検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

biologyの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)18008 件中 1 - 40 件目

  • 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム - 毎日新聞

    駿河湾で発見された新種「ヨコヅナイワシ」。釣り上げた際にうろこの多くがはがれ落ちた=海洋研究開発機構提供 静岡県沖の駿河湾で、海洋研究開発機構などの研究チームが全長1メートルを超える新種の...

    駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム - 毎日新聞
    • 生態系の頂点?深海魚ヨコヅナイワシ発見 体重25キロ:朝日新聞デジタル

      静岡県沖の駿河湾の水深2千メートルを超す深海から、体長1・4メートル、体重25キロに達する新種の魚を海洋研究開発機構などのチームが見つけた。90種以上いるセキトリイワシ科の魚の中で最も大きく、駿...

      生態系の頂点?深海魚ヨコヅナイワシ発見 体重25キロ:朝日新聞デジタル
      • 新種の巨大深海魚「ヨコヅナイワシ」を発見~駿河湾深部に潜むアクティブなトップ・プレデター~<プレスリリース<海洋研究開発機構 | JAMSTEC

        1. 発表のポイント ◆セキトリイワシ科として最大種となる新種の発見 ◆非常に栄養段階が高く、駿河湾深部のトップ・プレデター ◆生態系への影響力があり、脆弱で環境変動の影響を受けやすいトップ・プレ...

        • 1m超える新種の深海魚「ヨコヅナイワシ」発見 静岡沖 駿河湾 | 環境 | NHKニュース

          静岡県沖の駿河湾で、体長1メートルを超える大型の新種の深海魚が見つかり、「ヨコヅナイワシ」と名付けられました。発見したグループは「これほど大型の魚が見つからずにいたのは珍しい」としています...

          1m超える新種の深海魚「ヨコヅナイワシ」発見 静岡沖 駿河湾 | 環境 | NHKニュース
          • ハトを食べる東欧の巨大ナマズ、西欧で在来魚の脅威に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

            東欧原産のヨーロッパオオナマズ。成長すると体長3メートルにもなる。 (PHOTOGRAPH BY STEPHANE GRANZOTTO / NPL / MINDEN PICTURES) フレデリック・サントゥール氏が、ヨーロッパ最大の淡水魚の貪欲...

            ハトを食べる東欧の巨大ナマズ、西欧で在来魚の脅威に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
            • 甘葛(あまづら)を復元し『枕草子』『今昔物語集』に登場した究極古代スイーツを作る | ブルーバックスアウトリーチ | 講談社

              失われた幻の甘味料「甘葛」 砂糖が日本に伝来したのは754年。唐の高僧・鑑真によるものとされています。しかし、砂糖が広く口にされるようになるには、鎌倉時代以降の対外貿易の拡大まで待たねばなり...

              甘葛(あまづら)を復元し『枕草子』『今昔物語集』に登場した究極古代スイーツを作る | ブルーバックスアウトリーチ | 講談社
              • ロリドゥラ属 - Wikipedia

                ロリドゥラ属(ロリドゥラぞく、ロリズラ属、学名Roridula)は双子葉植物に属する食虫植物の属。南アフリカ南部(ケープ植物区)の湿地に自生する2種(R. gorgoniasとR. dentata)からなる。クロンキス...

                ロリドゥラ属 - Wikipedia
                • ネコのマタタビ反応の謎を解明 -マタタビ反応はネコが蚊を忌避するための行動だった- | 京都大学

                  金子周司 薬学研究科教授、宮崎雅雄 岩手大学教授、上野山怜子 同修士課程学生、西川俊夫 名古屋大学教授、英国・リヴァプール大学の研究者らの研究グループは、ネコのマタタビ反応が蚊の忌避活性を有...

                  ネコのマタタビ反応の謎を解明 -マタタビ反応はネコが蚊を忌避するための行動だった- | 京都大学
                  • マタタビのネコに作用する物質を同定 岩手大などのグループ | NHKニュース

                    ネコは植物のマタタビを与えると、体にこすりつけるなどの特有な反応をすることが知られていますが、岩手大学などの研究グループは、ネコに作用する物質をマタタビから同定したと発表しました。この物...

                    マタタビのネコに作用する物質を同定 岩手大などのグループ | NHKニュース
                    • 『種を語ること、定義すること:種問題の科学哲学』書評 - leeswijzer: een nieuwe leeszaal van dagboek

                      網谷祐一 (2020年12月20日刊行,勁草書房,東京, viii+238+xv pp., 本体価格3,200円, ISBN:978-4-326-10288-4 → 目次|版元ページ) 【書評】※Copyright 2021 by MINAKA Nobuhiro. All rights reserve...

                      『種を語ること、定義すること:種問題の科学哲学』書評 - leeswijzer: een nieuwe leeszaal van dagboek
                      • 遺伝的アルゴリズムでエッチな絵を作る試み、ついにどこからどう見てもセクシーなお姉さんが出現 - Togetter

                        群青ちきん @miseromisero エッチな画像が欲しかったので、遺伝的アルゴリズムでエッチな画像を生成するシステムを開発しました。サイトでみなさんの好みを送り続けると、だんだんとエッチな画像が表示...

                        遺伝的アルゴリズムでエッチな絵を作る試み、ついにどこからどう見てもセクシーなお姉さんが出現 - Togetter
                        • 昆虫で初、「よろい」着たアリ発見 炭酸カルシウム製:朝日新聞デジタル

                          中米にすむハキリアリの一種(Acromyrmex echinatior)が、その体にマグネシウムを含む炭酸カルシウムの硬い「よろい」を着ていることがわかった。こうした物質を他の生物が持つことは知られていたが...

                          昆虫で初、「よろい」着たアリ発見 炭酸カルシウム製:朝日新聞デジタル
                          • ディノ・ネット デジタル恐竜展示室

                            2020年、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、博物館のような文化施設に多くの人々が集まり、楽しみながら学ぶことが難しくなってしまいました。 本事業では最先端のデジタル技術を駆使して、恐...

                            ディノ・ネット デジタル恐竜展示室
                            • MIT Tech Review: ディープマインド、生物学における50年越しの難問をAIで解決

                              ディープマインドが開発した新たなアルゴリズムは、タンパク質の構造を原子サイズで正確に予測できる。この画期的な進歩は生物学における50年越しの難問を解決し、新薬の開発や疾病の解明に取り組む科...

                              MIT Tech Review: ディープマインド、生物学における50年越しの難問をAIで解決
                              • “蚊のタンパク質 ”人工的に作り 高感度の臭いセンサー開発 | NHKニュース

                                遺伝子をもとに蚊が臭いを感じるタンパク質を人工的に作り出し、高感度のセンサーとして使うことに成功したと東京大学などの研究グループが発表し、改良を重ねて実用化を目指したいとしています。 動物...

                                “蚊のタンパク質 ”人工的に作り 高感度の臭いセンサー開発 | NHKニュース
                                • 絶滅オオカミ「ダイアウルフ」、実はオオカミと遠縁だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                  赤毛のダイアウルフ(Canis dirus)とタイリクオオカミ(Canis lupus)の対決。アーティストのマウリシオ・アントン氏が研究者の意見を聞いて2020年に描いた。ダイアウルフはドール(アカオオカミ)や...

                                  絶滅オオカミ「ダイアウルフ」、実はオオカミと遠縁だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                  • 脳内でイメージを思い描くことができない「アファンタジア」とそうでない人の記憶力はどう違うのか? - GIGAZINE

                                    ほとんどの人は「犬を想像してください」と言われれば、頭の中に犬の姿を画像として思い浮かべることができます。ところが、アファンタジアと呼ばれる一部の人々は犬が持つ特徴を言葉で説明することは...

                                    脳内でイメージを思い描くことができない「アファンタジア」とそうでない人の記憶力はどう違うのか? - GIGAZINE
                                    • マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                      Man Injects Magic Mushrooms, Gets Organ Failure As They Grow in His Blood <煮出した「お茶」を静脈注射したところ下痢や吐血の症状が。臓器損傷が確認され集中治療室に運ばれる羽目に> 幻覚作用...

                                      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
                                      • 東京の公園で木の伝染病が急拡大 500本枯れ、伐採:朝日新聞デジタル

                                        東京都内の公園で、広葉樹の伝染病「ナラ枯れ」が広がっている。都公園協会によると、今年度は500本以上が枯れ、44本だった昨年度の10倍超に上る。梅雨が長くて気温が高かったこの夏、原因菌を運ぶ虫が...

                                        東京の公園で木の伝染病が急拡大 500本枯れ、伐採:朝日新聞デジタル
                                        • 日本最大の川エビ「コンジンテナガエビ」を捕まえて食べる :: デイリーポータルZ

                                          「テナガエビ」というエビをご存知だろうか。 川に棲む、その名のとおり腕の長~いエビで食用にもなる。ただし、ボディーは小指ほどしかなく、主な調理法は丸ごと唐揚げにしてバリバリかじるものである...

                                          日本最大の川エビ「コンジンテナガエビ」を捕まえて食べる :: デイリーポータルZ
                                          • 都市の隙間に「自然」と「生活の楽しみ」を探す。【路上園芸学会・村田あやこさんインタビュー 1/3】|さんたつ by 散歩の達人

                                            新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店舗の休業や営業時間の変更、イベントの延期・中止など、掲載内容と異なる場合がございます。 事前に最新情報のご確認をお願いいたします。 2020年10月に初...

                                            都市の隙間に「自然」と「生活の楽しみ」を探す。【路上園芸学会・村田あやこさんインタビュー 1/3】|さんたつ by 散歩の達人
                                            • 中島保寿(古生物研/都市大) on Twitter: "共著論文が掲載されました。茨城県唯一の翼竜化石「ヒタチナカリュウ」は、翼竜ではなく巨大なスッポンでした。 https://t.co/Lab0FDPf1e https://t.co/R8lBv2pe1e"

                                              共著論文が掲載されました。茨城県唯一の翼竜化石「ヒタチナカリュウ」は、翼竜ではなく巨大なスッポンでした。 https://t.co/Lab0FDPf1e https://t.co/R8lBv2pe1e

                                              中島保寿(古生物研/都市大) on Twitter: "共著論文が掲載されました。茨城県唯一の翼竜化石「ヒタチナカリュウ」は、翼竜ではなく巨大なスッポンでした。 https://t.co/Lab0FDPf1e https://t.co/R8lBv2pe1e"
                                              • 川原に積まれた石の隙間に棒を突っ込んでハゼを釣る方法を学びたい :: デイリーポータルZ

                                                趣味は食材採取とそれを使った冒険スペクタクル料理。週に一度はなにかを捕まえて食べるようにしている。最近は製麺機を使った麺作りが趣味。(動画インタビュー) 前の記事:能登半島・九十九湾の観光...

                                                川原に積まれた石の隙間に棒を突っ込んでハゼを釣る方法を学びたい :: デイリーポータルZ
                                                • 加齢した父親の精子が子どもの神経発達障害に影響する、東北大が確認 | マイナビニュース

                                                  東北大学は1月4日、父親の加齢が子どもの神経発達障害様行動異常の原因となりうること、またその原因となる分子病態基盤として、神経分化を制御するタンパク質「REST/NRSF」が関与し、加齢した父親の精...

                                                  加齢した父親の精子が子どもの神経発達障害に影響する、東北大が確認 | マイナビニュース
                                                  • ネアンデルタール人は冬眠していた?  | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                                    クロアチアのクラピナ・ネアンデルタール博物館での展示...... REUTERS/Nikola Solic <スペイン北部の遺跡で見つかった化石骨の損傷状態を調べたところ、ネアンデルタール人が厳しい冬をやり過ごすた...

                                                    ネアンデルタール人は冬眠していた?  | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト
                                                    • [翻訳] BioNTech/Pfizer の新型コロナワクチンを〈リバースエンジニアリング〉する|柞刈湯葉 Yuba Isukari|note

                                                      本記事は Bert Hubert による [Reverse Engineering the source code of the BioNTech/Pfizer SARS-CoV-2 Vaccine] を許可を得て日本語訳したものです。 はじめにようこそ。この記事では、バイオンテッ...

                                                      [翻訳] BioNTech/Pfizer の新型コロナワクチンを〈リバースエンジニアリング〉する|柞刈湯葉 Yuba Isukari|note
                                                      • Tsumoto🐒 on Twitter: "今年読んだ論文の中で最も衝撃だったのが 「皮膚のニューロンが信号伝達だけでなく大脳皮質同様の計算処理を行っている」 というこの論文 https://t.co/XNnzihVQY0 信号伝達しかしないと思われていた指先の末梢ニュー… https://t.co/5fltTYTrUK"

                                                        今年読んだ論文の中で最も衝撃だったのが 「皮膚のニューロンが信号伝達だけでなく大脳皮質同様の計算処理を行っている」 というこの論文 https://t.co/XNnzihVQY0 信号伝達しかしないと思われていた指...

                                                        Tsumoto🐒 on Twitter: "今年読んだ論文の中で最も衝撃だったのが 「皮膚のニューロンが信号伝達だけでなく大脳皮質同様の計算処理を行っている」 というこの論文 https://t.co/XNnzihVQY0 信号伝達しかしないと思われていた指先の末梢ニュー… https://t.co/5fltTYTrUK"
                                                        • 動物はいつから眠るようになったのか? – 脳のないヒドラから睡眠の起源を探る | academist Journal

                                                          脳があるから眠るのか? 睡眠は私たちにとって欠かすことのできない生理現象のひとつです。生物は睡眠をとることで、身体を休養させ、心身のメンテナンスを行っています。睡眠不足になると、疲労が溜ま...

                                                          動物はいつから眠るようになったのか? – 脳のないヒドラから睡眠の起源を探る | academist Journal
                                                          • Reverse Engineering the source code of the BioNTech/Pfizer SARS-CoV-2 Vaccine - Articles

                                                            Reverse Engineering the source code of the BioNTech/Pfizer SARS-CoV-2 Vaccine Translations: ελληνικά / عربى / 中文 (Weixin video, Youtube video) / 粵文 / bahasa Indonesia / český / Català...

                                                            Reverse Engineering the source code of the BioNTech/Pfizer SARS-CoV-2 Vaccine - Articles
                                                            • 英国と世界がコロナ変異株に警戒する理由(小野昌弘) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                              12月19日、ボリス・ジョンソン首相はロンドンならびに隣接するイングラント南東部を封鎖(ロックダウン)する決定をした。この決定にあたり、これらの地域では12月に新規感染と入院数が急増し、...

                                                              英国と世界がコロナ変異株に警戒する理由(小野昌弘) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                              • 続・コロナの革命的ワクチンを導いた女性移民研究者 - 船引宏則|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

                                                                前回は、ワクチンが働く仕組みと、その開発の難しさを中心に解説した。今回は、新型コロナワクチンがなぜこれほど超短期間で開発できたのか、その「奇跡」に欠かせなかった数々のブレークスルーを起こ...

                                                                続・コロナの革命的ワクチンを導いた女性移民研究者 - 船引宏則|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
                                                                • コロナの革命的ワクチンを導いた女性移民研究者 - 船引宏則|論座 - 朝日新聞社の言論サイト

                                                                  あるツイートから興味を持って調べ始めた 2020年12月13日、日曜日の朝。 妻は早々にロッククライミングに出かけてしまい、残された私はベッドでiPadに流れてくるツイッターを眺めていた。すると、ある...

                                                                  コロナの革命的ワクチンを導いた女性移民研究者 - 船引宏則|論座 - 朝日新聞社の言論サイト
                                                                  • 地球外生命の兆候が恒星のフレアによって検出しやすくなる可能性 | sorae 宇宙へのポータルサイト

                                                                    恒星で生じたフレアを描いた想像図(Credit: NASA’s Goddard Space Flight Center/S. Wiessinger) ノースウェスタン大学のHoward Chen氏らの研究グループは、恒星のフレアが太陽系外惑星の大気に及ぼ...

                                                                    地球外生命の兆候が恒星のフレアによって検出しやすくなる可能性 | sorae 宇宙へのポータルサイト
                                                                    • タコが「一緒に狩りをしている魚を殴る」様子が撮影される、一体なぜタコは魚を殴るのか? - GIGAZINE

                                                                      タコは食材として人気がある一方で高い知能を持っていることでも知られており、一部の科学者は認知能力の高さや動物福祉を理由に「タコの養殖をやめるべき」と主張しています。ポルトガルの研究チーム...

                                                                      タコが「一緒に狩りをしている魚を殴る」様子が撮影される、一体なぜタコは魚を殴るのか? - GIGAZINE
                                                                      • 新型コロナ重症化関与か 5つの遺伝子特定 英大学などグループ | 新型コロナウイルス | NHKニュース

                                                                        新型コロナウイルスの患者の重症化に関わっているとみられる5つの遺伝子を特定することにイギリスの大学などのグループが成功し、新たな治療法の開発につながるとして注目されています。 この研究は、...

                                                                        新型コロナ重症化関与か 5つの遺伝子特定 英大学などグループ | 新型コロナウイルス | NHKニュース
                                                                        • ナニコレ珍○○ vol.2 | マリンワールド海の中道

                                                                          こんにちは!大水槽担当の明石です。 またまた水槽であるものを拾ったのでご紹介します。 今回紹介するのは…これ!! ナニコレ~~‼‼ 水槽の中に20数個の謎の物体が転がっていたのです。 「多分、何かの...

                                                                          • イギリスの新型コロナ変異ウイルスは何が問題なのか(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                                            ここ数週間、イギリスの南東イングランドで新型コロナウイルス感染症の症例が急増し、疫学調査およびウイルス学的調査が強化されたところ、この地域での症例の大部分が変異した新型コロナウイルスによ...

                                                                            イギリスの新型コロナ変異ウイルスは何が問題なのか(忽那賢志) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                                            • Preliminary genomic characterisation of an emergent SARS-CoV-2 lineage in the UK defined by a novel set of spike mutations - nCoV-2019 Genomic Epidemiology - Virological

                                                                              Preliminary genomic characterisation of an emergent SARS-CoV-2 lineage in the UK defined by a novel set of spike mutations Report written by: Andrew Rambaut1, Nick Loman2, Oliver Pybus3, ...

                                                                              Preliminary genomic characterisation of an emergent SARS-CoV-2 lineage in the UK defined by a novel set of spike mutations - nCoV-2019 Genomic Epidemiology - Virological
                                                                              • なぜ冬にコロナは広がりやすいのか? 理由は「密閉」の他にも | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                                季節の変化は、ウイルスのふるまいを変え、病気に対する人間の自然な抵抗力をも変化させる。寒く、乾燥し、日光の量も少ない冬の間は、新型コロナウイルスをはじめとする呼吸器疾患への抵抗力が下がる...

                                                                                なぜ冬にコロナは広がりやすいのか? 理由は「密閉」の他にも | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                                • ワタリガラスの知能は大型の類人猿並みであることが明らかに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

                                                                                  <ドイツのオスナブリュック大学の研究による、ワタリガラス(ハシブトガラスよりも一回り大きい渡り鳥)には大型の類人猿並みの物理的・社会的な能力があることが明らかになった......> 大型類人猿と...

                                                                                  ワタリガラスの知能は大型の類人猿並みであることが明らかに | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト