検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

scalaの検索結果(絞り込み: 5 users 以上)5308 件中 1 - 40 件目

  • 交通センサスの解析と可視化 - ponkotuyのブログ

    概要 この記事はエムスリー Advent Calendar 2019 - Qiitaの7日目です。エムスリーエンジニアリンググループの山本瑶祐です。 近くの島に山本が3人いて、別の山本が呼ばれたのに反応してしまうのを繰り...

    交通センサスの解析と可視化 - ponkotuyのブログ
    • お気に入りのScalaライブラリ・ツールをだらだら紹介する - Septeni Engineer's Blog

      この記事は Scala Advent Calendar 2019 の6日目です。 こんにちは。最近はPYXISのデータ基盤チームでSREっぽいことしている 門脇(@blac_k_ey)です。 TETRIS99の次はポケモンに進捗を奪われる日々を送...

      お気に入りのScalaライブラリ・ツールをだらだら紹介する - Septeni Engineer's Blog
      • Scala で書いたマイクロサービスを Go で書き直した話 - JX通信社エンジニアブログ

        この記事はJX通信社 Advent Calendar 2019 2日目の記事です。 昨日は、たっちさんの「Kubernetes Admission Webhookでリソース作成を自在にコントロールする」でした。 こんにちは、サーバーサイドエン...

        Scala で書いたマイクロサービスを Go で書き直した話 - JX通信社エンジニアブログ
        • Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜

          Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜 1. Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 広告配信システムに課せられた100msの制約 株式会社マイクロアド 松宮 康二 (まっつー) ...

          Scala、DDD、Akkaで立ち向かう 〜広告配信システムに課せられた100msの制約〜
          • Scala関西Summit 2019に参加してきました #scala_ks - Fringe81 engineer blog

            こんにちは!Fringe81 エンジニアの谷口です。2019年10月26日(土) - 27日(日)に開催されたScala関西Summit 2019に同期の大沼と参加してきました。 2019.scala-kansai.org Scala関西Summit Scala関西Sum...

            Scala関西Summit 2019に参加してきました #scala_ks - Fringe81 engineer blog
            • 4年続いた長期プロジェクトを効果的に“ふりかえる”ためにBacklogチームがやったこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ

              こんにちは、Backlogチームの小久保です。Backlogチームでは、約4年続いたBacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトについて、2日間かけてふりかえりをしました。そのとき得られ...

              4年続いた長期プロジェクトを効果的に“ふりかえる”ためにBacklogチームがやったこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ
              • 約4年続いた長期プロジェクトに途中参加して学んだ反省と教訓【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ

                こんにちは。Raspberry Pi4でようやくギガビットLANにネイティブ対応したことにテンションが上がっているBacklog開発チームの佐藤です。 ヌーラボでは2015年11月から2019年の7月まで、BacklogをJavaか...

                約4年続いた長期プロジェクトに途中参加して学んだ反省と教訓【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ
                • 10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方 - Speaker Deck

                  All slide content and descriptions are owned by their creators.

                  10年でどう変わった? はてなブックマークでのPerlの使い方 - Speaker Deck
                  • Extensible Effects: beyond the Monad Transformers - Speaker Deck

                    This presentation includes these following three things: 1. Monad 2. Monad Transformers 3. Extensible-Effects Main topics are how to use atnos-eff and comparison between mtl and eff.

                    Extensible Effects: beyond the Monad Transformers - Speaker Deck
                    • 関数型ニキ達にインスパイアされた最近の Scala 開発の取り組み - Septeni Engineer's Blog

                      こんにちは、中途三年目の堀越です。 近頃、Scalaのコミュニティにおいて Functional Programming による実装テクニックを紹介する記事や発表を見たり聞いたりすることは珍しいことではなくなってきま...

                      関数型ニキ達にインスパイアされた最近の Scala 開発の取り組み - Septeni Engineer's Blog
                      • SREは大規模なリプレイスプロジェクトで発生した様々な問題にどう取り組んだか【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ

                        Backlog SREチームのmuziです。2018年4月から2019年7月まで、BacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行する大規模なリプレイスプロジェクトに参加していました。 SREとして、このリプレイスには...

                        SREは大規模なリプレイスプロジェクトで発生した様々な問題にどう取り組んだか【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ
                        • Dependent method types を利用した軽量Clean Architecture の紹介

                          class: center, middle # <strong>Dependent method types</strong><br/>を利用した<br/>軽量<span style="color: blue;">Clean Architecture</span><br/>の紹介 Scala関西Summit 2019 10/26 --- class...

                          • Scalaで圏論チョット学ぶ - Speaker Deck

                            All slide content and descriptions are owned by their creators.

                            Scalaで圏論チョット学ぶ - Speaker Deck
                            • Chatworkでリアクション機能をリリースした話_scala_ks.pdf - Speaker Deck

                              All slide content and descriptions are owned by their creators.

                              Chatworkでリアクション機能をリリースした話_scala_ks.pdf - Speaker Deck
                              • Java 5.0時代の非同期処理技術から学び直すScala/Java非同期処理 - Speaker Deck

                                All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                Java 5.0時代の非同期処理技術から学び直すScala/Java非同期処理 - Speaker Deck
                                • Open-sourcing Polynote: an IDE-inspired polyglot notebook

                                  We are pleased to announce the open-source launch of Polynote: a new, polyglot notebook with first-class Scala support, Apache Spark integration, multi-language interoperability including...

                                  Open-sourcing Polynote: an IDE-inspired polyglot notebook
                                  • Polynote | The polyglot Scala notebook

                                    The polyglot notebook with first-class Scala support. Learn to love your notebooks. Try it! Features Polynote is a different kind of notebook. It supports mixing multiple languages in one...

                                    • GitHub - polynote/polynote: A better notebook for Scala (and more)

                                      Dismiss Join GitHub today GitHub is home to over 40 million developers working together to host and review code, manage projects, and build software together. Sign up

                                      GitHub - polynote/polynote: A better notebook for Scala (and more)
                                      • JVM上で動くWebアプリケーションがリソースを食いつぶす原因を探るためにやったこと【Backlog Play化プロジェクト】

                                        ヌーラボでScalaを書くRubyistの谷本です。ヌーラボでは、Backlogの開発を担当しており、最近ではBacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトのメンバーでした。 BacklogのPlay化...

                                        JVM上で動くWebアプリケーションがリソースを食いつぶす原因を探るためにやったこと【Backlog Play化プロジェクト】
                                        • Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ

                                          ヌーラボの江口です。約8年間Backlogの開発を担当しており、BacklogをJavaからScala / Play Frameworkに移行するプロジェクトには最初から最後まで関わりました(プロジェクトの概要は時系列でみる!4...

                                          Backlogのコードメンテナンス性を向上させるために気をつけたこと【Backlog Play化プロジェクト】 | Backlogブログ
                                          • 開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ "7つの取り組みと反省"【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ

                                            ヌーラボの松本です。「Backlog Playプロジェクト」に2017年2月から途中参加し、プロジェクト解散の2019年7月までメンバーの一員として動いていました(プロジェクトの概要は 時系列でみる!4年の歳月...

                                            開発チームが大規模リプレイスを成功させるために取り組んだ "7つの取り組みと反省"【Backlog Play 化プロジェクト】 | Backlogブログ
                                            • 時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話【Backlog Play 化プロジェクト】

                                              ヌーラボの松浦です。私がSREのエンジニアリングマネージャーとしてプロジェクトのサポートに携わっているプロジェクト管理ツールのBacklogは、2019年7月にJavaからScala / Play Frameworkに完全移行を...

                                              時系列でみる!4年の歳月をかけてPlay Frameworkで「大規模リプレイス」した話【Backlog Play 化プロジェクト】
                                              • 現在時刻が関わるコードを関数型で書いてテスタビリティを見てみた - Qiita

                                                最近、現在時刻が関わるプログラムを題材に、高テスタビリティなプログラミング作法を解説した素晴らしい記事が復刻されて、感想などがTLに流れてきたので、自分もそのお題を関数型プログラミングで解...

                                                現在時刻が関わるコードを関数型で書いてテスタビリティを見てみた - Qiita
                                                • "simple"と"easy"はどう違う? Simple Made Easyを解説 Part1 - ログミーTech

                                                  "simple"と"easy"はどう違う? Simple Made Easyを解説 Part1 "Simple Made Easy" Made Easy #1/2 2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning T...

                                                  "simple"と"easy"はどう違う? Simple Made Easyを解説 Part1 - ログミーTech
                                                  • Introduction · Scala研修テキスト

                                                    はじめに 本資料は、Scala初学者向けの学習テキストです。本資料を読み進めることで、 プログラミング言語Scalaを用いたアプリケーションを開発できるようになること 『Scala スケーラブルプログラミン...

                                                    • Scala ZIOをバッチ処理で使ってみた - ログミーTech

                                                      2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning Talks!!」が開催されました。関数型プログラミングについて楽しく学び、知見を共有することを目的に...

                                                      Scala ZIOをバッチ処理で使ってみた - ログミーTech
                                                      • Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から寄贈されました - ScalaMatsuri運営ブログ

                                                        まえおき こんにちは。Japan Scala Association (JSA)の水島(みずしま)です。 今回は、Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から、一般社団法人Japan Scala Associationに寄贈されたことを報告した...

                                                        Scala研修テキストが株式会社ドワンゴ様から寄贈されました - ScalaMatsuri運営ブログ
                                                        • ScalaのコンパイラにFizzBuzz問題を解いてもらう - ログミーTech

                                                          2019年7月29日、Opt Technologiesが主催するイベント「Fun Fun Functional (2) 関数型言語Lightning Talks!!」が開催されました。関数型プログラミングについて楽しく学び、知見を共有することを目的に...

                                                          ScalaのコンパイラにFizzBuzz問題を解いてもらう - ログミーTech
                                                          • Introduction to Scala 3 - Opt Technologies Magazine

                                                            先日のScala Days 2019の基調講演などでも触れられた通り、いよいよDottyあらためScala 3のリリースが近づいて来ました。既にScala 3の仕様のかなりの部分は、Dottyとしてユーザが利用できる状態になっ...

                                                            Introduction to Scala 3 - Opt Technologies Magazine
                                                            • Scala秋祭り開催しました! - Septeni Engineer's Blog

                                                              こんにちは。セプテーニ・オリジナルの池田です。 先日サイバーエージェントさん、ビズリーチさん、チャットワークさん、そしてセプテーニ・オリジナルの4社で、「Scala秋祭り」を開催しました!! 【...

                                                              Scala秋祭り開催しました! - Septeni Engineer's Blog
                                                              • Scala Days 2019 に参加しました - Hatena Developer Blog

                                                                アプリケーションエンジニアの id:tanishiking24 です。 報告が遅くなってしまいましたが、2019年6月11日から2019年6月13日にかけてスイスのローザンヌで開催された、世界最大規模のScalaのカンファレ...

                                                                Scala Days 2019 に参加しました - Hatena Developer Blog
                                                                • サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ / Working on DDD and Scala development with students at Summer Internship 2019 - Speaker Deck

                                                                  サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ / Working on DDD and Scala development with students at Summer Internship 2019

                                                                  サマーインターンシップ2019で学生とDDDなScala開発に取り組んだ / Working on DDD and Scala development with students at Summer Internship 2019 - Speaker Deck
                                                                  • 面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう - Google スライド

                                                                    面倒なことは Scalaスクリプトにやらせよう 2019/09/16 Scala秋祭り Takumi Kadowaki @blac_k_ey

                                                                    面倒なことはScalaスクリプトにやらせよう - Google スライド
                                                                    • From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style - Speaker Deck

                                                                      From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style

                                                                      From Tagless-Final to Typed-Final: Program Transformations in the Final Style - Speaker Deck
                                                                      • Scala における継続モナドの実装と活用 - Speaker Deck

                                                                        All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                                                        Scala における継続モナドの実装と活用 - Speaker Deck
                                                                        • DDD Talk MeetUp #2 まとめとLT資料 - Qiita

                                                                          昨日、2019年9月5日に 「DDD Talk MeetUp #2」というイベントを開催しました。 その名の通り、DDDに関してトークしようぜ? というイベントで、当日は大盛況でした! DDDトークもさることながら、イベ...

                                                                          DDD Talk MeetUp #2 まとめとLT資料 - Qiita
                                                                          • 「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blog

                                                                            はじめに こんにちは、19新卒バックエンドエンジニアの飛田です。 弊社では、プロダクトの一部にCatsという関数型プログラミングを行うためのライブラリを導入しており、今後、Catsをより多くのプロダ...

                                                                            「関数型言語をもっと使いこなしたい!」マイクロアドの新卒エンジニアがデータサイエンティストの先輩に圏論の初歩を指導してもらった話 - MicroAd Developers Blog
                                                                            • コンテキスト境界を定義する - Eric Evans氏のDDD Europeでの講演より

                                                                              原文(投稿日:2019/06/26)へのリンク コンテキスト境界(bounded context)とは、特定の用語や定義、規則が一貫した方法で適用されるソフトウェアの定義部分である — Eric Evans氏は今年初め、DDD Europe...

                                                                              コンテキスト境界を定義する - Eric Evans氏のDDD Europeでの講演より
                                                                              • 10年モノのサービスをアーキテクチャから再設計─はてなブックマークがScalaとDDDを使う理由 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!

                                                                                改善1つに数カ月かかるなら全てを書き換えられないか 2000年代にトレンドだった開発手法の負債 過去の開発意図を探る考古学的手法 データセンター移行も見据えて刷新しよう ドメインモデル設計とScala...

                                                                                10年モノのサービスをアーキテクチャから再設計─はてなブックマークがScalaとDDDを使う理由 - エンジニアHub|若手Webエンジニアのキャリアを考える!
                                                                                • プログラミング言語プロレス / Simple VS Easy - Speaker Deck

                                                                                  All slide content and descriptions are owned by their creators.

                                                                                  プログラミング言語プロレス / Simple VS Easy - Speaker Deck