Twitter連携機能


Twitter連携機能

はてなブックマークでは、Twitterと連携することで、ブックマークする時にその内容をTwitterへ投稿できるようになります。*1

どこから連携する? 「ヘッダーメニュー」→「設定」→「外部サービス連携


Twitterアカウントの設定

Twitter連携機能を利用するには、まずTwitterアカウント認証(OAuth認証)を行う必要があります。

ブックマークをTwitterへ投稿

はてなブックマークでWebページをブックマークする際に、「Twitterへ投稿(Twitterのロゴマーク)」にチェックを入れると、ページURL・タイトルとブックマークコメントを簡単にTwitterへ投稿できます。投稿内容に含まれるページURLは自動的に短縮されます。

設定の「外部サービス連携」にあるTwitterの投稿オプションから、Twitterへの投稿内容を詳細にカスタマイズできます。

「初期状態でシェアを有効にする」チェックボックス
Twitterへの投稿を、初期状態で有効にするかどうかを設定できます。
初期状態にかかわらず、自分の手でチェックを入れたり外したりすることで、Twitterへ投稿するかどうか自由に選べます。
タイトル
ブックマークをTwitterへ投稿する際、投稿内容にブックマークしたページのタイトルを含めるかどうかを設定できます。
タイトルを含める場合、タイトルは「 」で囲まれ、 ブックマークコメントの後に表示されます。ブックマークコメントとタイトルは「 / 」で区切られます。
タグ
ブックマークをTwitterへ投稿する際、投稿内容に自分が付けたタグを含めるかどうかを設定できます。
タグを含めた場合、各タグは ハッシュタグ(#hoge)に変換されて、ブックマークコメントの後に表示されます。
コメント一覧ページ
ブックマークをTwitterへ投稿する際、投稿内容にブックマークしたページに対するコメント一覧ページ(エントリーページ)のURLを含めるかどうかを設定できます。
この設定をオンにしておくことで、他の人のコメントが見返しやすくなります
ブックマークユーザー数
ブックマークをTwitterへ投稿する際、投稿内容にブックマークしたページのブックマークユーザー数を含めるかどうかを設定できます。
ブックマークユーザー数を含める場合、タイトルの後ろ、またはページのURLの前に 「 (n users) 」と表示されます。
Twitterシェアのクリック数の表示
エントリーページやユーザーページでは、各ユーザーがTwitterへ投稿したURLのクリックされた回数を見られます。
設定の「表示設定」から、クリック数を他のユーザーから見られないように設定できます。
自分が投稿したURLのクリックされた回数を他人に見せたくない場合は、「自分のみ閲覧可能」にしてご利用ください。

ブックマーク右側にあるTwitterアイコンについて

ブックマークを追加した場合に連携してTwitterへツイートすると、エントリーページにTwitterアイコンが表示されます。これをタップすると、ツイートページが開きます。

*1:Twitterに投稿したURLを自動的にブックマークする機能は、2018年11月29日に提供を終了しました。