• 人気のコメント(2)
  • 全てのコメント
quick_past quick_past 哲学的な問題はどうしてもついて回るけど、じゃあヒトはどこまでならヒトなんだろう。ヒトをヒトたらしめてる所まで分化すると不味いだろうけど、その手前なら許されるだろうか?中絶の問題と隣接してるのでは

2017/06/30 リンク

iww iww 『ヒト幹細胞を動物の胚に注入するというフランケンシュタイン的なキメラ実験』 フランケンシュタインの怪物は人肉100%じゃない?

2017/06/30 リンク

sugiyama0621 sugiyama0621 かわいそう。やめたげて・・・

2017/06/30 リンク

fukken fukken もうひとつ質問いいかな。ニーナとアレキサンダー、どこに行った?

2017/06/16 リンク

    関連記事

    大丈夫なのか?アメリカでヒトと動物の遺伝子を組み合わせる「キメラ」研究が解禁 : カラパイア

    それは神の領域とも言われ、倫理的問題から禁断の科学とされているキメラ研究アメリカ政府が解禁を...

    ブックマークしたユーザー

    • neririumeneri2017/07/11 neririumeneri
    • fortake2017/06/30 fortake
    • quick_past2017/06/30 quick_past
    • iww2017/06/30 iww
    • coldsleepfailed2017/06/30 coldsleepfailed
    • sugiyama06212017/06/30 sugiyama0621
    • fukken2017/06/16 fukken
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - 学び

    新着記事 - 学び

    同じサイトの新着

    • 江戸時代の生物画家、毛利梅園の描いた実写的海の生物図鑑「梅園介譜」 : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      江戸後期に活躍した毛利梅園(1798〜1851)は、江戸築地に旗本の子として生まれ、20歳代から博物学に関心を抱き、動植物の正確で美麗なスケッチを数多く残した博物家である。 他人の絵の模写が多い江戸時代博物図譜のなかで、その大半が実写であるのが特色で、江戸時代に存在していた、動植物を知る良い資料として後世に伝えられている。 これらの絵は、海の生き物を描いた『梅園介譜』からのものだ。カブトガニ、エビ、カニ、カメ、貝など。というか江戸時代にはカブトガニがどこにでもいたんだね。 ■1. ■2. ■3. ■4. ■5. ■6. ■7. ■8. ■9. ■10. ■11. ■12. ■13. ■14. ■15. ■16. ■17. ■18. ■19. ■20. その他、毛利梅園は、,『梅園草木花譜』、『梅園禽譜』、『梅園魚譜』、『梅園虫譜』などの図を残している。 国立国会図書館デジタル資料化資料で、
    • 祖父を亡くした男性に意外な「家族」から届いた手紙。差出人はなんと!祖父の愛犬だった。そこにはこんな物語が。 : カラパイア

      1 userskarapaia.com

      カラパイア » 画像 » 動物・鳥類 » 祖父を亡くした男性に意外な「家族」から届いた手紙。差出人はなんと!祖父の愛犬だった。そこにはこんな物語が。 祖父を亡くし、悲しみにくれる男性の元へ、ある1通の手紙が届いた。その手紙はスペインからで、男性の亡くなった祖父へ哀悼の意を表するもの。 と、ここまではごく自然な出来事だが……その手紙の差出人は、なんと犬。かつて、祖父がかわいがっていた愛犬からだった。 その犬は、祖父のアルツハイマー病が発覚した2017年初頭、新しい家族のもとへと引き取られていた。病気のこともあり、祖父には愛犬の世話が困難になったからだ。 思いがけない"家族の一員"から届いたお悔やみの手紙を、その男性はツイッターに投稿。愛する家族との別れは悲しくも、そこに生まれた心温まる物語に、多くの人々が胸を打たれた。 祖父の愛犬からの手紙 祖父を亡くした男性のツイートには、2枚の写真がそえ
    • 植物も痛みを感じている?傷つけられた植物が痛みのシグナルを発し、全身に伝える仕組みを解明(日・米研究) : カラパイア

      4 userskarapaia.com

      植物がコミュニケーションをとり、情報を伝えあっているという研究が進むにつれて、植物に知性や感情があるのではないかと考える科学者が増えている。 ブナの切り株が仲間の助けをかりて生き続けるという事例は以前お伝えしたが(該当記事)、新たなる研究によると、植物は体が傷つけられたことを感知し、痛みのシグナルを全身へ伝える仕組みを持っているという。 植物は痛みのシグナルを発し、それを全身に伝える 植物に神経はないが、痛みを感じる植物特有の器官がある。それは養分を運ぶ師管だ。 植物が虫や草食動物に食べられたり、人間に切られたりすると、傷ついた細胞からグルタミン酸が流出する。 このグルタミン酸がグルタミン酸受容体に結合することで、細胞内にCa2⁺シグナル(傷害情報)が発生し、養分を運ぶための師管を通って、全身に伝搬するという。 埼玉大学の豊田正嗣准教授とウィスコンシン大学の研究者らは、カルシウムイオンやグ
    • 「俺じゃない、コイツだ」スリッパを食いちぎったのは誰?に対する2匹の犬の反応 : カラパイア

      3 userskarapaia.com

      2匹の犬を飼っているご家庭で、ある日スリッパの1足が食いちぎられていた。容疑者は2匹の犬。 そこで飼い主は2匹の犬の前に食いちぎられたスリッパを置き「犯人は誰?」と問い詰めた。 最初からその態度で一目瞭然っぽいのだが、一方の犬の挙動により犯人が明らかとなる。 It wasn’t me it was him pic.twitter.com/KrAepoNDCg — Nature is Amazing 🐧 (@AMAZlNGNATURE) 2018年7月6日 目の前に証拠の品を差し出され、その後ろで2匹の犬は並んで座っていた。 そして飼い主に問い詰められる。 向かって左側の犬は飼い主をチラリとみる。右側の犬は証拠物件をじ〜っと見つめていたままだ。 するとどうだろう。 左側の犬が右側の犬の肩にポンと手を置いたではないか。 「犯人はこいつ」とばかりに... It wasn’t me it was

    なぜ命名は重要なのか - Eyes, JAPAN Blog

    4 users http://www.nowhere.co.jp/

    【画像】100点のお尻、見つかるwwwwwwwwwww : 暇人\(^o^)/速報 - ライブドアブログ

    1 users http://himasoku.com/