検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

neuroscienceの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)899 件中 1 - 40 件目

  • 7月16日 殺人:最後の一線を越える脳科学(7月5日 Brain Imaging and Behaviour オンライン掲載論文) | AASJホームページ

    AASJホームページ > 新着情報 > 論文ウォッチ > 7月16日 殺人:最後の一線を越える脳科学(7月5日 Brain Imaging and Behaviour オンライン掲載論文) 犯罪は生まれか育ちかという議論は何度も行われ...

    • 「めんどくさい」の正体を脳科学者に聞く | Lidea(リディア) by LION

      「めんどくさい」の正体を脳科学者に聞く 作成日 2019.07.12 歯の健康 生活習慣改善 調査 「めんどくさい」という感情はなぜ起こるのか?めんどくさがりなライター・斎藤充博さんが「めんどくさい」の...

      「めんどくさい」の正体を脳科学者に聞く | Lidea(リディア) by LION
      • 物事が続かない人が性格変えても続かない理由 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

        「成し遂げる」ことについての多くの誤解 本のタイトルからもわかるとおり、『UCLA医学部教授が教える科学的に証明された究極の「なし遂げる力」』(ショーン・ヤング 著、児島 修 訳、東洋経済新報社...

        物事が続かない人が性格変えても続かない理由 | 読書 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
        • How I run a company with ADHD

          For the first 19 years of my life I knew I was lazy. I was smart, but I constantly slacked off. I found the smallest amount of work I could get away with doing and did no more. I was ofte...

          How I run a company with ADHD
          • 脳の特定部位の機能が高い人が多い 日本はサイコパスの割合が少ない国 - ライブドアニュース

            2019年2月10日 11時0分 ざっくり言うと 自分の社会的な位置づけを確認するために常に活動している、内側前頭前皮質 この部位の活動が活発でない人たちが、いわゆる「サイコパス」だという 日本はサイコ...

            脳の特定部位の機能が高い人が多い 日本はサイコパスの割合が少ない国 - ライブドアニュース
            • どうすれば脳を「理解」できるのか:「コンピュータチップの神経科学」から考える【探求メモ:特別版1】 - 重ね描き日記(rmaruy_blogあらため)

              今回は「探求メモ」の特別版といった位置づけで、長めの記事を投稿します。2017年に出た神経科学についてのちょっと面白い論文を読み、友人と議論しながらあれこれ考えて書いたものです。昆虫の神経科...

              どうすれば脳を「理解」できるのか:「コンピュータチップの神経科学」から考える【探求メモ:特別版1】 - 重ね描き日記(rmaruy_blogあらため)
              • 10月31日 時間をカウントする脳回路(Nature Neuroscienceオンライン掲載論文) | AASJホームページ

                私たちの海馬の嗅内野と呼ばれる領域に、場所を記憶するグリッド細胞が存在する事はノーベル賞に輝いたオキーフやモザーさんの研究によって明らかにされた。実際、外部の空間的位置に対応して反応する...

                • 嫌な記憶はどうすれば消えるのか? – 早稲田ウィークリー

                  人間科学学術院 教授 熊野 宏昭(くまの・ひろあき) 東京大学医学部卒業、博士(医学)。専門は臨床心理学、行動医学、応用脳科学。著書に『マインドフルネスそしてACTへ』(星和書店)、『新世代の...

                  嫌な記憶はどうすれば消えるのか? – 早稲田ウィークリー
                  • 人間の知性をつかさどる固有の神経細胞「ローズヒップ・ニューロン」が発見される - GIGAZINE

                    人間の知性はどこからくるのか?という疑問は古くからありますが、脳神経学においてもいまだに答えはみつかっていません。しかし、動物臨床試験でよく用いられるマウスなどのげっ歯類にはなく、人間の...

                    人間の知性をつかさどる固有の神経細胞「ローズヒップ・ニューロン」が発見される - GIGAZINE
                    • サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証 - ITmedia NEWS

                      京大などの研究グループがサイコパスが「うそをつく」メカニズムを調査。サイコパス傾向が高い人ほどうそをつくかどうかの意思決定が速く「半ば自動的にうそをついてしまう」ことが分かった。 京大、ハ...

                      サイコパスは「うそをつく」意志決定が速い 京大などがMRIで実証 - ITmedia NEWS
                      • 「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル

                        眠気の正体は神経細胞の80種のたんぱく質群の変化であることを、筑波大などのグループがマウスの実験で突き止めた。このたんぱく質群は起きている間は「リン酸化」と呼ばれる現象が進み、眠ると元に...

                        「眠気の正体」ついに判明 神経細胞のたんぱく質が変化:朝日新聞デジタル
                        • 8K撮影に成功 マウスの脳の活動 | NHKニュース

                          「8Kスーパーハイビジョン」を使ってマウスの脳が活動する様子を撮影することに東京大学などの研究グループが成功し、グループは脳の仕組みの解明などに役立つ可能性があるとしています。 この顕微鏡...

                          8K撮影に成功 マウスの脳の活動 | NHKニュース
                          • 脳マッピングをゲーマーにクラウドソーシングすることで新種のニューロンを発見することに成功 - GIGAZINE

                            プリンストン大学の研究者たちがクラウドソーシングにより25万人ものゲーマーの助けを借り、脳機能マッピングを行ったところ、新たに6種類のニューロン(神経細胞)を発見することに成功しました。 Princ...

                            脳マッピングをゲーマーにクラウドソーシングすることで新種のニューロンを発見することに成功 - GIGAZINE
                            • 神谷之康 京都大学 教授 インタビュー - つながるコンテンツ - researchmap リサーチマップ

                              今見た夢を再現する、そんな「夢」のような研究はどこまで進んでいるのだろう。ブレイン・デコーディングという方法で夢を再現しようと試みる研究を進める神谷之康さんは、最初にこの着想を得て研究分...

                              • 3月16日:話しの流れを理解する脳(3月5日発行Neuron掲載論文) | AASJホームページ

                                この半年ほど、言語誕生の条件を本や文献を当たりながら考えてきた(この過程はノートとして生命誌研究館のサイトに2週間ごとにまとめてあるので、興味のある人は是非参考にして欲しい:http://www.brh...

                                • 【神経科学】成人になると海馬でのニューロン新生が止まる | Nature | Nature Research

                                  【神経科学】成人になると海馬でのニューロン新生が止まる Nature 2018年3月8日 Neuroscience: New neuron creation dwindles as we age into adults 人間の場合には、成長に伴って脳の海馬でのニュー...

                                  【神経科学】成人になると海馬でのニューロン新生が止まる | Nature | Nature Research
                                  • 脳の深部を非侵襲的に観察できる人工生物発光システムAkaBLI | 理化学研究所

                                    脳の深部を非侵襲的に観察できる人工生物発光システムAkaBLI ―霊長類動物にも適用可能、高次脳機能のリアルタイム可視化への応用- 要旨 理化学研究所(理研)脳科学総合研究センター細胞機能探索技術...

                                    • プロプラノロール - Wikipedia

                                      プロプラノロール(英: propranolol)は、β1受容体とβ2受容体を遮断する、アドレナリン作動性効果遮断薬の1つである。経口投与ではほぼ全量が吸収されるものの、肝臓で大部分が分解される初回通過効果...

                                      プロプラノロール - Wikipedia
                                      • 「スマートドラッグ」27品目、処方箋ない個人輸入禁止:朝日新聞デジタル

                                        「頭がすっきりする」「記憶力向上」などの「効果」をうたい、インターネットを通じて個人輸入されている「スマートドラッグ」27品目の個人輸入について厚生労働省は15日、原則禁止することを決め...

                                        「スマートドラッグ」27品目、処方箋ない個人輸入禁止:朝日新聞デジタル
                                        • 「脳科学は終わったのか?」DeepMind創設者Demis Hassabisの答え - Qiita

                                          前書き - 人工知能と脳科学 - 最近のAI (Artificial Intelligence) の進歩はすさまじいですね。特に、深層学習 (Deep Learning) はTensorFlow, Chainerなどのライブラリの普及もあり、一般的に広...

                                          「脳科学は終わったのか?」DeepMind創設者Demis Hassabisの答え - Qiita
                                          • pooneilの脳科学論文コメント: 「平衡電位になっても細胞内Kイオン濃度は減らない」って話

                                            ■ 「平衡電位になっても細胞内Kイオン濃度は減らない」って話 以前のブログ記事「静止膜電位はどうやってできるの?」で書いたように、(たとえば)Kイオンが平衡電位に達するためにKチャネルを流れるイオ...

                                            • シナプスの情報量を決めるタンパク質による超分子集合体 : ライフサイエンス 新着論文レビュー

                                              Synaptic weight set by Munc13-1 supramolecular assemblies. Hirokazu Sakamoto, Tetsuroh Ariyoshi, Naoya Kimpara, Kohtaroh Sugao, Isamu Taiko, Kenji Takikawa, Daisuke Asanuma, Shigeyuki Nam...

                                              • 「生きた脳細胞」の活動を3Dモデル化、データベースを無料公開──米研究所が挑む「壮大な計画」の始まり|WIRED.jp

                                                「生きた脳細胞」の活動を3Dモデル化、データベースを無料公開──米研究所が挑む「壮大な計画」の始まり|WIRED.jp
                                                • Android Thingsと脳波センサで眠くなったら部屋の照明を勝手に消す - Qiita

                                                  これはOthloTech Advent Calendar 2017の25日目の記事です。 脳波を測定して、いい感じに眠くなったら部屋の照明を勝手に消してくれる的なの作ろうと思います。 はじめに 脳波を測定するにあたって利用...

                                                  Android Thingsと脳波センサで眠くなったら部屋の照明を勝手に消す - Qiita
                                                  • 11月27日:うつ病は脳血管の障害?(Nature Neuroscience掲載論文) | AASJホームページ

                                                    分子メカニズムをたどって行くと、新しい組織発生の中には外界のストレス反応と共通の分子を使っている過程が多いことがわかる。例えば、毛の発生にはEDDAと呼ばれる炎症性サイトカインTNFファミリー分...

                                                    • 大脳皮質においてニューロンにより構築される格子構造 : ライフサイエンス 新着論文レビュー

                                                      Lattice system of functionally distinct cell types in the neocortex. Hisato Maruoka, Nao Nakagawa, Shun Tsuruno, Seiichiro Sakai, Taisuke Yoneda, Toshihiko Hosoya Science, 358, 610-615 (2...

                                                      • 【プレスリリース】世界初!"利他的な罰行使者"と"攻撃的な罰行使者"の存在を明らかにし、両者で脳の形態的特徴に違いを発見-英国の科学雑誌に論文を発表- | 日本の研究.com

                                                        玉川大学脳科学研究所(所長:小松英彦)の研究グループは20代から50代までの男女453名を対象にした実験で、規範逸脱者を自分のコストをかけてまで罰する人には、規範を維持しようとする利他的な動機に...

                                                        【プレスリリース】世界初!"利他的な罰行使者"と"攻撃的な罰行使者"の存在を明らかにし、両者で脳の形態的特徴に違いを発見-英国の科学雑誌に論文を発表- | 日本の研究.com
                                                        • 脳の科学と、今年のノーベル経済学賞の「意外な関係」(美馬 達哉) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

                                                          ノーベル経済学賞のインパクト 2017年度のノーベル賞が先日発表された。神経内科医師としては医学生理学賞(体内時計の研究)も気になるところだ。だが今年については、診療の現場にも直結するテーマは...

                                                          脳の科学と、今年のノーベル経済学賞の「意外な関係」(美馬 達哉) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)
                                                          • 脳はいかにして現実を認識するのか──『あなたの脳のはなし: 神経科学者が解き明かす意識の謎』 - 基本読書

                                                            あなたの脳のはなし:神経科学者が解き明かす意識の謎 作者: デイヴィッド・イーグルマン,大田直子出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/09/07メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ...

                                                            脳はいかにして現実を認識するのか──『あなたの脳のはなし: 神経科学者が解き明かす意識の謎』 - 基本読書
                                                            • CCN 2017 Videos | CCN 2017

                                                              The TICS commentary paper refers to specific timecodes in the CCN 2017 online videos. For your convenience, here are direct links to those timecodes: Bengio talk, 49:15 Fyshe talk, 9:16 F...

                                                              CCN 2017 Videos | CCN 2017
                                                              • 自己スキーマ - Wikipedia

                                                                自己スキーマ(じこスキーマ、英語: self-schema)とは、個人の特定分野における行動行為についての信念、経験、一般的分類の集合体であり、長期的で安定した自己記憶セットである。人は、ある側面が自...

                                                                • ショウジョウバエの脳における記憶および自己の運動の情報を符号化する並列した神経回路 : ライフサイエンス 新着論文レビュー

                                                                  塩崎博史・風間北斗 (理化学研究所脳科学総合研究センター 知覚神経回路機構研究チーム) email:塩崎博史,風間北斗 DOI: 10.7875/first.author.2017.101 Parallel encoding of recent visual experi...

                                                                  • 無責任感 - 西尾泰和のScrapbox

                                                                    「責任感」という概念は「責任感がある」「責任感がない」という言葉の使われ方からすると、暗黙にポジティブなものだと前提されているように思う。 しかし責任感が物事を悪くする事例がある。であるな...

                                                                    無責任感 - 西尾泰和のScrapbox
                                                                    • 霊長類における物体の知覚から物体の価値への情報変換の光遺伝学的な手法による解明 : ライフサイエンス 新着論文レビュー

                                                                      Conversion of object identity to object-general semantic value in the primate temporal cortex. Keita Tamura, Masaki Takeda, Rieko Setsuie, Tadashi Tsubota, Toshiyuki Hirabayashi, Kentaro ...

                                                                      • カンナビジオール - Wikipedia

                                                                        2-[(1R,6R)-6-isopropenyl-3-methylcyclohex-2-en-1-yl]-5-pentylbenzene-1,3-diol

                                                                        カンナビジオール - Wikipedia
                                                                        • ヒトの脳には「イントネーション」を理解するニューロンがあった:研究結果|WIRED.jp

                                                                          IMAGE: GETTY IMAGES 文字や単語、文章は、情報を伝える手段として評価されすぎるきらいがある。というのも、実は人間の脳は声のピッチやイントネーションからも、言葉の意味を読み取ることができるの...

                                                                          ヒトの脳には「イントネーション」を理解するニューロンがあった:研究結果|WIRED.jp
                                                                          • pooneilの脳科学論文コメント: 「よくわかるフリストンの自由エネルギー原理」作成しました

                                                                            ■ 「よくわかるフリストンの自由エネルギー原理」作成しました スライド「よくわかるフリストンの自由エネルギー原理」を作成してslideshareにアップロードしました。 このスライドは栢森情報科学振興...

                                                                            • 慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果|WIRED.jp

                                                                              IMAGE: GETTY IMAGES 何日も眠らない日が続くと、次第に考えがまとまらなくなり、まったく仕事や勉強ができなくなる──。そんな経験を、あなたもしたことがあるかもしれない。睡眠不足が続くと、気力も...

                                                                              慢性的な睡眠不足によって、脳は「自己破壊」する:研究結果|WIRED.jp
                                                                              • 脳とは「記憶そのもの」だった──「記憶のメカニズム」の詳細が明らかに|WIRED.jp

                                                                                IMAGE: GETTY IMAGES あなたのとっておきの記憶を思い浮かべてみてほしい。大事な試合での勝利、子どもの顔を初めて見た瞬間、恋に落ちたと気づいたあの日。その記憶は、ひとつの事象ではないはずだ。...

                                                                                脳とは「記憶そのもの」だった──「記憶のメカニズム」の詳細が明らかに|WIRED.jp
                                                                                • 大脳の聴覚野における周波数へのチューニングは再帰性の神経回路の抑制により制御される : ライフサイエンス 新着論文レビュー

                                                                                  加藤紘之・Jeffry S. Isaacson (米国California大学San Diego校Department of Neurosciences) email:加藤紘之 DOI: 10.7875/first.author.2017.071 Network-level control of frequency tuning in a...