• 人気のコメント(2)
  • 全てのコメント
aya_momo aya_momo 「身体表現」は生きている。

2019/08/14 リンク

name-25137412 name-25137412 「自分で作った曲のはずが、1回観ただけでは全容を把握できないし上手く消化できない」BEYOOOOONDSの魅力そのもの。つまりドンピシャな曲。

2019/08/14 リンク

turu_crane turu_crane >BEYOOOOONDS 「眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist」ライナーノーツ

2019/08/13 リンク

Onsentamago Onsentamago もうね、何もかもが凄い。ハロプロだけで囲っておくにはもったいない作家だよアンタは

2019/08/13 リンク

yokoyaya yokoyaya 星部ショウ先生の最近の曲みんな好きだなあ。 TK好きなので、思ってた通りのこと書いてくれてた嬉しい。

2019/08/13 リンク

kaoruw kaoruw BEYOOOOONDS「眼鏡の男の子/ニッポンノD・N・A!/Go Waist」 ライナーノーツ。

2019/08/13 リンク

mohri mohri TRFのDJ KOOが「小室さんぽい曲!!」とツイートした「ニッポンノD・N・A!」がマジまんまTKリスペクトだったという種明かしがされてておもしろい。

2019/08/13 リンク

    関連記事

    星部ショウ オフィシャルサイト

    Liner Notes BEYOOOOONDS 「眼鏡男の子/ニッポンD・N・A!/Go Waist」 星部が担当させていただきま...

    ブックマークしたユーザー

    • optputin2019/08/20 optputin
    • GoldExperience2019/08/15 GoldExperience
    • rokushou2019/08/14 rokushou
    • nanoe6162019/08/14 nanoe616
    • aya_momo2019/08/14 aya_momo
    • name-251374122019/08/14 name-25137412
    • toraba2019/08/14 toraba
    • yaguchi_m2019/08/13 yaguchi_m
    • miyagaa-382019/08/13 miyagaa-38
    • turu_crane2019/08/13 turu_crane
    • Onsentamago2019/08/13 Onsentamago
    • yokoyaya2019/08/13 yokoyaya
    • kaoruw2019/08/13 kaoruw
    • mohri2019/08/13 mohri
    • KGA2019/08/13 KGA
    すべてのユーザーの
    詳細を表示します

    いま人気の記事

    いま人気の記事 - エンタメ

    新着記事 - エンタメ

    同じサイトの新着

    • 星部ショウ オフィシャルサイト

      1 userwww.hoshibe.com

      Liner Notes アンジュルム 「輪廻転生~ANGERME Past, Present & Future~」 Disc1に収録されている新曲4曲についてのライナーノーツです。 「I 無双 Strong!」 作詞を担当いたしました。 作曲・編曲を担当された加藤裕介さんのカッコいい楽曲デモを頂き、歌詞をつけました。 iPhoneのメモ履歴を確認すると、第一稿を書いたのが2016年7月だそうで。 なんだか少し懐かしいような。 楽曲は疾走感のあるバキバキのデジロックだったので、アンジュルムの強さや勢いをストレートに表現しようと思いました。 楽曲からイメージしたのは「少女たちが離陸間近の巨大な宇宙船に勢いよく乗り込み、大空の彼方へ飛び立とうとしている」そんなシーンでした。 歌詞の「飛び出そうぜ…大空へ」や「ハートはいつでもアクセル全開」はそのイメージが基になっています。 アンジュルムという巨大
    • 星部ショウ オフィシャルサイト

      2 userswww.hoshibe.com

      Liner Notes アンジュルム 「恋はアッチャアッチャ」 作曲を担当させていただきました。 「踊れるインドPOPsで一曲!」というお題を頂き、昨年末から制作に取りかかりました。 まず現在のインド国内ヒットチャートを賑わす楽曲群を一通りチェックしたのですが、まぁ癖があってすぐハマりました! そしてビートやシンセの音使いも非常に今っぽく洗練されていて、とにかくカッコいい! インドPOPsに対して勝手に抱いていた「イナタい」イメージがガラリと変わりました。 そんな刺激的なインプットを経て曲を作り始めたのですが、なんかどれもこれもシックリこない。 本場の香辛料の効いたスパイシーなカレーを作りたいんだけど、出来上がるものは全部リンゴとハチミツが効いている感。 それはメロディーやコードが一因ではあったのですが、そこを修正してもまだスパイシーに出来ない。 色々試した結果、スパイシーにするための一番
    • 星部ショウ オフィシャルサイト

      1 userwww.hoshibe.com

      Liner Notes つばきファクトリー 「ふわり、恋時計」 作曲を担当させていただきました。 普段曲を作る時はいろんなアプローチを試します。 鼻歌で思いついたメロディーにコードをつけてみたり、楽器でコードを弾きながらメロディーを口ずさんでみたり、歌詞を先に作ってそこにメロディーを乗せてみたり。 この曲の場合は、明確にコード進行を決めてからメロディーを作っていきました。 そのコード進行は、「 DbM7 → Eb → Fm7 → Eb」の循環コード。 制作時に大好きで聴いていた2曲がこのコード進行で、これを軸に曲を作ろうと思いました。 下記がその2曲で、雰囲気が似ているのが分かるかと思います。 ・The Chainsmokers 「Closer ft. Halsey」 ・Zedd, Alessia Cara 「Stay」 J-Popでもこの循環コードは多用されています。 ただハロー!プロジ
    • Juice=Juice 「Juice=Juice#2 -¡Una más!-」星部ショウ オフィシャルサイト

      6 userswww.hoshibe.com

      Liner Notes Juice=Juice 「Juice=Juice#2 -¡Una más!-」 Disc2に収録されている5曲、それぞれの作曲を担当させていただきました。 今回は折角なので、音楽理論的にも突っ込んだ内容を解説していけたらと思います。 「Never Never Surrender」 2017年のJuice=Juiceワールドツアーに向けて制作した「大英帝国」がテーマの曲です。 バグパイプの音色と、ミクソリディアン・スケールというメジャー・スケールの7番目の音がフラットしている独特な旋律を活かして作りました。 例を挙げると、「勇敢なるスコットランド」、U2「Pride (In The Name Of Love)」、Big Country「In A Big Country」等。それらの曲に共通した、雄大で格調高いメロディーを上手くポップスに落とし込むことが課題でした。 デ

    Official Google Webmaster Central Blog: Website clinic: Call for submissions

    1 user https://webmasters.googleblog.com/

    第二の人生とIT

    1 user https://easy.mri.co.jp/