タグ

Ksuke_mixのブックマーク (523)

  • 漫画「ワールドトリガー 27巻」 ~感想 - にせオパーリン屋

    漫画「ワールドトリガー 27巻」を読みました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 二宮匡貴とジャクソン若村に驚かされた27巻でした。 冷静、冷淡、冷徹というイメージで雪だるまのように冷めた男だと思っていたのですが、匡貴…熱い漢だったのね。 しかし、鳩原に対して「弟を助けるために人を撃てるようになれ」とは言わない真意は何なのか…。 鳩原が変わりさえすれば問題なく遠征に行けるのに匡貴はそれを強要はしないのですよね。 鳩原に対する匡貴の個人的な想い(人を撃てない今の優しい性格のままのお前で良い的な)…ではないよな。 とすると、俺がその真意について自分で納得できる理由を考えたとき出た答えは、二宮匡貴は精神的貴族なのだろうなというものでした。 力ある者の義務…人よりトリオン量が多い二宮匡貴はノブレス・オブリージュ的な考えを持っているのかもな…。 (しかし、これでもし鳩原が「遠征行きたい」と

    漫画「ワールドトリガー 27巻」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/05/09
    漫画「ワールドトリガー 27巻」 ~感想です。
  • アニメ「葬送のフリーレン」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「葬送のフリーレン」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 世間的には2023年秋(2024年冬)アニメを代表するトップアニメな評価の作品だった様ですが俺的には「薬屋のひとりごと」同様そんなにはハマれなかったのですよね。 いやね、正直に言うと漫画「シャングリラ・フロンティア」のコミックスを買った時(2021年当時)に今注目の作品みたいな感じで平積みされていたこの「葬送のフリーレン」も1巻だけ購入したのですよね。 当時既刊3~4巻くらいまでは出ていたのですが俺が基的に小学館嫌い/極力購入したくないので1巻のみの購入としたのですよね(「シャンフロ」は当時既刊分全巻を買って読んだので感想を上げていますが「フリーレン」の方は1巻のみの購入だったので感想を上げていませんでした)。 で、当時読んだ感想は、魔王討伐後の勇者一行の話というあらすじを見たので、

    アニメ「葬送のフリーレン」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/05/03
    アニメ「葬送のフリーレン」 ~感想です。
  • アニメ「薬屋のひとりごと」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「薬屋のひとりごと」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 直近で似た作品と言えば「後宮の烏」になるかな? まぁ「後宮の烏」は「推理物+怪奇/オカルト」なのでオカルト要素を含まない今作「薬屋のひとりごと」とは明確に違うのですが中華風後宮ミステリ物という点では共通しているのですよね。 今作「薬屋のひとりごと」という作品について以前から名前だけは知っていました。なろう系の最終兵器みたいに言われていたので数年前から気になってはいた作品なのですがおそらく近い内にアニメ化するだろうから新鮮な気持ちでアニメを楽しむためにと極力情報は入れないようにしてきました。 そんな前情報なしの状態で観た最初の感想は、あれ?転生モノじゃないんだ…、へぇ~後宮推理物なんだ、という驚きでしたね。 なろう系の最終兵器なんて言われてたからてっきり転生モノかと想像していたのですが転

    アニメ「薬屋のひとりごと」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/05/01
    アニメ「薬屋のひとりごと」 ~感想です。
  • アニメ「青の祓魔師 島根啓明結社篇」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「青の祓魔師 島根啓明結社篇」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 この作品、1期も2期も観てるのだけどほとんど内容を覚えていない…(まぁ間が(1期と2期、2期と3期の間が)6年とか7年空いてる訳だけど)。 そして1期2期やって3期目の序盤の話(第1話第2話辺り)がなんかチュートリアル的なことを/今更!?みたいなことをやってるし…アホかと思ったよ。 いやいや、そんなんやるくらいなら1期2期の振り返りでもやってくれよ…こっちは内容ほとんど覚えていないんだからさぁ。 40話近くある1期2期をわざわざ観返さないよ…、キャラ紹介と共にサラッと振り返りやってくれたらよかったのに…、(覚えてないけど1期2期で)大局を乗り越えてきた主人公たちが雑魚敵相手に今更ドタバタ苦戦している様な感じ見せられても、と その構成に納得がないのですよね。 そしてなにより問題

    アニメ「青の祓魔師 島根啓明結社篇」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/27
    アニメ「青の祓魔師 島根啓明結社篇」 ~感想です。
  • アニメ「魔都精兵のスレイブ」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「魔都精兵のスレイブ」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 2024年冬アニメのエロ枠作品。 「SPY×FAMILY Season 2 ~感想」で述べた様に原作は「ジャンプ+」で既読です。 基的にはご褒美シーンがこの作品に見所となっているのでしょうがそこは「ジャンプ」(ジャンプ+)…、女性キャラも可愛く魅力的に描けていてバトルはバトルでカッコよく魅せるべきところを魅せているのですよね。 エロシーンも含めてキャラやバトルの描写も悪くない…雰囲気はイイ感じなのですがちょこちょこ気になるところはあります。 まず一番気になるのが主人公の能力について。 ヒロインの能力によって主人公は戦う力を手に入れる訳ですがそれが結構強いみたいなのですよね。 ヒロインが人間の男に対して隷属の能力を使うのは初めてらしいのですが、隷属化した主人公のその強さは主人公だけの

    アニメ「魔都精兵のスレイブ」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/26
    アニメ「魔都精兵のスレイブ」 ~感想です。
  • アニメ「俺だけレベルアップな件」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「俺だけレベルアップな件」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 韓国なろう系な作品の様で直近で観た「帰還者の魔法は特別です」がまあまあ面白かったのでちょっと期待していたのですが…、残念な作品でしたね。 まず、現実世界を舞台にしながらのゲーム世界観設定…。コンソール、ステータス画面、レベルアップやクエスト等々のゲーム設定。 この作品は異世界ファンタジーものではなく現代の現実世界上でコンソールやステータス画面が表示される世界観となっています。 まぁしかし別に良いのですよ、コンソールの件は。コンソールやレベルアップ設定があるのは主人公だけみたいですからね。 主人公だけがもっている特殊な能力ということでゲーム世界観設定については構わないのですが…、問題はそこに納得があるかどうかですよね。 おそらくデスゲーム的な試練を乗り越えた主人公へのご褒美(特殊

    アニメ「俺だけレベルアップな件」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/24
    アニメ「俺だけレベルアップな件」 ~感想です。
  • アニメ「最強タンクの迷宮攻略 ~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「最強タンクの迷宮攻略 ~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 2~3週間前に視聴したのですが、ほとんどの内容をもう覚えていない…。まぁそんな作品、ということ。 (wikiを見てなんとか思い出しながら感想書いてみる) まず、他の作品の感想で何度も言ってる事ですが『ステータス画面が表示されるという設定の異世界転移・転生モノ作品は例外なく駄作である』という俺の持論。 で、この作品もステータス画面こそ出ませんが(多分出てなかったはず)ファンタジーな世界観設定でありながら体力9999という数値化。 (他にもスキルの発動がゲーム的というのもありますが) なぜゲームのHPみたいに体力が数値化されてんだよ!HPが1000減った2000減ったとかどういう世界観設定だよ、おかしいだろ! 完全なゲ

    アニメ「最強タンクの迷宮攻略 ~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/23
    アニメ「最強タンクの迷宮攻略 ~体力9999のレアスキル持ちタンク、勇者パーティーを追放される~」 ~感想です。
  • アニメ「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2nd Season」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2nd Season」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 まず、OP映像を観て「主人公が居ない!?シーズン2というかこれはもしかして前期の主人公の妹が主人公のスピンオフ作品か?」と思ったのですが、普通に前期の主人公が主人公のままの普通のシーズン2でしたね。 (敢えて狙っての妹にフィーチャーしたOP映像なのだと思うけど編の内容と乖離したというか即していないOP映像は如何なものかと思う…) 今作の内容は妹の後釜となった二代目勇者の話がメインとなっているのですよね。 で、以前の「真の仲間~ (1期) ~感想」を備忘録的に読み返して記憶が断片的に蘇ってきたのですが、1期で出てきた魔族・魔王との戦いみたいなことが今期では全く進展がないのですよね。 別に魔王

    アニメ「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2nd Season」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/22
    アニメ「真の仲間じゃないと勇者のパーティーを追い出されたので、辺境でスローライフすることにしました 2nd Season」 ~感想です。
  • アニメ「佐々木とピーちゃん」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「佐々木とピーちゃん」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 現代で仕入れた物品を異世界で売る商売を始めた時は「老後に備えて異世界で8万枚の金貨を貯めます」みたいな話かと思いました。 しかし、観進めていくとそんな商売メインの話ではなくその中で知り合い・出会った人達とのバトルや駆け引きを交えた絆・ドラマを中心とした作品となっていきましたね。 中年のおっさんが主人公だったり現代と異世界を行き来したり(これは他作品でもたまにみる設定ですが)、国家(組織)を絡ませたりと他の作品との差別化・独自性を図ろうとしているのは分かりますが、なんかそこら辺の設定回りがストーリーと上手く絡んでいない感じ…。 色々な立場・勢力、設定、環境の敵やキャラを登場させているけど、全部がポツンポツンとした点であり繋がっていない(無理やり繋がっているように見せてるだけ/ストーリー

    アニメ「佐々木とピーちゃん」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/22
    アニメ「佐々木とピーちゃん」 ~感想です。
  • アニメ「治癒魔法の間違った使い方」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「治癒魔法の間違った使い方」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 異世界転移・転送もの作品だけど最強系主人公ではない…のだけど、う~ん色々と納得がない点がある。。。 まず、主人公の魔法の属性が治癒というところまでは良いのですが、修行を経て勇者以上に活躍・強くなってるみたいな描き方に納得がない。 主人公は勇者二人(生徒会長、副会長)と比べて何か特別な能力を持ってたりしたの? いやね、これは例えば生徒会長や副会長の属性が治癒だったとして主人公が受けた修行と同じものを熟した場合、同じ強さ(もしくは元のスペックの違いから主人公以上の強さ)になるということなの? それとも主人公だからこそ得られた強さなのか、その辺りの説明/設定・描写がないから疑問のままモヤモヤが残り納得がないと感じてしまうのですよね。 元々のスペックの高さや責任感の強さからも生徒会長や

    アニメ「治癒魔法の間違った使い方」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/19
    アニメ「治癒魔法の間違った使い方」 ~感想です。
  • アニメ「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 前回の「異修羅」もキャラが全く描けてなくて酷かったけど、こちらもなかなかに酷いね。 お話の内容はタイトルまんまって感じで(まぁそれ故になのですが)主人公と対峙した敵が直ぐに退場するのですよね。 主人公の前に現れた敵が入れ替わり立ち替わり登場しては退場していくのですよね…。 ホントそこにはもうキャラなんてものはない、キャラってなんだっけ?という感じで魅力あるキャラを描こうと最初からしていないのですよね。 キャラさえ良ければ・魅力的に描けていれば最悪お話がつまらなくても面白いものになるのですが…、この作品はもう最初からキャラを描くことを放棄している作品なのですよね。 で、そこに主人公がただただ無双するだけで何の波も起きない物語が進んで行

    アニメ「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/18
    アニメ「即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。」 ~感想です。
  • アニメ「異修羅」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「異修羅」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 かなり酷い作品でした。 主人公を定めないでバトルロイヤル的に戦わせて最強を・生き残り決めるという内容のお話の内容的には「十二大戦」を思い出しましたね。 あれも酷かったけどこの作品は輪をかけて酷いと思ったね。 「十二大戦」の方はまだお話の構成が分かり易かった…、 生き残った最後の一人がなんでも願いを叶えることが出来るという目的・指針が示されその生き残りをかけたバトルを中心にお話が展開されていくのですよね。 で、各キャラ1話ずつ担当回(紹介回でもあり退場回でもある)がありそこでキャラの魅せていくという構成になっているのですよね。 今作「異修羅」はというと、勇者を決めるみたいな大会があることは示されるのですが、編の内容はある国の内乱で様々な立場の強者が入り乱れて(勇者大会とは関係なく)戦うみたいな内

    アニメ「異修羅」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/17
    アニメ「異修羅」 ~感想です。
  • アニメ「望まぬ不死の冒険者」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「望まぬ不死の冒険者」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 物語の第1話、主人公の不死者(アンデッド)設定を観て思ったのは、この作品・作者は「オーバーロード」の影響を受けてるなと感じましたね。 なんでか理由は分からんけども主人公が不死者(アンデッド)になるのですが、不死者(アンデッド)になったことで主人公は事や睡眠が不要になっているのですよね。 見た目が変化しただけではなく特性(他には毒が無効になっていたりする)も不死者(アンデッド)のそれに変化しているということなのですよね。 この辺りの設定(不死者(アンデッド)特性の獲得)は、見た目だけが骸骨に変化している「骸骨騎士様、只今異世界へお出掛け中」(骸骨の主人公が事も睡眠もとる)とは異なり「オーバーロード」の設定に寄っていると感じるのですよね。 この作品の作者は「オーバーロード」の不死者(

    アニメ「望まぬ不死の冒険者」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/14
    アニメ「望まぬ不死の冒険者」 ~感想です。
  • アニメ「悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 今期の悪役令嬢モノ3作品目。 なんか話題になっていた作品(2024年冬アニメの中では世間の評判良かったと聞いた)のようですが、 う~ん、この作品を完全なギャグ・コメディ作品として考えるのであれば我慢できる/飲み込めるのですが、基的にはストーリー物・物語を追う作品ですからね、、、色々と気になる点があるのですよ。。。 まず最初に…というかこれが全てなのですが、この作品の世界観設定が「ゲーム世界」の世界観設定である、ということなのですよね。 レベルというメタ設定があり、そしてそれをその世界の住人全てが認識している・当たり前の様に捉えているという世界観が違和感しかない。 いやね、魔族や魔王やドラゴンそして魔法という力が存在したりとかいうファンタジー世界

    アニメ「悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/13
    アニメ「悪役令嬢レベル99~私は裏ボスですが魔王ではありません~」 ~感想です。
  • アニメ「ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 悪役令嬢モノな作品。自らに訪れる死の運命を自覚・認識している主人公がそれに抗う物語という悪役令嬢ものフォーマット。 しかし、普通の悪役令嬢モノと異なる点もあります。まぁ最近の悪役令嬢モノ作品で多い傾向なのですが悪役令嬢みたいな設定なのですが全然悪役じゃない/悪いことしてない系なのですよね。 直近で言えば「外科医エリーゼ」や「ティアムーン帝国物語」や「私の推しは悪役令嬢。」、「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん」等と同じ感じの所謂「悪役令嬢」ではないのですよね。 悪役令嬢として死で罰せられるほどの悪事を元から行なっていない主人公なのですよね。 あとは、「悪役令嬢モノ」作品の舞台は大抵ゲーム世界なのですが今作の舞台は

    アニメ「ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/12
    アニメ「ループ7回目の悪役令嬢は、元敵国で自由気ままな花嫁生活を満喫する」 ~感想です。
  • アニメ「ぽんのみち」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「ぽんのみち」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 かなり酷い作品。ホント途中で観るのやめようかと思ったほどだったわ。 第1話を観た感じは麻雀の精が出てきて麻雀初心者である主人公に対しルールを解説・説明する流れがあったりしたんだけど…、2話でもう既に麻雀解説やらないし麻雀中心の話にもなってない…、以降の話も麻雀そっちのけでなんかどうでもいいつまらない話を積み重ねるのみなんだよね。 特に序盤はパロディネタ押しが強くてそれがまた更にイラっとするのよね。 いやいやいや、麻雀初心者を主人公としたり麻雀の精が出すのなら麻雀ルールを解説する作品、作風、構成にしろよ。 もっと麻雀中心とした話で構成しろよ、何故その牌を打ったのか、何を見て安牌を判断したり役を決めたり待ち牌を決めたりするのか何を考えて鳴いたのか、そういう解説をやる作品を期待してたのよね。 それ

    アニメ「ぽんのみち」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/09
    アニメ「ぽんのみち」 ~感想です。
  • アニメ「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 「第1期の感想」でも語っていたけど相変わらず自己啓発をラノベ調にした様な内容のアニメ作品。 前期の評価では限りなく「良」寄りの可もなく不可もなく、としたことからも基的には好きな作品なのですが、う~ん、今作はちょっと色々と残念な感じだったのですよね。 まず、序盤のいじめ展開。元々の自己啓発計画から外れた突発的なものであるし、まだ主人公が自分の変革も途上な内に他者への啓発・変革に取り組むなんてちゃんちゃらおかしいし(最悪主人公の指南役であるヒロイン娘ちゃんが関わっていればまだ納得があったけど)、そして何より「イジメられる側にも問題がある、だから変えよう/変わりたい」という展開に納得がない。 (イジメる側、イジメられる側…どちらが悪いかと言ったら100%イジメる側が悪

    アニメ「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/08
    アニメ「弱キャラ友崎くん 2nd STAGE」 ~感想です。
  • アニメ「最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 なろう系作品の様ですが、意外としっかり丁寧に描かれていてる感じでなろうっぽさは薄い作品なのですよね。 なろう系でありながらなろうっぽさが薄いこの感じは「最果てのパラディン」を思い出しましたね。 (まぁ「最果てのパラディン」と比べるとなろうっぽさ、設定、構成の甘さ・納得のなさが目立ってしまいますがね) 安物なろう系の様なポンポンポンポンテンポ良く主人公が無双して都合の良い様に物語が進んで行く感じではなく一応主人公は最弱設定で無双はしないのですよね。 星無しという最弱設定であるため、最弱である希少スライムを退治/倒しきることなくテイム出来たと解釈してますが合ってるかな?その最弱設定に嘘はなく意味があったということなのですね。 (最終話の最後のおまけアニメ的な最弱スラ

    アニメ「最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/07
    アニメ「最弱テイマーはゴミ拾いの旅を始めました。」 ~感想です。
  • アニメ「姫様“拷問”の時間です」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「姫様“拷問”の時間です」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 なんか話題になっていた作品で2期も決まっている様だけど…、個人的には全然ハマれなかった作品。 基的にはギャグ・コメディな作品なので一貫して欲しいと感じたのですよね。 それは物語の導入・設定部分。 中世ファンタジーのRPGな世界観で姫と魔王軍と普通に戦っている描写がダメよねぇと感じた。 剣とか魔法で命のやり取りをしているバトルの描写が要らんだろ、ダメだろと感じた訳なのですよ。 この真面目な気なバトル描写が「振り」になっていてその後の拷問がギャグ・コメディ展開への落差、緩急が笑いになるという構成は理解するのですが…、 やっぱり気になる。。。主人公・姫とのバトルの中で命を落とした魔族がいるのかも…そんな中で(仲間・同胞が殺された状況の中で)あんなギャグみたいなぬるい拷問って有り得ん

    アニメ「姫様“拷問”の時間です」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/06
    アニメ「姫様“拷問”の時間です」 ~感想です。
  • アニメ「ラグナクリムゾン」 ~感想 - にせオパーリン屋

    録り貯めしていたアニメ「ラグナクリムゾン」を一気観しました。 以下、多少のネタバレを含む感想となります。 正直、視聴前は全く期待していなかった作品。 第1話視聴時点においても原作漫画の刊行元がスクエニというのを見て、あぁこれはダメなやつでは…と感じたのですよね。 しかし、その予感・予想が良い意味で見事にハズレましたね。回を経る毎に面白くなる、キャラが増える毎に面白くなる。 この作者の方はキャラの造り、物語に絡ませたキャラの魅せ方が上手いのですよね。 そのキャラに惹かれて、キャラの魅力を上手く絡ませた物語の魅せ方・展開に惹かれてお話が進む度に面白くなっていき2クールある作品でしたが二日くらいで一気観してしまいましたよ。 まずはクリムゾンのキャラかな。イイ感じに下衆でその下衆が一貫してて理知的でブレないのも良い。中性的なキャラデザもフックになっていて謎めいたマッドな感じが良いキャラ。 そして出

    アニメ「ラグナクリムゾン」 ~感想 - にせオパーリン屋
    Ksuke_mix
    Ksuke_mix 2024/04/05
    アニメ「ラグナクリムゾン」 ~感想です。