検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで
reactに関するエントリは10081件あります。 Reacttechfeed開発 などが関連タグです。 最新エントリには 『Impulse – Impossible Dev Tools for React and Tailwind』などがあります。

reactの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)10081 件中 1 - 40 件目

  • Impulse – Impossible Dev Tools for React and Tailwind

    Build modern websites right in your browser without giving up on codeImpossible Dev Tools for React and Tailwind Writing HTML sucks. I've been making websites and web apps for almost 10 years. As a developer, I've never liked it. React and Tailwind made it an infinitely better experience for me, but something was still missing. Switching between the code and the browser all the time felt wrong. At

    Impulse – Impossible Dev Tools for React and Tailwind
    • Introducing MUI Base: the headless alternative to Material UI - MUI

      While Material UI is excellent for building sleek user interfaces that adhere closely to Material Design, it can become unwieldy when your design system diverges significantly from the defaults. We get it. We've all been there. That's why we're building an entirely new library of headless React UI components and hooks called MUI Base—to give you complete control over the look and feel of your user

      Introducing MUI Base: the headless alternative to Material UI - MUI
      • フロントエンド開発をマスターする上で必要な知識 8選 2022年版

        はじめに フロントエンドは、簡単に言えばWebアプリケーションやWebサイトにおけるユーザが目に見える部分のことを指す。ひとくちにフロントエンドと言っても、学ばなければならないことや知識が数多くあるので初心者にとっては何から勉強すればいいのかわからない人も少なくないだろう。 今回の記事では、個人の一見解としてフロントエンド開発をマスターするのに必要な基礎知識を徹底解説する。今回の記事を通して、フロントエンドの学習方法やその魅力を十分に理解していただければ非常に幸いである。 バックエンドに関しては以下の記事を参照してほしい。 フロントエンド開発に必要な知識 1.基本的な知識 フロントエンド開発をマスターする上では、以下の言語の基本文法や知識をマスターしておこう。これはWeb制作やWebデザインにも共通していることである。 HTML:Webページを作成するための言語。主にページ内の情報を構造化

        フロントエンド開発をマスターする上で必要な知識 8選 2022年版
        • Docker で React + TypeScript の開発環境(自分用メモ)

          % git clone https://github.com/sprout2000/docker-react-ts.git % cd docker-react-ts % docker-compose up localhost:5173 を開きます。これだけです。 ローカルに Node.js がインストールされていなかったり、インストールされていてもこのコンテナで利用されているバージョンとは異なっていたりしても同じ(仮想)環境でプロジェクトが起動します。

          Docker で React + TypeScript の開発環境(自分用メモ)
          • 【脱Redux】SWRやReact Queryを使った状態管理戦略

            mutexの桝田です! Reactのデータフェッチに、Vercel社が提供する「SWR」やTanStackコミュニティが提供する「React Query(TanStack Query)」が使われることが多くなってきています。 これらのライブラリは単なるフェッチだけでなく、キャッシュやデータの更新を担ってくれます。また、Reactが志向する「宣言的」な記述を体現できることも大きなメリットです。 本稿では、(我々が採用する)React Queryにフォーカスし、React Queryを使って実現している状態管理について説明します。SWRを普段お使いの方に関してもかなり共通する部分が多いのではないかと思います。 1. 対象読者 Reactのデータフェッチライブラリの使用を検討している方 普段SWRやReact Queryを使用している方 普段Reactを使用するすべての方

            【脱Redux】SWRやReact Queryを使った状態管理戦略
            • SPAセキュリティ超入門 | ドクセル

              SPA(Single Page Application)の普及が一層進んでおり、従来型のMPAを知らないウェブ開発者も生まれつつあるようです。SPA対応のフレームワークでは基本的な脆弱性については対策機能が用意されていますが、それにも関わらず、脆弱性診断等で基本的な脆弱性が指摘されるケースはむしろ増えつつあります。 本セッションでは、LaravelとReactで開発したアプリケーションをモデルとして、SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング、認可制御不備等の脆弱性の実例を紹介しながら、現実的な対策について紹介します。LaravelやReact以外のフレームワーク利用者にも役立つ説明を心がけます。 PHPカンファレンス2022での講演資料です。 PHPカンファレンスでの動画URL https://www.youtube.com/watch?v=XNYejxQfFYw&t=1770

              SPAセキュリティ超入門 | ドクセル
              • Reactにて、CSSファイルもCSS in JSライブラリも無しにスタイリングできないか実験し、失敗した記録 - Qiita

                この記事の概要 私が日頃Reactを触っている際、CSS in JSをよく使います。 一口にCSS in JSと言っても、書き味やバンドルサイズなどそれぞれ違いがあって、選定に悩むこともしばしば。 要はJavaScriptの中でCSSが書ければ良いのだから、別な方法もあるのではないか?と思って実験した内容をまとめました。 この記事自体は役に立つものではないと思いますが、同じ轍を踏む人が減れば良いなと思って投稿します。 結論 動くっちゃ動くけど明らかに実用的でない。 (測定すらしていませんが、するまでもなくこれは駄目だと思いました。) 試したこと コンポーネント内に<style>を埋め込む コンポーネント内にreact-helmet-asyncを用いて<style>を埋め込む useIdを用いてユニークなクラス名を生成しようとする nanoidを用いてユニークなクラス名を生成する コンポーネ

                Reactにて、CSSファイルもCSS in JSライブラリも無しにスタイリングできないか実験し、失敗した記録 - Qiita
                • react-router v6.4 で比較的型安全なルーティングを実現することで管理を楽にする

                  import { BrowserRouter, ParamParseKey, Route, Routes, useParams } from "react-router-dom"; import User from "./pages/users/[id]"; import "./App.css"; import Top from "./pages/top"; export const PATHS = { TOP: "/", ABOUT: "/about", USERS_ID: "/users/:id", } as const; // これでクエリパラメータの id が取り出せる export const useParamsUsersId = useParams<ParamParseKey<typeof PATHS.USERS_ID>>; function App() { return (

                  react-router v6.4 で比較的型安全なルーティングを実現することで管理を楽にする
                  • 【2022年最新】Visual Studio Codeの便利なプラグインまとめ(コーダー・マークアップ・フロントエンドエンジニア視点)

                    Visual Studio Code(VsCode)本体のインストール まだインストールされていない方は、以下からVsCode本体をダウンロードしてください。 VsCodeのおすすめプラグイン(コーダー・マークアップ・フロントエンドエンジニア視点) 私が導入しているVsCodeのプラグインを紹介します。 普段の業務では、HTML、CSS、Sass(SCSS)、EJS、PUG、JavaScript(TypeScript)、React(JSX)、Next.js、PHP(WordPress)、Markdown、その他設定ファイルを触ることが多いので、それらに関連したプラグインが多くなっています。 共通 プラグイン名 機能

                    【2022年最新】Visual Studio Codeの便利なプラグインまとめ(コーダー・マークアップ・フロントエンドエンジニア視点)
                    • いまどきな JavaScript に入門しよう!『流麗な JavaScript』を読んで(上) - 虎の穴開発室ブログ

                      こんにちは。虎の穴ラボの古賀です。 9 月の連休で社内の技術書購入を支援する制度を利用して購入した『流麗(ELOQUENT)な JavaScript 第 3 版 現代のプログラミング入門』を読みました。 流麗なJavaScriptの書影 良い本でしたので、本書の前半部分の概要とその中で良かったところや気になったところをご紹介します。 どんな本か 基本情報 オススメする読者層 著者、訳者について 構成について Chapter1〜3:プログラムの基礎的なところから、制御フロー、関数など Chapter1 Chapter2 Chapter3 Chapter4 Chapter5 Chapter6 Chapter7 Chapter8 Chapter10 Chapter11〜22:未読 良かったところ サンプルコードの実行環境や練習問題がある 初心者がつまづきがちなところについて説明がある 気になった

                      いまどきな JavaScript に入門しよう!『流麗な JavaScript』を読んで(上) - 虎の穴開発室ブログ
                      • React + TypeScript + Three.js を使って「200行ぐらいで書ける」簡単な3Dゲームを作ってみた - Qiita

                        はじめに かけだしバックエンドエンジニアのhiです。 最近、JavaScriptで簡単に3D描画ができるライブラリ「Three.js」に興味を持って触っていました。どうせならなんか作ろうと思い簡単なゲームを作成してみました。よかったら見てやってください。 ゲーム↓ ソース↓ 作成環境 React:18.2.0 TypeScript:4.7.4 Three.js:0.143.0 作り方 0.前提 作り方を理解するには、React、TypeScript、Three.jsがある程度わかるぐらいの知識が必要となります。 特にReact、TypeScriptの知識がないと「???」ってなるので事前に他の記事などで勉強することをおすすめします。 Three.jsについては、↓のサイトに詳しい情報を載せてくださっている神様がいらっしゃいますので恭しく(うやうやしく)確認していただければと思います。 ht

                        React + TypeScript + Three.js を使って「200行ぐらいで書ける」簡単な3Dゲームを作ってみた - Qiita
                        • Reduxのstateの認知負荷を下げたい話 - カミナシ エンジニアブログ

                          カミナシのソフトウェアエンジニアの天野です。 カミナシは、現場DXプラットフォーム「カミナシ」の開発をしています。 今日はフロントエンドの小ネタを紹介しようと思います。 よろしくお願いします。 TL;DR 経緯 結論 実際に見てみると TL;DR Reduxで管理しているstateにコメントを入れておくと useSelector(https://react-redux.js.org/api/hooks#useselector)で値を取り出す時に コメントを表示してくれるようになって安心だよ。 経緯 カミナシのフロントエンドでは、全面的にReduxを採用しています。 まず、前提として「カミナシ」はかなり短期間で開発された経緯があります。 また、mobileとwebでサービスを提供する必要があったため、ReactとReact Native (Expo)を採用し、ローンチまでのスピードを上げる狙

                          Reduxのstateの認知負荷を下げたい話 - カミナシ エンジニアブログ
                          • MPA化するSPAとSPA化するMPA

                            2022/9/21 Techfeed カンファレンスで発表した MPA化するSPAとSPA化するMPA の話です。

                            MPA化するSPAとSPA化するMPA
                            • Signalって何?jotai-signalからのjotai-uncontrolled、これすごいです

                              導入 Reactive ProgrammingではSignalという概念があるらしいですが(実はもっと古くからある概念)、SolidJSが導入してReact Hooksとの差が明確になったのかと思います。 「Signal」は Solid のリアクティビティの基礎となるものです。これらには、時間とともに変化する値が含まれており、Signal の値を変更すると、それを使用しているすべてのものが自動的に更新されます。 とのことです。ObservableとかStreamとかも似たようなものですかね。 SolidJSのポイントはSignalを使ってfine-grained reactivityを実現しているところだと思います。ReactのようにVirtual DOM(とはもう呼ばないらしい、DOMじゃないので。でも、以下VDOM)を使わずに局所的にDOMを直接更新するのでパフォーマンスが良いとのこと

                              Signalって何?jotai-signalからのjotai-uncontrolled、これすごいです
                              • React Router v6.4はClient Side Remix

                                1:45 しかない動画なので、動画を見ていただければこの記事はあんまり読まなくてもいいかもです。 さて、動画内では、次の 2 つの機能を <Route> コンポーネントへと統合した話題が語られています。 データ読み込み(Data Loading) 0:00〜 0:28〜 エラーハンドリングの話題もあり データ更新(Data Mutation) 0:52〜 <Route> に統合された API は、ざっくりと次のような形です。 <Route path="/hoge/:hoge_id" element={<HogePage />} // データ読み込み loader={async ({ params }) => { const hogeData = await apiClient.getHogeData(params.hoge_id); // pathのパラメータを取り出せる return h

                                React Router v6.4はClient Side Remix
                                • React I Love You, But You're Bringing Me Down

                                  Dear React.js, We've been together for almost 10 years. We've come a long way. But things are getting out of hand. We need to talk. It's embarrassing, I know. Nobody wants to have that conversation. So instead, I'll say it in songs. You Were The OneI'm not a first-time JS lover. I've had long adventures with jQuery, Backbone.js, and Angular.js before you. I knew what I could expect from a relation

                                  • Reactで作るアナログ時計

                                    2022年9月21日 JavaScript, React 以前よりReactの勉強がてら、1時間を40分で区切った36時間時計というのをモクモクと作っています。その中でReact Hooksの使い方などを学んでいるので、今回はよくあるアナログ時計を作りながら勉強メモとして残しておきます。 こんな感じのアナログ時計作ってみた よくある時計ですね!個人的にはデジタル時計派なのですが、意外と需要があるようなので作ってみることに。ちなみにこれは別にReactを使わなくても、素のJavaScript(Vanilla.js)で作成可能です!が、上記36時間時計を作る中でReactコンポーネントとして必要だったので今回はReactで挑戦しました。 CSSでベースとなるアナログ時計作り アナログ時計自体は空の div にサイズや position の設定をして作成。時計の角度は rotate プロパティー

                                    Reactで作るアナログ時計
                                    • The Basics of Remix | CSS-Tricks

                                      You’ve probably heard a lot of hype around one of the newest kids on the framework block, Remix. It may be surprising that it got its start back in 2019, but it was originally only available as a subscription-based premium framework. In 2021, the founders raised seed funding and open sourced the framework to let users start using Remix for free. The floodgates opened and everyone seems to be talki

                                      The Basics of Remix | CSS-Tricks
                                      • [Twitter] React ユーザーが Vue を選ばない理由

                                        概要 本記事は、 Vue.js コアチームメンバーである @antfu7 氏の以下ツイートに対する回答を個人的にまとめたものです。 React ユーザーの皆さん、 好奇心で聞くのですが、Vue を使ったり試したりするのを妨げているブロッカーや欠点は何ですか? 注意事項 対立煽りっぽいタイトルにはなっていますが、個人的な好奇心がモチベーションとなっており、特定の技術を贔屓、批判する意図はありません。 私自身は長らく Vue を愛用しており、業務でも大規模 Vue アプリのメンテに携わっている一方で、React は小規模プロジェクトや個人開発でしか利用していません。そのため、理解度に差がある状態であるため、改めて Vue と React の対比やそれぞれの良さを実感したいと思い、一通りのツイートに目を通した次第です。 また、 Vue.js の生みの親である Evan You氏が以下のようにツイ

                                        [Twitter] React ユーザーが Vue を選ばない理由
                                        • Trump Rally Plays Music Resembling QAnon Song, and Crowds React

                                          Former President Donald J. Trump appeared to more fully embrace QAnon on Saturday, playing a song at a political rally in Ohio that prompted attendees to respond with a salute in reference to the cultlike conspiracy theory’s theme song. While speaking in Youngstown in support of J.D. Vance, whom he has endorsed as Ohio’s Republican nominee for the Senate, Mr. Trump delivered a dark address about t

                                          Trump Rally Plays Music Resembling QAnon Song, and Crowds React
                                          • Denoのフルスタックフレームワーク「Fresh 1.1」登場。プラグインシステム、Preact DevTools対応、404ページのレンダリングなど新機能

                                            Denoのフルスタックフレームワーク「Fresh 1.1」登場。プラグインシステム、Preact DevTools対応、404ページのレンダリングなど新機能 JavaScriptやTypeScriptのサーバサイドランタイム「Deno」を開発するDeno Land Inc.は、Deno用のフルスタックフレームワーク「Fresh」最新版となる「Fresh 1.1」をリリースしました。 Fresh v1.1 has been released with significant improvements: Automatic mode JSX Plugin system Preact DevTools integration New Tailwind plugin Preact Signals support ...and much more! Read the full release not

                                            Denoのフルスタックフレームワーク「Fresh 1.1」登場。プラグインシステム、Preact DevTools対応、404ページのレンダリングなど新機能
                                            • フロントエンド(React)の技術質問 - Qiita

                                              はじめに 自分は2021年に新卒でWeb系の開発会社にフロントエンジニアとして入社し2022年で2年目になります。 実務ではReact×TypeScriptを利用したフロント周りの開発をメインで行なっていなす。 今回は、現場で後輩に質問されたReactの技術質問をまとめていきます。 なお質問に対しては一問一答形式で答えるのではなく、深ぼって解説をしていきます。 この記事の対象者 フロントエンジニアを目指している人 React初心者から中級者 Reactの質問をされた時にうまく言語化できない人 この記事の目標 Reactでよく使われている技術を言語化できるようになる 何となくの理解から脱却する おことわり 本記事は面接等で聞かれる質問テンプレート集ではありません 現場で後輩に聞かれた質問を深ぼって解説をするノリで書いてます Reactフックとは何か? Reactフックは公式ドキュメントにおい

                                              フロントエンド(React)の技術質問 - Qiita
                                              • ブログを作りながら学ぶ、Next.jsの便利な5つのコンポーネント(Link、Image、Head、Script、レイアウト)

                                                この連載では、現在注目のWebホスティングサービス「Vercel」をご紹介します。本記事から2回にわたって、「Next.js」の便利な9つの機能をご紹介します。今回は、「Linkコンポーネント」「Imageコンポーネント」「Headコンポーネント」「Scriptコンポーネント」「レイアウトコンポーネント」の5つのコンポーネントを紹介します。 はじめに 前回はNext.jsアプリケーションをVercelにデプロイする方法や、一緒に活用する利点などを紹介しました。今回から2回にわたって、Next.jsの便利な機能を紹介しながら、簡単なブログを表示するアプリを作成していきます。 この記事は既になんらかのプログラミング言語やWebフレームワークを学習した経験がある人向けに書いています。サンプルコードを提供しますので、サンプルコードを実際に動かしていただくことでより理解が深まると考えています。 自身

                                                ブログを作りながら学ぶ、Next.jsの便利な5つのコンポーネント(Link、Image、Head、Script、レイアウト)
                                                • SWCとRelease Pleaseで始めるReact TypeScriptライブラリ開発と公開 - BASEプロダクトチームブログ

                                                  こんにちは。Pay ID Devの大木 (@roothybrid7)です。 今回外部スクリプトとして読み込み利用する外部SDKを、Reactに組み込むためのラッパーライブラリを作ったので、その開発事例を紹介します。 今回、SWC(Speedy Web Compiler)やRelease Pleaseを利用して開発したので、主にそれらをどう使ったのかを紹介いたします。 背景 去年12/16に開催しましたオンラインイベント「BASE Tech Talk #1 〜Next.jsを使ったカート大規模リプレイスPJの裏側〜」の通り、BASEカートシステムのFrontendアプリケーションは、Next.jsで動作してます。 さて、アプリケーションでは、Amazon PayやPayPalなど様々な外部の決済サービスを利用しており、それらのJavaScript SDKをいくつか利用しています。 これらのS

                                                  SWCとRelease Pleaseで始めるReact TypeScriptライブラリ開発と公開 - BASEプロダクトチームブログ
                                                  • Next.js Layouts RFC in 5 minutes – Vercel

                                                    The Next.js team at Vercel released the Layouts RFC a few months ago outlining the vision for the future of routing, layouts, and data fetching in the framework. The RFC is detailed and covers both basic and advanced features. This post will cover the most important features of the upcoming Next.js changes landing in the next major version that you should be aware of. Creating RoutesIn the new app

                                                    Next.js Layouts RFC in 5 minutes – Vercel
                                                    • はてなブログで使われているフロントエンドのテストツールを統一した話 - Hatena Developer Blog

                                                      はてなでエンジニアアルバイトをしているid:wafuwafu13です。はてなブログのフロントエンドで使われているテストツールの統一を2021年11月頃から進めてきましたが、この8月に完了したので振り返りたいと思います。 はてなブログのフロントエンドに残された秩序の乱れ テストツールを統一する理由とツールの選定 移行をどう自動化したか(しなかったか) 余裕のあるスケジュールで小分けして作業を実施 はてなエンジニアのアルバイトは通年で募集中! はてなブログのフロントエンドに残された秩序の乱れ 2020年のid:nanimono_demonaiさんの活動により、はてなブログのフロントエンドのテストはPhantomJSとKarmaを撤退し、Jestに移行されました。 はてなブログのフロントエンドに秩序はもたらされたのか - Speaker Deck これによって秩序がもたらされたものの、Node.

                                                      はてなブログで使われているフロントエンドのテストツールを統一した話 - Hatena Developer Blog
                                                      • React Router 6.4 Release

                                                        After several months of development, the data APIs from Remix have arrived for React Router in v6.4. Feature OverviewThe web is a wonderful place where highly dynamic shopping experiences, creative productivity software, and super basic but excellent classified ads are all possible on the same platform. While these websites are all wildly different, they all have one thing in common: data coupled

                                                        React Router 6.4 Release
                                                        • サーバサイドとクライアントサイドが"適材適所"でレンダリング - React Server Componentsを知る

                                                          本記事は、TechFeed Experts Night#2 〜 フロントエンドフレームワーク特集のセッション書き起こし記事になります。 イベントページのタイムテーブルから、その他のセッションに関する記事もお読み頂けますので、一度アクセスしてみてください。 本セッションの登壇者 セッション動画(YouTubeチャンネル登録もお願いします。) スライド 私はNode.jsの一般社団法人 Japan Node.js Associationの理事をしています古川と申します。また、JSConf JPのオーガナイザーもしており、今年も開催する予定ですのでぜひよろしくお願いします。 React Server Componentsとは さっそくですが、React Server Componentsについて話をしようと思います。 React Server Componentsは1年くらい前にちょっと話題にな

                                                          サーバサイドとクライアントサイドが"適材適所"でレンダリング - React Server Componentsを知る
                                                          • ZOZOTOWN Webフロントエンドリプレイスにおける CSS in JS の技術選定で Emotion を選定した話 - ZOZO TECH BLOG

                                                            はじめに こんにちは。ZOZOTOWN開発本部フロントエンドの菊地(@hiro0218)です。 現在、ZOZOTOWNではWebフロントエンド技術のリプレイスプロジェクトが進行しています1。本記事では、WebフロントエンドのリプレイスでCSS in JSの技術選定をした際の背景や課題についてご紹介します。 既存技術スタックの課題 リプレイス以前の環境は、Classic ASPのテンプレートエンジンに依存したUI実装が多く存在しており、新規開発や変更のタイミングで実装をReact + CSS Modulesへ改修しています。そのため、レガシーな実装とモダンな実装が共存した状態です。 こういった背景から、リプレイス以前のUI開発では以下のような課題がありました。 グローバルなCSSが多く、CSSの変更がどこへ影響するのか予測しづらい Classic ASPのテンプレートエンジンに依存したUI実

                                                            ZOZOTOWN Webフロントエンドリプレイスにおける CSS in JS の技術選定で Emotion を選定した話 - ZOZO TECH BLOG
                                                            • Dockerfileを書かずにNext.jsアプリケーションをCloud Runにデプロイする|GCP|開発ブログ|株式会社Nextat(ネクスタット)

                                                              こんにちは、ナカエです。 当ブログでも何度か紹介している Cloud Native Buildpacks はDockerfileを書くことなくコンテナイメージをビルドできる仕組みの一つです。 参考:Dockerfile不要!Cloud Native BuildpacksでLaravelアプリケーションのコンテナイメージを作成する Google Cloud Buildpacks Google Cloud Platformには Google Cloud Buildpacksとして Buildpacks への公式サポートが存在します。 参考: Google Cloud now supports buildpacks | Google Cloud Blog 以前のBuildpacksとCloud Runの組み合わせを紹介した記事では、Google Cloud BuildpacksがPHPのアプリケ

                                                              • Next.js

                                                                Transcript Next.js 研修 2022年4月18日 リクルート63期新人BC_エンジニアコース 講師の自己紹介 吉井 健文 @Takepepe / フロントエンド関連の記事書いたり 所属:横断エンジニアリング部 ASG 2020年10月入社、Next.js を採用したプロジェクトの 開発支援を中心に、横断従事 Time Table ▪【1】MPA と SPA(30m) ▪【2】React ハンズオン(75m) ▪ 昼休憩(12:00 〜 13:00) ▪【3】Next.js の基礎と概念(30m) ▪【4】静的生成 ハンズオン(60m) ▪ 休憩(14:30 〜 15:00) ▪【5】動的生成 ハンズオン(30m) ▪【6】簡単な CRUD アプリを開発(60m) ▪ 休憩(16:30 〜 17:00) ▪【7】現場での使われ方と最新動向( 45m) 【受講者の想定】Type

                                                                Next.js
                                                                • キャッシュによる状態管理のアーキテクチャ / Cache-based state management architecture

                                                                  キャッシュによる状態管理のアーキテクチャ / Cache-based state management architecture

                                                                  キャッシュによる状態管理のアーキテクチャ / Cache-based state management architecture
                                                                  • リクルート、新人エンジニア向け研修資料を無償公開 Next.jsの基礎など15種類

                                                                    同社は2017年から新卒エンジニア向けの研修資料を公開しており、外部からのフィードバックを基に毎年内容を変更している。例えば21年版ではAWSの入門研修資料を公開。22年版はNext.jsの資料を新たに追加した。過去に公開した資料は今後も閲覧可能という。 関連記事 リクルート、新人エンジニア向け社内研修資料を公開 AWS入門やマネジメント手法など20講座以上 リクルートが、新人エンジニア向けの社内研修資料を無償公開した。Webブラウザの仕組みやAWS入門、トヨタ生産方式など20講座以上の資料を公開している。 「動画で助かる」「IT基礎知識が一通り学べる」──各社が公開した新人エンジニア向けの研修資料が話題に 人気資料まとめ IT企業が社内の新人エンジニアに向けた研修資料を無償公開して話題になっている。学べる内容はIT業界の文化からゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発までさまざまだ

                                                                    リクルート、新人エンジニア向け研修資料を無償公開 Next.jsの基礎など15種類
                                                                    • GitHub - hand-dot/react-inspector: Easily detect React components source code from Chrome!

                                                                      This commit does not belong to any branch on this repository, and may belong to a fork outside of the repository.

                                                                      GitHub - hand-dot/react-inspector: Easily detect React components source code from Chrome!
                                                                      • フロントエンド界隈で新しく提唱されているT3 Stackについて調べてみた

                                                                        T3 Stackとは 昨今のWeb開発ではTypescriptによる型安全なWebアプリケーションの開発を求められている。またバックエンドとフロントエンド、さらにBFFによる構成においていかに型安全で効率よく開発するかはWebアプリ開発において非常に重要な課題となっている。 そこでTheo氏によって「T3 Stack」という技術スタックが提唱された。 これは最近注目のWeb開発の技術スタックとなっている T3 Stackにおいては以下3つの思想に焦点が当てられている。 simplicity(簡潔さ) modularity(モジュール性) full-stack typesafety(フルスタックの型安全) そしてこれらの思想を実現するためにT3 Stackでは以下6つの技術を採用する Next.js tRPC Tailwind CSS Typescript Prisma NextAuth.j

                                                                        フロントエンド界隈で新しく提唱されているT3 Stackについて調べてみた
                                                                        • 【個人開発】1週間で約2,000人に使ってもらえたReactアプリをリリースするまでにしたこと - Qiita

                                                                          今回リリースしたアプリ Destiny2というマイナーなFPSゲームの診断ツール(スマホ専用) https://destiny-tolls.com/ 使用技術 フロント React 17.0.2 バックエンド Ruby 2.7.5 Rails 6.1.5 インフラ Heroku cloudflare その他(数値計測) GoogleAnalytics(GA4) このアプリを作った背景 きっかけはReactの勉強でした。 勉強するなら何かアプリ作りながら勉強した方が楽しいので、私の好きなゲームのDestiny2に関するアプリ作ろうと思いました。 Destiny2というゲームは、最初に職業を選択するのですが、どの職業を選んでもそこまで強さに序列はないため、どれにしようか迷ってしまうということがよくありました。 なので、自分がどの職業に向いているのか、性格や価値観から導き出せるツールがあれば便利

                                                                          【個人開発】1週間で約2,000人に使ってもらえたReactアプリをリリースするまでにしたこと - Qiita
                                                                          • Next.js, Prisma, GraphQL Code Generator で作るフルスタック Web アプリケーション

                                                                            Next.js, Prisma, GraphQL Code Generator で作るフルスタック Web アプリケーション おもにNext.js、Prisma、GraphQL Code Generatorを用いたWebアプリケーションの構築手法について解説した書籍となります。 上記技術に加えて、以下の技術も採用しています。 ・Tailwind CSS ・NextAuth.js ・Apollo GraphQL ・Prettier ・ESLint ・Vitest ・React Testing Library ・GitHub Actions モダンなWebアプリケーションの開発手法について興味がある方にオススメです。 1章 Next.jsのセットアップ 2章 Prismaのセットアップ 3章 GraphQL Code Generatorのセットアップ 4章 テストコードの追加 5章 本番環境へ

                                                                            Next.js, Prisma, GraphQL Code Generator で作るフルスタック Web アプリケーション
                                                                            • Next.js,Prisma,GraphQL Codegenで作るフルスタックWebアプリケーション:Typebase

                                                                              おもにNext.js、Prisma、GraphQL Code Generatorを用いたWebアプリケーションの構築手法について解説した書籍となります。 上記技術に加えて、以下の技術も採用しています。 ・Tailwind CSS ・NextAuth.js ・Apollo GraphQL ・Prettier ・ESLint ・Vitest ・React Testing Library ・GitHub Actions モダンなWebアプリケーションの開発手法について興味がある方にオススメです。 1章 Next.jsのセットアップ 2章 Prismaのセットアップ 3章 GraphQL Code Generatorのセットアップ 4章 テストコードの追加 5章 本番環境へのデプロイ 6章 次のステップ サポートページ:https://github.com/typebase-inc/nextjs-

                                                                              Next.js,Prisma,GraphQL Codegenで作るフルスタックWebアプリケーション:Typebase
                                                                              • 株式会社リクルート エンジニアコース新人研修の内容を公開します!(2022年度版)

                                                                                こんにちは!2022年度エンジニア新人の太田です。毎年反響を頂いているエンジニアコースの研修内容を、今年は受講者の立場から紹介させていただきます。 研修概要 リクルートの新卒エンジニアコースでは、入社した新人を対象に技術研修を行っています。その内容は、実際の開発業務に活かせる技術を扱う「本当に必要な生きた知識・技術」を取り入れたものとなっています。 特筆すべき点として、研修の資料はほとんどが内製であることが挙げられます。そのため、講義中の質疑を通してより深い知識や、開発の現場で培われた経験に触れることができます。 フロントエンド、モバイルアプリ、バックエンド、インフラ、データ分析、セキュリティなど幅広いテーマが扱われるため、知識のインデックスを張ることにもつながります。またハンズオンや競技形式の演習も取り入れられており、実際に手を動かすことで印象に残りやすく、エラーへの対処も学ぶことができ

                                                                                株式会社リクルート エンジニアコース新人研修の内容を公開します!(2022年度版)
                                                                                • Next.js 12.3

                                                                                  We've shipped some quality-of-life improvements to Next.js with 12.3: Improved Fast Refresh: .env, jsconfig.json, and tsconfig.json files now hot reload.TypeScript Auto-Install: Add a .ts file to automatically configure TypeScript and install deps.Image Component: next/future/image is now stable.SWC Minifier: Minification with the Next.js compiler is now stable.New Router + Layouts Update: Impleme

                                                                                  Next.js 12.3