videosalon_genkoshaのブックマーク (906)

  • 【シリーズ特集】WEB動画の潮流とこれから Vol. 2WEB動画広告に力を注ぐ制作会社の制作スタイル① ─ Crevo の場合 | VIDEO SALON

    オンライン上で動画制作を完結できる 動画制作支援システム「Basecamp」で 制作の低価格化と効率化を図る 今回、取材に協力いただいた Crevo 株式会社セールス&マーケティング部の工藤 駿さん(写真左)。インタビュアーは誌連載「Videographer’s File」でもお馴染みの Vook の岡俊太郎さん(写真右)。 世界105カ国・約3500人の動画クリエイターが登録するクラウドソーシングによる動画制作プラットフォーム『Crevo』。最近は実写動画の制作も増えているというが、アニメーション動画に強みを持つ同社の制作スタイルについてお話を伺った。 ● 「この1年で去年の同時期に比べると、制作数が倍くらいになっていると実感しています」という工藤さん。アニメーションを使ったWEB動画制作に長けた Crevo だが、最近では実写映像制作の依頼の伸びが大きいと話す。 こうした Cre

    【シリーズ特集】WEB動画の潮流とこれから Vol. 2WEB動画広告に力を注ぐ制作会社の制作スタイル① ─ Crevo の場合 | VIDEO SALON
  • GARMIN、最大5.7K/30fps撮影対応の360°全天球カメラ「VIRB 360」を発売 | VIDEO SALON

    GARMIN(ガーミン)は、最大5.7K/30fps撮影対応のGPS内蔵360°全天球カメラ「VIRB 360」を9月28日に発売する。価格は92,408円(税別)。 VIRB 360 は、全方位の映像と音声を撮影、録音し、静止画も撮れる、GARMIN初の360°全天球カメラ。時間のかかる編集作業をなくし、他に例を見ないワンクリックのビデオ補正機能で4K/30fpsの360°映像を撮影できる。どんなアクティビティも、撮影してすぐにライブストリーミングできる。 取り扱い店舗はこちら。また、GARMIN NOLINE STORE にて予約受付中。 特徴 ●最大5.7K/30fpsでの撮影に対応(映像合成作業が必要)、4K/30fpsモードではカメラ内で自動的に360°映像を合成 ●4つの内蔵マイクにより、360°全方位からのサウンドを録音 ●4Kスフィリカルスタビライゼーションで安定した滑らか

    GARMIN、最大5.7K/30fps撮影対応の360°全天球カメラ「VIRB 360」を発売 | VIDEO SALON
  • あの展示会でカメラバッグを見て買った | VIDEO SALON

    8月30日で銀一で開催したセミナー&展示会の模様は、このウェブ上ですでにレポートしていていますが、誌面だけでなくやはり実物を見て触ることが大切というのを改めて実感しました。 というのも、マンフロットコーナーのところで、Manhattanムーバー50 バックパックというのを持ってみたら、あっけにとられるほど軽くて、「これは軽くていいですね〜」と担当の方に言ったら、「別冊のほうでも大きく取り上げていただき、ありがとうございました。好評です!」と言われました。そうなのです。「ビデオグラファーのための映像制作機器ガイド」の中で、伊納さんがバックパックを中心としたカメラバッグ選びをレポートされていて、そこでピックアップした中の一つがこれなのでした。誌面で読んでいるだけでは欲しくならなくて、実物を手にとってみなければ買う気を起こさない類のものもあるんだなと自分の体験から気づかされました。(当は何回か

    あの展示会でカメラバッグを見て買った | VIDEO SALON
  • 10月号のアツデン取材の裏話 | VIDEO SALON

    現在発売中のビデオサロン10月号(9月20日)のカメラ搭載マイク特集で、アツデン社の取材レポートをお届けしていますが、誌面に入らなかったもの(当は入れたかったけど、特集の趣旨から外れるので載せなかったもの)をWebでお送りします。(編集部/一柳) アツデン社内には往年の機材が並んでいるショーケースがあって、そこには現行製品だけでなく、創業時からの主な製品がずらっと並んでいた。 アツデンは当初はレコード再生用のピックアップを作っていたという話は、誌のレポートにも出てくるが、圧電素子(ピエゾ)が社名の由来。アツデンがカートリッジを作っていたとはまったく知らなかった。廉価なものやOEMではなく、ここにあるものを見ると、自社ブランドの高級品があったことが窺われる。 以下はワイヤレスマイクロホンの数々。アツデンと言えば映像業界ではカメラ搭載用のガンマイクのイメージが強いのだが、映像業界への参

    10月号のアツデン取材の裏話 | VIDEO SALON
  • 三信電気、幅広い用途に対応したモバイルライブエンコーダ LiveU Solo 発売 | VIDEO SALON

    三信電気は、LiveU 社(社:イスラエル)の新製品・LiveU Solo(ライブユー ソロ)を発売する。 LiveU Solo は、接続されたカメラの映像・音声をリアルタイムにライブ配信サイトやSNSへ配信することが可能。最大の特徴は、2LTE/4Gなどの携帯回線とWi-Fi、LANを任意に組み合わせ広帯域を確保するボンディング技術。これにより、屋外・屋内のいずれでも最大1080Pのフルハイビジョン画質の安定したライブ配信を実現する。 ライブ動画は、YouTube、Facebook、Twitter(Periscope)など主要な配信サイトであれば「LiveU Solo 専用ポータルサイト」から簡単に配信できる。そのほかにも、RTMPストリーミングプロトコルに対応しているサイトであればライブ配信が可能だ。 製品詳細 https://www.sanshin.co.jp/business

    三信電気、幅広い用途に対応したモバイルライブエンコーダ LiveU Solo 発売 | VIDEO SALON
  • Crevo、制作現場の生産性を向上させる動画制作プラットフォーム「Collet」をリリース | VIDEO SALON

    Crevo 株式会社は、労働集約的になりがちな制作現場の生産性を向上させる動画制作プラットフォーム「Collet(コレット)」をリリースし、限定30社の先行申込みの募集を開始した。 2014年3月の動画制作サービスの提供開始以来、累計700社以上の動画制作に携わってきた Crevo。従来の労働集約型の動画制作スタイルを改革すべく制作管理ツールの自社開発に着手し、約3年をかけて新たなプラットフォームを構築した。 Collet は動画制作の関連業務を効率化できる動画制作プラットフォーム。多彩なスキルをもった動画クリエイターとダイレクトに繋がることのできる独自のネットワークを通して、新たなクリエイターを発見することができる。また、テクノロジーとシステムを駆使することにより、よりシンプルで効率的に動画制作のプロジェクト管理が行える。 β版サービスの先行申込 クローズドβ版の提供申込みを30社限定で

    Crevo、制作現場の生産性を向上させる動画制作プラットフォーム「Collet」をリリース | VIDEO SALON
  • EIZO、HDR映像制作向けリファレンスモニター ColorEdge PROMINENCE CG3145 を12月18日に発売 | VIDEO SALON

    EIZOは、2017年4月18日に発表したHDR映像制作向け31.1型HDRリファレンスモニター・ColorEdge PROMINENCE CG3145 を、12月18日に発売すると発表した。価格はオープン価格。 特徴 ●HDR映像を正しく映し出す優れた表示性能 ・1000 cd/mまでの高輝度を安定して表示 ・液晶モニターとしては世界初、100万:1のコントラスト比を実現 ・「PQ方式」と「Hybrid Log Gamma方式」、両方のガンマに対応 ●クリエイティブワークを支える基性能 ・31.1型の広い画面スペースに、DCI 4K解像度4096×2160 ・広色域表示で映像の色味を忠実に再現 ・画面の隅々まで均一に表示 ・専用色管理ソフトウェア「ColorNavigator NX」対応で、常に正しい表示を維持 ●4K HDR映像制作を充実させる多彩な専用機能 ・DCI-P3、Rec.

    EIZO、HDR映像制作向けリファレンスモニター ColorEdge PROMINENCE CG3145 を12月18日に発売 | VIDEO SALON
  • 単体で動作するMac用手ブレ補正ソフト「Mercalli V1 Stand Alone for Mac」を試す | VIDEO SALON

    レポート●松 敦(Groovoost) 手ブレ補正に特化したシンプル操作の入門版スタビライズソフト http://www.flashbackj.com/prodad/mercalli_sal_mac/ Mercalli V1はフラッシュバックジャパンのサイトで購入できます。Final Cut Pro XやAdobe Premiere Proに組み込むいわゆる「プラグイン」ソフトではなく、ソフト単独で動く「スタンドアローン」タイプのソフトになります。 スタビライズ機能に特化したシンプルな画面設計 スタビライズに特化しているだけあって、非常にシンプルな画面構成となっています。素材を取り込んだのちに必要な部分だけをトリミングし、各種設定をして画像を解析。解析が終わったのちにパラメーターを調整してあとは書き出すだけです。 アクションカメラユーザー向きのカメラセッティング こちら一番驚いた点ですが

    単体で動作するMac用手ブレ補正ソフト「Mercalli V1 Stand Alone for Mac」を試す | VIDEO SALON
  • アイ・オー・データ機器、HDMI出力の映像をパソコンで録画できる「GV-USB3/HD」発表 | VIDEO SALON

    アイ・オー・データ機器では、ゲーム実況などで使用できるUSB 3.0接続のソフトウェアエンコードHDMIキャプチャー「GV-USB3/HD」を2017年9月末に発売する。価格は22,100円。 ゲーム機などのHDMI出力をGV-USB3/HDに入力し、USB 3.0でパソコンに接続すれば、最大画像サイズ1920×1080、フレームレート60fps(プログレッシブ)の映像を録画できる。圧縮方式はMPEG4 AVC/H.264、ファイル形式はMP4、ビットレートは最大30Mbpsでエンコードするが、ソフトウェアエンコーダーを使って圧縮するためパソコンの推奨環境は高め。CPUデスクトップ第4世代 Core i7 3.4GHz以上、メモリーは8GB以上が推奨される。 キャプチャー用に専用録画ソフト「HD Mix Capture」を添付。GV-USB3/HDからの入力映像に、パソコンのWebカメラ

    アイ・オー・データ機器、HDMI出力の映像をパソコンで録画できる「GV-USB3/HD」発表 | VIDEO SALON
  • ソニー、AF機能を強化した4K/30p対応の1型センサー搭載小型ビデオカメラ、PXW-Z90/HXR-NX80/FDR-AX700の3モデルを同時発表 | VIDEO SALON

    ソニー、AF機能を強化した4K/30p対応の1型センサー搭載小型ビデオカメラ、PXW-Z90/HXR-NX80/FDR-AX700の3モデルを同時発表 FDR-AX100やPXW-X70の後継シリーズが登場。3ラインナップに拡充され、XDCAMのPXW-Z90、NXCAMのHXR-NX80、ハンディカムのFDR-AX700として、2017年9月20日に発表された。 XDCAMメモリーカムコーダー PXW-Z90(写真左) 12月上旬発売/オープン価格(市場想定価格29万円前後) NXCAMカムコーダー HXR-NX80(写真中央) 12月上旬発売/オープン価格(市場想定価格24万円前後) デジタル4Kビデオカメラレコーダー ハンディカム FDR-AX700(写真右) 10月13日発売(予約販売は9月26日10時より開始) オープン価格(市場想定価格20万円前後) 3モデルとも、センサー内に

    ソニー、AF機能を強化した4K/30p対応の1型センサー搭載小型ビデオカメラ、PXW-Z90/HXR-NX80/FDR-AX700の3モデルを同時発表 | VIDEO SALON
  • 魁!! ビデオ道場 2017年10月号 | VIDEO SALON

    「ビデオサロン」で連載中の読者投稿コーナー「魁!! ビデオ道場」では、毎月1作品を「大賞」、次点の数作品を「入賞」としてセレクト。大賞受賞者にはその栄誉をたたえて金2万円を贈らせていただきます。大賞・入賞および掲載作品にはそれぞれポイントがつき、累計ポイントによって当ビデオ道場における段位が認定されます(最高位:師範代)。 今回は2017年10月号掲載の作品を紹介します。解説とともに動画をご覧ください。<解説:岡野 肇> <大賞> 地域ドキュメント 『伊勢山上飯福田寺戸開け式』 7分35秒 河合典之さん(三重県松阪市) ●作品紹介● 修験道の開祖が開いたと伝わる松阪市伊勢山上の標高約400mの岩屋の開扉式を追ったドキュメンタリー。開扉をメインに据えながらもシンプルな構成で独特な行事の流れを分かりやすく描く。作者得意のローアングルが印象的。 ◆講評:この作品でまず感じたのはバランスの良さです

    魁!! ビデオ道場 2017年10月号 | VIDEO SALON
  • サンディスク エクストリーム900 ポータブルSSDが活躍する映像制作現場 ─ 伊納達也さんの使い方 | VIDEO SALON

    サンディスク エクストリーム900 ポータブルSSDが活躍する映像制作現場 ─ 伊納達也さんの使い方 協力●サンディスク株式会社 サンディスクのエクストリーム900 を2台用意し、 現場で素材コピー、ひとつは現場での編集作業用、 もう一つはバックアップにする 伊納達也 いのうたつや ノンフィクション・ビデオグラファー。CM制作会社で制作進行として勤務後、2012年からビデオグラファーとしての活動を始める。映像制作会社「inaho」を立ち上げ、少人数のラン・アンド・ガンスタイルで各地域の文化にフォーカスした映像制作を展開。複数のプロジェクトに寄り添い「映像を使ったコミュニケーションの構築」にも力を入れて取り組む。 「どこでも編集ができる時代」ならではの悩み 映像制作の機材の進化スピードには目を見張るものがあり、撮影機材・編集機材は小型高性能化が一気に進んでいる。撮影はもちろんのこと、編集作業

    サンディスク エクストリーム900 ポータブルSSDが活躍する映像制作現場 ─ 伊納達也さんの使い方 | VIDEO SALON
  • ニコンD850の動画機能を検証する | VIDEO SALON

    Report◉LimeTec (ライムテック)栁下隆之 AF-S 20mm F1.8で撮影。4K/30pの動画素材からの切り出し。20mmという広角レンズが画角いっぱい活かせるようになった。 AF-S 28mm f1.8で撮影した4K/30p動画からの切り出し。 AF-S 85mm f1.8で撮影した4K/30p動画からの切り出し。35mmフルサイズで動画撮影できるようになったことで、レンズの味を隅々まで活かせるようになった。 筆者はニコン使いのビデオグラファーで、ビデオの世界では珍しいと周囲の人から言われることが多い。自身としては、写真業界からの転身で動画を始めた経緯もあって、学生の頃からニコンを使い続けていて大きな不満はない。 音声のことなどを考えると、取材の現場などではソニー製の業務機やα系のボディを選択することもあるが、自分の好みの質感描写で勝負したいときはニコンを選択することが多

    ニコンD850の動画機能を検証する | VIDEO SALON
  • サイバーリンク、ビデオ編集ソフトの最新版「PowerDirector 16」を発売 | VIDEO SALON

    サイバーリンクでは2017年9月19日、家庭用ビデオ編集ソフトとして高い人気を誇る「PowerDirector(パワーディレクター)」の最新バージョン「PowerDirector 16」を発表、ダウンロード版が同日の19日に、パッケージ版が10月13日に発売になる。 最大の特徴は、家庭用ビデオ編集ソフトとしては非常に充実した360度動画の編集機能を装備している点(Ultimate Suite/Ultraのみ)。360度動画編集機能に関しては、昨年のバージョン15から実装しているが、新バージョンでは360度動画から2D動画を作成する機能が特に充実した。 便利そうなのが「オブジェクトトラッキング」機能を使って特定の被写体を自動追尾させ、360度動画から特定の被写体を切り出せる機能。従来はキーフレームを設定しながら切り出し枠を動かしていたが、その作業が大幅に軽減される。また、360度カメラで撮影

    サイバーリンク、ビデオ編集ソフトの最新版「PowerDirector 16」を発売 | VIDEO SALON
  • 2017年10月号連載「美の探究工房」関連動画集(Ufer! VLOG) | VIDEO SALON

    康さんの連載「美の探究工房」10月号でのUfer! VLOGのコンテンツは以下になります。この連載は岸さんの動画ブログ(VLOG)、Ufer! VLOGと連動しています。 GH5の4K/60pファイルの重さについて。 GH5のフォトスタイルとソニーFS5のピクチャープロファイルの比較。 スマートバランスホイールというミニセグウェイのような電動二輪車とジンバルの組み合わせ 動画用の三脚について。最後はVinten? Vinten blueに小型カメラ用のVinten small camera adapterを利用してGH5を乗せてみた。 FS5にはやっぱりフジノンMKか。 東アジア文化都市2017 京都 アジア回廊 現代美術展。

    2017年10月号連載「美の探究工房」関連動画集(Ufer! VLOG) | VIDEO SALON
  • 斎賀教授のアフターファイブ研究室〜オリンパスTough TG-5」 | VIDEO SALON

    4KやHD120p動画が撮れる防水カメラ オリンパス Tough TG-5 Report◎斎賀和彦 ▲ボタンやレバー、ダイヤルといった「普通のカメラ」としての操作性が抜群。 夏が来れば思い出すのは尾瀬ですが、夏が来ると欲しくなるのが防水カメラ。海に山にプールに、この季節は水に近い場所でカメラを使うことも多く、水中写真とまで言わなくても水がかかったり砂や土の付いた手で扱っても安心なカメラが欲しくなるのは自然なことです(よね?)。 オリンパスの Tough(タフ)シリーズはその名前通り過酷な状況で使える防水耐衝撃性をもつコンパクトカメラ。その最新型 TG-5 は画質が大きく向上したのも特徴ですが、ビデオユーザーの視点では4K/30pおよび FHD/120p のハイスピード撮影に対応したのが注目ポイントです。なにしろオリンパス一眼ミラーレスのフラッグシップ OM-D E-M1 Mark II(こ

    斎賀教授のアフターファイブ研究室〜オリンパスTough TG-5」 | VIDEO SALON
  • 【LONESOME VIDEOの流儀30】ワンマンオペレーションが可能になったミニCパンアームの効果的な使い方は? | VIDEO SALON

    第30回 ワンマンオペレーションが可能になった ミニCパンアームの効果的な使い方は? 文◎ふるいちやすし 動画のカメラワーク。つまり被写体に対して視点をどう動かすかということなのだが、上下・左右・遠近だけではなく、カメラの場合はレンズを変えて視野の広さを変えたり、フォーカスを移動させて視点の意識を移動させたり、また、そのすべての変化のスピードや動きの質によっても被写体に対する思いを表現することができる。できるからにはやらなくてはつまらない。その発想とそれに応える身体の動きが肝であることには違いないが、それをサポートしてくれる道具や、身体の限界を超えるカメラワークを可能にしてくれる道具は、カメラマンのイメージに直結する大切な物だ。そういう意味では今、カメラマンにとって最高の時代を迎えているのではないかと思える。 DSLR の進化のスピードが凄い。それに各メーカーのモデルの豊富さに、もう何を選

    【LONESOME VIDEOの流儀30】ワンマンオペレーションが可能になったミニCパンアームの効果的な使い方は? | VIDEO SALON
  • ソニー、スマホの音楽を楽しみながらマイクも使えるワイヤレススピーカー SRS-XB60 を発売 | VIDEO SALON

    ソニーは、Bluetooth 接続対応ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB60 を10月21日に発売する。色はブラック。価格はオープン価格(市場推定価格は40,000円前後)。 製品はスマートフォン等の音楽を大音量で楽しめるほか、マイクミキシング端子も搭載し、大人数のイベントなどでも使いやすいスピーカーだ。大口径のウーファーとトゥイーターを搭載して大音圧と高音質を両立したほか、内蔵バッテリー搭載で最大約14時間の連続再生が可能。EXTRA BASSシリーズで好評の筐体前面が光るライティング機能も搭載している。 おもな特長 ●迫力の大音圧と高音質を両立した大型ボディ ●内蔵バッテリーと、マイクミキシング端子など様々な用途に合わせた便利な接続端子 ●シーンや空間を演出し雰囲気を盛り上げるライティング機能やDJ機能 ●複数のスピーカーをつなげる「ワイヤレスパーティーチェーン」 商品詳細

    ソニー、スマホの音楽を楽しみながらマイクも使えるワイヤレススピーカー SRS-XB60 を発売 | VIDEO SALON
  • LPL、Grip Holder シリーズの新製品・CG-500 と UH-100 を発売 | VIDEO SALON

    CG-500(左)とUH-100(右) エルピーエルは、Grip Holder シリーズの新製品として、一眼レフカメラおよび中型ビデオカメラ取り付け用グリップ・CG-500 と、モバイル端末取り付け用ホルダー・UH-100 を発売する。 デジタルカメラグリップ CG-500 人間工学に基づいたデザインと表面の滑りにくい加工により、長時間撮影での疲労を軽減。また、テーブル面が広く、一眼レフカメラや中型ビデオカメラがしっかり固定できる。 商品番号:L13015 JAN:4988155 130156 価 格:5,000円(税抜) 取 付:U1/4″ オスネジ テーブル寸法:約50 x 68mm 体寸法:約55 x 70 x 125mm 重 量:約80g 付属品:カメラネジ付ストラップ ユニバーサルホルダー UH-100 スマートフォンなどモバイル端末をタテ・ヨコ位置に簡単に切り換えられるホル

    LPL、Grip Holder シリーズの新製品・CG-500 と UH-100 を発売 | VIDEO SALON
  • 極・ト書き一行のカット割り! 第76回 今月のお題「ハグ」 | VIDEO SALON

    VIDEO SALON.webは、映像制作のための専門誌「VIDEO SALON」がお届けする映像制作のための情報マガジンです。映像制作に関連する、最新情報、機材ニュース、またレポートなどをイチ早くご紹介します! プレスリリース送付先:vs@genkosha.co.jp 読者の皆様からの問い合わせ先:video@genkosha.co.jp 【ライター・編集者・ビデオグラファー募集】 応募フォームはこちら 広告掲載に付いてのお問い合わせはこちらまでお願いいたします。 お問い合わせ先 株式会社 サロン・エージェンシー(専属広告代理店) 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-1-5 玄光社ビル 1F TEL:03-3264-8477(代表) FAX:03-3264-8495 E-mail:salon_ag@genkosha.co.jp VIDEO SALON.WEBの広告資料 雑誌VID

    極・ト書き一行のカット割り! 第76回 今月のお題「ハグ」 | VIDEO SALON