記事へのコメント7

    • 人気コメント
    • 新着コメント
    yem3399op yem3399op “検査をしなくなったせいで幼少期に自分が色覚異常であることを自覚せずに大人になって、就職期に検査をしてはじめて明らかになり道を断念するケースなどが存在しているのではないかという。”

    2020/11/10 リスト

    RM233 RM233 目の病気になって定規がひん曲がって見えたことがあったんだけど、「自分のこの目で確かめたもの」の確からしさが揺らぐのは、なかなか衝撃的な体験よ。

    2020/11/09 リスト

    trendy trendy 赤ウーピンは色弱者泣かせの悪法!あと赤と黒で書き分けるカレンダーとか無理

    2020/11/09 リスト

    ameshonyan ameshonyan 父が色弱だったから私も保因者だろう。色弱は色を見分けるのは苦手だけど、夜目がよく見えるんだよね。欧米人だともっと割合が多いらしい。

    2020/11/08 リスト

    JULY JULY 自分が社会人になった30年前では、色覚異常で制限のある職業は限られていたけど、抵抗のカラーコード、LANケーブルのアース側の線、NICなどのLEDは、自分には判別できないものとして、あきらめた。

    2020/11/08 リスト

    asuiahuei asuiahuei 色紙とかある程度のサイズがあれば色を間違えることはないのだけれど、凄い細かい部分になると色の判断がつきにくくなるので、抵抗器のカラーコードを読むのに苦労した。

    2020/11/08 リスト

    aa_R_waiwai aa_R_waiwai 自分は緑色が全然分からんなー。黒に見える。

    2020/11/08 リスト

    関連記事

    「色覚異常」とは何なのか──『「色のふしぎ」と不思議な社会 ――2020年代の「色覚」原論』 - 基本読書

    「色のふしぎ」と不思議社会 ――2020年代の「色覚」原論 (単行本) 作者:裕人, 川端発売日: 2020/10/24...

    ブックマークしたユーザー

    • screwflysolver2020/11/25 screwflysolver
    • yem3399op2020/11/10 yem3399op
    • prq0982020/11/09 prq098
    • ymrl2020/11/09 ymrl
    • RM2332020/11/09 RM233
    • mgl2020/11/09 mgl
    • trendy2020/11/09 trendy
    • fumikony2020/11/09 fumikony
    • akihiko8102020/11/09 akihiko810
    • yuchicco2020/11/08 yuchicco
    • shimeji_0292020/11/08 shimeji_029
    • ameshonyan2020/11/08 ameshonyan
    • qnq7772020/11/08 qnq777
    • JULY2020/11/08 JULY
    • chintaro32020/11/08 chintaro3
    • asuiahuei2020/11/08 asuiahuei
    • pikopikopan2020/11/08 pikopikopan
    • kiyokono2020/11/08 kiyokono
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    同じサイトの新着

    同じサイトの新着をもっと読む

    いま人気の記事

    いま人気の記事をもっと読む

    いま人気の記事 - 暮らし

    いま人気の記事 - 暮らしをもっと読む

    新着記事 - 暮らし

    新着記事 - 暮らしをもっと読む

    第1話「リザードマンからエルフへの告白①」 | シン・ダンジョンの恋愛事情 | 少年向けWeb漫画 | 無料の漫画投稿サイトのアルファポリス

    1 user https://www.alphapolis.co.jp/