「Yilingia spiciformis」(右)と死の直前に残した痕跡の化石。バージニア工科大学提供(2019年9月4日提供、撮影日不明)。(c)AFP PHOTO/ VIRGINIA TECH...

                                                            5.5億年前の「死の行進」、初期体節動物の運動解明の手掛かりに 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                            • 海外文学の「コケモモ」が実際はコケモモではなかったことにショックを受ける人たち - Togetter

                                                              「日本であまり知られていない木が出てきたらトネリコって訳しておけばいいってえらいひとが言ってましたー!」って友人に教えてもらったのだけれど、最近気づいたのが「コケモモ」問題ですよ、おくさ...

                                                              海外文学の「コケモモ」が実際はコケモモではなかったことにショックを受ける人たち - Togetter
                                                              • 霞ケ浦で野生化した真珠養殖用の貝はでかくてうまい :: デイリーポータルZ

                                                                趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。(動画インタビュー) 前の記事:海で摘むところから海苔を...

                                                                霞ケ浦で野生化した真珠養殖用の貝はでかくてうまい :: デイリーポータルZ
                                                                • 進化心理学はなぜ批判されるのか? - 道徳的動物日記

                                                                  quillette.com 上記のQuilletteの記事を要約紹介しつつ、雑感を書く。…というか、ダラダラと長ったらしい記事なので、思い切って要点や特徴的な点だけ紹介する。 上記の記事では、デビッド・バスとウィ...

                                                                  進化心理学はなぜ批判されるのか? - 道徳的動物日記
                                                                  • 細菌の遺伝子を持った牛が誤って作り出されてしまう - GIGAZINE

                                                                    by Jahoo Clouseau 「ツノのない雄牛」を遺伝子編集で作り出そうとしたところ、誤って細菌のDNAシーケンスが牛のゲノムに挿入されてしまっていたことが判明しました。遺伝子編集を行った企業はこのこと...

                                                                    細菌の遺伝子を持った牛が誤って作り出されてしまう - GIGAZINE
                                                                    • 汚れた海「東京湾」は本当に回復しているのか | 雑学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

                                                                      東京湾の環境は回復していると言われますが、はたして実態はどうなのでしょうか?(写真:Yoshitaka/PIXTA) 目前に控えた東京オリンピックをきっかけに、関心が高まっているのが東京湾の環境だ。いま...

                                                                      汚れた海「東京湾」は本当に回復しているのか | 雑学 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
                                                                      • 実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                                        培養開始から10か月が経過した「脳オルガノイド」。米カリフォルニア大学サンディエゴ校のムオトリ研究所提供(2019年8月29日提供)。(c)AFP PHOTO / Muotri Lab/ UCTV 【8月30日 AFP】実験室で培養し...

                                                                        実験室で培養の「ミニ脳」に神経活動、人の脳に類似 米研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                                        • 世界初 ヒトのたんぱく質ほぼすべての合成に成功 愛媛大 | NHKニュース

                                                                          ヒトの生命活動に関わる主なたんぱく質のほぼすべてとされる2万4000種類余りを、人工的に合成することに愛媛大学が世界に先駆けて成功し、新たな薬の開発などに役立つと期待されています。 愛媛大学の...

                                                                          世界初 ヒトのたんぱく質ほぼすべての合成に成功 愛媛大 | NHKニュース
                                                                          • 失明状態の女性が視力回復! 大阪大がiPS細胞角膜移植 TBS NEWS

                                                                            大阪大学眼科の西田幸二教授らのグループは先月、角膜の表面が傷つき失明状態にある角膜上皮幹細胞疲弊症の患者に、iPS細胞から作った角膜シートを移植し、先週、退院したと発表しました。 角膜シー...

                                                                            失明状態の女性が視力回復! 大阪大がiPS細胞角膜移植 TBS NEWS
                                                                            • 「酒を飲まない人」をバカにする人たちは「大きな勘違い」をしている(藤野 英人) | マネー現代 | 講談社(1/5)

                                                                              20代の半数以上は「ほとんど飲まない」 近年、「若い人がお酒を飲まなくなった」という話をよく聞きます。実際、厚生労働省の「国民健康・栄養調査(平成29年)」によると、週3日以上お酒を飲む人は50...

                                                                              「酒を飲まない人」をバカにする人たちは「大きな勘違い」をしている(藤野 英人) | マネー現代 | 講談社(1/5)
                                                                              • 目にナノ粒子を注入することで暗視が可能になる技術に進展 - GIGAZINE

                                                                                by Mati Mango 人間を始めとする哺乳類は400~700nmの光の波長を検知するため、通常は近赤外線のような750nm以上の波長を認識することができないようになっています。このため、夜間に物体を把握するた...

                                                                                目にナノ粒子を注入することで暗視が可能になる技術に進展 - GIGAZINE
                                                                                • ぼくを食べてよ!「食べられるロボ」は何に役立つ?

                                                                                  ぼくの顔をお食べよ―。こんな食べられるロボットの研究が進んでいる。高野豆腐やかまぼこなど、日本の伝統的な食品加工のノウハウを駆使してロボットの身体を作る。災害時の人命救助や「ソフトロボット...

                                                                                  ぼくを食べてよ!「食べられるロボ」は何に役立つ?