検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

stage3dの検索結果(絞り込み: 5 users 以上)124 件中 1 - 40 件目

  • iOSにおけるSwift/Unity/PhoneGap/Adobe AIRのパフォーマンス比較検証 - ICS MEDIA

    スマホのアプリ開発を検討する際に、ネイティブ言語と中間プラットフォームのどちらを選択するべきか迷う方は多いのではないでしょうか? ネイティブ言語であるObjective-C/SwiftやJavaを選択するほう...

    iOSにおけるSwift/Unity/PhoneGap/Adobe AIRのパフォーマンス比較検証 - ICS MEDIA
    • Flashプラットフォームはこれからどうなる? 2015年のFlashランタイムのロードマップ(Stage3D編) - ICS MEDIA

      Flashプラットフォームはこれからどうなる? 2015年のFlashランタイムのロードマップ(Stage3D編) こんにちは、ICS川勝です。 2015年3月にAdobeから2015年のFlashランタイムのロードマップが発表され...

      Flashプラットフォームはこれからどうなる? 2015年のFlashランタイムのロードマップ(Stage3D編) - ICS MEDIA
      • GPGPUで流体シミュレーション – EL-EMENT blog

        最近の投稿 Unityでスクリプトを使わずに流体を計算する PHPでオンライン対戦できるリバーシを作ってみた ハル研究所プログラミングコンテスト2018に参加しました ワイヤーアクションゲームを作りまし...

        GPGPUで流体シミュレーション – EL-EMENT blog
        • WebGL開発者必見! Flash Stage3Dとの比較から見えてくるWebGLのあり方について - ICS MEDIA

          12月といえばアドベントカレンダー。今年はWebGLのアドベントカレンダーに私も表明しましたので、テーマ「Flash Stage3Dとの比較から見えてくる WebGLのあり方について」をテーマとして記事を書いてみ...

          WebGL開発者必見! Flash Stage3Dとの比較から見えてくるWebGLのあり方について - ICS MEDIA
          • Sparticle徹底解説。パーティクルエフェクトを作ろう! - ICS MEDIA

            2013年3月26日(水)に弊社が開催したWebGL & Stage3D 勉強会 (第5回)にてパーティクルエフェクトツールの「Sparticle」についてのデモをさせていただきました。今回はそのフォローアップ記事になりま...

            Sparticle徹底解説。パーティクルエフェクトを作ろう! - ICS MEDIA
            • 俺式4.0 :: Adobe AIR 3.9 で iOS, Android, PC 向けにゲームを作って世に出す時にありがちなこと

              Adobe AIR 3.9 で iOS, Android, PC 向けに ゲームを作って世に出す時にありがちなこと Created: 2013-11-20 Modified: 2013-11-20 Written by Tatsuya Koyama 0. これは何 この文書では、Adobe AIR で...

              • Flash Stage3D対応のAway3D – レンズフレアーとパーティクル | ClockMaker Blog

                Flash Player 11のStage3Dに対応した3Dライブラリ「Away3D ver 4.1」を使ってレンズフレアーとパーティクル表現を作ってみました。次のリンクでデモとソースコードを公開していますので、ぜひお試し下...

                Flash Stage3D対応のAway3D – レンズフレアーとパーティクル | ClockMaker Blog
                • 物理演算ライブラリ「OimoPhysics」と3Dエフェクトツール「AwayEffect」のご紹介 - ICS MEDIA

                  3D物理演算ライブラリであるOimoPhysics、つい先日公開された3Dエフェクト作成ツールのAwayEffect、そしてそれらのライブラリを用いたFlashのStage3Dサンプルコンテンツを制作しましたのでご紹介します...

                  物理演算ライブラリ「OimoPhysics」と3Dエフェクトツール「AwayEffect」のご紹介 - ICS MEDIA
                  • FlashでStage3Dコンテンツを作るならおさえておきたい、各種3Dライブラリ徹底比較 - ICS MEDIA

                    2013年5月26日、Stage3Dオンラインカンファレンスが開催されましたが、各種3Dライブラリについてまとまった情報が欲しいなと思ったのでブログ記事にしてみました。Flashを用いた3Dコンテンツを導入する...

                    FlashでStage3Dコンテンツを作るならおさえておきたい、各種3Dライブラリ徹底比較 - ICS MEDIA
                    • モバイルアプリ開発者必見!初期型から最新のAndroid端末まで、Adobe AIR製アプリのパフォーマンス徹底検証 - ICS MEDIA

                      モバイルアプリ開発者必見! 初期型から最新のAndroid端末まで、 Adobe AIR製アプリのパフォーマンス徹底検証 Adobe AIRの技術を使えば、FlashでAndroid/iOS向けアプリを作成できます。それもPCブラウ...

                      モバイルアプリ開発者必見!初期型から最新のAndroid端末まで、Adobe AIR製アプリのパフォーマンス徹底検証 - ICS MEDIA
                      • FlashでStage3Dコンテンツを作るならおさえておきたい、各種3Dライブラリ徹底比較 - ICS MEDIA

                        2013年5月26日、Stage3Dオンラインカンファレンスが開催されましたが、各種3Dライブラリについてまとまった情報が欲しいなと思ったのでブログ記事にしてみました。Flashを用いた3Dコンテンツを導入する...

                        FlashでStage3Dコンテンツを作るならおさえておきたい、各種3Dライブラリ徹底比較 - ICS MEDIA
                        • agendy: Feathers - デスクトップとモバイルで使えるUIコントロールフレームワーク

                          Stage3D FlashPlayer11.0(AIR 3.0)よりGPUによる2D, 3Dのハードウェアアクセラレーション レンダリング機能が付きました。 この機能により、描画処理の向上に期待ができるようになります。 Stage3DはFl...

                          agendy: Feathers - デスクトップとモバイルで使えるUIコントロールフレームワーク
                          • F-site | 【連載】Starlingフレームワークを用いたStage3Dによる2Dアニメーション 第4回 StarlingフレームワークのTweenクラスにおける最適化とJugglerクラスの実装

                            前回の「StarlingフレームワークのTweenクラスによるアニメーション」では、TweenとJugglerのふたつのクラスを使ったトゥイーンアニメーションについて解説しました。今回もこのふたつのクラスを扱いま...

                            F-site | 【連載】Starlingフレームワークを用いたStage3Dによる2Dアニメーション 第4回 StarlingフレームワークのTweenクラスにおける最適化とJugglerクラスの実装
                            • Citrus | Game Engine for iOS, Android, BlackBerry, Windows, Mac and Linux

                              Hey there, we just pushed the V3.1.12! Oh and did you see the old in the url? This new version is mostly an update with latest Starling 1.8 et Feathers 2.3. Starling 2 is now available in...

                              • 透明テキスチャーとStarlingのタッチイベント

                                本ポストは@umiboseから頂いた質問の回答です。(質問ありがとうございました!) Starlingフレームワークは独自タッチイベントを実装し、オブジェクトのシェイプ内にタッチがあった場合にイベントを発...

                                • HTML5関連技術のWebGL(three.js)とFlash(Away3D)のパフォーマンス比較 | ClockMaker Blog

                                  HTML5関連技術であるWebGL (three.js ライブラリを使用)でどれだけのオブジェクトを表示できるのか気になったので、Flash(Away3Dライブラリを使用)とパフォーマンスを比較してみました。WebGL対応ブラ...

                                  HTML5関連技術のWebGL(three.js)とFlash(Away3D)のパフォーマンス比較 | ClockMaker Blog
                                  • Stage3D対応のAway3D 4.1 – パーティクル機能によるパフォーマンス最適化 | ClockMaker Blog

                                    前回のブログ記事で紹介したFlashの3DフレームワークAway3D 4.1 alphaの新機能パーティクルですが、面白い最適化手法を見つけたので紹介します。 Demo (要Flash Player 11.5/リリース版のFlash Player...

                                    • Away3Dライティングの研究 光沢は欲しいけど影は不要 | Lightheadedness

                                      投稿日:2013年01月14日(月) Flash ActionScript3.0Away3DStage3D デモでよく見かける壺や車のボンネットに施されているリアル系のライティングではなく、 ハッタリの効いたアニメ的なライティングにつ...

                                      • Stage3D対応のAway3D 4.1 – パフォーマンスが劇的に向上したパーティクル機能 | ClockMaker Blog

                                        Flash Player 11のStage3Dに対応した3Dライブラリ「Away3D ver 4.1 alpha」の作例紹介。Away3Dの最新版4.1 alphaに搭載されたパーティクル機能を使ってデモを作ってみました。 Demo (要Flash Player 11...

                                        • ATF SDKを使った圧縮テクスチャの使い方入門 | ADC - Adobe Developer Connection

                                          ATFを使うメリット 表1を見ると、iOS、Android、デスクトップをターゲットにしてGPU描画を行うアプリケーションを開発する場合は、それぞれのプラットフォームに合った形式の圧縮テクスチャを用意した...

                                          • Adobe Texture Format(ATF)ツールの使い方 | ADC - Adobe Developer Connection

                                            Adobe Texture Format(ATF)は、FlashランタイムのStage3D APIで使用するテクスチャのアセット用に推奨されているファイルタイプです。 この記事では、アドビがATFファイルを作成および管理するために...

                                            • ATF SDK の公開 - akihiro kamijo

                                              ATF (Adobe Texture Format) は GPU で利用するテクスチャのコンテナとして使われるフォーマットです。Stage3D にも ATF を GPU にアップロードする API が提供されています。 ところが、これまで AT...

                                              • Away3D作例: Space Shangri-La | orange-suzuki blog

                                                http://orange-suzuki.com/labs/spaces/ Away3Dライブラリを使った作例です。 しばらく眺めていただくと、こんな感じでイメージが変わります。 … 技術解説 背景は銀河をイメージして、Photoshopでこの...

                                                • ActionScript3.0用の3D物理エンジンを作ってみた – EL-EMENT blog

                                                  最近の投稿 Unityでスクリプトを使わずに流体を計算する PHPでオンライン対戦できるリバーシを作ってみた ハル研究所プログラミングコンテスト2018に参加しました ワイヤーアクションゲームを作りまし...

                                                  ActionScript3.0用の3D物理エンジンを作ってみた – EL-EMENT blog
                                                  • APEXvj - Visualize your favourite tunes

                                                    APEXvj is a brainchild of Finnish designer/developer Simo Santavirta. No big or small corporation behind this. Just one guy. This is pure indie madness. If you have something nice to say ...

                                                    • スクエニ メンバーズ -SQUARE ENIX MEMBERS-

                                                      アバターサービス終了のお知らせ 「スクエニ メンバーズアバター」は、 2018年3月29日(木) 12:00をもちまして、サービスを終了いたしました。 サービス開始から約10年もの間、ご愛顧いただき誠にありが...

                                                      • Feathers UI · Cross-platform user interface components for creative frontend projects

                                                        Mix and match a variety of components, including buttons, scrolling lists, sliders, toggle switches, layout containers, navigators, and more. Feathers UI aims for buttery smooth 60 fps pe...

                                                        Feathers UI · Cross-platform user interface components for creative frontend projects
                                                        • CEDEC2012 Flashゲームにおけるパフォーマンスチューニングの A to Z

                                                          CEDEC2012 Flashゲームにおけるパフォーマンスチューニングの A to Z 1. 60fpsへの道: Flashゲームにおける パフォーマンスチューニングの A to Z Andy Hall Adobe Japan© 2012 Adobe Systems Incorpo...

                                                          CEDEC2012 Flashゲームにおけるパフォーマンスチューニングの A to Z
                                                          • EL-EMENT blog

                                                            タイトルの通りです。 「アプリを使わずに、リンクを開くだけでオンライン対戦できるリバーシが欲しい!」というのが動機です。 この手のものはゲーム用サーバーとソケット通信するのが普通な気がしま...

                                                            • Flashで3D剛体シミュレーション – EL-EMENT blog

                                                              最近の投稿 Unityでスクリプトを使わずに流体を計算する PHPでオンライン対戦できるリバーシを作ってみた ハル研究所プログラミングコンテスト2018に参加しました ワイヤーアクションゲームを作りまし...

                                                              Flashで3D剛体シミュレーション – EL-EMENT blog
                                                              • 第二回 Stage3D勉強会「モデリングをはじめてみよう」資料アップ | romatica : Blog : Archive

                                                                2012.7.31 に開催された第二回 Stage3D 勉強会で発表した資料をSlideShareにアップしました。 資料内のDEMOのリンクは下記。 Interractive DEMO 1 [Alternativa3D] ColladaアニメーションモデルをTween...

                                                                • Stage3D勉強会 : Starlingフレームワークの最適化

                                                                  index 01 状態の変更をできるだけ少なく 02 表示オブジェクトの描画を最適化する 03 Spriteオブジェクトのフラット化とQuadBatchクラス 04 Starlingフレームワークを最適化するActionScriptの設定 Star...

                                                                  • memo.393 » Blog Archive » [Event]Stage3D 勉強会 (第2回)での発表資料

                                                                    昨日、Stage3D 勉強会(第2回)にて発表したスライド資料を公開します。 自身が体験したair for iOS&Stage3D&aneでのハマリどころを紹介しております。 というかまだリリースできてないのでなんとか今月...

                                                                    memo.393 » Blog Archive » [Event]Stage3D 勉強会 (第2回)での発表資料
                                                                    • 丸林商店

                                                                      太陽系も作って見た でこんな事を繰り返すと太陽系ができます。 実際の星間や星の大きさだと、それこそ天文学的数値になっちゃうので、 かなり大きめ&間隔を縮めて配置しています。 サンプル(要Flash...

                                                                      • Stage3D, Starlingを使ってWebcamを表示 « イナヅマTVログ

                                                                        WebcamをStage3Dで使う2回目。 今回はAdobe押しのStarlingを使ってみます。 あっAway3DもAdobe押しだったけ。 Main.as package { import starling.core.Starling; import flash.display.Sprite; [SWF(f...

                                                                        Stage3D, Starlingを使ってWebcamを表示 « イナヅマTVログ
                                                                        • 第61回 StarlingフレームワークでStage3Dを試す:ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング|gihyo.jp … 技術評論社

                                                                          「Starling」は,Flash Player 11の新しい描画機能「Stage3D」にもとづいてつくられた2次元の描画用フレームワークだ。ハードウェアの「GPU」を用いることにより,速くて滑らかな描画ができる(※1⁠)⁠...

                                                                          第61回 StarlingフレームワークでStage3Dを試す:ActionScript 3.0で始めるオブジェクト指向スクリプティング|gihyo.jp … 技術評論社
                                                                          • [Stage3D] Away3D と Starling を統合するサンプル集 | romatica : Blog : Archive

                                                                            先日正式版が発表された Away3D。 Adobe公式サポートもついて、今後ユーザーが増えそう?な予感がします。 そして先月から(?) Away3D と他のライブラリとの連携サンプルが Github で公開されていました...

                                                                            • 4800×2560でFlashを表示してみる – 水玉製作所

                                                                              2560×1600 (WQXGA)のモニタを3台縦に並べて総サイズ4800×2560とし、Flashをフルスクリーンで表示しました。 FlashPlayer10以降であればこのピクセル数も表示可能になったし、FlashPlayer11以降であれば...

                                                                              • Flash Stage3D対応のAway3D 4.0がついに正式版に! | ClockMaker Blog

                                                                                Flash Stage3Dに対応したAway3D 4.0が正式版となり「Away 4.0 GOLD」として公開されました。2年前のAdobe MAX 2010で紹介されて以降、4.0 alpha、4.0 betaと長い間開発中でしたが、より安心して使える...

                                                                                • Flash Stage3D対応のAway3D – Earth and Moon | ClockMaker Blog

                                                                                  ながらく3Dの作品を投稿していなかったので、リハビリがてらFlash Stage3D (Away3D 4.0 beta ※Away3D 4.0 GOLD にアップデートしました)を使って地球の表現を作ってみました。日の入と日の出の瞬間が一...