検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

evolutionの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)1848 件中 1 - 40 件目

  • 進化心理学はなぜ批判されるのか? - 道徳的動物日記

    quillette.com 上記のQuilletteの記事を要約紹介しつつ、雑感を書く。…というか、ダラダラと長ったらしい記事なので、思い切って要点や特徴的な点だけ紹介する。 上記の記事では、デビッド・バスとウィ...

    進化心理学はなぜ批判されるのか? - 道徳的動物日記
    • 恐竜の始まりからその終わり、さらに「現代の恐竜」まで、一冊でみっしりまとまった快作──『恐竜の世界史──負け犬が覇者となり、絶滅するまで』 - 基本読書

      恐竜の世界史――負け犬が覇者となり、絶滅するまで 作者: スティーブ・ブルサッテ,土屋健,黒川耕大出版社/メーカー: みすず書房発売日: 2019/08/09メディア: 単行本この商品を含むブログを見るこの『恐...

      恐竜の始まりからその終わり、さらに「現代の恐竜」まで、一冊でみっしりまとまった快作──『恐竜の世界史──負け犬が覇者となり、絶滅するまで』 - 基本読書
      • 進化はどこまで予測可能なのか?──『生命の歴史は繰り返すのか?: 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む』 - 基本読書

        生命の歴史は繰り返すのか?ー進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む 作者: Jonathan B. Losos,的場知之出版社/メーカー: 化学同人発売日: 2019/06/01メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブロ...

        進化はどこまで予測可能なのか?──『生命の歴史は繰り返すのか?: 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む』 - 基本読書
        • 第3回 恐竜絶滅の謎を解く鍵と、その意味とは | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

          隕石の衝突で恐竜が絶滅したというのは、イメージの喚起力が強い魅力的な説だ。1980年にアルバレズ親子によって提唱された当初は、そのまま信じる研究者は多くなかったものの、その後、事情が徐々に変...

          第3回 恐竜絶滅の謎を解く鍵と、その意味とは | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
          • デニソワ人のDNAの謎解明か 16万年前にチベット高地に適応 研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

            1980年に中国甘粛省夏河の白石崖溶洞で見つかった下顎骨をデジタル処理した画像。独マックス・プランク進化人類学研究所提供(2019年5月1日提供)。(c)AFP / Max Planck Institute for Evolutionary An...

            デニソワ人のDNAの謎解明か 16万年前にチベット高地に適応 研究 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
            • 常識覆す奇妙なカニの化石を発見、カニ界に激震 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

              新たに化石が発見された9000万年前のカニ、Callichimaera perplexaの復元図。史上最も奇妙なカニかもしれない。(ILLUSTRATION BY OKSANA VERNYGORA, UNIVERSITY OF ALBERTA) カニとは何か? カニを...

              常識覆す奇妙なカニの化石を発見、カニ界に激震 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
              • フィリピンで新種の原人を発見、人類の進化に新たな説も - BBCニュース

                ポール・リンコン、BBCニュースウェブサイト、科学編集長 Image copyright Florent Detroit Image caption ルソン原人の指の骨は湾曲しており、木などを登る行為が生活に重要だったことを示している フ...

                フィリピンで新種の原人を発見、人類の進化に新たな説も - BBCニュース
                • 巨大な単細胞生物「海ぶどう」の全ゲノム解読 | 沖縄科学技術大学院大学 OIST

                  概要 沖縄科学技術大学院大学(OIST、沖縄県恩納村、学長ピーター・グルース)は、沖縄県恩納村漁業協同組合と共同で、沖縄県を代表する食用海藻である、海ぶどう(標準和名・クビレズタ)の全ゲノム解...

                  • キングペンギンのくちばしに関する衝撃の事実にペンギン好きな人もびっくり「えええ!? どういうこと!?」 - Togetter

                    旭川市旭山動物園公式アカウントです。当園に関わる情報を発信します。返信やフォロー等は原則として行いませんので予めご了承下さい(※RTは自由です)。お問い合わせはHP記載の連絡先、またはasahiyam...

                    キングペンギンのくちばしに関する衝撃の事実にペンギン好きな人もびっくり「えええ!? どういうこと!?」 - Togetter
                    • 植物学者が突き止めたサツマイモの秘密 - 鳥居啓子|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト

                      「遺伝子組み換え作物=GMO」という言葉にどのようなイメージを抱くだろうか。 ハワイのパパイア産業を救ったウイルス抵抗性を持つパパイア。発展途上国の貧困児童の失明を防ぐと期待されたビタミンAを...

                      植物学者が突き止めたサツマイモの秘密 - 鳥居啓子|WEBRONZA - 朝日新聞社の言論サイト
                      • 『なぜ人は弱者を税金で生かすのか』 そんな質問に、「凄まじい答え」が寄せられた | BUZZmag

                        自然界は弱肉強食なのに、人が弱者を税金で生かしているのはどうしてなのか。 今の人間社会は理にかなっていないのではないか。 そして村上賢司 (@murakenkawaguti)さんは、この問いに対して投稿された...

                        『なぜ人は弱者を税金で生かすのか』 そんな質問に、「凄まじい答え」が寄せられた | BUZZmag
                        • ダーウィンを魅了した「フジツボ」という生物 | 考える四季 | 倉谷うらら | Webでも考える人 | 新潮社

                          フジツボのあまりの美しさに思わずため息が出ることがある。先日、ある水族館からムラサキハダカエボシを譲っていただいた。丸みを帯びた体は、透明感のある薄紫色。まるでアメジストでつくった勾玉の...

                          ダーウィンを魅了した「フジツボ」という生物 | 考える四季 | 倉谷うらら | Webでも考える人 | 新潮社
                          • 書評 「心の進化を解明する」 - shorebird 進化心理学中心の書評など

                            心の進化を解明する――バクテリアからバッハへ 作者: ダニエル・C・デネット出版社/メーカー: 青土社発売日: 2018/06/23メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る ダニエル・デネットは進化生物学...

                            書評 「心の進化を解明する」 - shorebird 進化心理学中心の書評など
                            • 鳥類の有色卵、起源は恐竜に 化石分析で判明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                              【11月2日 AFP】鳥類の有色卵は恐竜から直接受け継がれたものだとする研究論文が先月31日、英科学誌ネイチャー(Nature)に発表された。鳥類と恐竜にはこれまで考えられてきたよりも多くの共通点がある...

                              鳥類の有色卵、起源は恐竜に 化石分析で判明 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                              • 哺乳類だけなんで知能が高くなったの

                                爬虫類や魚類や鳥類はなぜ 文字を書いたり道具を使えたりできるようにならなかったのか

                                哺乳類だけなんで知能が高くなったの
                                • マジックマッシュルームは昆虫の脳を混乱させるために進化した : カラパイア

                                  マジックマッシュルームとは、シロシビンやシロシンを含んだキノコの俗称でその特徴は主に幻覚作用である。 200以上の種類があるのだが、不思議なことにそれらはお互い関係がない。 常識的には、シロシ...

                                  マジックマッシュルームは昆虫の脳を混乱させるために進化した : カラパイア
                                  • 鳥や爬虫類にそっくり ナマケモノの奇妙な代謝方法 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                    コスタリカのミユビナマケモノ。新たな研究で、他の哺乳類には見られない独特な代謝を行っていることがわかった。(PHOTOGRAPH BY ROY TOFT, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE) ナマケモノは変わった生き...

                                    鳥や爬虫類にそっくり ナマケモノの奇妙な代謝方法 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                    • 世界で初めて「性を失った」シロアリを発見 -シロアリの常識を覆すメスだけの社会- — 京都大学

                                      矢代敏久 農学研究科特定研究員(現・シドニー大学研究員)、松浦健二 同教授、小林和也 フィールド科学教育研究センター講師らの研究グループは、本来はオスとメスが共同で社会生活を営んでいるシロア...

                                      世界で初めて「性を失った」シロアリを発見 -シロアリの常識を覆すメスだけの社会- — 京都大学
                                      • 絶海の孤島「南硫黄島」へ各分野の研究者が集結した科学調査隊が探検を敢行、困難の末に貴重な発見が次々と! #NHKスペシャル - Togetter

                                        島じゅうが45度の傾斜地。この島だけで見られる生命の輝きを記録しようと、かじりつく科学者たち。水と食料を、荒波の中、陸揚げし続けるダイバー部隊。背負って山揚げし続ける山岳部隊。急傾斜のア...

                                        絶海の孤島「南硫黄島」へ各分野の研究者が集結した科学調査隊が探検を敢行、困難の末に貴重な発見が次々と! #NHKスペシャル - Togetter
                                        • 絶滅クマのDNA、ヒグマで発見、異種交配していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                          ヒグマの亜種で、グリズリーと呼ばれるハイイログマ。食べ物や危険の兆候はないかと、風の匂いをかいでいる。グリズリーのDNAの一部も、数万年前に絶滅したホラアナグマに由来する可能性がある。(Phot...

                                          絶滅クマのDNA、ヒグマで発見、異種交配していた | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                          • 進化的アーキテクチャ - nikulog

                                            進化的アーキテクチャという本が翻訳され出版された。光栄なことにレビューに参加させていただていた。 私が手探りでやっていたアーキテクチャ構築というものに対する姿勢を一変させるような本だった。...

                                            • 【プレスリリース】哺乳類と鳥類の脳サイズ進化に関する新しい法則|国立大学法人 総合研究大学院大学

                                              プレスリリース概要 哺乳類と鳥類の脳サイズ進化に関する新しい法則 【研究概要】 ヒトを含む哺乳類と鳥類は同じ大きさの魚類や両生類と比べておよそ10倍〜20倍大きな脳を持っています。哺乳類と鳥...

                                              • なぜこの世界に同性愛者が存在するのか? - デマこい!

                                                同性愛者の存在は謎である。 動物は繁殖して、うまく子孫を残せた者だけが生き残ってきたのではないか? であれば、子孫を残せない同性愛者は進化の過程で淘汰されたはずだ。 したがって同性愛がヒトの...

                                                なぜこの世界に同性愛者が存在するのか? - デマこい!
                                                • 女性の乳首、男性より多様 進化生物学の定説覆す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                  仏パリで開かれた世界母乳育児週間のオープニングイベント(2009年10月11日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / THOMAS COEX 【6月28日 AFP】女性の乳首は男性の乳首に比べてはるかに多様性に富んでいる...

                                                  女性の乳首、男性より多様 進化生物学の定説覆す 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                  •  「進化はモラルを説明できるか」 - shorebird 進化心理学中心の書評など

                                                    東大文学部の社会心理研究室では「新・社会心理学コロキウム」として国内外で活躍する研究者を招聘したコロキウムを本郷で開催している.先月25日開催コロキウムには数理生物学者の大槻久が登場すると...

                                                     「進化はモラルを説明できるか」 - shorebird 進化心理学中心の書評など
                                                    • 産総研:セミの共生菌は冬虫夏草由来

                                                      多くのセミ類で本来の共生細菌が共生真菌に置換していることを発見 これらの共生真菌はセミ寄生性冬虫夏草を起源として繰り返し進化してきたことを解明 寄生と相利共生の間の生態的・進化的な連続性を...

                                                      • 最古のトカゲの化石を発見、「全てのトカゲの母」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                        世界で最初のトカゲがどのような外見をしていたかについて、科学者はようやく理解できたのかもしれない。 今回新たに調べられた化石標本が、トカゲやヘビを含む全ての爬虫類有鱗目(ゆうりんもく)の共...

                                                        最古のトカゲの化石を発見、「全てのトカゲの母」 | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                        • 新説「恐竜絶滅」を生き延びたのは地上の鳥だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                          小惑星の衝突後、燃えさかる森林から逃げ出す地上性の鳥の想像図。(ILLUSTRATION BY PHILLIP M. KRZEMINSKI) 今から6600万年前の白亜紀末、直径約15キロの小惑星が地球に衝突した。爆発の威力は原子...

                                                          新説「恐竜絶滅」を生き延びたのは地上の鳥だった | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                          • 人間の脳の大型化、生活環境と文化がカギ? 英研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                            英ロンドンで開催の企画展で展示されたさまざまなステージの脳のモデル(2012年3月27日撮影)。(c)AFP/MIGUEL MEDINA 【5月24日 AFP】人間の脳は体に不釣り合いなほど大きい。大脳皮質(灰白質)が豊富...

                                                            人間の脳の大型化、生活環境と文化がカギ? 英研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                            • 鳥に歯がない理由に新説、卵のふ化を早めるため 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                              くちばしを開く2羽のカラスのひな。ロシア・モスクワの巣で(2018年5月12日撮影、資料写真)。(c)AFP PHOTO / Yuri KADOBNOV 【5月23日 AFP】なぜ鳥類は歯を失ったのか? 歯をなくすことで体重が軽くな...

                                                              鳥に歯がない理由に新説、卵のふ化を早めるため 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                              • 「タコやイカは地球外生物の影響から生まれた」とする説を科学者グループが発表 - GIGAZINE

                                                                By khaosproductions タコやイカなど多くの足(触腕)を持つ頭足類の動物の起源は「宇宙からやって来た」とする説を、複数の科学者による多国籍グループが発表しました。 Cause of Cambrian Explosion - ...

                                                                「タコやイカは地球外生物の影響から生まれた」とする説を科学者グループが発表 - GIGAZINE
                                                                •  「Darwin Comes to Town」 - shorebird 進化心理学中心の書評など

                                                                  Darwin Comes to Town (English Edition) 作者: Menno Schilthuizen出版社/メーカー: Quercus発売日: 2018/02/08メディア: Kindle版この商品を含むブログ (1件) を見る 本書は現代の都市を1つの進化環...

                                                                   「Darwin Comes to Town」 - shorebird 進化心理学中心の書評など
                                                                  • 5月7日;オスだけ殺すバクテリア(Natureオンライン版掲載論文) | AASJホームページ

                                                                    論文を読んでいると、毎日毎日私の思いもかけないことを真剣に研究している人がいて、人類としての無限の知識が形成されているのを実感する。読んでいる論文が私のようにほぼ生命科学に限局されている...

                                                                    • ネアンデルタール人消滅の謎を解くヒントは脳にある | Scientific Reports | Nature Research

                                                                      ネアンデルタール人消滅の謎を解くヒントは脳にある Scientific Reports 2018年4月27日 Neanderthals’ brains hold clues to their disappearance ネアンデルタール人の脳の構造は、その社会的能力と認...

                                                                      ネアンデルタール人消滅の謎を解くヒントは脳にある | Scientific Reports | Nature Research
                                                                      • 酒に弱い日本人が増えるよう「進化」 遺伝情報から判明:朝日新聞デジタル

                                                                        日本人の遺伝情報を調べたところ、お酒に弱い体質の人が増えるよう数千年かけて「進化」してきたことが、理化学研究所などの分析でわかった。詳しい原因は不明だが、アルコールに弱い体質が何らかの理...

                                                                        酒に弱い日本人が増えるよう「進化」 遺伝情報から判明:朝日新聞デジタル
                                                                        • 霊長類の「嗅覚依存」から「視覚依存」への移行の謎、解明へ - NEWS SALT(ニュースソルト)

                                                                          東京大学大学院農学生命科学研究科・科学技術振興機構ERATO東原化学感覚シグナルプロジェクトの新村(にいむら)芳人(よしひと)特任准教授と東原(とうはら)和成教授らの研究グループは、24種の霊長...

                                                                          霊長類の「嗅覚依存」から「視覚依存」への移行の謎、解明へ - NEWS SALT(ニュースソルト)
                                                                          • 脊椎動物の基本構造が5億年以上変わらなかった理由 | 東京大学

                                                                            脊椎動物の基本構造をつくる時期は、多様化が制約されている 脊椎動物の基本構造をつくる時期にはたらく遺伝子は、その時期以外にもいろいろなところではたらいています。この使い回しによって、脊椎動...

                                                                            脊椎動物の基本構造が5億年以上変わらなかった理由 | 東京大学
                                                                            • 眉の動き、人類進化の助けに 英研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

                                                                              ヒト族の眉弓を調べるために再現された3Dモデル。英ヨーク大学提供(2018年4月9日提供)。(c)AFP PHOTO / UNIVERSITY OF YORK / Paul O'HIGGINS 【4月10日 AFP】相手を疑って片眉を上げたり、相手に共...

                                                                              眉の動き、人類進化の助けに 英研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
                                                                              • クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

                                                                                ニュージーランドのオークランド諸島沖で、ダイバーに近寄ってくるミナミセミクジラ。(PHOTOGRAPH BY BRIAN J. SKERRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE) 陸生哺乳類の中にも体が大きなものは存在する...

                                                                                クジラやトドらの大型化、理由を解明、定説覆す | ナショナルジオグラフィック日本版サイト
                                                                                • 鱗食魚の利きはいつ、どのように獲得されるのか? – 生得的要素と学習効果がカギ | academist Journal

                                                                                  あなたは右利きですか? それとも左利きですか? 文字を書いたり、ボールを投げたり、ハサミを使ったり。主に使う手は決まっていることでしょう。これだけ身近な現象にも関わらず、ヒトの利き手には...

                                                                                  鱗食魚の利きはいつ、どのように獲得されるのか? – 生得的要素と学習効果がカギ | academist Journal