検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

literatureの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)22054 件中 1 - 40 件目

  • 2010年代に発表された選りすぐりの海外SF短篇を1冊に。『2010年代海外SF傑作選』収録作品紹介|Hayakawa Books & Magazines(β)

    『2000年代海外SF傑作選』に続き、2010年代の海外SF短篇を精選したアンソロジー『2010年代海外SF傑作選』が12月に刊行されます。編集は『2000年代』同様橋本輝幸氏が担当! 本ページではその収...

    2010年代に発表された選りすぐりの海外SF短篇を1冊に。『2010年代海外SF傑作選』収録作品紹介|Hayakawa Books & Magazines(β)
    • どこからがネタバレ?(少し追記)

      人によって差があるように感じられたので、自分が思うネタバレの境界線を上げてみた。 ジャンプの早売りなど、掲載している媒体が展開されるより前に読んで感想をネットにあげる →完全にネタバレ。すご...

      どこからがネタバレ?(少し追記)
      • 青土社 ||文学/小説/詩:ガメ・オベールの日本語練習帳

        2006年に始まったブログ「ガメ・オベールの日本語練習帳」。 James F.が日本の友達に向けて書き続けてきた東京、日本語、Integrity、太平洋戦争、Covid-19、BLACK LIVES MATTER、性、鬱、友達、貧乏、...

        • 漫画家さん『新たに家族を迎えました』元野良の猫さんらしいが、初日から家猫を満喫している「ここ安全、快適!」 - Togetter

          カラスヤサトシ @karasuyasatoshi 漫画家。「カラスヤサトシ」シリーズ、ホラー作品集「いんへるの」「おとろし」「結婚しないと思ってた」「日本文学紀行」「モテないのではないモテたくないのだ」「...

          漫画家さん『新たに家族を迎えました』元野良の猫さんらしいが、初日から家猫を満喫している「ここ安全、快適!」 - Togetter
          • 丸山健二 on Twitter: "少年期を過ぎたならば、アニメやゲームという非現実の世界からは完全に手を引かなければならず、さもなければ、自立や自律とはいっさい無縁な、不気味極まりない子ども大人として異様にして異常な人生を送るだけならまだしも、社会全体と国家全体を尋常ではない集団に仕立て上げ、暴力の狂気を迎える。"

            少年期を過ぎたならば、アニメやゲームという非現実の世界からは完全に手を引かなければならず、さもなければ、自立や自律とはいっさい無縁な、不気味極まりない子ども大人として異様にして異常な人生...

            丸山健二 on Twitter: "少年期を過ぎたならば、アニメやゲームという非現実の世界からは完全に手を引かなければならず、さもなければ、自立や自律とはいっさい無縁な、不気味極まりない子ども大人として異様にして異常な人生を送るだけならまだしも、社会全体と国家全体を尋常ではない集団に仕立て上げ、暴力の狂気を迎える。"
            • お前が二度と東京に戻れませんように!! お前が二度と東京に戻れませんよ..

              お前が二度と東京に戻れませんように!! お前が二度と東京に戻れませんように!! お前が二度と東京に戻れませんように!! 一度しか言わないから、よく聞いておいてくれよ 俺は・お前が・嫌いだ よく...

              お前が二度と東京に戻れませんように!! お前が二度と東京に戻れませんよ..
              • 挫折した海外文学選手権 - ボヘミアの海岸線

                これまでたくさんの小説に挫折してきた。いったいどれほどの本を手に取り、本棚に戻したことだろう。 これは、私と、私と本棚を共有してきた妹による、とりわけ思い出深い「挫折した海外文学」の記録で...

                挫折した海外文学選手権 - ボヘミアの海岸線
                • この本がスゴい!2020: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる

                  今年の一年早くない? トシ取るほど時の流れを早く感じるのは知ってるけど、今年は特に、あっというま感がすごい。恒例のこの記事、もう書くの!? と思ってる。 毎年、「人生は短く、読む本は多い」と...

                  この本がスゴい!2020: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる
                  • TVアニメ『彼女、お借りします』が投げかけ続ける問題:疑似恋愛商売の深淵と丸谷才一「花柳小説論ノート」の射程|髙橋 優|note

                    TVアニメ『彼女、お借りします』が投げかけ続ける問題:疑似恋愛商売の深淵と丸谷才一「花柳小説論ノート」の射程 はじめに性産業におけるサービスの提供者とサービスの受益者の相互の軽蔑の度合いは、...

                    TVアニメ『彼女、お借りします』が投げかけ続ける問題:疑似恋愛商売の深淵と丸谷才一「花柳小説論ノート」の射程|髙橋 優|note
                    • 村上春樹の小説に登場するヒロイン図鑑

                      ギャルゲーのオープニングムービーのノリで紹介していきたいと思う。含ネタバレ。 ノルウェイの森・ミドリ「私なんかね、髪の長い下品な女の子二百五十人くらい知ってるわよ、本当よ」 ノルウェイの森...

                      村上春樹の小説に登場するヒロイン図鑑
                      • mold on Twitter: "三島由紀夫アイコン「テロなんて左翼の手段だぞ!」 #ネトウヨあほ列伝 https://t.co/NIVva7Lbpu"

                        三島由紀夫アイコン「テロなんて左翼の手段だぞ!」 #ネトウヨあほ列伝 https://t.co/NIVva7Lbpu

                        mold on Twitter: "三島由紀夫アイコン「テロなんて左翼の手段だぞ!」 #ネトウヨあほ列伝 https://t.co/NIVva7Lbpu"
                        • 三島由紀夫を美化する風潮にうんざり - 読む・考える・書く

                          先日TLに流れてきたツイート。 今年、没後50年だそうですが、三島由紀夫が、なぜ高く評価されるのか私にはわかりません(小声) — チュンカチュンカ (@chunkachan) November 25, 2020 本当にそのとおりで...

                          三島由紀夫を美化する風潮にうんざり - 読む・考える・書く
                          • 非公開の性別を逐一詮索しないでほしい作家の話

                            成年向漫画を描いている。 性別は非公開。 実際の私は戸籍上女性のバイセクシャルだ。 今更男になりたいと思わないのでトランスではないが、こんなことなら男に生まれたかったと何度か泣いたことはある...

                            非公開の性別を逐一詮索しないでほしい作家の話
                            • 乗っ取り系ホラーアンソロジー - 村村

                              最近、架空のアンソロジーを考えることが流行っていると聞いたので。 saitonaname.hatenablog.com proxia.hateblo.jp ポン・ジュノ監督『パラサイト 半地下の家族』が大ヒットしてから、富裕層に対す...

                              乗っ取り系ホラーアンソロジー - 村村
                              • 「村上龍は村上春樹がノーベル文学賞候補になるたびに受賞お祝い文を出版..

                                「村上龍は村上春樹がノーベル文学賞候補になるたびに受賞お祝い文を出版社から依頼されて準備しているため、年々内容が洗練されていってすごいことになっている」という話を思い出した

                                「村上龍は村上春樹がノーベル文学賞候補になるたびに受賞お祝い文を出版..
                                • ドラマツルギーと現実を区別しない人々

                                  ドラマツルギーというのは劇作術と言って、ドラマをよりドラマらしく仕立てるために使われる方法論であったり、信念であったり、あるいは独自の法則のことを言うのである。 例えば、有名なもので言うと...

                                  ドラマツルギーと現実を区別しない人々
                                  • 「村上春樹のこと読んだこともないのに雰囲気でなんとなく馬鹿にする(ま..

                                    「村上春樹のこと読んだこともないのに雰囲気でなんとなく馬鹿にする(までいかなくてもネタ的に消費する)のダサい、読んで好きになって差をつけよう」と思って昔、取り敢えず短かいの買ってみたらあ...

                                    「村上春樹のこと読んだこともないのに雰囲気でなんとなく馬鹿にする(ま..
                                    • 少女小説ガイドはジャンルのお葬式だった|nyapoona|note

                                      過去の名作とライト文芸やライトノベルから無理くり寄せ集めてみました感の強い選書といい、まさしくお葬式のスピーチ文めいたコラムといい、全体的なムードがそうとしかいえない。 コバルト文庫実質廃...

                                      少女小説ガイドはジャンルのお葬式だった|nyapoona|note
                                      • 2020にアメリカで話題になった日本の文学作品リスト – 洋書ファンクラブ

                                        日米に限らず、すべての人の平等を目標とする「ポリティカル・コレクトネス」を敵視する人は少なくない。自分が住んでいる社会でマジョリティの立場にいる人は、マジョリティとして看過されてきた言動...

                                        2020にアメリカで話題になった日本の文学作品リスト – 洋書ファンクラブ
                                        • 憎しみで二次創作をしていた

                                          とあるジャンルでほぼ憎しみで二次創作をしていた。 そのジャンルは治安が悪かった。ピクシブに上がっているものは堂々とキャプションに「You Tubeで見ました」「ニコ動で見ました」と記載され、実際ニ...

                                          憎しみで二次創作をしていた
                                          • 作家・小林泰三先生ご逝去のお知らせ

                                            2020年11月23日(月)、SF、ホラーからミステリまで幅広く活躍された作家の小林泰三氏(58歳)が大阪府内の病院で逝去されました。癌で闘病中でした。葬儀は近親者で営みました。代表作に『玩具修理者...

                                            • 全米図書賞の翻訳部門を受賞した柳美里『JR上野駅公園口』の功労者は誰か | HON.jp News Blog

                                              《この記事は約 8 分で読めます》 2020年全米図書賞(National Book Awards 2020)の翻訳部門に柳美里『JR上野駅公園口』(Tokyo Ueno Station)が選ばれました。近年、日本の女性作家作品が海外で評価...

                                              全米図書賞の翻訳部門を受賞した柳美里『JR上野駅公園口』の功労者は誰か | HON.jp News Blog
                                              • 手指の鬼(四季賞2020秋 準入選)/鏡ハルカ 手指の鬼(四季賞2020秋 準入選) - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

                                                『手指の鬼(四季賞2020秋 準入選)』Webコミック更新!(2020/11/25) 『手指の鬼(四季賞2020秋 準入選)』の手指の鬼(四季賞2020秋 準入選)を公開しました! » 詳しくはこちら お知らせの一覧へ ...

                                                手指の鬼(四季賞2020秋 準入選)/鏡ハルカ 手指の鬼(四季賞2020秋 準入選) - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ
                                                • 没後50年 三島由紀夫と自衛隊 | NHKニュース

                                                  作家の三島由紀夫が、自衛隊駐屯地の一角を占拠してクーデターを呼びかけ、その後、自ら命を絶った事件から、25日で50年です。 自衛隊を治安出動させ、政府に憲法改正を認めさせようとした三島。事件の...

                                                  没後50年 三島由紀夫と自衛隊 | NHKニュース
                                                  • 作家の個性を殺すな

                                                    エロマンガ家の増田なんですけどのたうち回っているので書く エロマンガ家にはエロマンガ雑誌の献本が届く。描いてない号も届く。普段はそんなに熱心にそれを読まない増田だが今日は急いで開いた。大好...

                                                    作家の個性を殺すな
                                                    • 「人を助けるのは主人公だとやって当然」マンガ家志望者の質問に対するジャンプ編集部の回答集が創作の役に立ちすぎる - Togetter

                                                      創作をやってない人でも、この視点でジャンプ作品を読んでみたら面白いかも ”何よりも「読んだあとで登場人物を一番好きになれそう」な展開を優先”とかなんとなくジャンプっぽいなと思う

                                                      「人を助けるのは主人公だとやって当然」マンガ家志望者の質問に対するジャンプ編集部の回答集が創作の役に立ちすぎる - Togetter
                                                      • 海外文学・ガイブン Advent Calendar 2020 - Adventar

                                                        今年に読んだ海外文学、読んでみたかった海外文学、復刊してほしい海外文学、読めそうにない海外文学、海外文学を読もうとしたらなにも読まずに終わりそう、海外文学を読める気がしない、今年の海外文...

                                                        海外文学・ガイブン Advent Calendar 2020 - Adventar
                                                        • 大家族生活からドヤ街に流れた男の意外な最期 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

                                                          伊勢佐木町の隣町であり、寿町の向こう隣には、横浜中華街や横浜スタジアム、横浜元町がある。横浜の一等地だ。 その寿町を6年にわたって取材し、全貌を明らかにしたノンフィクション、『寿町のひとび...

                                                          大家族生活からドヤ街に流れた男の意外な最期 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
                                                          • もう二度と「文学の時代」は戻らない…だからこそ文章を書く人に求められること | 文春オンライン

                                                            『文学は実学である』(荒川洋治 著)みすず書房 現代詩作家・荒川洋治さんの1992年から2020年に至るまでのエッセイが『文学は実学である』にまとめられた。既刊本から選り抜かれたエッセイに、単行本...

                                                            もう二度と「文学の時代」は戻らない…だからこそ文章を書く人に求められること | 文春オンライン
                                                            • 出来の良い悪役とそうではない悪役の違いは、その「最期」で決まるというのをちょっと考えてみた話 - Togetter

                                                              惣流・ドルフ・ラングレン弐号機 @YZNlfuMP8Vbaaoj 物語の悪役、又は宿敵の"最期"を上手く描くというのはとても重要な事だ。 何事も「終わり良ければ全て良し」という言葉があるが、終わりが悪ければ如...

                                                              出来の良い悪役とそうではない悪役の違いは、その「最期」で決まるというのをちょっと考えてみた話 - Togetter
                                                              • 「あの世からでも来るか」 おかみ、三島の一言胸に―「最後の晩餐」は鳥鍋:時事ドットコム

                                                                「あの世からでも来るか」 おかみ、三島の一言胸に―「最後の晩餐」は鳥鍋 2020年11月24日07時08分 三島由紀夫が自決前夜に訪れた鳥料理店「末げん」のおかみ、丸武子さん=18日、東京都港区 197...

                                                                「あの世からでも来るか」 おかみ、三島の一言胸に―「最後の晩餐」は鳥鍋:時事ドットコム
                                                                • 新興宗教の勧誘を別の神を擁立して丁寧に退けました。 - Everything you've ever Dreamed

                                                                  新型コロナ感染拡大にビビッて3連休を自宅で過ごしていたら新興宗教の勧誘を受けた。ウチのベルを鳴らしたのは中年女性2人組である。モニター越しでも「ああ、あの人たちね」とわかる雰囲気。相手にと...

                                                                  新興宗教の勧誘を別の神を擁立して丁寧に退けました。 - Everything you've ever Dreamed
                                                                  • 私たちが忘れた「愚行権」行使する人々の生き様 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

                                                                    伊勢佐木町の隣町であり、寿町の向こう隣には、横浜中華街や横浜スタジアム、横浜元町がある。横浜の一等地だ。 その寿町を6年にわたって取材し、全貌を明らかにしたノンフィクション、『寿町のひとび...

                                                                    私たちが忘れた「愚行権」行使する人々の生き様 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
                                                                    • 「暴力的な言葉を話すことに依存する人が増えている」 作家・星野智幸が語る、絶望的な時代における“言葉の力”|Real Sound|リアルサウンド ブック

                                                                      「暴力的な言葉を話すことに依存する人が増えている」 作家・星野智幸が語る、絶望的な時代における“言葉の力” 作家・星野智幸が新作『だまされ屋さん』を上梓した。谷崎潤一郎賞受賞作『焔』以来、約2...

                                                                      「暴力的な言葉を話すことに依存する人が増えている」 作家・星野智幸が語る、絶望的な時代における“言葉の力”|Real Sound|リアルサウンド ブック
                                                                      • BL小説書き的、小説投稿サイトの使用感。

                                                                        BL小説を二本書いたので、複数の小説投稿サイトに投稿してみた。使ったのは、ムーンライトノベルズ、エブリスタ、fujyossy、アルファポリス、Pixiv。 なお私が書いた小説は一本はどエロ、もう一本は微...

                                                                        BL小説書き的、小説投稿サイトの使用感。
                                                                        • 講談社文芸文庫の電子書籍 「定額読み放題」に12月から提供 :日本経済新聞

                                                                          近現代文学の名作を集めた講談社文芸文庫には、次に何が出るのかと期待させるところがある。今年の作品を見ても、石坂洋次郎の短編集『乳母車・最後の女』(編・三浦雅士)に始まり、昨年亡くなった文...

                                                                          講談社文芸文庫の電子書籍 「定額読み放題」に12月から提供 :日本経済新聞
                                                                          • 遮音カーテンのAmazonレビューがちょっとした短編のようでオチも秀逸「ガチの物書きの人では」 - Togetter

                                                                            クサカアキラ @Akira_Kusaka 生主ときどき歌手。ケミーキラーの片割れ。酒とゲーム音楽が命🌏 大阪京橋@barchemmykiller に 水・金・土います💃 Instagramもストーリー毎日更新中🧚‍♀️ 通知オフにしてる...

                                                                            遮音カーテンのAmazonレビューがちょっとした短編のようでオチも秀逸「ガチの物書きの人では」 - Togetter
                                                                            • 賽銭泥棒「逮捕の瞬間」を、顔出し・実名で報じたテレビ局への「強烈な違和感」(白波瀬 達也) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)

                                                                              各局で取り上げられた「逮捕の瞬間」 11月10日から11日にかけて複数のテレビ番組で賽銭泥棒の逮捕劇が報じられた。夕方のニュース番組でその報道を偶然目にした筆者は、強烈な違和感を覚えた。 この事...

                                                                              賽銭泥棒「逮捕の瞬間」を、顔出し・実名で報じたテレビ局への「強烈な違和感」(白波瀬 達也) | 現代ビジネス | 講談社(1/6)
                                                                              • (19)輝き続けるアホと暴かれる世界の急所――ラファティ『九百人のお祖母さん』 | やりなおし世界文学 | 津村記久子 , 100%ORANGE | 連載 | 考える人 | 新潮社

                                                                                疲れたんでラファティを読ませてもらっていいですか? と欄の編集担当さんにたずねると、いいですよ、とのことだったので、ラファティを読む幸せにひたらせていただくことにした。 初めてラファティを...

                                                                                (19)輝き続けるアホと暴かれる世界の急所――ラファティ『九百人のお祖母さん』 | やりなおし世界文学 | 津村記久子 , 100%ORANGE | 連載 | 考える人 | 新潮社
                                                                                • 第96回 出版翻訳家インタビュー~大森望さん 前編 - ハイキャリア

                                                                                  今回の連載では、SF翻訳家の大森望さんからお話を伺います。大森さんは現在全世界で2900万部という中国初の驚異的大ヒット作『三体』三部作をはじめ『息吹』『すばらしい新世界』『ブラックアウト』な...

                                                                                  第96回 出版翻訳家インタビュー~大森望さん 前編 - ハイキャリア