検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

ポトチャリコミックの検索結果(絞り込み: 1 users 以上)188 件中 1 - 40 件目

  • ダンジョン飯 5巻 九井 諒子(KADOKAWA ハルタコミックス): ポトチャリコミック

    おもしろい。おもしろいけど「ダンジョン飯」じゃなくなったな。いっさいのフォーマットが変わったね。興味深い。 1巻はグルメマンガの極北というテイで発売されて、本書に端を発し、異世界の人が食事...

    • レイリ 第5巻 室井大資 岩明均(秋田書店 少年チャンピオン・コミックスエクストラ): ポトチャリコミック

      抜群によかったな。武田の将軍の息子の影武者として雇われたキレッキレの女剣士レイリ。4巻では、上司の命令に背いて恩人を救出しに脱走し、絶体絶命の城での戦いのつづきからはじまって大きく話が動く...

      • メタモルフォーゼの縁側(2) 鶴谷 香央理(KADOKAWA 単行本コミックス): ポトチャリコミック

        ツイッターでどこかからのRTでまわってきたのにピンときて買ってみました。1巻をおためしで買って、「おおこりゃええわい」と次の日に2巻も買いました。 おひとりさまで書道教室をひらいて日常を過ごし...

        • 映画大好きポンポさん2 杉谷 庄吾【人間プラモ】(KADOKAWA ジーンピクシブシリーズ): ポトチャリコミック

          「2」にはかなり意表をつかれたのです。 pixivにある日電撃的に掲載された「映画大好きポンポさん」。1 [「映画大好きポンポさん」/「人間プラモ」の漫画 [pixiv]] 今もって無料で読むことができる。後...

          • メイドインアビス(7)つくしあきひと(竹書房 バンブーコミックス): ポトチャリコミック

            ようやっとメイドインアビスをポトチャリコミックで語ることができるようになりました。 とはいっても、にわかもいいところで2017年のアニメ化でズキャンとハマって以降コミックも遡ってファンになった...

            • 二本松兄妹と木造渓谷の冒険 水上悟志(少年画報社 ヤングキングコミックス): ポトチャリコミック

              ザッツ・エンタテインメント。ジャスト・エンタテイメント。 タイトルがすべて。二本松兄妹が木造峡谷で冒険する話。 二本松兄妹は拝み屋。借金のために安い賃金で退魔している。あるとき少女を拾う。...

              • 彼方のアストラ 5 篠原 健太(集英社 ジャンプコミックス): ポトチャリコミック

                はてなブックマークでヤマカム氏の記事の見出しを目にし「あ、これ最高のやつだ」と直感し、記事内容を読まずにタイトルだけ覚えて書店で5巻の分厚さをみて、直感は高まり、在庫をみたら1巻から5巻まで...

                • わたしのカイロス 3 からあげたろう(新潮社 BUNCH COMICS): ポトチャリコミック

                  残念なことに最終巻。でも、極厚の3巻でかなり描ききられたのではないか。なんぼでも伸ばそうともできたのはあらゆる箇所の「すきま」から伺えるけど、それは本作が劇場映画化されてそれに合わせた作者...

                  • てるみな 3 kashmir (白泉社): ポトチャリコミック

                    各鉄道路線のパロディをkashmir式にパロディとギャグと独自のセンスを加味して展開していくという本作も3巻目。こういうのが長期連載になるってのは不思議です。ファンとしてはありがたいですが。 本作...

                    • 玉キック 1 いのまる 光永康則(少年画報社 ヤングキングコミックス): ポトチャリコミック

                      ナイスバディ探偵さんが引きこもりでWEBカメラでしか外界とふれてないオタクを助手としてオカルトよりの怪事件に取り組むというバディもの。ただ、テレビ化も映画化もアニメ化も絶望的だろうな。 なぜ...

                      • よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話 いしい さや(講談社 KCデラックス ヤングマガジン): ポトチャリコミック

                        エホバの証人の王国を信じる母親とともに宗教活動を続けていた子供が描いた実録マンガ。 というと、「カルト村で生まれました」というのを思い出しますが、こっちのほうが閉塞感は強い。どこか呑気でい...

                        • 初情事まであと1時間 2 ノッツ(KADOKAWA MFコミックス フラッパーシリーズ): ポトチャリコミック

                          はじめていたす(童貞処女とは限らないけど)男女の1時間前からのドキュメンタリー風オムニバスマンガ。 エロコメではない!って強くはいえなくなってきたな。後半のページはけっこうサービスカット的...

                          • 妄想テレパシー(5) NOBEL(講談社 星海社COMICS): ポトチャリコミック

                            4巻がさえなくて重苦しい展開だったからどうなるかと思ったら良かったよ。すごく良かった。まさか5巻にしてタイトルに再び本格的にからんでくるとは思わなかった。そういわれるとあまり気にしたことが...

                            • 我らコンタクティ 森田 るい(講談社アフタヌーンKC): ポトチャリコミック

                              帯裏のあらすじの最後「全1巻で登場!」にホレて買いました。他の知識はナニもない。あ、あとまあ、萩尾望都先生がコメントを書いておられるところとか。 糞会社辞めてやると思ってた女性主人公が小学...

                              • ノブナガ先生の幼な妻(1) 紺野 あずれ(双葉社 アクションコミックス(月刊アクション)): ポトチャリコミック

                                「声のおしごと」以来かな。 信長の嫁さんが現代の信長の末裔のもとにタイムスリップすーるって話。信成とか実在の人はかんけいない感じで。 で、14歳、ロリなんだけど、当時の政略結婚とはどういうこ...

                                • 大蜘蛛ちゃんフラッシュ・バック(1) 植芝 理一(講談社 アフタヌーンKC): ポトチャリコミック

                                  ずっとモーニング系は読んでいたので当然存じ上げている作家さんですが、ディスコミュニケーションの最初の何冊かをのぞいてはあまり縁がありませんでした。当初、本作も手に取ったときに「それ」とは...

                                  • 上野さんは不器用 3 tugeneko(白泉社ヤングアニマルコミックス): ポトチャリコミック

                                    3巻。 天才少女上野さんが作った超発明品を同じ科学部の後輩くんを自分のトリコにするためだけに使おうとして失敗してえらい目に遭うという、ラブコメなんだかエロコメなんだか。 主人公ドラえもんとの...

                                    • BOX~箱の中に何かいる~(3)<完> 諸星 大二郎(講談社モーニング KC): ポトチャリコミック

                                      完結。本作は週刊少年ジャンプで描かれていたころのように「少年向け」ってオモムキではありますね。昔の言葉になりますけどジュヴナイル。 諸星流の閉じ込められた空間からの脱出劇。もはや流行りじゃ...

                                      • Spotted Flower 3 木尾士目 白泉社: ポトチャリコミック

                                        アマゾンレビューでかなり叩かれてますね。 「げんしけん」のメンバーがたどらなかったルートをたどるマンガ。 斑目っぽい人が最初にホレた人と無事に結ばれたルート。 1巻では子供が生まれる前にセッ...

                                        • 少女終末旅行 5 つくみず(新潮社BUNCH COMICS): ポトチャリコミック

                                          5巻です。アニメ化も決定してます。 誰もいないというよりほぼ生き物がいない世界、少女2人が旅をしています。 このマンガ、しみじみとギリギリの「日常」なんだなあと。これまでもそうですが5巻でも軽...

                                          • 銀河の死なない子供たちへ(上) 施川 ユウキ(KADOKAWA 電撃コミックスNEXT): ポトチャリコミック

                                            これは下巻がでないとなんともいえないし、いわないほうがいいような気がするマンガだわ。 死なない兄妹と母の話。どうやってもなにしても死なない。そしてずっとどうやら人類がいなくなった世界を生き...

                                            • ライカンスロープ冒険保険 2 西 義之(集英社ヤングジャンプコミックス): ポトチャリコミック

                                              RPG的な世界に保険を組み込んだ話。パーティーが全滅したら自動的に教会に連れて行かれて生き帰っているのは保険があるからだった。 2巻が最高だった。全エピソードが珠玉。 1話完結の、「保険業やって...

                                              • サーカスの娘 オルガ 1巻 山本 ルンルン(KADOKAWA ハルタコミックス): ポトチャリコミック

                                                しばらくぶりの山本ルンルン。なんだか再発だの復刻だの多すぎて、おれは買ったか買ってないかわからない作品は基本買わないしそれが続くとその作家が嫌いになってしまうのでご無沙汰だったのです。だ...

                                                • なんでここに先生が!?(2) >蘇募ロウ(講談社 ヤンマガKCスペシャル): ポトチャリコミック

                                                  1巻は1巻じゃなかったんだよな。単巻扱いでな。「このマンガがすごい!WEB」なんかにランクインしてて「へぇ」と思って買ったらエロくてよかったなと。そしてまさかの2巻。あれ?1巻のヒロイン先生って...

                                                  • 月曜日の友達 1 阿部 共実 (小学館 ビッグコミックス): ポトチャリコミック

                                                    大名作の予感がするね。 大名作になるかうーんいつものかーってのか。でも、本当の本気の阿部共実作品って感じがあちこちからビリビリする。これまでの総ざらえって気合の入り方。 小6から中学生になっ...

                                                    • 別式(2) TAGRO (講談社 モーニングコミックス): ポトチャリコミック

                                                      「変ゼミ」がやっぱりどうにもすきになれないのであまり本作も乗り気ではなかったのですが2巻になっておもしろさが急上昇です。 別式とよばれる女剣士たちを描いた作品。江戸時代と現代をおもしろリン...

                                                      • ストレンジ・ファニー・ラブ チョーヒカル(祥伝社 フィールコミックス): ポトチャリコミック

                                                        最初に書いておくと、9月の「このマンガがすごい!WEB」のランキング投稿募集がきたら1位で投稿します。最高です。 構造としては単純。藤子・F・不二雄的なSFにラブコメ要素が混ざっている。 うれしい...

                                                        • 映画大好きポンポさん 杉谷 庄吾【人間プラモ】(KADOKAWA ジーンピクシブシリーズ): ポトチャリコミック

                                                          でました書籍版。 [映画大好きポンポさん 人間プラモ pixiv: ポトチャリコミック] もともとpixiv版になっていたものを書籍化したものです。いまでもpixivで読むことができると書籍にも書いてありまし...

                                                          • おじょじょじょ 4 完結 クール教信者(竹書房 バンブーコミックス): ポトチャリコミック

                                                            クール教信者の商業誌初連載で1番長期連載が終了しました。そうなんだねなんか意外。小森さんとかメイドドラゴンかと思ってた。 お嬢様と一般庶民の恋の話。 4巻は終わらせるための展開のような気がし...

                                                            • ふたりモノローグ(1) ツナミノ ユウ (講談社 サイコミ): ポトチャリコミック

                                                              実写ドラマ化するそうで。それを先に知り、「へー」くらいに思ってましたが表紙絵のインパクトについ買ったらこれが良かったです。ナイスフィッシング。作者は初めて買います。 小学校のとき親友だった...

                                                              • 好奇心は女子高生を殺す 1 高橋 聖一 (小学館 サンデーうぇぶりSSC): ポトチャリコミック

                                                                最高です。 JK2人が少し不思議方面のSFな日常をおくる1話読み切りショート。 作者は「高橋聖一のよい子のSF劇場」という短編読み切りを読んだ記憶はあります(だから本作を買ったのだし)。ただ覚えて...

                                                                • 凪のお暇 1 コナリミサト (秋田書店 A.L.C.DX): ポトチャリコミック

                                                                  ジャケ買いだけど大正解。 唯一の趣味が節約でゆるふわに無難にOLライフを過ごそうとしたナギさん(タイトルは名前なのね)でしたけどある日過呼吸になって退社。そこで失業保険をもらいつつしばらく休...

                                                                  • ポンコツンデレな幼馴染(2) 海月 れおな (講談社 KCデラックス 月刊少年マガジン): ポトチャリコミック

                                                                    いやあヒドイマンガ(ホメ言葉)。 たぶんに、今度アニメもやる「アホガール」からの派生とは思うんです。 普通にしてれば超美人でツンデレなんだけど、他がすべてダメ。このダメへのメーターの振り切...

                                                                    • 正しいスカートの使い方 位置原光Z 白泉社: ポトチャリコミック

                                                                      前作「お尻触りたがる人なんなの」がすばらしかったのでおれとしては待望の1冊だったけどやったぜ前作超え。 JKさんたちのオムニバス読み切りショートギャグ。 すばらしかったところはエロのさじ加減。...

                                                                      • ぬむもさんとんぽぬくん 粟岳高弘 駒草出版: ポトチャリコミック

                                                                        粟岳氏の本は成年コミック時代から出れば買うってことになっている。同人誌は追いかけきれないので商業誌。この駒草出版のがどうなのかは知りませんが、買うことができる(すなわち楽天ブックスにある...

                                                                        • 初情事まであと1時間 1 ノッツ (KADOKAWA MFコミックス フラッパーシリーズ): ポトチャリコミック

                                                                          作者最高傑作じゃないか。 はじめてHするまでの1時間を描いたオムニバス。はじめてだけあって同じメンバーはでない。 基本若い男女だけど、処女童貞ばかりではない。ふたりでははじめてってのもアリだ...

                                                                          • 2017年5月の「このマンガがすごい!」ランキング(3月刊行分)に投稿したもの: ポトチャリコミック

                                                                            【もっともオススメする作品】 バイオレンスアクション 1 浅井 蓮次 (小学館 ビッグコミックススペシャル) 【2番目にオススメする作品】 ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ ―童貞SOS―(6)<完> ...

                                                                            • いぬやしき(9)奥 浩哉 (講談社イブニングKC): ポトチャリコミック

                                                                              ラス前。こうきたかと思った。「GANTZ」と似てはいるけど、こっちのほうがアレだな。 あああ、ネタバレ込みでつづきを読むからだ! 宇宙人の事故に巻き込まれて死んだおっさん。万能のロボットとして生...

                                                                              • 宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 1 今井ムジイ (KADOKAWA MFC): ポトチャリコミック

                                                                                異世界モノ専門の雑誌が作られるくらいある昨今ですが、宝くじで40億円当たって寄付だなんだうるさいから人のいないところにいったらその家が異世界に通じていた。そして村はビンボーでヤバイ。だから...

                                                                                • 空電ノイズの姫君 (1) 冬目 景 (幻冬舎コミックス バーズコミックス): ポトチャリコミック

                                                                                  ギタリストの父親を持ってギター上手な女子高生とミステリアスな美人の同級生の友情を軸に進んでいくあまりキャッキャウフフしてない「けいおん」。 これがあまり読んでいるわけでもないけど冬目景氏の...