検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで
テクノロジーに関するエントリは82570件あります。 technology技術AI などが関連タグです。 最新エントリには 『関西ものづくりAI/IoT展にAIポータルメディア「AIsmiley」がブースを出展』などがあります。

テクノロジーの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)82570 件中 1 - 40 件目

  • 関西ものづくりAI/IoT展にAIポータルメディア「AIsmiley」がブースを出展

    企業のDXを推進する国内最大級のAIポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリー(東京都渋谷区、 代表取締役:板羽晃司)は、2022年10月5日(水)~7日(金)に開催する関西ものづくりAI/IoT展にブースを出展します。 画像引用元:関西 ものづくりAI/IoT展| RX Japan株式会社 https://www.manufacturing-world.jp/kansai/ja-jp/about/aiotex.html 会場では、DXを加速させるAIポータルメディア「AIsmiley」の活用方法のご案内とAIプロダクト導入の相談を受け付けます。AI導入の相談をしたい方、幅広く情報収集を行いたい方はぜひブース番号 8-4 までお越しくださいませ。皆さまのご来場を心よりお待ちしております。 ■出展予定内容 ・AIポータルメディア「AIsmiley」有効活用のご案内 ・DX推

    関西ものづくりAI/IoT展にAIポータルメディア「AIsmiley」がブースを出展
    • 論より動くもの.fmを支える技術 〜Podcast初心者が使っているツール紹介〜 - hey Product Blog

      こんにちは、技術広報のえんじぇるです。 社内のLT大会にて「論より動くもの.fmの作り方」という発表をしました。本記事は、その発表内容をブログ向けに編集したものです。どのようなツールを使って論より動くもの.fmを運営しているのか紹介します。 社内LT大会についてはこちらをご覧ください ▼ 社内LT大会を始めてよかったこと - hey Product Blog 論より動くもの.fmとは 論より動くもの.fmは、CTOの藤村さんがホストとして、技術や技術にまつわるさまざなことを話すPodcastです。社外に向けても、社内に向けても、CTOがどんな人で、どんなことを考えているのかを知ってもらいたいという思いで、2022年4月から始めました。 実はCTOの発信を増やしたいプロジェクトは2021年下半期から始まっていました。 ほぼ毎週、藤村さんとネタ出し会をし「その話、ブログに書きませんか?」と提案

      論より動くもの.fmを支える技術 〜Podcast初心者が使っているツール紹介〜 - hey Product Blog
      • 分かると、実に、おもしろい! QRコードの仕組み

        少しマニアックな知識、QRコードの仕組みを紹介します。 QRコード決済、リンクをQRコードで提供するなど、日常的に使用されているQRコードにあるそれぞれのパターンがどのように機能しているか、どういう役割をしているのか、なぜ上下逆さにしても読み取れるのか、なぜ一部が隠されても読み取れるのかなどが分かります。 QR codes by Dan Hollick (@DanHollick) 下記は各ポイントを意訳したものです。 ※当ブログでの翻訳記事は、元サイト様にライセンスを得て翻訳しています。 はじめに QRコードの仕組み 終わりに はじめに QRコードがどのように機能しているのか、疑問に思ったことはありませんか? 控えめに言って、実に、おもしろい! 注意: この記事⬇では非常にマニアックな内容が含まれています。 QRコードの仕組み QRコード(Quick Response code)はトヨタ自

        分かると、実に、おもしろい! QRコードの仕組み
        • 0.2mmの微小血管を可視化、「光超音波イメージング装置」が医療機器として承認取得

          スタートアップのLuxonus(ルクソナス)は2022年9月27日、造影剤なしで血流状態を可視化できる「光超音波イメージング装置(LME-01)」の薬事承認を取得したと発表した。今後、医療機関向けに販売を始め、並行して保険適用を申請する。手や足といった部位の血流状態を測定し、血流障害の特定などに利用してもらう。

          0.2mmの微小血管を可視化、「光超音波イメージング装置」が医療機器として承認取得
          • 【動画】人の笑いに合わせて”一緒に笑う”人型ロボット開発 | NHK

            人の笑い声の特徴を分析して一緒に笑い声を出す機能を搭載した人型のロボットを京都大学の研究グループが開発しました。グループは、高齢化社会が進む中、会話や感情を読み取れるロボットの実現につなげたいとしています。 これは、京都大学大学院情報学研究科の井上治昂助教らの研究グループが28日、京都市左京区で会見を開いて明らかにしました。 グループは、すでに開発されていた会話ができる人型のロボットに、AI=人工知能を活用して対話する相手の笑い声を分析し、一緒に笑い声を出す機能を搭載しました。ロボットは、実際に人が交わした82の会話のデータを搭載し、人の笑い声を周波数などで判断します。相手の声に同調する仕組みになっていて、声の大きさや特徴に応じてロボットが大きな笑い声や抑えたトーンの笑い声を出します。 井上助教は「初めて私の笑いに合わせて笑ってくれた時は、まるで心が通じ合ったように感じました。高齢化社会が

            【動画】人の笑いに合わせて”一緒に笑う”人型ロボット開発 | NHK
            • AIテスト自動化プラットフォーム「MagicPod」をミクシィが導入

              MagicPodが開発した、AIテスト自動化プラットフォーム「MagicPod」をミクシィが導入しました。 このAIニュースのポイント AIテスト自動化プラットフォーム「MagicPod」をミクシィが導入 特別なスキルを有していなくても、手軽に利用できるAIテスト自動化プラットフォーム 自動化を実現し、時間の大幅な短縮に成功 株式会社MagicPodが開発した、AIテスト自動化プラットフォーム「MagicPod」を株式会社ミクシィが導入しました。 「MagicPod」とは、モバイルアプリテスト、ブラウザ(ウェブアプリ)テストの両方に対応したAIテスト自動化プラットフォームです。プログラミングなどの特別なスキルがなくても直感的に使うことのできるデザイン、クラウドでのサービス提供によるメンテナンス性の高さ、AI技術を活用した自動修正によるテストプログラム修正の手間削減などによりリリースサイクル

              AIテスト自動化プラットフォーム「MagicPod」をミクシィが導入
              • ゲノムに映る挑戦しない国 好奇心も「失われた20年」

                日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら スタートアップのミタテゼプトテクニカ(東京・渋谷)がこの夏、1億5000万円を調達した。数ある起業のひとつだが、ゲノム(全遺伝情報)解析用半導体の量産をめざす点で注目だ。 シーケンサー(遺伝子解析装置)は進化が続くが、ゲノムデータをぶつ切りに読む1次解析のあと、これをつなぎ合わせる2次解析に時間がかかっている。ミタテはASIC(特定用途向け半導体)で5分以内の安価な解析をねらう。 「レントゲン並...

                ゲノムに映る挑戦しない国 好奇心も「失われた20年」
                • 電波強度がGPSの10万倍、GNSSの弱点を補う「MBS」とは? 屋内外シームレスに測位できる“地上波システム”構築へ【地図と位置情報】

                  電波強度がGPSの10万倍、GNSSの弱点を補う「MBS」とは? 屋内外シームレスに測位できる“地上波システム”構築へ【地図と位置情報】
                  • 高精度な文字起こしAIでYoutubeの字幕を作ってみた - ニートの言葉

                    どうもこんにちは、あんどう(@t_andou)です。 今回はOpenAIの高精度な文字起こしAI「whisper」を試してみました。 ただ試すだけでは面白くないのでもう少し実用的なことを…と言うことで、Youtube用の字幕を作ってみました。 実行環境 使用した動画と結果 まずはモデルごとに精度確認 small 処理時間 結果 所感 medium 処理時間 結果 所感 large 処理時間 結果 所感 使用した動画と結果その2 最後に 実行環境 GoogleColabでGPUはT4でした。 使用した動画と結果 以前、リアルな顔がしゃべるAIを作ったので、その動画を使います。 声もAIによるもののため、僕の耳には聞き取りやすいですが、whisperにとってはどうでしょうか。気になります。 (ちなみに、この動画内で話しているニュースの文章もAIによる生成物です。) www.youtube.co

                    高精度な文字起こしAIでYoutubeの字幕を作ってみた - ニートの言葉
                    • 「極予測AI」アップデート 「クロスフォーマット機能」を追加 サイバーエージェント

                      サイバーエージェントの「極予測AI」、クロスフォーマット機能をリリース 最終更新日:2022/09/27 サイバーエージェントは、「極予測AI」のアップデートを行い、動画と静止画を横断し効果予測を行い、フォーマットを問わず効果の高いクリエイティブを提案する「クロスフォーマット機能」を追加しました。これにより、効果予測の精度がアップデート前と比較し136%へと向上しました。 このAIニュースのポイント サイバーエージェントの「極予測AI」がアップデート「クロスフォーマット機能」を追加 「クロスフォーマット機能」は、動画と静止画を横断し効果予測を行い、フォーマットを問わず効果の高いクリエイティブを提案するもの この機能を用いた広告配信でアップデート前の配信と比較して効果予測の精度が136%へと向上 株式会社サイバーエージェントが、自社で提供する「極予測AI」をアップデート。動画と静止画を横断し

                      「極予測AI」アップデート 「クロスフォーマット機能」を追加 サイバーエージェント
                      • 日本語特化画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開 rinna

                        このAIニュースのポイント rinnaは、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」のサービス提供を開始 学習データとして、LAION-5Bの日本語サブセットをはじめとした約1億枚の日本語キャプション付き画像を利用 今後も、研究成果については引き続き公開し、研究・開発コミュニティへ還元していく方針 rinna株式会社は、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開しました。また、このモデルを用いた画像生成サービスも提供開始しました。 rinna社は画像などの非言語コミュニケーションを重要視し、AIりんなをはじめとしたAIキャラクターが発信する画像生成や、研究成果として学習済みの言語画像モデルを公開してきました。 元々のStable Diffusionは、英語のキャプション付き画像から学習されているため、

                        日本語特化画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開 rinna
                        • Magic Moment第三者割当増資を実施 累計調達額は20億円に

                          Magic Momentは、DNX Ventures、DCMベンチャーズ、新たに三井物産を引受先として第三者割当増資を実施しました。今回の増資により、2017年3月の創業以来、金融機関からの融資を含む累計調達額は20億円となります。 このAIニュースのポイント Magic Momentが三井物産等から第三者割当増資を実施、累計で20億円を調達 AI行動システム『Magic Moment Playbook』は、LTV にもとづいた営業活動を支援するサービス 自然言語解析や機械学習領域への投資を開始、既存領域の体制も強化 株式会社Magic Momentは、2022年9月7日、DNX Ventures をリードインベスターとし、DCMベンチャーズ、新たに三井物産を引受先として第三者割当増資を実施しました。今回の増資により、金融機関からの融資を含む累計調達額は20億円となりました。 Magic

                          Magic Moment第三者割当増資を実施 累計調達額は20億円に
                          • 仏陀と話せるARを開発 京都大学

                            京都大学の熊谷誠慈准教授とテラバースらの共同研究グループは、ARや AIなどの最新技術を用いて、現実空間上に仏教対話 AI「ブッダボット」のアバターを召喚し、ブッダと直接対話できるプラットフォーム「テラ・プラットフォーム AR Ver1.0」を開発しました。 このAIニュースのポイント 京都大学が、「テラバース」の開発を開始、開発の一つとしてブッダと直接対話できるプラットフォーム「テラ・プラットフォーム AR Ver1.0」を開発 スマホ画面を通じて、目の前にブッダボットのアバターを召喚 今後、メタバース上に、バーチャル寺院・アバター寺院を構築していく予定 京都大学 人と社会の未来研究院の熊谷誠慈 准教授、株式会社テラバースの古屋俊和CEO らの共同研究グループは、仏教とメタバース技術を融合させた仏教仮想世界「テラバース」の開発を開始しました。 「テラバース」は「一兆(テラ)の宇宙(バース

                            仏陀と話せるARを開発 京都大学
                            • LINE連携チャットボット導入事例をまとめたカオスマップを公開!

                              企業の DX を推進する国内最大級の AI ポータルメディア「AIsmiley」を運営するアイスマイリーは、DX推進支援の一環としてLINEと連携できるチャットボット導入事例をまとめた「LINE連携チャットボット導入事例カオスマップ」を公開します。掲載数は合計で98事例です。 ■LINE連携チャットボット導入事例カオスマップ ※2022年09月27日作成、更新 こちらのカオスマップはLINEと連携しているチャットボットの事例を用途ジャンル別で探せるように「商品告知」「情報提供」等のカテゴリーに分け、合計98サービスを取り上げております。 作成にあたり参考にしたサービスURL、LINE連携のチャットボットのベンダーを記載した一覧表(Excel)は、カオスマップ資料請求後にLINEと連携できるチャットボットサービスの導入を検討している企業ご担当者様に無償でご案内いたします。 ■LINE連携チャ

                              LINE連携チャットボット導入事例をまとめたカオスマップを公開!
                              • DX/AI組織開発ロードマップ策定サービスをリリース AVILEN

                                このAIニュースのポイント AVILENは、「DX/AI組織開発ロードマップ策定サービス」をリリース 事業目標や戦略に基づいたオーダーメイドの策定サービスとなる 組織立ち上げ、人材確保のロードマップを考案し、アウトプットを提供する形となる 株式会社AVILENは、「DX/AI組織開発ロードマップ策定サービス」をリリースしました。 このDX/AI組織開発ロードマップ策定サービスは、事業目標や戦略に基づいたオーダーメイドのDX/AI組織ロードマップを策定するサービスです。 社内で組織づくりをするノウハウがなく、思うようにDXやAI活用取り組めない顧客の課題解決を支援するものとなっています。 「目指すべき姿」→「現状分析」→「育成計画策定または採用計画策定」のステップで組織立ち上げ、人材確保のロードマップを考案し、アウトプットを提供します。 ロードマップの策定ステップとしては、事業計画や中期経営

                                DX/AI組織開発ロードマップ策定サービスをリリース AVILEN
                                • AIが10万個の方程式で表された複雑な量子問題を4つの方程式に統合! - ナゾロジー

                                  AIが科学を新たな次元に押し上げています。 どんなに賢い犬であっても、ニュートンやアインシュタインの方程式を理解することはできません。 その理由は犬という種族の脳の限界によるものです。 では人間にも同様に理解できる理論の限界があるのでしょうか? 人間の認知力を超えた英知は得られないのでしょうか? 新たに行われた研究によれば、AIの持つ「機械の知性」を活用することで、ある程度の限界突破が可能であることが示されています。 米国のフラットアイアン研究所(Flatiron Institute)で行われた研究によれば、訓練を積んだAIによって、10万個の方程式を用いて記述される量子問題を、わずか4個の方程式に変換することに成功した、とのこと。 数個の方程式を同じ意味を持つ1つの方程式に統合することは人間の数学者でも可能ですが、10万個を4個に圧縮するのは人間を超えた機械の知性が必要となります。 研究

                                  AIが10万個の方程式で表された複雑な量子問題を4つの方程式に統合! - ナゾロジー
                                  • 昆布みたいに海流で「ねじれる」海流発電機 - ナゾロジー

                                    再生可能エネルギーといえば、「太陽光発電」「風力発電」などが有名ですが、その基本的な構造は以前からあまり変わっていません。 ところが最近、新しいタイプの波力発電機が開発されようとしています。 アメリカ・国立再生可能エネルギー研究所(NREL)が、昆布みたいに海流でねじれる海流発電機を考案したのです。 この発電機に利用されているのは、2022年8月2日に特許取得された「分散型エネルギー変換技術(DEEC-Tec)」と呼ばれる新しい技術です。 詳細は、9月19日付のNRELのプレスリリースにて報告されました。 目次 「エネルギー変換器の集合体」が新たな発電システムを生み出す昆布みたいに海底で「ねじれて」発電する 「エネルギー変換器の集合体」が新たな発電システムを生み出す 風力発電では、風の力で風車が回り、その回転運動を発電機に伝えて電力を生成します。 Credit:中国電力 同様に従来の発電シ

                                    昆布みたいに海流で「ねじれる」海流発電機 - ナゾロジー
                                    • コンデンサーの極板間の電場と電磁波の電場は別物 -100年続いた混乱を解消し、電磁波発生の安易な説明を正す-

                                      Home > ニュース > プレス発表 > コンデンサーの極板間の電場と電磁波の電場は別物 -100年続いた混乱を解消し、電磁波発生の安易な説明を正す- 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構 概要 大学共同利用機関法人高エネルギー加速器研究機構(KEK)物質構造科学研究所 低速陽電子実験施設の兵頭俊夫協力研究員(東京大学名誉教授)は、平行平板コンデンサーの極板の電荷による電場の変動(変位電流)は磁場を作らないという正しい認識が定着していない要因を指摘し、その詳細を解明することで正しい認識を定着させるための論文を発表しました。 コンデンサーの極板の電荷による電場が変動しても磁場を作らないことは100年前に証明されているのですが、なかなか常識にならず、現在でも「平行平板コンデンサーの極板の間で変化する電場が極板間やまわりに作る磁場」が、電磁波が発生するしくみの説明の前置きとされてい

                                      コンデンサーの極板間の電場と電磁波の電場は別物 -100年続いた混乱を解消し、電磁波発生の安易な説明を正す-
                                      • ネット上で賛否の声「AI安倍晋三」、AI合成音声のYouTubeを“東京大学AI研究会”が国葬に合わせて公開

                                        安倍元総理のAI合成音声がネット上で公開され、物議を呼んでいます。 9月25日、東京大学AI研究会主催の「故安倍元総理追悼AIプロジェクト」がAI合成音声動画を公開しました。 故安倍元総理追悼AIプロジェクト 公式サイト https://aiabeshinzo.com/ 公式サイトには、AIの合成音声によってご遺族や安倍元総理と親交があった方、また日本国民の慰めとなればと公開の意図が掲載されています。 公式サイトや公式YouTubeチャンネルでは数本の動画が公開されています。 また、国葬儀が開かれる9月27日に合わせ安倍元総理から最後のメッセージという動画が公開されました。 【9月28日10:30更新】9月27日22:00に動画は非公開となりました。 非公開前の公式サイトの様子 プロジェクトのTwitterアカウントは最初の投稿が9月27日現在1.6万リツイートされており、関心を集めていま

                                        ネット上で賛否の声「AI安倍晋三」、AI合成音声のYouTubeを“東京大学AI研究会”が国葬に合わせて公開
                                        • 検索の上位表示を公平にする新ランキングシステム 全コンテンツに最低限の露出と利益保証を付与

                                          米コーネル大学の研究チームが開発した「ナッシュ社会厚生ランキング(Nash Social Welfare Ranking)」(出典:Fair Ranking as Fair Division: Impact-Based Individual Fairness in Ranking)は、検索エンジンやレコメンドシステムなどにおいて、全てのコンテンツを公平に表示する新たなランキングシステムだ。経済学の知見に基づいたアルゴリズムで、ユーザーの満足を維持したまま、全てのコンテンツに最低限の露出と利益を保証し、公平性の担保を目指す。 検索エンジンやレコメンドシステムなどのランキングインタフェースは、GoogleやYouTube、Amazonなどの主要なサービス含め、多様な分野で活用されている。 これらランキングシステムは、ユーザーを満足させるために一部の人気コンテンツが上位に並ぶように計算アルゴリズ

                                          検索の上位表示を公平にする新ランキングシステム 全コンテンツに最低限の露出と利益保証を付与
                                          • AIが生成した“偽音声”を見抜く技術 99%以上の精度で検出

                                            Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 米フロリダ大学の研究チームが発表した論文「Who Are You(I Really Wanna Know)? Detecting Audio DeepFakes Through Vocal Tract Reconstruction」は、音声生成モデルで作成された合成音声を見抜く検出器を開発し検証した研究報告だ。音声から声の通り道「声道」を作成して、その声道から人の音声か偽物の音声かを識別する。精度は99%以上だという。 人の声をまねた合成音声はロボットっぽい音で出力されていたが、近年では機械学習モデルの進歩により、合成音声の品質は劇的に向上して人間っぽい音で出力されるようになってきた。人間

                                            AIが生成した“偽音声”を見抜く技術 99%以上の精度で検出
                                            • テスラ、人型ロボット「Optimus」数千体を自社工場に導入へ。求人ページに記載 | TechnoEdge テクノエッジ

                                              ガジェット全般、サイエンス、宇宙、音楽、モータースポーツetc... 電気・ネットワーク技術者。実績媒体Engadget日本版, Autoblog日本版, Forbes JAPAN他 テスラは、将来的にEVなどを作る工場で数千体もの人型ロボットを働かせることを考えているようです。 テスラは9月30日に、AIに関するイベント「Teslla AI Day」を予定しており、そこで昨年の同イベントでコンセプトを発表したヒューマノイドロボット「Optimus」の動作するプロトタイプを披露する予定です。 昨年のイベントで登場したTesla Botは、全身タイツ風のコスチュームを纏った人物が、お世辞にも上手とは言えないダンスを披露して、見た人の失笑を買っていましたが、イーロン・マスクCEOは最近、このTesla Bot開発の優先順位を上げ、新しいEVを2023年に延期したり、自動運転から開発リソースの一

                                              テスラ、人型ロボット「Optimus」数千体を自社工場に導入へ。求人ページに記載 | TechnoEdge テクノエッジ
                                              • 「なぜ人は笑うのか?」を解明する研究が発表! - ナゾロジー

                                                笑いは悲しみよりも深い現象です。 多くの人にとって、自分が悲しんだり怒っている理由を他人に説明するのはそれほど困難ではありませんが、自分が笑ってしまった理由を他人に理解させるのは、しばしば、極めて困難となっています。 また笑いは人間に先天的に備わった機能でありながら、存在意義があまり鮮明ではありません。 恐怖や怒りが生存に必須であることは簡単に理解できるものの「笑い」の必要性となると、多くの人が頭を抱えてしまうからです。 しかしイタリアのシエナ大学(University of Siena)で行われた研究によって、「ユーモア」の理論と笑いの役割が再検証されたところ、笑いの本質が「警戒解除の信号」にあることが示されました。 この理論で「他人の顔にパイをぶつけるシーン」を解釈すると、「顔にパイがあたる」から笑うのではなく「顔に物があたっても心配ないことを周りに知らせるため」に人間は笑っていたこと

                                                「なぜ人は笑うのか?」を解明する研究が発表! - ナゾロジー
                                                • DCON Start Up 応援1億円基金委員会が10年間で1億円の出資を発表

                                                  一般社団法人日本ディープラーニング協会が設立したDCON Start Up 応援1億円基金委員会は、wavelogy 株式会社に対し10年間で総額1億円の資金を提供すると発表しました。 このAIニュースのポイント DCON Start Up 応援1億円基金委員会は、wavelogy 株式会社に対し10年間で総額1億円の資金を提供すると発表 DCON Start Up 応援1億円基金委員会は高専と高専生の更なる発展に寄与する事を目的として設立された組織 DCON Start Up 応援1億円基金委員会として4社目の出資 一般社団法人日本ディープラーニング協会が設立したDCON Start Up 応援1億円基金委員会(以下、DSF)は、高専生の起業という大きなチャレンジを支援・伴走し、「ハードウェア×ディープラーニング」によるイノベーションの創出と、高専と高専生の更なる発展に寄与する事を目的に

                                                  DCON Start Up 応援1億円基金委員会が10年間で1億円の出資を発表
                                                  • AIで企業競争力に差をつけるために必要なものは――ガートナーが提言

                                                    「企業はAI(人工知能)を活用しなければ生き残れなくなる」 こう語るのは、ガートナージャパン(以下、ガートナー)の亦賀(またが)忠明氏(ディスティングイッシュトバイスプレジデント、アナリスト)だ。同社が2022年9月14~16日に都内ホテルで開催した「ガートナー データ&アナリティクス サミット」において同氏が登壇した「AIトレンド2022」と題した講演での発言である。 同氏の発言の意図は何か。本稿では亦賀氏の講演から、AIで企業競争力に差をつけるための要件について筆者が注目した内容を紹介し、考察したい。 企業にとってAIは導入するものではなく「作るもの」 日本企業におけるAIの活用状況について、亦賀氏はガートナーが2022年4月に実施した調査から次のような結果を紹介した。 まず、AIの導入率や関心度については「導入済み」14%、「検討中」23%、「関心あり」22%とポジティブな回答が合計

                                                    AIで企業競争力に差をつけるために必要なものは――ガートナーが提言
                                                    • ワークスアプリケーションズ「HUE チャットボット」を導入 丸紅

                                                      丸紅は、ワークスアプリケーションズ・グループが提供するNLP技術を応用したAI型チャットボット「HUE チャットボット」を2022年7月より稼働させ始めました。 このAIニュースのポイント 丸紅は、「HUE チャットボット」を2022年7月より稼働させ始めた 導入理由は、問い合わせ業務の効率化 今後はIT関連の問合せだけでなく、バックオフィス関連の社内問合せへの展開も検討予定 大手総合商社である丸紅株式会社社会産業・金融グループが、株式会社ワークスアプリケーションズが提供するNLP技術を応用したAI型チャットボット「HUE チャットボット」の稼働を2022年7月より開始しました。 丸紅の社会産業・金融グループでは、月に100件程度のIT関連の社内問合せがあり、サポートセンターや社内常駐の専任担当者が対応を行っていました。問合せ内容の6割強はよくある質問であり、それらの回答を自動化するだけで

                                                      ワークスアプリケーションズ「HUE チャットボット」を導入 丸紅
                                                      • マウス×AI、音声の文字起こしや翻訳機能を搭載。

                                                        株式会社LEAGUE(リーグ)は、2022年4月にマクアケで支援金1000万円超えを達成した、スマートオフィス用品「TESS GIFT AI ライティングマウス」の新規プロジェクトを開始いたしました。 このAIニュースのポイント 株式会社LEAGUEはスマートオフィス用品TESS GIFT AI ライティングマウスの新規プロジェクトを開始 話しかけるだけで文字起こしする機能に加え、自分の言語を115言語に翻訳してテキスト化する機能を搭載 2022年3月に開始されたマクアケでのクラウドファンディングでは支援金10,591,846円、支援者は956人に達成 海外雑貨の輸出入及びの販売を手がける株式会社LEAGUEは、2022年4月にマクアケで支援金1000万円超えを達成した、スマートオフィス用品TESS GIFT AI ライティングマウスの新規プロジェクトを開始いたしました。 TESS GIF

                                                        マウス×AI、音声の文字起こしや翻訳機能を搭載。
                                                        • AIで特許評価や特許出願を作成、AI Samurai社が保険会社と連携。

                                                          AI Samuraiは三井住友海上⽕災保険と連携し、特許出願を検討される法⼈向けに、知的財産権訴訟費⽤保険を組み合わせた「特許評価・作成サービス with 知財訴訟費⽤保険」を販売することを発表しました。 このAIニュースのポイント AI Samuraiは三井住友海上⽕災保険と連携し、特許評価・作成サービス with 知財訴訟費⽤保険を販売することを発表 AIによる特許の取得可能性を4段階で評価する特許評価サービスや、出願書類の基礎資料を作成する特許作成サービスを提供 特許評価サービスおよび特許作成サービスを利用して出願した特許が特許侵害訴訟を提起された場合に弁護⼠費⽤等の訴訟費⽤の⼀部を補償 株式会社AI SamuraiはMS&ADインシュアランスグループの三井住友海上⽕災保険株式会社と連携し、特許出願を検討される法⼈向けに、知的財産権訴訟費⽤保険を組み合わせた特許評価・作成サービス w

                                                          AIで特許評価や特許出願を作成、AI Samurai社が保険会社と連携。
                                                          • タクシー運転手によるTwitterのスペース機能の使い方に驚いた「そんなDXが現場から起きてるなんて」

                                                            Takahashi Momoka | VC @momo19nam タクシーで運転手さんから聞いた話が色々と驚きだった🚕 ・Twitterのスペース機能を無線代わりに使って、他タクシー運転手とリアルタイムで情報をやり取りしている(個人も法人も混合) ・配車アプリの優先パスの売上は一切運転手に還元されない(そのためタクシー内で決済不可、領収書も出せない) 2022-09-24 19:46:53 Takahashi Momoka | VC @momo19nam 気になってタクシー運転手さんらのTwitterを見てみたら、どのエリアや配車サービス経由で売上があったか毎日発信するような文化があった。 サークル機能を使っての情報共有も結構されてるのかも、その方がログ残るし無関係な人には見えないし…これも聞いてみたかったな🤔 2022-09-24 20:01:01

                                                            タクシー運転手によるTwitterのスペース機能の使い方に驚いた「そんなDXが現場から起きてるなんて」
                                                            • End-to-End 音声認識のレスポンスを高速化する最小遅延学習

                                                              こんにちは。音声認識技術の研究開発を担当している篠原です。 皆さんはスマートフォンで音声による検索を使ったことがあるでしょうか? 音声認識は入力された音声をテキストに変換する技術で音声検索などさまざまなアプリで使われています。最近「End-to-End 音声認識」というニューラルネットに基づく革新的な方式が登場して驚くようなスピードで技術が発展しているところです。この記事ではヤフーにおける End-to-End 音声認識の研究成果の一例として「最小遅延学習」と呼ばれるレスポンス高速化の新技術を紹介します。 なお、本研究は米国カーネギーメロン大学の渡部晋治准教授との共同研究として実施したものです。また、この技術の詳細は先週開催された音声処理分野のトップ国際会議「INTERSPEECH 2022」で発表していますので、ご興味がある方はぜひ論文もチェックしてみてください。 はじめに 音声認識とは

                                                              End-to-End 音声認識のレスポンスを高速化する最小遅延学習
                                                              • 画像生成AIで漫画っぽい物語が作れるモデル「StoryDALL-E」

                                                                Innovative Tech: このコーナーでは、テクノロジーの最新研究を紹介するWebメディア「Seamless」を主宰する山下裕毅氏が執筆。新規性の高い科学論文を山下氏がピックアップし、解説する。 米UNC Chapel Hillの研究チームが開発した「StoryDALL-E: Adapting Pretrained Text-to-Image Transformers for Story Continuation」は、テキストから画像を生成するText-to-Imageモデルで漫画風の物語(ビジュアルストーリー)を構築できるシステムだ。登場人物のせりふは生成されないが、一貫して登場人物や背景の整合性がとれた一連の画像を生成する。 自然言語で書かれたテキストに応じて高品質な画像を生成するText-to-Imageモデルが多くの人に利用されており、生成した画像を活用する創作活動も多方面

                                                                画像生成AIで漫画っぽい物語が作れるモデル「StoryDALL-E」
                                                                • 技術者の仕事を自らおとしめる愚か者たち、人月商売の「身分制」に異議あり

                                                                  人月商売のIT業界の多重下請け構造は「多重ピンハネ構造」だ――。こんな趣旨の記事をこの「極言暴論」で何度か書いてきた。すると、「SIerの技術者と下請けITベンダーの技術者ではやっていることが違うので、待遇に差があって当然だろ」という文句が必ず何件か来る。「私たちが下請け技術者の仕事をつくってやっている」と暴言を吐く連中よりはましなのだが、私から言わせれば「何を言ってんだか」である。 もちろん、仕事の内容や能力が異なれば、報酬などの待遇が違って当たり前である。文句を言ってくる人は「やっていることが違うので待遇が違って当たり前」と言い切るのだから、優秀なプロジェクトマネジャーかSEなのだろう。もしプロマネなら反対に聞いてみたいことがある。それは「だったら、何で年収1000万円前後の安い給料で満足しているのか」ということだ。本来なら2000万円以上、大規模案件を切り回せる人ならば3000万円を

                                                                  技術者の仕事を自らおとしめる愚か者たち、人月商売の「身分制」に異議あり
                                                                  • 「舌打ち」で障害物の位置を特定 音の跳ね返りをVR上で可視化、エコロケーションを体験

                                                                    「舌打ち」で障害物の位置を特定 音の跳ね返りをVR上で可視化、エコロケーションを体験:Innovative Tech 岐阜大学の研究チームは、舌打ちの反響音で周囲の障害物を把握する能力を体験できるVRシステムを開発した。舌打ちした音が複数のボールとしてバーチャル内で見え、そのボールの跳ね返りを手掛かりに周囲の机や壁を把握する。

                                                                    「舌打ち」で障害物の位置を特定 音の跳ね返りをVR上で可視化、エコロケーションを体験
                                                                    • 厚生労働省が10年備えた感染把握システムを採用せず、急造「HER-SYS」は機能不全

                                                                      医療現場の負荷軽減へ縮小運用を続ける感染者情報管理システム「HER-SYS」。実は、厚生労働省が約10年かけて開発を進めてきた別の感染把握システムがある。「症例情報迅速集積システム(FFHS)」と呼び、現場の負荷を極力抑えたものだ。だが厚労省はなぜかFFHSを採用せず、HER-SYSを急造する選択をした。累計50億円以上を投じたHER-SYSを含め、決定の経緯と結果の検証が必要だ。 新型コロナウイルス対策に活用する「新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)」がたび重なる運用見直しに追われている。その大きな要因の1つが、国が医療機関や保健所に求める入力事務の負荷の高さだ。 当初は患者の個人情報や症例に加え、濃厚接触の追跡に使う関連情報など約120項目の入力が必要で、1件に20~30分を要したという。医療現場から改善要望が強く、厚生労働省は2020年末に発生届と同

                                                                      厚生労働省が10年備えた感染把握システムを採用せず、急造「HER-SYS」は機能不全
                                                                      • イーサリアムの歴史的転換:何がどう変化したのか?【解説】 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

                                                                        イーサリアムは今月、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へと歴史的な転換を完了させた。分散型台帳に取引を追加するために利用していたマイナーに依存するエネルギー負荷の高いシステムを、正式に放棄したのだ。 暗号資産(仮想通貨)の世界では、今回のアップグレード「Merge(マージ)」は祝日のように扱われた。音楽にスピーチ、特別ゲストまで迎えたウォッチ・パーティーが開かれ、バーチャルの世界でも、実世界でもお祝い騒ぎであった。 最大規模のMergeウォッチ・パーティーはイーサリアム財団が主催したもの。イーサリアム共同創業者ヴィタリック・ブテリン氏をはじめとするコミュニティリーダーたちが登場し、ピーク時には4万1000人がYouTubeで視聴するという盛況ぶりだった。 世界の多くの地域で夜にあたる時間にMergeが実施されたことも、興奮を高めた。夜中の3時まで眠らずに

                                                                        イーサリアムの歴史的転換:何がどう変化したのか?【解説】 | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン
                                                                        • オライリーの教育的な良書「Think Python」第2版は日本語訳が無料公開されている。初心者がつまずきやすい点を先回りして説明・各章の終盤にデバッグのヒントが書いてある

                                                                          QDくん⚡️Python x 機械学習 x 金融工学 @developer_quant 金融技術職/統計学,データサイエンス,プログラミングの勉強に役立つ情報を発信/良質な無料教材,スライド,サイト,書籍を紹介/金融工学x機械学習ブログ運営(700記事) quantcollege.net /C++/Python/Julia/Rust/Amazonアソシエイト参加中/書籍レビュー依頼はDMへ note.com/quantdeveloper QDくん⚡️Python x 機械学習 x 金融工学 @developer_quant オライリーの教育的な良書「Think Python」第2版は日本語訳が無料公開されている。 cauldron.sakura.ne.jp/thinkpython/th… ・初心者がつまずきやすい点を先回りして説明 ・各章の終盤にデバッグのヒントが書いてある pic.twi

                                                                          オライリーの教育的な良書「Think Python」第2版は日本語訳が無料公開されている。初心者がつまずきやすい点を先回りして説明・各章の終盤にデバッグのヒントが書いてある
                                                                          • 機動戦士ガンダム 水星の魔女:これまでにない“新しいガンダム”の“新しいガンプラ” 開発の裏側 - MANTANWEB(まんたんウェブ)

                                                                            人気アニメ「ガンダム」シリーズのプラモデル(ガンプラ)が誕生した1980年から約42年たった。約42年でガンプラは多色成形技術を導入したほか、接着剤を使用せずに組み立てられるスナップフィット方式を採用するなど進化してきた。新作テレビアニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」のガンプラは、BANDAI SPIRITS(バンダイスピリッツ)が培ってきた技術の結晶によって、初心者に優しいだけでなく、コアファンをうならせるような“新しいガンプラ”に仕上がった。バンダイスピリッツの担当者に、開発の裏側を聞いた。 ◇ENTRY GRADEの技術をフィードバック 「水星の魔女」は、第1期の放送が2015年10月にスタートした「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」以来、約7年ぶりのテレビアニメシリーズとなり、MBS・TBS系の日曜午後5時のアニメ枠“日5”で10月2日から放送される。これまでテレビアニメシリ

                                                                            機動戦士ガンダム 水星の魔女:これまでにない“新しいガンダム”の“新しいガンプラ” 開発の裏側 - MANTANWEB(まんたんウェブ)
                                                                            • Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生

                                                                              エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)ことリチャード・D・ジェームス(Richard D. James)が、オリジナルのサンプル・マッシュアップ・ソフトウェア「samplebrain(サンプルブレイン)」を公開。大きな注目を集めています。 「samplebrain」 GitLabで公開された「samplebrain」は、あのリチャード・D・ジェームスがデザインしたサンプル・マッシュアップ・ソフトウェア。実際に開発を手がけているのは、デイヴ・グリフィス(Dave Griffiths) というプログラマーで、GitLabではソース・ファイルのほか、Mac(Intel/M1)/Windows用のバイナリも配布されています。気になるのがこのソフトウェアの信ぴょう性(本当にリチャード・D・ジェームスが関わっているのか?という点)ですが、あるユーザーがWarp Recordsに問い合わせたとこ

                                                                              Aphex Twinのアイディアを具現化したサンプル加工ソフト、「samplebrain」が無償公開…… サンプルを別のサンプルの音響特性に一致させて再生
                                                                              • デンマークとドイツ、世界最長の沈埋トンネルを建設中

                                                                                フェーマルン・ベルト固定連絡路:完成すれば世界最長の鉄道道路併設トンネルとして、バルト海の水深最大40メートルでデンマークとドイツをつなぐ。デンマーク側のトンネル・ランプ部分の完成予想図/courtesy Femern A/S (CNN) バルト海の水深40メートルで、世界最長の沈埋(ちんまい)トンネルがデンマークとドイツをつなぐ。2029年に開通したあかつきには、両国間の移動時間がぐんと短縮されるだろう。 計画に10年以上を要したフェーマルン・ベルト・トンネルは、20年から建設が始まった。数カ月後にはデンマーク側に仮設のドックも完成。そこに建設される工場では、トンネルを形成する89の巨大コンクリート構造体が製造される予定だ。 「年末か年明けには第1製造ラインの準備が整う見込みだ」と語るのは、プロジェクトを統括するデンマーク国営企業「フェーマルンA/S」の最高経営責任者(CEO)、ヘンリク

                                                                                デンマークとドイツ、世界最長の沈埋トンネルを建設中
                                                                                • 下水から抽出した、無臭の白い結晶…正体は? 農家向けに販売 | 毎日新聞

                                                                                  和白水処理センターに集められた下水から回収、抽出された再生リン。最終処理を経て肥料となり、8月下旬から農家への販売が始まった。博多湾の水質環境改善を目的に始まった処理は、市民生活と農業をつなぐ新たな可能性になろうとしている=福岡市東区で、津村豊和撮影 福岡市に七つある下水処理施設の一つ、東区の和白(わじろ)水処理センター。積み上がった白い結晶を職員に両手のひらですくってもらうと、指の間から砂のようにさらさらとこぼれ落ちた。臭いも全くない。 結晶の正体は「再生リン」。窒素、カリウムと並ぶ化学肥料の3要素の一つのリン酸を、市民生活で出た下水から回収、抽出したものだ。市は博多湾の水質汚濁を防ぐため、1996年にリンの回収事業をスタート。さらに、国土交通省が開発した回収技術を今年4月に導入したことで回収量が15倍になり、年間に最大で150トンを見込めるようになった。

                                                                                  下水から抽出した、無臭の白い結晶…正体は? 農家向けに販売 | 毎日新聞