検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

haskellの検索結果(絞り込み: 5 users 以上)7036 件中 1 - 40 件目

  • なぜ型ファーストで考えるのか - 貳佰伍拾陸夜日記

    How do you imagine a building? You consciously create each aspect, puzzling over it in stages. Inception 型なし言語に馴染みはあるものの型付言語をいざ使ってみたらどういう気持ちで書いたらい...

    なぜ型ファーストで考えるのか - 貳佰伍拾陸夜日記
    • Scala3と圏論とプログラミング - Qiita

      Help us understand the problem. What is going on with this article? 最近、圏論とプログラミングという素晴らしい資料を拝読しました。圏論とプログラミング愛に溢れる資料で読んでいて目頭が熱く...

      Scala3と圏論とプログラミング - Qiita
      • Oleg's gists - Compiling Haskell to JavaScript, not in the way you'd expect

        Posted on 2020-02-09 by Oleg Grenrus Let's start with a complete example right in the beginning. We could write a Haskell code like: $(generateJS "code" [d| square :: Int -> Int square n ...

        • 好きで打ち込めることを探すこと――ちょまど氏のキャリアを形成した「オタ駆動開発」とは【Developers Boost 2019】 (1/3):CodeZine(コードジン)

          2019年11月30日、翔泳社主催の若手エンジニア向けカンファレンス「Developers Boost(デブスト)~U30エンジニアの登竜門~」が開催された。基調講演では、マイクロソフトのCloud Developer Advocateで...

          好きで打ち込めることを探すこと――ちょまど氏のキャリアを形成した「オタ駆動開発」とは【Developers Boost 2019】 (1/3):CodeZine(コードジン)
          • Lessons learned from writing ShellCheck, GitHub’s now most starred Haskell project – Vidar's Blog

            ShellCheck is a static analysis tool that points out common problems and pitfalls in shell scripts. As of last weekend it appears to have become GitHub’s most starred Haskell repository, ...

            • https://www.dailambda.jp/blog/2020-02-01-scaml-jp-0/

              • 続くといいな日記 – State モナドの代わりに Reader モナドを使う

                注意 この記事は公開当時主張に誤りを含んでいたため,大幅に書き直しています.また,公開当時の主張の誤りについても,付録として載せておきました. Haskell で State モナドはモナドの代表格だ.Ha...

                続くといいな日記 – State モナドの代わりに Reader モナドを使う
                • 「圏論とプログラミング」発表スライドメモ - Qiita

                  Help us understand the problem. What is going on with this article? この記事は、先日の 2020年01月25日に慶応大学で開催されたシンポジウム「圏論的世界像からはじまる複合知の展望」の登壇資料を...

                  「圏論とプログラミング」発表スライドメモ - Qiita
                  • 「圏論とプログラミング」発表スライドメモ - Qiita

                    Help us understand the problem. What is going on with this article? この記事は、先日の 2020年01月25日に慶応大学で開催されたシンポジウム「圏論的世界像からはじまる複合知の展望」の登壇資料を...

                    「圏論とプログラミング」発表スライドメモ - Qiita
                    • 技術力を底上げする、Sansanの社内勉強会補助制度 - Sansan Builders Box

                      Sansan事業部プロダクト開発部の基盤チームに所属する佐藤です。Sansanでは社員が自発的に開催する社内勉強会で会社からの支援を受けることができ、月に50種類以上の勉強会が開催されています*1。各勉...

                      技術力を底上げする、Sansanの社内勉強会補助制度 - Sansan Builders Box
                      • gloss で Turtle Graphics - Qiita

                        app / Main.hs -- 実験用 sample ├─ circle / Main.hs -- 複数の円を同時に描く ├─ dragonCurve / Main.hs -- ドラゴン曲線を描く ├─ koch / Main.hs -- Koch 曲線を描く ├─ spiral / Main.hs -- らせ...

                        gloss で Turtle Graphics - Qiita
                        • 圏論とプログラミング / Category Theory and Programming - Speaker Deck

                          シンポジウム「圏論的世界像からはじまる複合知の展望」@慶応大学 (Jan 25, 2020) http://www.inter.ipc.i.u-tokyo.ac.jp/symposium.html 「圏論とプログラミング」発表スライドメモ - Qiita https://...

                          圏論とプログラミング / Category Theory and Programming - Speaker Deck
                          • Haskell For a New Decade

                            Haskell Problems For a New Decade It has been a decade since I started writing Haskell, and I look back on all the projects that I cut my teeth on back in the early part of this decade an...

                            • stack で管理されたプロジェクトを cabal でビルドするために

                              Haskell のビルドツールといえば cabal と stack です。ちょっと前までは cabal より stack の方が流行っていたのですが、最近は開発も落ち着いているようであまり動きがありません。それよりも cabal ...

                              • 2020年の開発者が知っておくべき11の必須スキル - Qiita

                                Help us understand the problem. What is going on with this article? 以下はjavinpaul( Webサイト / Twitter / Facebook / dev.to )による記事、11 Essential Skills Software Developers should Le...

                                2020年の開発者が知っておくべき11の必須スキル - Qiita
                                • Haskell書いてるときになんとなく気をつけていること - LugendrePublic

                                  信頼性はない 都市伝説かもしれん 大体枕詞に特別な理由がなければがつく 思いついたら徐々に更新する それは違うよってことがあったら @Lugendre まで ghc 8.6.5の話(8.8.1は仕事で使ってなくてな.......

                                  Haskell書いてるときになんとなく気をつけていること - LugendrePublic
                                  • Tweag I/O - A Tale of Two Functors or: How I learned to Stop Worrying and Love Data and Control

                                    A Tale of Two Functors or: How I learned to Stop Worrying and Love Data and Control Haskell's Data and Control module hierarchies have always bugged me. They feel arbitrary. There's Data....

                                    Tweag I/O - A Tale of Two Functors or: How I learned to Stop Worrying and Love Data and Control
                                    • Static types are dangerously interesting

                                      Static type systems allow you to forbid certain bad behaviours from happening at runtime. That’s a good thing. However, I consistently underestimate just how difficult they can be to wiel...

                                      • Adjunctions in the wild: foldl · in Code

                                        Adjunctions in the wild: foldl · in Code
                                        • Five benefits to using StandaloneKindSignatures - Ryan Scott

                                          GHC 8.10.1 is slated to be released soon, and among the improvements that it offers is the new StandaloneKindSignatures language extension. Standalone kind signatures (or “SAKS” for short...

                                          • Struggling to forget

                                            haskell Published on January 3, 2020 In this post I show a use case and a way to implement conditional fixing of existentially quantified variables by universally quantified variables. Mo...

                                            • 2019 年のスライド一挙公開、あるいは 2020 年の方針 - チェシャ猫の消滅定理

                                              あけましておめでとうございます。2019 年は大変お世話になりました。2020 年も張り切っていきましょう。 さて、2019 年には結構な回数の外部発表を行いました。これらの発表内容のうち一部は単独のブ...

                                              2019 年のスライド一挙公開、あるいは 2020 年の方針 - チェシャ猫の消滅定理
                                              • Semigroup resonance FizzBuzz

                                                An alternative solution to the FizzBuzz kata. A common solution to the FizzBuzz kata is to write a loop from 1 to 100 and perform a modulo check for each number. Functional programming la...

                                                Semigroup resonance FizzBuzz
                                                • regex-applicative: 内部DSLとしての正規表現(ブログ記事版) - Haskell-jp

                                                  Tweet 先日、といっても2019年10月18日のことなんでもう2ヶ月以上も経ってしまいましたが、私はRegex Festaというイベントで、「regex-applicative」というパッケージの紹介を致しました。 今回はその...

                                                  regex-applicative: 内部DSLとしての正規表現(ブログ記事版) - Haskell-jp
                                                  • GitHub - graninas/software-design-in-haskell: Software Design in Haskell. A structured set of materials. How to build real-world applications in Haskell.

                                                    Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 40 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up Software Design in H...

                                                    GitHub - graninas/software-design-in-haskell: Software Design in Haskell. A structured set of materials. How to build real-world applications in Haskell.
                                                    • Write Junior Code

                                                      A plea to Haskellers everywhere. Haskell has a hiring problem. There aren’t many Haskell jobs, and there aren’t many Haskell employees. Haskell employees tend to be senior engineers, and ...

                                                      • Async Exceptions in Haskell, and Rust

                                                        Before getting started: no, there is no such thing as an async exception in Rust. I'll explain what I mean shortly. Notice the comma in the title :). GHC Haskell supports a feature called...

                                                        • Conduit最速入門2019 - Qiita

                                                          メリークリスマス。 アドベントカレンダーの枠が埋まっていないので、ちょっとお邪魔してconduitをやります。 conduitはバージョン1.3系統で大きくAPIが変わっているのですが、日本語による新しい解説...

                                                          Conduit最速入門2019 - Qiita
                                                          • Elmをプロダクトで一年書き続けた感想 - Runner in the High

                                                            この記事はElm Advent Calendar 2019最終日の記事です。 去年末あたりから現職のチームでElmを書き始めたので、大体1年程度はプロダクションでElmのコードを書き続けたことになる。学生時代はRubyとJav...

                                                            Elmをプロダクトで一年書き続けた感想 - Runner in the High
                                                            • barbies-thで気軽にHKDを堪能しよう [Haskell AdC 14] - モナドとわたしとコモナド

                                                              ミーハーな読者なら、barbiesというライブラリをご存知の方も多いと思う。そう、HKDを扱う定番ライブラリだ。HKDは、同アドベントカレンダーにも寄稿されている他、Haskell Dayでも紹介された(https://...

                                                              barbies-thで気軽にHKDを堪能しよう [Haskell AdC 14] - モナドとわたしとコモナド
                                                              • 二分木をアプリカティブにする - Qiita

                                                                $\require{AMScd}$ 二分木 をアプリカティブにする 2018年のアドベントカレンダー25日目の記事「二分木をモナドにする」の続編です. 昨年の記事ではApplicativeの(<*>)の実装については一切説明しませ...

                                                                二分木をアプリカティブにする - Qiita
                                                                • Ap Monoid

                                                                  まずは以下の関数 f を考えます。 > f = fmap concat . sequence > e1 = [Just [1,2], Just [3,4]] > e2 = [Just [1,2], Just [3,4], Nothing] > f e1 Just [1,2,3,4] > f e2 Nothing 次に、この f = f...

                                                                  • Haskell〇〇多すぎ問題 - LugendrePublic

                                                                    初心者が入門書を読んでさぁ書くぞとなったときにつまずくところのうちの一つが,同じようなライブラリが多すぎ問題である. ということでそういうライブラリの話をしよう. 例によって例のごとく間違...

                                                                    Haskell〇〇多すぎ問題 - LugendrePublic
                                                                    • 自動微分と区間演算で非線形関数の根を全て探索するアルゴリズム - Qiita

                                                                      Help us understand the problem. What is going on with this article?

                                                                      自動微分と区間演算で非線形関数の根を全て探索するアルゴリズム - Qiita
                                                                      • Higher-Kinded Data (HKD) について - Qiita

                                                                        これは Haskell Advent Calendar 12 日目の記事です。今日は 12/12+12 日です。 今回は、最近流行りの Higher-Kinded Data (HKD) について簡単に紹介したいと思います。 // 以前、某社の採用ビアバッシ...

                                                                        Higher-Kinded Data (HKD) について - Qiita
                                                                        • 型クラスのご紹介 - molecular coordinates

                                                                          この記事は型 Advent Calendar 2019の23日目です。 おはようございます!!!coord_eです、よろしくどうぞ。 はじめに この記事ではOCamlみたいなML系言語が登場します。関数型プログラミング言語と呼...

                                                                          型クラスのご紹介 - molecular coordinates
                                                                          • Haskell+LLVM構成で作る自作コンパイラ - Qiita

                                                                            Haskellのパーサコンビネータmegaparsecと、コンパイラ基盤であるLLVMを使って、コンパイラを作ってみます。モチベーションとしてはコンパイラはC/C++を使って作るのが定番ですが、型の恩恵を受けなが...

                                                                            Haskell+LLVM構成で作る自作コンパイラ - Qiita
                                                                            • 独断と偏見で語るGHCのderiving系拡張 - Qiita

                                                                              先日のHaskell Dayでderivingに関する発表があった Haskell Day 2019を開催しました! aiya000, 「しんさんきぼう」のDerivingストラテジー ので、触発されて私もderivingについて思うところを書いてみ...

                                                                              独断と偏見で語るGHCのderiving系拡張 - Qiita
                                                                              • 抽象データ型を自作する - golden-luckyの日記

                                                                                昨日の記事では「書籍のマクロな構造」について話しました。 このマクロ構造はPandoc構造には組み込まれていません。 そのため、Pandocで書籍を作ろうと思うと、どうしたってPandoc構造にない部分を扱...

                                                                                抽象データ型を自作する - golden-luckyの日記
                                                                                • 2019年に「すごいHaskellたのしく学ぼう」を { -# OPTIONS -Wall -Werror #- } を付けて読む - Qiita

                                                                                  はじめに 現在、書籍「すごいHaskellたのしく学ぼう」(第1版第4刷)を読んでHaskellを勉強しています。 Haskell入門の良書として有名なようなのですが2012年発行で多少情報が古くなっているので、今...

                                                                                  2019年に「すごいHaskellたのしく学ぼう」を { -# OPTIONS -Wall -Werror #- } を付けて読む - Qiita