• 人気コメント (10)
  • 新着コメント
  • すべてのブックマーク

  • xevra xevra そもそも職人サイドには教える事によるメリットが全くない。むしろライバルを育ててしまう訳だから脅威ですらある。なぜこんな簡単な事も分からんのか。
  • keitone keitone 職人「そもそもお前を一人前にしようとか一切思ってない」 職人「俺が死んだらこの店終いでええがな」 ←ここが重要だよ!PDCAがうんたら言っても鼻で笑われるだけだよ!
  • regicat regicat 昔は「見て覚える」でも回ってたくらい世の中の流れが遅かったけど、今はそれじゃ間に合わなくなってきたんだと思う。
  • naoto_moroboshi naoto_moroboshi 思うのはサラリーマンなのに「職人だから……」っていうの謎。いや、リーマンでしょ。やりたくない仕事もやれよ。教えるのも仕事だろ。それが嫌なら本物の職人として独り立ちしろや。
  • nyansu-nyan nyansu-nyan 指導するときの最大のポイントは、「いかに自分と同じ苦労をさせないか」だと思います。自分が新人の頃どんな扱いを受けていようが、下の世代には関係のないこと。
  • nine-tail nine-tail うちの会社の職人さんたちは、後世の教育のために自分たちのスキルの分析とかをしているとか。これをやることで「見て覚えろ」ではなく「ここはこうしたほうがいい」と明確な指導ができるらしいんですって。
  • u_eichi u_eichi まったく何も教えないのは論外だけど、一から百まで教えるのも違う。どうやったらできるんだろう、っていう思考/試行が今ある技術の理解を深めるし、応用を可能にするし、新たな技術の芽になるんだけどね。
  • c_shiika c_shiika 「見学」はそれはそれで重要な学びの一つだと思うけどね。見たことを見よう見まねでやってみて、そこから教えを請うと吸収効率がいい。
  • lacucaracha lacucaracha 一部IT業界の「なぞなぞ」の慣習とか、後進を育てる気のない人は職人って呼んじゃいけないと思う。どれだけ多くの付加価値を次の世代に残せるのかが腕の見せ所だと思うんだよなあ。
  • masahiro1977 masahiro1977 会社側が先輩社員に新人を教育するインセンティブを与えないことにはどうしようもない。
  • kurokawada kurokawada 「見て覚えろ」がそれが覚えるための最善手だからそうしているのか、教えるのが面倒orパワハラの手段としてそうしているのか、パッと見からは判断できないのが問題。
  • georgew georgew 後輩が育てば、自分の立場が追いやられる… 成長を促すよりも、パワハラで支配下に置きたい… > 自称「職人」さんにはこの隠れた本心をズバリ指摘して鼻っ柱をへし折ってしまえばよい。
  • akihk9 akihk9 不幸の再生産はNG
  • sugiyamasigemaru sugiyamasigemaru 要するに会社側の都合だと思う 覚えさせる相手が機械ならしばらくすると仕事がなくなるわけだしね 江戸時代は一子相伝とかは盗まれない仕事を奪われないの意味もあるんじゃないの? 金で全部買えたらと考えてみて
  • citron_908 citron_908 職人の見て覚えろはそれが身体感覚で非言語的なものであるからで、マニュアル化出来るものまでそれをやっちゃうのはどうなのか
  • spiral spiral 「見て覚える」ことができないようなら、このスキルの取得を目指しても無駄だというフィルタの役割もあると思うんだがなぁ
  • ikurii ikurii (記事は読んでいない)悪習とは一概には思えない。教えると何も考えずに教えたことしかしない。見て覚えると、何故そうしなければいけないのかを考えながら行う。後者の方が長い目で見るとよい気が。
  • tettekete37564 tettekete37564 勉強事は人に教えられるようになって一人前と言うし。本当に一般化できない技術というのはあると思うけど「仕事」ならば八割方教科書&ドリル化出来るはず。残りの2割は本人が試行錯誤で埋めてねというので良いと思う
  • u-chan u-chan 文字化できるところと、暗黙知が無いとできないところを分けないとマニュアル化なんてとてもできない。それ以上でもそれ以下でも無い。
  • Rayline Rayline 見て覚えろ→見て覚えようと試みましたがその結果これとこれとこれが分かりませんでした!→よし、じゃぁそこはじっくり教えてやる。。。の関係ができてからが教育の第一歩だと思ってます。思考のレイヤーが違うのか
  • pianopop_on pianopop_on 教えられる能力がないだけでは
  • ooblog ooblog #時短経済 「教えてもらえなかった苛立ちを、下の人間で憂さ晴らし~自分で考えろ~指導放棄~3ヶ月かけて覚えたことを、1ヶ月で教え~『土台』を元に新しいことを~作業の標準化~どちらが『正解』でしょうか」
  • toronei toronei 教育の効率化と体系化という、日本以外ではできてることが、できていないんだから、そりゃ日本がアカン言われてもしゃあない正当性のあるものですわなあ。
  • tetzl tetzl 山登りで言うと(体力の話は置いといて)交通機関で行けるとこまで行って後は危ない箇所を教えれば良くて、登山口までの普通の車道をわざわざ歩かせるのはどう考えても無駄なのに、仕事だと近い事やらせる人いるよね
  • nisisinjuku nisisinjuku 職人は生産をすればよい。ってのが基本なんだろう。 人に教える人ではない。って。 +手塩にかけて育てて離脱すると大きい。ってのが過去にもあって今更天塩型の育成ができないし、ロストテクノロジな感じに?
  • ebmgsd1235 ebmgsd1235 「俺もそう教わってきたんだ」っていうのはまさに抑圧の移譲であって思考(=内面)放棄。職人気質というより職人ヤクザ。見て覚えろはあくまでも全体の流れを掴んでもらうための入り口で、後は共に近道を探すのが筋
  • Pocket7878_dev Pocket7878_dev 教えられる部分は教える、直感や勘のようなものは見て自分の中で育ててもらわないと如何ともしがたい。 あと、ボトムアップで教えると全てのパターンを記憶するという奴がいて困る。 なんとなく今のタイミングはあれ
  • younari younari 確かに、見て覚えろってもう通じないしよな。 やってる作業もどんどん高度化してるしサイクルは早いし。 ただ、教わる方も学ぶ姿勢は大事。
  • Lat Lat 見ておぼえろって、即戦力を求めてなくて基礎をしっかり身につけさせたいからじゃないかな?指示した仕事だけさせたいならマニュアルに作業を起こしてやらせるけどそういう仕事は即戦力の派遣の人に任せてる。
  • reachout reachout 後継者候補が山ほど居るなら見て覚えろで覚えたヤツが後継者で良かったんだが、後継者候補がおらんのにこの態度ではアカンってことやで。
  • ROYGB ROYGB しかしそういった合理的な考え方によるのならば、教育の訓練を受けた専門家でも何でもないのに新人を教えるのは不合理ではないのかなあ。教育は専門家が行い、教わる側は当然ながら対価を支払う。
  • fmnaka fmnaka 教える側にメリットが無い形で運用するマネジメントの問題でしょ
  • htnmiki htnmiki 見て経験して覚える、と、マニュアルで覚える、はどちらもメリットデメリットあるしいいとこ取りすればいいのにね。
  • hiruhikoando hiruhikoando "味を盗もうと洗い場で残飯に手を出そうとしたら先輩に上から洗剤かけられる"という有名エピソードがあるが、パワハラした先輩もレシピの伝達を怠ったシェフも問題なのに「いい話」で処理される。なんだかなあ。
  • hidex7777 hidex7777 職人「先輩のやり方を真似れば身につきます」僕「先輩のやり方が正しいか間違っているかはどうやれば分かるのですか?」
  • mohno mohno 「名選手、名監督にあらず」とも言うし、そもそも理屈を学んでいないと理屈を教えられないので「見て覚えろ」としか言えなくなる。教育・指導とは理屈を教えるものだと思うけどね。クリエイティブな仕事は、また別。
  • tsuki-rs tsuki-rs つまり職人とはコミュニケーションにおいては無能が多いってことかえ?
  • Cujo Cujo 「みてろよ!」「おぼえてろよ!」なんかちがう。。。。。。( /にほんごってむずかしい。。。。。
  • takashiski takashiski 色々思うことはあるけど、とりあえずは「半年ROMれ」って言葉があってだな...
  • lieutar lieutar 言語化を急ぎすぎる事で劣化する分野もあるだろうしゴールを明確に定義しやすいものは機械に仕事を奪われて行くんじゃとか。共感する部分がなくもないが対人スキル過剰評価君は事象を丸めすぎる傾向もある。
▼ ブログで紹介する
最終更新: 2016/03/09 17:46

ユーザーはみんなでブックマークを共有して、効率良く情報収集しています。あなたもはてなブックマークを始めてみませんか?

このエントリーを含むエントリー(8)

このエントリーを含むはてなブログ(13)

関連エントリー

関連商品

同じサイトのほかのエントリー