並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

1 - 37 件 / 37件

新着順 人気順

yjitの検索結果1 - 37 件 / 37件

タグ検索の該当結果が少ないため、タイトル検索結果を表示しています。

yjitに関するエントリは37件あります。 rubyRubyrails などが関連タグです。 人気エントリには 『Pythonが速度改善に本気出すと聞いたので恒例のたらい回しベンチをとってみたら、RubyがYJITですごく速くなっていて驚いた話 - Smalltalkのtは小文字です』などがあります。
  • Pythonが速度改善に本気出すと聞いたので恒例のたらい回しベンチをとってみたら、RubyがYJITですごく速くなっていて驚いた話 - Smalltalkのtは小文字です

    2022-09-09改訂: gcc バージョンが古すぎたのと、C が内部計測でなかった点を改め計測しなおしました。結果、Rust は C より速くはなくなりました。紛らわしいことで、ごめんなさい。また、gcc のバージョンアップに伴い、Python および Ruby についてはビルドと計測をしなおしたので、これらも少し速い値に変わっています。この点もどうぞあしからず。 2022-09-10追記:ご要望のあった Python numba.njit 使用時と Go の結果を追加しました。PHP は JIT 有効化が面倒だったので断念しました^^; 2022-09-10追記2:C の計測で clock() を使うのはフェアではないという指摘がありましたので、念のため clock_gettime() を使用したコードに差し替えました。結果に大きな差はありません。 2022-09-10追記3:PHP

      Pythonが速度改善に本気出すと聞いたので恒例のたらい回しベンチをとってみたら、RubyがYJITですごく速くなっていて驚いた話 - Smalltalkのtは小文字です
    • Ruby が YJIT でなんで速くなるのか? Lazy Basic Block Versioning をサクッと理解してみた - estie inside blog

      estie でソフトウェアエンジニアをしている徳永(@yTo_9)です。 estie では Ruby を書いたりTypeScriptを書いたりしています! estie 夏のブログ祭りにかこつけて、せっかくなら普段は追わない部分だけど、気になっていたYJITなるものを深掘りしてみようと思い、「YJITがなぜRailsアプリケーションの高速化を実現できたのか」を調べてみたので紹介したいと思います。 「どうせ難しいんでしょ?」と思いながら調べてみたのですが、講演や論文の説明がわかりやすく、意外に概要を把握することは難しくありませんでした。 YJIT の核となっているのは Lazy Basic Block Versioning (LBBV) という手法で、これはRubyだけに限らず動的言語全般に適用可能な強力なアプローチであることがわかりました。 「あるタイプの条件分岐は、ほとんどの場合で片側しか

        Ruby が YJIT でなんで速くなるのか? Lazy Basic Block Versioning をサクッと理解してみた - estie inside blog
      • ニコニコ漫画をRuby3.2.0に更新してYJIT有効化するとパフォーマンス改善された話 - BOOK☆WALKER inside

        はじめに こんにちは。ニコニコ漫画の開発をしているyotaとtukiyoです。 この記事はペアブロギングによって執筆しています。 本記事ではニコニコ漫画で利用しているRubyのバージョンを3.2.0へ更新したこととYJITの有効化によるパフォーマンスの変化について紹介します。 ニコニコ漫画のインフラ構成についてにある通り、ニコニコ漫画は4つのプロダクトによって運用されています。 このうち本記事の対象となるのは、Rubyを利用している「新バックエンド」と「課金サブシステム」になります。 今回、Rubyのバージョンが3.2.0になったことでYJITが実験段階ではなくなりました。*1 ニコニコ漫画のバックエンドシステム内では複雑な処理も多く、恩恵に与ることを期待して更新を行いました。 結果として大きなパフォーマンスの向上が見られました。 はじめに 更新に関する作業 更新前後のパフォーマンス比較

          ニコニコ漫画をRuby3.2.0に更新してYJIT有効化するとパフォーマンス改善された話 - BOOK☆WALKER inside
        • RubyのYJITコンパイラをShopifyが本番に投入、Railsアプリを高速化。Rubyも本格的にJITの時代へ

          RubyのYJITコンパイラをShopifyが本番に投入、Railsアプリを高速化。Rubyも本格的にJITの時代へ ECサイト構築サービスを提供するShopifyは、Ruby 3.2に搭載されているYJITコンパイラを同社の本番環境に投入し、Railsベースで構築された同社サービスの性能改善を実現したと明らかにしました。 YJITコンパイラはShopifyが開発を進めてきたRubyのJITコンパイラで、大規模なRailsアプリケーションにおいてより高い性能向上を目指して開発されたものです。 一昨年末のRuby 3.1でメインラインにマージされ、昨年末に登場したRuby 3.2ではさらに改善が進められて本番環境にも耐えるようになったと説明されており、今回Shopify自身がそれを実証した形になりました。 If you’re a keen Rubyist, you may have hear

            RubyのYJITコンパイラをShopifyが本番に投入、Railsアプリを高速化。Rubyも本格的にJITの時代へ
          • WebAssembly版Rubyが正式に登場、YJITが実用段階に。「Ruby 3.2.0」正式リリース

            Ruby開発チームは、2022年12月25日にRuby 3.2.0の正式リリースを発表しました。Rubyは毎年12月25日に新バージョンをリリースすることが恒例となっています。 WebブラウザでRubyコードをそのまま実行可能に 新バージョンであるRuby 3.2.0の最大の新機能は、WASIベースのWebAssembly版Rubyが登場したことです。 これによりWASIをサポートしたWebAssemblyの実行環境、例えばWebブラウザやNode.js、DenoなどのサーバサイドJavaScriptランタイム、Cloudflare WorkersやFastly Compute@Edgeなどのクラウドエッジ環境で、WebAssembly版のRubyを実行できるようになりました。 これらの環境でWebAssemblyの上でRubyランタイムを実行すると、Rubyで書かれたコードをそのまま走ら

              WebAssembly版Rubyが正式に登場、YJITが実用段階に。「Ruby 3.2.0」正式リリース
            • YJITで使ったRustの省メモリ化テクニック - Qiita

              これは Rust Advent Calendar 2022 のカレンダー2の22日目の記事です。 YJITとは 私は今年の7月からShopifyという会社でRubyのJITコンパイラであるYJITを開発している。このJITは今年CからRustに書き直されたため、現職では業務としてフルタイムでRustを書いている。 実用段階になったYJIT おそらく世界最大規模でRubyを使っている弊社では、お客様のお店のサイトをレンダリングするアプリには社内最大のトラフィックが来ていて、実は最近そのアプリほぼ全台で最新のYJITが有効化されたことが昨日公開情報になった。あまりにも大量のトラフィックが来るので、YJITによって行なわれているRubyコード実行量はYJITが使われてないものよりも世界全体で見て多くなったのではないかとCEOが言っていた。 この規模のトラフィックを捌くためにこのアプリは比較的よく

                YJITで使ったRustの省メモリ化テクニック - Qiita
              • YJIT: Dive into Ruby's JIT compiler written in Rust / Rust.Tokyo 2022

                YJIT: Dive into Ruby's JIT compiler written in Rust / Rust.Tokyo 2022

                  YJIT: Dive into Ruby's JIT compiler written in Rust / Rust.Tokyo 2022
                • Ruby 3.2.0dev にマージされた Rust YJIT をビルドする - koicの日記

                  YJIT の Rust 実装がマージされました。いまのところ今年の Shopify からの代表作ではと見ています (YJIT 自体は Ruby 3.1 で C 実装導入されている機能です) 。 github.com そういうわけで、現在の Ruby 3.2.0dev で YJIT を有効にする場合は、Rust の処理系 (1.60.0 1.58.1 以上) が必要になります。Rust のインストールに使う rustup については以下の公式ページなどを参照してください。 www.rust-lang.org YJIT はデフォルトではビルドされません (なので YJIT を使わないビルドであれば Rust 処理系は不要です) 。 デフォルトの YJIT なしの Ruby をビルドしている場合は --yjit オプションを渡しても、ruby: warning: Ruby was built w

                    Ruby 3.2.0dev にマージされた Rust YJIT をビルドする - koicの日記
                  • Alan Wu氏「YJITはRubyプロセス実行から終了まで全体のパフォーマンス向上を目指す」 ~RubyKaigi 2022 3日目キーノート | gihyo.jp

                    CPUの世界では、内部の機構をフロントエンド(命令フェッチとデコード)とバックエンド(命令実行とメモリ)で分けることができます。つまりrailsbenchの実行においては、フロントエンドの処理がバックエンドの処理に対して間に合っておらず、全体としてCPUの性能を使い切れていないことになります。 また、RubyのプログラムとYJITが生成したコードの行き来(ジャンプ)が頻繁に行われていました。このジャンプが多いということは、それだけ実行のために参照するアドレスが多く、結果としてコードの実行パスが増えてしまいます。その結果、予測が失敗したパス(汚染されたパス)が大量に増えて、投機的実行の予測精度に影響を与えていました。 加えて初期のYJITでは、この汚染されたパスもコード生成に利用していたため、さらに問題を悪化させていました。 これらが原因となり、初期のYJITではrailsbenchのパフォ

                      Alan Wu氏「YJITはRubyプロセス実行から終了まで全体のパフォーマンス向上を目指す」 ~RubyKaigi 2022 3日目キーノート | gihyo.jp
                    • Ruby 3.1正式リリース。Shopify開発のJITコンパイラ「YJIT」をメインラインにマージ

                      Ruby開発チームは、2021年12月25日にRuby 3.1.0の正式リリースを発表しました。 Rubyは毎年12月25日に新バージョンをリリースすることが恒例となっています。今回も一昨年のRuby 3.0に続いて新バージョンが登場しました。 Ruby 3.1でもっとも注目すべき新機能は、JITコンパイラの「YJIT」がメインラインにマージされたことでしょう。 大規模なRailsアプリでの性能向上を目指したYJIT RubyのJITコンパイラとしてはRuby 2.6から登場した「MJIT」がありますが、今回Ruby 3.1でマージされたYJITはMJITとは別のものです。 YJITは、ECサイト構築サービスで知られるShopifyが開発を進めてきたもので、Shopify自身が構築している大規模なRailsアプリケーションにおいて、より高い性能向上を目指して開発されてきました。 同社のブロ

                        Ruby 3.1正式リリース。Shopify開発のJITコンパイラ「YJIT」をメインラインにマージ
                      • Ruby 3.1.2 with YJIT vs Ruby 3.2.0-dev with YJIT - くりにっき

                        tl;dr; モチベーション Ruby 3.2.0-devの何がすごいか Ruby 3.2.0-devでRust版のYJITを使う方法 計測対象のアプリケーション 使ったバージョン 比較 CPU ホスト全体 Ruby 3.1.2 + YJIT Ruby 3.2.0-dev + YJIT pumaのmasterプロセスとworkerプロセスをピックアップ Ruby 3.1.2 + YJIT Ruby 3.2.0-dev + YJIT Memory ホスト全体 Ruby 3.1.2 + YJIT Ruby 3.2.0-dev + YJIT pumaのmasterプロセスとworkerプロセスをピックアップ Ruby 3.1.2 + YJIT Ruby 3.2.0-dev + YJIT Ruby 3.2.0-devをデプロイした瞬間のグラフ スコア Ruby 3.1.2 + YJIT Ruby

                          Ruby 3.1.2 with YJIT vs Ruby 3.2.0-dev with YJIT - くりにっき
                        • YJIT: Building a New JIT Compiler for CRuby

                          Opens in a new windowOpens an external siteOpens an external site in a new window The 1980s and 1990s saw the genesis of Perl, Ruby, Python, PHP, and JavaScript: interpreted, dynamically-typed programming languages which favored ease of use and flexibility over performance. In many ways, these programming languages are a product of the surrounding context. The 90s were the peak of the dot-com hype

                            YJIT: Building a New JIT Compiler for CRuby
                          • Feature #18481: Porting YJIT to Rust (request for feedback) - Ruby master - Ruby Issue Tracking System

                            TL;DR: The YJIT team wants to explore using Rust to help develop YJIT. The rest of CRuby will continue to build without Rust tools and building YJIT will remain optional. We’re currently exploring the possibility of porting YJIT to Rust and working on a small proof of concept that should be ready next month. The motivation behind this is that we are facing challenges in terms of code maintainabili

                            • YJIT: CRuby向けの新しいJITコンパイラを構築する(翻訳)|TechRacho by BPS株式会社

                              概要 Shopify Engineeringの許諾を得て翻訳・公開いたします。本記事は公開前にShopify Engineeringにレビューをいただいています。 英語記事: YJIT: Building a New JIT Compiler for CRuby — Development (2021) 原文公開日: 2021/10/14 原著者: Maxime Chevalier サイト: Shopify Engineering 画像は元記事のものです(追記2021/11/04: 冒頭イラストを削除いたしました)。 本記事はTwitterにて@shiroemonsshiromemonsさまからのリクエストを受けて翻訳いたしました。リクエストありがとうございます! なお、以下のissue #18229で、著者のMaxime Chevalierさんをコミッターに迎えるプロポーザルが出され、そ

                                YJIT: CRuby向けの新しいJITコンパイラを構築する(翻訳)|TechRacho by BPS株式会社
                              • Ruby 3.2’s YJIT is Production-Ready

                                Opens in a new windowOpens an external siteOpens an external site in a new window Shopify and YJIT Back in July 2020, I joined the Ruby & Rails Infrastructure (R&RI) team at Shopify. Our team focuses on making sure that Ruby as well as Ruby on Rails, central to the infrastructure behind all Shopify stores and much of the modern web, run as smoothly and efficiently as possible. As part of the R&RI

                                  Ruby 3.2’s YJIT is Production-Ready
                                • Our Experience Porting the YJIT Ruby Compiler to Rust

                                  Opens in a new windowOpens an external siteOpens an external site in a new window Last year, my team at Shopify implemented YJIT, a new Just-In-Time (JIT) compiler for CRuby, which was recently upstreamed as part of Ruby 3.1. Because the CRuby codebase is implemented in C99, we also decided to implement YJIT in C99 so that integration with the rest of the CRuby codebase would be as simple as possi

                                    Our Experience Porting the YJIT Ruby Compiler to Rust
                                  • 【Ruby1.8以前から】Rubyの処理系とJIT【Ruby3.2のYJITまで】 - Qiita

                                    はじめに Ruby3.2 で YJIT がついに実用段階になりました! なので YJIT について理解するために、JIT 導入前の Ruby、MJIT、そして YJIT についてそれぞれどんな特徴があるのか簡単に調べてみました。 Rubyの処理系 最初に Ruby の処理系についてです。処理系、特に 言語処理系 と呼ばれるものは、何らかのプログラミング言語を処理して実行可能にするためのソフトウェアです。Rubyの代表的な処理系は MRI (Matz's Ruby Interpreter) です。C言語で書かれた Ruby なので CRuby とも呼ばれます。 MRI 以外にも Ruby 処理系はたくさんあります。Ruby Association の以下のページに様々な処理系が紹介されています。 本記事では MRI (CRuby) の簡単なしくみから YJIT までを簡単に紹介します。 JI

                                      【Ruby1.8以前から】Rubyの処理系とJIT【Ruby3.2のYJITまで】 - Qiita
                                    • Ruby 3.2プレビュー2がリリース。WebAssembly版Ruby、ARM64版YJITなど対応

                                      Ruby 3.2プレビュー2がリリース。WebAssembly版Ruby、ARM64版YJITなど対応 Ruby 3.2ではWebAssembly版Rubyの登場が予定されており、これまでリリースされてきたLinux版やWindows版、Mac版などのRubyに加えて、WebブラウザなどWebAssemblyの実行環境でRubyランタイムを実行し、そこでRubyのプログラムを実行可能になることが期待されています。 参考:RubyのWebAssembly/WASIへの移植が実現、プレリリース版のバイナリ公開。RubyGemsにも対応 WebAssembly版のRubyでは、ファイルI/OなどOSごとに異なるAPIを抽象化する業界標準仕様であるWASI(WebAssembly System Interface)に対応しているため、WebブラウザだけでなくWasmtimeやWasmerといったス

                                        Ruby 3.2プレビュー2がリリース。WebAssembly版Ruby、ARM64版YJITなど対応
                                      • RubyでYJITを有効にする場合はメモリ消費量に気をつけよう、という話(on Kubernetesでハマった) - inductor's blog

                                        TL; DR YJITをDocker/Kubernetesでで有効にするには RUBY_YJIT_ENABLE=1 or RUBYOPT=--yjit YJITはデフォルトで256MBのメモリ領域を確保するため、全体のメモリ消費量が上がる Docker/Kubernetesでメモリ量を制御したい場合、RUBYOPT=--yjit-exec-mem-size=128のようにメモリ確保量を変更すればよい Ruby 3.1から使えるYJIT Ruby on Railsで動くアプリケーションでRubyのMJITが効果的でないことは色んなところで書かれていて、Ruby 3.1から実験的に導入されたShopify製のYJITでは対照的にRailsでのパフォーマンス改善が見込めるという期待があります。 ただしこのYJIT、動かすときには(JITなのでそりゃそうですが)デフォルトで256MiBのメモリを確

                                          RubyでYJITを有効にする場合はメモリ消費量に気をつけよう、という話(on Kubernetesでハマった) - inductor's blog
                                        • Benchmarking CRuby, MJIT, YJIT, JRuby and TruffleRuby

                                          Benchmarking CRuby, MJIT, YJIT, JRuby and TruffleRuby In this blog post we benchmark many Ruby versions and the latest Ruby Just-in-Time compilers (JITs) on the newest Ruby benchmark suite, yjit-bench. As a teaser, the geometric mean speedups compared to CRuby 3.1 on these 14 benchmarks are: MJIT 1.26x, YJIT 1.39x, JRuby 1.86x and TruffleRuby 6.23x. Read on to find more about the benchmarks and ga

                                            Benchmarking CRuby, MJIT, YJIT, JRuby and TruffleRuby
                                          • YJIT: Building a New JIT Compiler Inside CRuby

                                            The 1980s and 1990s saw the genesis of Perl, Ruby, Python, PHP and JavaScript: interpreted, dynamically-typed programming languages which favored ease of use and flexibility over performance. In many ways, these programming languages are a product of the surrounding context. The 90s were the peak of the dot-com hype, and CPU clock speeds were still doubling roughly every 18 months. It looked like

                                              YJIT: Building a New JIT Compiler Inside CRuby
                                            • Feature #18229: Proposal to merge YJIT - Ruby master - Ruby Issue Tracking System

                                              Background¶ YJIT is a new open source JIT compiler for CRuby. The project is led by a small team at Shopify in collaboration with developers from GitHub. The key advantages of this project are that the compiler delivers very fast warm-up and has fine grain control over the entire compiler pipeline. This JIT translates YARV instructions to machine code and employs a technique known as Lazy Basic Bl

                                              • 「Ruby 3.2.0」が正式リリース ~WebAssembly/WASIをサポート、YJITは試験扱いを卒業/正規表現エンジンはReDoS攻撃への耐性を高める

                                                  「Ruby 3.2.0」が正式リリース ~WebAssembly/WASIをサポート、YJITは試験扱いを卒業/正規表現エンジンはReDoS攻撃への耐性を高める
                                                • 週刊Railsウォッチ: Ruby 3.2.0devにRust版YJITがマージ、Docker Compose V2ほか(20220511後編)|TechRacho by BPS株式会社

                                                  週刊Railsウォッチについて 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄 お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションをいただければ確認・対応いたします🙏 TechRachoではRubyやRailsなどの最新情報記事を平日に公開しています。TechRacho記事をいち早くお読みになりたい方はTwitterにて@techrachoのフォローをお願いします。また、タグやカテゴリごとにRSSフィードを購読することもできます(例:週刊Railsウォッチタグ) 🔗Ruby 🔗 Rust版YJITがRuby 3.2.0devにマージ PR: Rust YJIT by XrXr · Pull Request #582

                                                    週刊Railsウォッチ: Ruby 3.2.0devにRust版YJITがマージ、Docker Compose V2ほか(20220511後編)|TechRacho by BPS株式会社
                                                  • Merge YJIT: an in-process JIT compiler by maximecb · Pull Request #4992 · ruby/ruby

                                                    Have a question about this project? Sign up for a free GitHub account to open an issue and contact its maintainers and the community. Pick a username Email Address Password Sign up for GitHub By clicking “Sign up for GitHub”, you agree to our terms of service and privacy statement. We’ll occasionally send you account related emails. Already on GitHub? Sign in to your account

                                                      Merge YJIT: an in-process JIT compiler by maximecb · Pull Request #4992 · ruby/ruby
                                                    • GitHub - Shopify/yjit: Optimizing JIT compiler built inside CRuby

                                                      A tag already exists with the provided branch name. Many Git commands accept both tag and branch names, so creating this branch may cause unexpected behavior. Are you sure you want to create this branch?

                                                        GitHub - Shopify/yjit: Optimizing JIT compiler built inside CRuby
                                                      • 週刊Railsウォッチ: Ruby 3.1にYJITマージのプロポーザル、Rubyのmagic historyメソッド、JSのPartytownほか(20211012後編)|TechRacho by BPS株式会社

                                                        週刊Railsウォッチについて 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄 お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションをいただければ確認・対応いたします🙏 TechRachoではRubyやRailsなどの最新情報記事を平日に公開しています。TechRacho記事をいち早くお読みになりたい方はTwitterにて@techrachoのフォローをお願いします。また、タグやカテゴリごとにRSSフィードを購読することもできます(例:週刊Railsウォッチタグ) 🔗Ruby 🔗 YJITマージのプロポーザル(Ruby Weeklyより) Feature #18229: Proposal to merge YJIT

                                                          週刊Railsウォッチ: Ruby 3.1にYJITマージのプロポーザル、Rubyのmagic historyメソッド、JSのPartytownほか(20211012後編)|TechRacho by BPS株式会社
                                                        • 週刊Railsウォッチ: Railsコアチームとコミッターに新メンバー、ruby-buildでのRust YJITサポートほか(20220524後編)|TechRacho by BPS株式会社

                                                          こんにちは、hachi8833です。Railsコアチームに3名、Railsコミッターに2名の新メンバーが加わりました。おめでとうございます!🎉 Please welcome @kamipo, @_byroot, @jhawthorn to Rails Core and @yahonda, Jonathan Hefner to Rails Committers! 🎉 https://t.co/0DS6Z8aMKt — Ruby on Rails (@rails) May 23, 2022 週刊Railsウォッチについて 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄 お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションを

                                                            週刊Railsウォッチ: Railsコアチームとコミッターに新メンバー、ruby-buildでのRust YJITサポートほか(20220524後編)|TechRacho by BPS株式会社
                                                          • 「Ruby 3.1.0」がリリース ~プロセス内JITコンパイラー「YJIT」をマージ【2022年1月5日追記】/言語機能の強化やデバッグ機能の改善なども

                                                              「Ruby 3.1.0」がリリース ~プロセス内JITコンパイラー「YJIT」をマージ【2022年1月5日追記】/言語機能の強化やデバッグ機能の改善なども
                                                            • Rust YJIT by XrXr · Pull Request #5826 · ruby/ruby

                                                              In December 2021, we opened an issue to solicit feedback regarding the porting of the YJIT codebase from C99 to Rust. There were some reservations, but this project was given the go ahead by Ruby core developers and Matz. Since then, we have successfully completed the port of YJIT to Rust. We are opening this pull request to upstream Rust YJIT, effectively replacing the C version of YJIT. The new

                                                                Rust YJIT by XrXr · Pull Request #5826 · ruby/ruby
                                                              • 週刊Railsウォッチ: byebugからruby/debugへの移行ガイド、YJIT解説記事ほか(20220823後編)|TechRacho by BPS株式会社

                                                                週刊Railsウォッチについて 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄 お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションをいただければ確認・対応いたします🙏 TechRachoではRubyやRailsなどの最新情報記事を平日に公開しています。TechRacho記事をいち早くお読みになりたい方はTwitterにて@techrachoのフォローをお願いします。また、タグやカテゴリごとにRSSフィードを購読することもできます(例:週刊Railsウォッチタグ) 🔗Ruby 🔗 procとlambdaの違い(Ruby Weeklyより) 元記事: The difference between procs and l

                                                                  週刊Railsウォッチ: byebugからruby/debugへの移行ガイド、YJIT解説記事ほか(20220823後編)|TechRacho by BPS株式会社
                                                                • Ruby 3.2.0がリリース―WebAssembly/WASIサポート、YJIT実用化、正規表現DoSへの対応など | gihyo.jp

                                                                  Ruby 3.2.0がリリース―WebAssembly/WASIサポート、YJIT実用化、正規表現DoSへの対応など 2022年12月25日、Rubyの最新バージョンとなるRuby 3.2.0がリリースされた。Ruby 3.2では多くの機能が追加され、機能の改善も数多く実装されている。 WASIベースのWebAssemblyサポート WebAssembly(Wasm)は、Webブラウザ上で高速、安全に動かすためのバイナリソフトウェア形式。これをブラウザを介さず各種OS上で動かすためのインターフェース仕様であるWASI(The WebAssembly System Interface)に対応した。これにより、CRubyのバイナリがWebAssembly/WASI環境をもつOS、ブラウザ、IoT環境などさまざまなプラットフォーム上で利用できるようになる。さらに、WASIの上にVFS(仮想ファイ

                                                                    Ruby 3.2.0がリリース―WebAssembly/WASIサポート、YJIT実用化、正規表現DoSへの対応など | gihyo.jp
                                                                  • 週刊Railsウォッチ(20210420後編)ShopifyのJITコンパイラYJIT、PicoRuby、DynamoDBの3つの制約ほか|TechRacho by BPS株式会社

                                                                    週刊Railsウォッチについて 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄 お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションをいただければ確認・対応いたします🙇 TechRachoではRubyやRailsなどの最新情報記事を平日に公開しています。TechRacho記事をいち早くお読みになりたい方はTwitterにて@techrachoのフォローをお願いします。また、タグやカテゴリごとにRSSフィードを購読することもできます(例:週刊Railsウォッチタグ) 🔗Ruby 🔗 YJIT: もうひとつのJITコンパイラ(Ruby Weeklyより) 元記事: YJIT: Building a New JIT Com

                                                                      週刊Railsウォッチ(20210420後編)ShopifyのJITコンパイラYJIT、PicoRuby、DynamoDBの3つの制約ほか|TechRacho by BPS株式会社
                                                                    • YJIT Benchmarks

                                                                      How is YJIT's speed on its benchmarks as of 2022-10-21 04:33:16? Overall YJIT is 37.5% faster than interpreted CRuby! On Railsbench specifically, YJIT is 22.3% faster than CRuby!

                                                                      • YJIT コードリーディング

                                                                        YJIT Shopifyにより開発されているCRuby用のJITコンパイラ 実行時にCコンパイラを別プロセスで走らせるMJITに比べて個々のJITコンパイルのコストが低い(機械語を直接生成) 現状ではx86(Linux, MacOS)のみの対応 昨年末にCRuby本体に取り込む方針が決定した。 もともとCで書かれていたが、最近Rustで書き直された。 YJIT https://github.com/Shopify/ruby/tree/rust-yjit-upstreaming-pr-changes/

                                                                          YJIT コードリーディング
                                                                        • 週刊Railsウォッチ: YJITがRuby 3.1向けにマージ、ripperのドキュメント化、crontabの罠ほか(20211026後編)|TechRacho by BPS株式会社

                                                                          週刊Railsウォッチについて 各記事冒頭には🔗でパーマリンクを置いてあります: 社内やTwitterでの議論などにどうぞ 「つっつきボイス」はRailsウォッチ公開前ドラフトを(鍋のように)社内有志でつっついたときの会話の再構成です👄 お気づきの点がありましたら@hachi8833までメンションをいただければ確認・対応いたします🙏 TechRachoではRubyやRailsなどの最新情報記事を平日に公開しています。TechRacho記事をいち早くお読みになりたい方はTwitterにて@techrachoのフォローをお願いします。また、タグやカテゴリごとにRSSフィードを購読することもできます(例:週刊Railsウォッチタグ) 🔗Ruby 🔗 YJITリーダーによるYJIT紹介記事 つっつきボイス:「以下↓はYJITリーダーであるMaxime ChevalierさんによるYJIT

                                                                            週刊Railsウォッチ: YJITがRuby 3.1向けにマージ、ripperのドキュメント化、crontabの罠ほか(20211026後編)|TechRacho by BPS株式会社
                                                                          • Benchmarking Ruby 3.2 with YJIT

                                                                            Ruby 3.2.0 was released today! This is a perfect moment to check it out and see how YJIT behaves. I tested it out against Hanami test suite and then ran a bunch of benchmarks that we have in dry-rb projects and the results are absolutely fascinating! Hanami test suiteThis is a really representative test suite because it uses Hanami applications fully configured and tests a lot of the framework top

                                                                              Benchmarking Ruby 3.2 with YJIT
                                                                            1

                                                                            新着記事