並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

1 - 10 件 / 10件

新着順 人気順

スペシャライズドの検索結果1 - 10 件 / 10件

タグ検索の該当結果が少ないため、タイトル検索結果を表示しています。

スペシャライズドに関するエントリは10件あります。 自転車bicycle米国 などが関連タグです。 人気エントリには 『スペシャライズドからの契約解除 - 江戸川区のどまん中 サイクルステーション ハヤシ』などがあります。
  • スペシャライズドからの契約解除 - 江戸川区のどまん中 サイクルステーション ハヤシ

    スペシャライズドからの契約解除 それは突然、と言うにふさわしく1通の封書でやってきました。 それ以前にZOOMというオンラインの会議形式で 会社側の方針という形で 200件あるリテーラーを130件に削減する旨を 通達する形で告げられ、弊店にその通知が本当に来てしまいました。 そのZOOMの場で、一部の気概の有るリテーラーのかたが、(皆さん こんなこと黙ってていんですか?)と 呼びかけがあったのですが、 自分としては、唖然としてはいましたがこの会社の一方的な 小さいリテーラーなど歯牙にもかけない態度は ある程度いつものことですで 憤慨はしていますが、すぐにリアクションできずにいました。 また、いつも温厚でい人柄のよさがにじみ出るリーテーラーの方から (いままで共にスペシャライズド製品を全面に取扱いしてきたじゃありませんか) という旨の発言に、自らを代表と呼んでいるかたが(それは過去のことです

    • 自転車は私のリタリンだ スペシャライズド創業者の次の夢は自転車によるADHD児童の救済

      スペシャライズドの創業者で現CEOのマイク・シンヤードは、子供の頃、ADHD(注意欠陥多動性障害)の傾向があったんだそうです。Bikeradarにそんな記事が掲載されています。 子供の頃、彼は学校の授業に集中できないのは自分がスマートでないからだ、頭が良くないからだ、と思っていたそうです。彼は高校を中退します。その後、自転車に乗るようになってかなり性格が変わり、カレッジに通うようになり、そこは卒業できたのだそうです。 しかしシンヤード氏、息子が生まれると、むかしの自分に似た傾向があることに気づいたようです。息子さんも学校をやめようとしている。最初は「そんなことやめろよ」などとたしなめていたそうですが、そんな時、「自転車は私のリタリンだ」というタイトルの、ハーバード・メディカル・スクールの医師による論文に出会ったそうです。

        自転車は私のリタリンだ スペシャライズド創業者の次の夢は自転車によるADHD児童の救済
      • スペシャライズドが世界1台だけの超軽量ロードバイク「AETHOS(エートス)」のNFT作品のオークションを実施

        スペシャライズドは、アーティスト増田孝祐とのコラボレーションによる世界で一つの超軽量バイク「AETHOS(エートス)」とブロックチェーンを利用したNFT(非代替性トークン)作品のオークションを実施します。 スペシャライズドは、アーティストであり高野山真言宗の仏教僧侶でもある増田孝祐とのコラボレーションによる世界で唯一のバイク「AETHOS(エートス)」を、ブロックチェーンを利用したNFT(非代替性トークン)作品とともにオークションに出展します。 オークションはラグジュアリーNFTマーケットプレイスであるBrytehallで開催。 https://brytehall.com/ 入札期間は、日本時間の12/9(木) 午後9時 〜 12/16(木)午後9時、最低落札価格US$5万ドル(日本円で約550万円)からスタート。 この世界に1台だけのNFT作品は、ブロックチェーンを利用したNFTによって

          スペシャライズドが世界1台だけの超軽量ロードバイク「AETHOS(エートス)」のNFT作品のオークションを実施
        • スペシャライズドから超軽量e-Bike「TURBO VADO SL」が登場 | toomilog

          スポーツバイクの総合ブランド「スペシャライズド」から、超軽量e-Bike「VADO SL」が発売されました。 VADO SLは、時速24kmまでアシストし最長130kmの走行が可能で、一般的なe-Bikeより40%軽いモデルです。 スペシャライズド本社で開発したSL 1.1 システムを、Turbo Creo SL ロードバイクやTurbo Levo SL マウンテンバイクに搭載させ、こだわりの強いライダーのニーズを満たすし、カジュアルライドや通勤に向けたラインアップにも採用。 内蔵バッテリーは、容量320Wh、航続距離は130kmです。 また、別売のレンジエクステンダーを追加すれば、航続距離をさらに65km伸ばせます。コンパクトなバッテリーは着脱式でで、屋内に持ち運んで簡単に充電できます。 Vado SLは性能を犠牲にせず、快適さをもたらすよう作られており、太いタイヤは路面の細かなバンプを

            スペシャライズドから超軽量e-Bike「TURBO VADO SL」が登場 | toomilog
          • スペシャライズド、“軽くて速い”クロスバイクタイプのe-bike「TURBO VADO SL」 - 家電 Watch

              スペシャライズド、“軽くて速い”クロスバイクタイプのe-bike「TURBO VADO SL」 - 家電 Watch
            • スペシャライズドの自転車 - 山口道具話

              50万円で車        → 安い 50万円でバイク→ 新車も買えるかな? 50万円で自転車→ えっ?? 50万で乗り物の購入を検討するとしたらこんなイメージではないだろうか? 自分はそんな感じだった では続いて ふむふむ 自転車だ これはクロスバイクと呼ばれるT字のハンドルで街乗り~多少の悪路を走る人に適した自転車 ロードバイク(速く走る自転車ね)で有名なアメリカのスペシャライズドというメーカーの自転車だ スペシャライズドというメーカーはうちの近所にも店があって自転車メーカーとしてその名は知っていた。 驚いたのはこれE-bikeと呼ばれる電動アシストのある自転車で ざっくり言うとスポーツ電動自転車 電動ママチャリの凄いやつ(そんな感じ) モデル VADO SL 5.0 EQ お値段 484.000円(税込み) 少しお安い4.0というのもありそちらは385.000円(税込み) 一部にカー

                スペシャライズドの自転車 - 山口道具話
              • スペシャライズドが「ルーベ」をフルモデルチェンジ 乗り心地向上と同時に軽量・エアロ化 | Cyclist

                スペシャライズドが4月11日、フルモデルチェンジした新型の「Roubaix」(ルーベ)を発表した。2018年までに「パリ〜ルーベ」を6度優勝した“石畳最速バイク”。新型ではフロントコラムに内蔵したサスペンション「Future Shock」(フューチャーショック)が油圧ダンパー搭載に進化。先代より軽量化しつつエアロ化も進め、Tarmac(ターマック)をしのぐエアロ性能となっている。 “全てを兼ね備えた”第6世代 第6世代となったルーベは、2017年モデルで登場した先代のコンセプトを受け継ぎながら、さらに各部を進化・熟成させた。「Smoother is Faster」のコンセプトに基づき、より軽く、より速く、よりエアロに進化を遂げた。 全ての面において進化した新型「ルーベ」 © SPECIALIZED フューチャーショックは2.0となり、20mmのストロークで路面振動を積極的に吸収する。新型で

                  スペシャライズドが「ルーベ」をフルモデルチェンジ 乗り心地向上と同時に軽量・エアロ化 | Cyclist
                • 「フューチャーショック」の真価に迫る スペシャライズド・ルーベ エキスパート「アサノ試乗します!」その12|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|cyclesports.jp

                  text 浅野真則 photo 岡拓 スペシャライズドのエンデュランスロード・ルーベが2017年モデルでフューチャーショックという革新的な機構を搭載してフルモデルチェンジを果たした。果たして旧モデルからどのように進化したのか? まずは上級グレードのエキスパートに試乗し、その乗り味を体感する。 上位モデルには独自の衝撃吸収機構・フューチャーショックを搭載 2004年に初代モデルがデビューを果たしたスペシャライズドのエンデュランスロード・ルーベシリーズ。その名の通り、パリ〜ルーベに象徴されるような石畳を走破するクラシックレースで勝利するために開発され、過去に5度のパリ〜ルーベ制覇を成し遂げている。 2017年モデルで投入された最新モデルは、上位モデルにヘッドユニット内にフューチャーショックというショートストロークのサスペンションを搭載しているのが最大の特徴。また、上部にエラストマーを配したコブ

                    「フューチャーショック」の真価に迫る スペシャライズド・ルーベ エキスパート「アサノ試乗します!」その12|サイクルスポーツがお届けするスポーツ自転車総合情報サイト|cyclesports.jp
                  • eバイクに見えない...。重さ約15kgで距離130kmを走るスペシャライズド「Turbo Vado SL」 | ギズモード・ジャパン

                    eバイクに見えない...。重さ約15kgで距離130kmを走るスペシャライズド「Turbo Vado SL」2020.05.20 17:0050,951 岡本玄介 Image: Specialized Bicycles/facebook 一般的なe-Bikeより40%軽いそうな。 アメリカの総合自転車メーカーSpecialized(スペシャライズド)に、「Turbo Vado SL」シリーズが仲間入りしました。「SL」は、超軽量という意味の「スペシャル・ライト」を表します。 14.9kgで軽々担げるSpecializedによりますと、最高アシスト速度は24kmで、320Whの内蔵充電池により、航続距離は最長130kmとのこと。E5アルミニウム製フレームを採用したその重量は14.9kgで、eバイクだということを忘れてしまう軽さなのだそうです。見た目もeバイクらしさがない、というのもユニークで

                      eバイクに見えない...。重さ約15kgで距離130kmを走るスペシャライズド「Turbo Vado SL」 | ギズモード・ジャパン
                    • スペシャライズド AETHOS 人生最高のライドに誘う掟破りの超軽量ロード - 新製品情報2021

                      スペシャライズドが完全新作の超軽量ロードバイク「AETHOS(エートス)」を発表。フレーム重量585g、完成車でUCI規定の6.8kgを優に下回る5.9kgに仕上がった今作は、レースにフォーカスしたものではなく純粋にロードライドを楽しむために誕生した唯一無二の1台だ。 スペシャライズド S-WORKS AETHOS photo:Yuto Murata ドゥクーニンク・クイックステップとボーラ・ハンスグローエをサポートし、近年のレースシーンにおいて最も存在感を示しているスペシャライズド。3年おきの順当なモデルチェンジで今夏TARMAC SL7が登場したが、今年のスペシャライズドはそれだけではなかった。 公式発表を前にダニエル・オス(イタリア、ボーラ・ハンスグローエ)が自身のインスタグラムにフライングでアップし、話題を呼んだそのバイクの名は「AETHOS(エートス)」。最高のライドクオリティー

                        スペシャライズド AETHOS 人生最高のライドに誘う掟破りの超軽量ロード - 新製品情報2021
                      1

                      新着記事