検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

stablediffusionの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)156 件中 1 - 40 件目

  • 生成AI技術が辿った濃い一ヶ月間

    Stable Diffusionがオープンソースで公開されてちょうど1ヶ月が立ちました。OpenAIがDall-E2をリリースしたのが4月。こういう異次元なリソースを使ってモデルを作れるのはごく限られたプレーヤーだけと思い込んでいたものが、若干十数人のチームがMidjourneyをリリースしたのが7月。一連の騒ぎがここ半年程度の出来事で、1ヶ月前に深津さんも予見していた「世界変革」が目の前で怒涛の勢いで進行しています。 このブログも書いた瞬間に古くなるだと思うけど、この文化的特異点とも言える1ヶ月に起こったことを振り返ってみたいと思います。それにしても手書き文字の生成に感動していた2015年から比べるとずいぶん遠いところまで来ましたね。DataRobotでも「AIの民主化」を掲げて様々な企業のAI活用を推進していたけれど、今起こっている変化を見ているとそのスピード感に愕然とします。 少し宣

    生成AI技術が辿った濃い一ヶ月間
    • 画像生成AI「Stable Diffusion(AUTOMATIC1111版)」で生成した画像の種類に合わせて「Extras」からキレイに拡大する方法まとめ

      画像生成AI「Stable Diffusion」をブラウザ上で簡単に操作できるウェブUIパッケージ「AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UI」は、超解像アルゴリズムのESRGANを使って低解像度の画像を高解像度にしながら拡大するアップコンバートの機能「Extras」が搭載されています。また、アルゴリズムに利用できるESRGANにはさまざまな種類があり、簡単に追加することも可能。そこで、実際に公開されているReal-ESRGANを導入して、手元にある画像がどれだけキレイに拡大できるか試してみました。 Dependencies · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui Wiki · GitHub https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui/wiki/Depe

      画像生成AI「Stable Diffusion(AUTOMATIC1111版)」で生成した画像の種類に合わせて「Extras」からキレイに拡大する方法まとめ
      • Stable Diffusionの内容を理解するための情報・書籍 - karaage. [からあげ]

        Stable Diffusion完全に理解した 画像生成AIで話題のStable Diffusion、完全に理解した状態になりたいですね。私もです。夜な夜な、Stable Diffusion睡眠不足になりながらの自分の理解は以下です。 Stable DiffusionというAIモデルは、上記のように、2つのモデルで構成されています。凄いのがDiffusion Modelとよばれるもので、これはランダムノイズ的な画像から、クオリティの高い絵を生成することができます。 ただ、このままだとどんな絵が生成されるか分からないので、絵をコントロールするために、プロンプト(自然言語)をCLIPと呼ばれるTransformerのモデルに入力して、埋め込みベクトルに変換します。このベクトル情報をDiffusion Modelに入れてやることで、自分の好きな画像を生成することができます。 無理やりカメラとの対

        Stable Diffusionの内容を理解するための情報・書籍 - karaage. [からあげ]
        • AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること | TechnoEdge テクノエッジ

          AIに呪文を唱えて絵を描く、AIイラスト・AI絵画の一大ブームが起きています。その先駆的サービスであるMidjourneyが公開されたと同時に飛びつき、オープンソース公開されたStable Diffusionはすぐに自分のマシンにインストールして制作を始めたアーティスト、852話(ハコニワ)さん。彼女がAIと共同で制作した画集「Artificial Images Midjourney / Stable DiffusionによるAIアートコレクション」が9月23日、インプレスR&Dから発売されます。これら新世代AI絵画によって生成した、紙の書籍としても出版される画集としては日本初。言葉さえ用意すれば誰にでも完成度の高い絵を描ける「AI絵画」に、なぜイラストレーターが積極的に取り組むのか、話を聞いてきました。 MidjourneyとStable Diffusionは、「スクリプト」と呼ばれる、

          AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること | TechnoEdge テクノエッジ
          • 画像生成AI「Stable Diffusion」「Midjourney」「DALL-E」などで生成した画像のアップロードと販売をGetty Imagesが禁止、ユーザーが法的なリスクに直面する可能性があるという懸念が理由

            写真・画像・動画・音楽などのデータ素材をインターネット経由で配布する大手ストックフォトのGetty Imagesが、著作権侵害問題を恐れて「Stable Diffusion」「Midjourney」「DALL-E」などの画像生成AIが生成した画像をアップロード・販売することを禁止すると発表しました。 Fearing copyright issues, Getty Images bans AI-generated artwork | Ars Technica https://arstechnica.com/information-technology/2022/09/fearing-copyright-issues-getty-images-bans-ai-generated-artwork/ Getty Images bans AI-generated content over fears

            画像生成AI「Stable Diffusion」「Midjourney」「DALL-E」などで生成した画像のアップロードと販売をGetty Imagesが禁止、ユーザーが法的なリスクに直面する可能性があるという懸念が理由
            • 画像生成AI「Stable Diffusion」で画像の部分修正を行うマスクを文字列から自動で作成してくれる「txt2mask for Stable Diffusion」の導入&使い方まとめ

              画像生成AI「Stable Diffusion」をウェブブラウザから簡単に操作できる「AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UI」用のアドオンで、画像から画像を生成する「img2img」モードで文字列に応じて自動的に画像を部分修正するためのマスクを作成してくれるのが「txt2mask for Stable Diffusion」です。このアドオンを導入することで、ブラシツールで画像を選択してマスクを作成する必要がなくなります。 GitHub - ThereforeGames/txt2mask: Automatically create masks for Stable Diffusion inpainting using natural language. https://github.com/ThereforeGames/txt2mask AUTOMATIC

              画像生成AI「Stable Diffusion」で画像の部分修正を行うマスクを文字列から自動で作成してくれる「txt2mask for Stable Diffusion」の導入&使い方まとめ
              • 画像生成AI「Stable Diffusion」が実はかなり優秀な画像圧縮を実現できることが判明

                2022年8月に一般公開されたStable Diffusionは、入力した言葉に従って画像を自動で生成してくれるAIです。そんなStable Diffusionを画像生成AIだけではなく強力な非可逆画像圧縮コーデックとして使う方法について、ソフトウェアエンジニアのマシュー・ビュールマン氏が解説しています。 Stable Diffusion based Image Compression | by Matthias Bühlmann | Sep, 2022 | Medium https://matthias-buehlmann.medium.com/stable-diffusion-based-image-compresssion-6f1f0a399202 実際に以下の画像はすべて512×512ピクセルに圧縮した画像で、サンフランシスコ市街を撮影したもの。1枚目がJPEG形式、2枚目がWeb

                画像生成AI「Stable Diffusion」が実はかなり優秀な画像圧縮を実現できることが判明
                • Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権(その2) | STORIA法律事務所

                  前回記事「Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権」は、おかげさまで沢山の方に読んで頂き、いろいろな意見や御質問や取材を頂きました。 それらの意見・御質問や取材を通じて、自分の中で新たな整理ができたので、続編の記事を書きたいと思います。 第1 どのような場合に著作権侵害になるのか みなさんの興味関心が強いトピックとして「画像自動生成AIを利用して画像を自動生成し、既存著作物の類似画像が生成された場合に著作権侵害に該当するか」があります。 前回の記事では「学習に用いられた画像と同一の画像が『偶然』自動生成された場合、著作権侵害に該当するか」について解説をしましたが、今回の記事では、もう少し多くのパターンについて検討をしたいと思います。 まず、その前提として「著作権侵害の要件」と「著作権侵害の効果」について説明をします。 この「要件」と「

                  Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権(その2) | STORIA法律事務所
                  • 【海外ITトピックス】 「Stable Diffusion」の“破壊力” AI画像生成の隆盛

                    【海外ITトピックス】 「Stable Diffusion」の“破壊力” AI画像生成の隆盛
                    • Stable Diffusion入門-美少女を高確率で出す呪文 - ISID テックブログ

                      電通国際情報サービス、オープンイノベーションラボの比嘉康雄です。 Stable Diffusionの入門シリーズ、今回は、美少女を高確率で出す呪文です。 Stable Diffusionで人物を出力するときに、顔が崩れている、目が変、口がない、腕(手)が変などを経験した方は多いことでしょう。NSFW(職場や学校で閲覧注意)が連続で出て、心が折れそうになった方もいることでしょう。僕もそのうちの一人です。 今回は、クオリティの高い人物画を高確率で出力し、NSFWもほとんど起きない呪文を研究しました。 Stable Diffusionの入門シリーズの全コンテンツはこちら。 人物写真編 レンズ編 画像タイプ編 美少女アニメ画編 美少女写真編 女性イラスト編 美しい夜空を見渡す男編 魅惑的な女アニメ画(トゥーンレンダリング)編 美少女を高確率で出す呪文編 illustration of a beau

                      Stable Diffusion入門-美少女を高確率で出す呪文 - ISID テックブログ
                      • Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.

                        A new tool that blends your everyday work apps into one. It's the all-in-one workspace for you and your team

                        Notion – The all-in-one workspace for your notes, tasks, wikis, and databases.
                        • 新しい画像系AI、Relightが凄かったので使ってみた

                          また強い画像系AI、ClipdropのRelightが登場。特に今回のAIはクリエイターが使えるやつです。

                          新しい画像系AI、Relightが凄かったので使ってみた
                          • Stable Diffusionを「いらすとや」で追加学習する - TadaoYamaokaの開発日記

                            前回、Stable Diffusionをdanbooruデータセットを使用して追加学習することを試した。 今回は、自分でデータセットを作成して追加学習することを試す。 データセットには、画像とキャプションが揃っている必要があり、キャプションがない場合はCLIPで疑似ラベルを生成するなどする必要がある。 今回は、画像に対するキャプションがある「いらすとや」をスクレイピングして、データセットを作成した。 データセット作成 「いらすとや」から全ての画像とキャプションを取得した。 画像に複数バリエーションがある場合は、1つ目の画像のみを使用した。 キャプションは、日本語になっているため、Googleスレッドシートで、「=GOOGLETRANSLATE(XX,"ja","en")」を使って英語に変換を行った。 合計で、22891枚の画像とキャプションのセットが用意できた。 画像サイズ変換 画像は、5

                            Stable Diffusionを「いらすとや」で追加学習する - TadaoYamaokaの開発日記
                            • Deforum Diffusion と Waifu Diffusion によるAI動画生成|npaka|note

                              「Deforum Diffusion」と「Waifu Diffusion」によるAI動画生成を試したので、手順をまとめました。 ・Deforum Stable Diffusion v0.4 ・Waifu Diffusion v1.2 1. Deforum Stable Diffusion「Deforum Stable Diffusion」は、「Stable Diffusion」でズームやシフトさせながら画像生成を繰り返すことで、印象的な動画を作成できるColabノートブックです。 以下のColabノートブックを開いて、上から順番に実行していくことで動画生成することができます。 ・Deforum Stable Diffusion v0.4 2. Setup(1) 「NVIDIA GPU」のセルを実行。 Colabに割り当てられたGPUの情報が表示されます。 Tesla P100-PCIE-1

                              Deforum Diffusion と Waifu Diffusion によるAI動画生成|npaka|note
                              • GitHub - AbdBarho/stable-diffusion-webui-docker: Easy Docker setup for Stable Diffusion with user-friendly UI

                                This commit does not belong to any branch on this repository, and may belong to a fork outside of the repository.

                                GitHub - AbdBarho/stable-diffusion-webui-docker: Easy Docker setup for Stable Diffusion with user-friendly UI
                                • 画像生成AI「Stable Diffusion」のアウトペインティング機能で画像をどんどん拡張できる「stablediffusion-infinity」

                                  2022年8月に公開された画像生成AI「Stable Diffusion」は、世界中のユーザーによって猛烈な勢いで拡張機能やプラグインが追加されており、ユーザーインターフェース(UI)で簡単にStable Diffusionを使える「AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UI」なども登場しています。そんなStable Diffusionで元となる画像の構図や絵柄を維持したままイラストを描き足す「アウトペインティング」機能を用い、どんどん画像を拡張できるツール「stablediffusion-infinity」が登場しました。 GitHub - lkwq007/stablediffusion-infinity: Outpainting with Stable Diffusion on an infinite canvas https://github.com/

                                  画像生成AI「Stable Diffusion」のアウトペインティング機能で画像をどんどん拡張できる「stablediffusion-infinity」
                                  • 日刊 画像生成AI (2022年9月14日)|やまかず|note

                                    画像生成AI界は、今認識できないスピードで進化をし続けています。 DALL・E2公開、Midjourney公開、StableDiffusionがオープンソースで公開されて..進化の速度が上がり続けており、日々異常なスピードで変化しています。 "AIが引き起こす巨大なムーブメント"そんな中、毎日時間なくて全然情報追えない..!って人のために業界変化、新表現、思考、問題、技術を毎日あらゆるメディアを調べ、まとめています。 以前作品紹介させていただいてたSaito Akiraさんもコメントくれました。 喜んでもらえてよかったです。 超素晴らしい。1日目を離すと全然追いつけなくなるので助かります。しかも9/2には僕の投稿も紹介していただいた。ありがとうございます! https://t.co/UglsbBUXUm — Akira Saito (@a_saito) September 14, 2022

                                    日刊 画像生成AI (2022年9月14日)|やまかず|note
                                    • 誰もが知っておくべき画像生成AI「Stable Diffusion」の仕組みと使い方

                                      誰もが知っておくべき画像生成AI「Stable Diffusion」の仕組みと使い方:Stable Diffusion入門 Stable Diffusionの概要と基本的な仕組み、それを簡単に使うための公式なWebサービスである「DreamStudio」を紹介し、Stable Diffusionで画像生成する際に行われていることについて駆け足で見ていきましょう。 連載目次 今、画像生成AIが「革命」と言えるほど盛り上がっているのをご存じでしょうか。2022年8月前後 からDALL・E 2(ダリ・ツー)やImagen(イマジェン)、それからもちろんMidjourney(ミッドジャーニー)など、多数の画像生成系AIが登場し、世の中を騒然とさせていました。が、それらを一足飛びで追い越して多くの人が熱中しているのがStable Diffusion(ステーブルディフュージョン)です。最初はSNSで大

                                      誰もが知っておくべき画像生成AI「Stable Diffusion」の仕組みと使い方
                                      • Stable Diffusionにdanbooruデータセットを追加学習する - TadaoYamaokaの開発日記

                                        Stable Diffusionに独自データセットで追加学習できるようになるために、まずは既存のデータセットを使用した学習方法を試した。 追加学習の方法には、画像3~5枚を用いてスタイルを学習させるTextual Inversionという方法があるが、ここでは追加学習にデータセットを用いて画像をテキスト条件付きで追加学習する方法を試す。 GitHubのStable Diffusionには追加学習の方法についてドキュメントが用意されていないため、Waifu Diffusionの方法を参考にした。 Waifu Diffusionは、Stable Diffusionをdanbooruデータセットでファイチューニングしたものである。 Waifu Diffusionがどのように追加学習を行ったか手順は書かれていないが、ファイチューニング用のconfigファイルが用意されているため、それを使って、トラ

                                        Stable Diffusionにdanbooruデータセットを追加学習する - TadaoYamaokaの開発日記
                                        • 画像生成AIに自分の作品が勝手に使われたかどうかを検索できる「Have I Been Trained?」

                                          入力した文章に沿った画像を生成してくれるAI「Stable Diffusion」は、手軽に好みの画像を生成できることから大きな注目を集めています。一方で、AIの学習時に「実在のアーティストが描いたイラスト」が使われている点について「アーティストの権利を侵害している」という意見も寄せられており、「自分の作品が学習に使われていないかな?」と心配している人も多いはず。Stable Diffusionの学習には58億枚超えの画像を収録した大規模データセット「LAION-5B」が使われているのですが、このLAION-5Bに含まれる画像を検索できるウェブアプリ「Have I Been Trained?」が公開されていたので、実際に使ってみました。 Have I Been Trained? https://haveibeentrained.com/ 「Have I Been Trained?」にアクセス

                                          画像生成AIに自分の作品が勝手に使われたかどうかを検索できる「Have I Been Trained?」
                                          • 画像生成AI「Stable Diffusion」で絵柄や構図はそのままで背景や続きを追加する「アウトペインティング」などimg2imgの各Script使い方まとめ

                                            2022年8月に一般公開された画像生成AI「Stable Diffusion」をユーザーインターフェース(UI)で操作できる「AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UI」は非常に多機能である上にものすごい勢いで更新されており、Stable DiffusionのUIツールとしては記事作成時点で決定版といえる存在です。そんなAUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UIでは、画像から画像を生成できる「img2img」に便利なScriptが用意されているので、実際に使ってみました。 GitHub - AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui: Stable Diffusion web UI https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui AU

                                            画像生成AI「Stable Diffusion」で絵柄や構図はそのままで背景や続きを追加する「アウトペインティング」などimg2imgの各Script使い方まとめ
                                            • 画像生成AI「Stable Diffusion」を使いこなすために知っておくと理解が進む「どうやって絵を描いているのか」をわかりやすく図解

                                              2022年8月に無料で一般公開された画像生成AI「Stable Diffusion」は、NVIDIA製GPUを搭載したCPUあるいはGoogle Colaboratoryのようなオンライン実行環境を整えれば、任意の文字列や誰でも画像を生成することができます。そんなStable Diffusionがどのようにして画像を生成しているのかについて、AIについてTwitterで解説を行うAI Pubが説明しています。 // Stable Diffusion, Explained // You've seen the Stable Diffusion AI art all over Twitter. But how does Stable Diffusion _work_? A thread explaining diffusion models, latent space representati

                                              画像生成AI「Stable Diffusion」を使いこなすために知っておくと理解が進む「どうやって絵を描いているのか」をわかりやすく図解
                                              • Diffusion Models: A Comprehensive Survey of Methods and Applications

                                                Diffusion models are a class of deep generative models that have shown impressive results on various tasks with a solid theoretical foundation. Despite demonstrated success than state-of-the-art approaches, diffusion models often entail costly sampling procedures and sub-optimal likelihood estimation. Significant efforts have been made to improve the performance of diffusion models in various aspe

                                                • Stable Diffusion - AIパワーで画像を生成する話題のオープンソース技術!WEBアプリやお手軽導入アプリ、Photoshop、クリスタ、Gimp、Krita、Blender向けにプラグインも登場し拡大中!

                                                  製品&ハードウェア-Product&Hardware Loupedeck Live S - ダイヤルとスクリーン付きタッチパットを備え... 2022-09-22 572 views PC向け効率化するデバイス「Loupedeck(ループデック)」の大人気機種 "Live" の後継機 として、コンパクトかつ低価格な"Live S" の事前予約販売がスタートしています。 1200 続きを読む イベント-Event Top 100 Moving Meditations Challenge - ア... 2022-09-22 555 views ユニークなCGチャレンジを開催することでお馴染みのVFXアーティストClinton Jones氏(@_Pwnisher_)が、今年8月に開催していたコンテスト『Moving Meditations』のトップ100作品と全作品のモンタージュを公開しておりま

                                                  Stable Diffusion - AIパワーで画像を生成する話題のオープンソース技術!WEBアプリやお手軽導入アプリ、Photoshop、クリスタ、Gimp、Krita、Blender向けにプラグインも登場し拡大中!
                                                  • 「AIが生成したイラストの投稿禁止」をイラスト投稿サイトが次々に決定し始めている

                                                    by Lexica 近年は「Stable Diffusion」をはじめとする高精度な画像生成AIが次々に登場しており、「AIが人間のアーティストに取って代わるのではないか」と考えている人もいます。そんな中、さまざまなイラスト投稿サイトでは「AIが生成したイラストの投稿禁止」をガイドラインで定める動きが進んでいると、テクノロジー系ブログのWaxy.orgを運営するAndy Baio氏は指摘しています。 Online Art Communities Begin Banning AI-Generated Images - Waxy.org https://waxy.org/2022/09/online-art-communities-begin-banning-ai-generated-images/ AIが非常に精度の高いイラストを生成できるほど進化を遂げる中で、AIを活用する人々とAIに否定

                                                    「AIが生成したイラストの投稿禁止」をイラスト投稿サイトが次々に決定し始めている
                                                    • 画像生成AI「Stable Diffusion」で自動生成された画像からどのようなプロンプト・呪文だったのかを分解して表示できる「CLIP interrogator」の使い方

                                                      2022年8月に一般公開された画像生成AI「Stable Diffusion」を簡単にWindowsローカル環境に導入でき、コマンドラインではなくブラウザ上に表示されるユーザーインターフェース(UI)から操作可能にするツールがAUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UIです。AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UIはただ画像を生成するだけではなく、画像生成時に入力する文字列(プロンプト)について複数の組み合わせを一気にチェックしたり、画像生成の条件を複数設定して一度に画像を生成したりするなど、Stable DiffusionのUIとしては決定版といってもいいほど機能が充実しています。そんなAUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UIでは、AIで生成した画像を解析してプロンプトを表示する「CLIP

                                                      画像生成AI「Stable Diffusion」で自動生成された画像からどのようなプロンプト・呪文だったのかを分解して表示できる「CLIP interrogator」の使い方
                                                      • 好みの画像を生成できるAI「Stable Diffusion」をmacOS環境で超簡単に実行できる「Diffusion Bee」が登場したので使ってみた

                                                        入力した文章に沿った画像を生成してくれるAI「Stable Diffusion」は、手軽に精細なイラストや写真を出力できることから大きな注目を集めてます。Stable DiffusionはNVIDIA製GPUを搭載したPC向けに開発されているのですが、Intel製CPU搭載マシンやApple Silicon搭載Macで動作させる方法が次々と編み出されています。新たに、MetaでAIやVRについて研究しているDivam Gupta氏がApple Silicon搭載Macで動作するUI付きのStable Diffusion実行環境「Diffusion Bee」を公開していたので、実際にM1チップ搭載iMacにインストールして使ってみました。 GitHub - divamgupta/diffusionbee-stable-diffusion-ui: Diffusion Bee is the ea

                                                        好みの画像を生成できるAI「Stable Diffusion」をmacOS環境で超簡単に実行できる「Diffusion Bee」が登場したので使ってみた
                                                        • GitHub - divamgupta/diffusionbee-stable-diffusion-ui: Diffusion Bee is the easiest way to run Stable Diffusion locally on your M1 Mac. Comes with a one-click installer. No dependencies or technical knowledge needed.

                                                          Diffusion Bee is the easiest way to run Stable Diffusion locally on your M1 Mac. Comes with a one-click installer. No dependencies or technical knowledge needed.

                                                          GitHub - divamgupta/diffusionbee-stable-diffusion-ui: Diffusion Bee is the easiest way to run Stable Diffusion locally on your M1 Mac. Comes with a one-click installer. No dependencies or technical knowledge needed.
                                                          • naclbit/trinart_stable_diffusion_v2 · Hugging Face

                                                            Please Note! This model is NOT the 19.2M images Characters Model on TrinArt, but an improved version of the original trinsama Twitter bot model. This model is intended to retain the original SD's aesthetics as much as possible while nudging the model to anime/manga style. このモデルはTrinArtのキャラクターズモデル(1920万枚再学習モデル)ではありません! とりんさまAIボットのモデルの改良版です。このモデルはオリジナルのSD v1.4モデルのアートスタイルをできる限り残したまま、アニメ・マンガ方向に調整することを

                                                            naclbit/trinart_stable_diffusion_v2 · Hugging Face
                                                            • 【CEO直撃】THE GUILD深津氏が画像生成AI「Stable Diffusion」開発元に聞く、AIビジネスの“新時代” | DIAMOND SIGNAL

                                                              本記事では、インタビュアーを担当したTHE GUILD・深津貴之氏がStable Diffusionで生成した画像をいくつか紹介する。こちらは「サイバーパンクな東京」の画像(以下、AI生成した画像はすべて深津氏によるもの) 8月に突如登場し、瞬く間にネットユーザーの注目の的となった画像生成AIの「Stable Diffusion」。オープンソースで誰もが無料で利用できるだけでなく、個人のPCでも動作し、生成した画像の商用利用が可能ということもあり、大きな話題となった。 そんな話題沸騰中のStable Diffusionを開発する英国のスタートアップ・Stability AI。そのCEOであるエマード・モスターク氏がインタビューに応じた。 なお本取材は編集部に加えてAI画像生成に造詣が深く、先日DIAMOND SIGNALでもインタビューを実施したTHE GUILDの深津貴之氏がインタビュア

                                                              【CEO直撃】THE GUILD深津氏が画像生成AI「Stable Diffusion」開発元に聞く、AIビジネスの“新時代” | DIAMOND SIGNAL
                                                              • 【画像生成AI】素材画像を作るWebサービスを作りました【無料】 - ニートの言葉

                                                                どうもこんにちは、あんどう(@t_andou)です。 今回はかいどうさん(@odiak_)と一緒に、画像を入れるとそれに似た画像素材を生成してくれるサービスを作りましたので紹介させてください。 経緯 作ったもの 機能紹介 比較 比較1.お皿に何個かのいちごが乗っている写真 比較1-1.StableDiffusionのimg2imgを呪文無しで使った場合 比較1-2.ImageMartで生成したもの 比較2.某魔法の映画に出てきそうな男の人の画像 比較2-1.StableDiffusionのimg2imgを呪文無しで使った場合 比較2-2.ImageMartで生成したもの その他の例 最後に 本記事で利用した画像 経緯 以前、画像生成AIで書き出した画像を配布するサイトを作りましたが、その際に 今後は『検索をするように画像を生成して使うようになる。』そして『生成をするための文章をうまく表現す

                                                                【画像生成AI】素材画像を作るWebサービスを作りました【無料】 - ニートの言葉
                                                                • Danbooru(イラスト転載サイト)で学習したWaifu Diffusion

                                                                  高杉 光一🦋 @kuronagirai 有産になりたい無産オタク 推しの推し時は一生 潤羽るしあも供養する、ホロライブも追い掛ける、その他諸々も併せて全部推す 潤羽るしあを荒れネタのレッテルとしてじゃなく、絶対にいつかちゃんと供養する 音声合成について勉強中 AI潤羽るしあロイド開発中 思考整理や自分用のメモツイートとかたまにします syosetu.org/?mode=user&uid… 高杉 光一🦋 @kuronagirai 私が把握してる今のところの各画像生成AIの相関図 Stable Diffusionのオープンソース化は間違いなくターニングポイントの一つだけどWaifu Diffusionがどこまで影響を与えるかはこれ次第 Midjourneyも十分影響あったんだけど芸術や背景特化感否めない ERNIE-ViLGはどうなるんだろう…? mimicはうん… pic.twitter

                                                                  Danbooru(イラスト転載サイト)で学習したWaifu Diffusion
                                                                  • Waifu Diffusionをローカル環境で動かした手順

                                                                    name: ldm channels: - pytorch - defaults dependencies: - git - python=3.8.5 - pip=20.3 - cudatoolkit=11.3 - pytorch=1.11.0 - torchvision=0.12.0 - numpy=1.19.2 - pip: - albumentations==0.4.3 - opencv-python==4.1.2.30 - pudb==2019.2 - imageio==2.9.0 - imageio-ffmpeg==0.4.2 - pytorch-lightning==1.4.2 - omegaconf==2.1.1 - test-tube>=0.7.5 - streamlit>=0.73.1 - einops==0.3.0 - torch-fidelity==0.3.0 - t

                                                                    Waifu Diffusionをローカル環境で動かした手順
                                                                    • 画像生成AI「Stable Diffusion」でプロンプト・呪文やパラメーターを変えるとどういう差が出るか一目でわかる「Prompt matrix」と「X/Y plot」を「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」で使う方法まとめ

                                                                      画像生成AI・Stable Diffusionを導入するにはNVIDIA製GPUを搭載したPCのほかにPythonやAnacondaなどの知識が必要で、ローカル環境に導入するには少し敷居が高いところがありました。しかし、2022年8月に一般公開されて以降、多くの開発者によって誰でも簡単にStable Diffusionをローカル環境に導入可能でかつGUIで操作できるツールが次々と開発されています。「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」はその中でも他のUIには搭載されていない機能も盛り込まれた決定版とも言えるツールで、その中でも特に画像生成にお役立ちな機能である「Prompt matrix」と「X/Y plot」を実際に使ってみました。 GitHub - AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui: Stable Di

                                                                      画像生成AI「Stable Diffusion」でプロンプト・呪文やパラメーターを変えるとどういう差が出るか一目でわかる「Prompt matrix」と「X/Y plot」を「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」で使う方法まとめ
                                                                      • rinna社、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開

                                                                        弊社ではCookieを使用してWebサイトのトラフィックを分析し、Webサイトでのお客様の体験を最適化しています。弊社によるCookieの使用に同意されると、お客様のデータは他のすべてのユーザーデータと共に集計されます。

                                                                        rinna社、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開
                                                                        • rinna社、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開

                                                                          rinna株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役:ジャン“クリフ”チェン、以下rinna社)は、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開します。また、このモデルを用いた画像生成サービスも提供開始します。 ■背景 rinna株式会社は「人とAIの共創世界」をビジョンに掲げ、人と人との間にAIが介在することによる豊かなコミュニケーションを通して、すべての人が自分らしい創造性を発揮できる社会の実現を目指しています。その取り組みの中で、画像などの非言語コミュニケーションを重要視し、かねてよりAIりんなをはじめとしたAIキャラクターが発信する画像生成や、研究成果として学習済みの言語画像モデルを公開してきました。 rinna社の考えるAIとの共存は、「AIによる人間の創造性の発展」です。「あなたらしい創造力をAIキャラクターと共に引き出し、世界をカラ

                                                                          rinna社、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開
                                                                          • 話題のお絵かき画像生成AI『Stable Diffusion』の体験・インストール方法・プロンプトのコツ・関連情報のまとめ覚書(Win/Mac/Colab)

                                                                            Stable Diffusionの一般公開により、楽しく遊ばせていただいています。 公開以降、多くのフォーク(ブランチ)が公開され、手元の関連情報のブックマークが溢れてしまいそうですので、備忘録+自分用のブックマークメモとしてリストアップします。 詳しい導入方法はレポジトリに記載されているREADMEをご参照ください。 備忘録として記載しているため最新情報ではない場合もあります。 ローカル環境にインストールされる際は自己責任で、悪意あるコードが含まれる場合もありますのでくれぐれもご注意ください。 【CEO直撃】THE GUILD深津氏が画像生成AI「Stable Diffusion」開発元に聞く、AIビジネスの“新時代” | DIAMOND SIGNAL 8月に突如登場し、瞬く間にネットユーザーの注目の的となった画像生成AIの「Stable Diffusion」。開発元である英国のスタート

                                                                            話題のお絵かき画像生成AI『Stable Diffusion』の体験・インストール方法・プロンプトのコツ・関連情報のまとめ覚書(Win/Mac/Colab)
                                                                            • Google Colab で はじめる Waifu Diffusion|npaka|note

                                                                              「Waifu Diffusion」が二次元キャラの画像生成が得意らしいということで試してみました。 ・Diffusers v0.3.0 ・Waifu Diffusion 1. Waifu Diffusion「Waifu Diffusion」は、「Stable Diffusion」を二次元イラストのデータセットでファインチューニングして作られた画像生成AIです。Danbooruの画像で学習しています。 2. Colabでの実行Colabでの実行手順は、次のとおりです。 (1) 新規のColabのノートブックを開き、メニュー「編集 → ノートブックの設定」で「GPU」を選択。 (2) パッケージのインストール。 # パッケージのインストール !pip install diffusers==0.3.0 transformers scipy ftfy(3) StableDiffusionパイプライ

                                                                              Google Colab で はじめる Waifu Diffusion|npaka|note
                                                                              • 画像生成AI「Stable Diffusion」で崩れがちな顔をきれいにできる「GFPGAN」を簡単に使える「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」の基本的な使い方

                                                                                「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」は他のUIには搭載されていない機能なども盛り込んだ、いわば決定版の「Stable Diffusion」のUIといえますが、それだけにやれることが多いので、どこをどう触ればよいか悩むこともあるはず。 この記事ではまず、「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC111版)」のうち、テキストから画像を生成する「txt2img」の基本的な使い方をまとめています。 ◆目次 ・1:最も簡単な使い方 ・2:「txt2img」タブ内の各項目はどういう意味なのか? Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)は画像生成AI「Stable Diffusion」を使うためのUIの1つ。Stable Diffusionの利用にはNVIDIA製GPUが必要で、該当するPCにS

                                                                                画像生成AI「Stable Diffusion」で崩れがちな顔をきれいにできる「GFPGAN」を簡単に使える「Stable Diffusion web UI(AUTOMATIC1111版)」の基本的な使い方
                                                                                • 日本語版「Stable Diffusion」公開 追加学習でオノマトペも理解 「キラキラ瞳」も反映

                                                                                  rinna社が、画像生成AI「Stable Diffusion」を改造した日本語版「Japanese Stable Diffusion」を無料公開した。日本語で生成したい画像の内容などを指示すると、AIが内容に沿った画像を出力できる。 AI事業を手掛けるrinna社(東京都渋谷区)は9月9日、画像生成AI「Stable Diffusion」を改造した日本語版「Japanese Stable Diffusion」を9日に無料で一般公開すると発表した。日本語で生成したい画像の内容などを指示すると、AIが内容に沿った画像を出力する。 日本語版はStable Diffusionに、日本語キャプション付きの画像を約1億枚追加で学習させたもの。日本語圏の固有名詞や和製英語、オノマトベ(擬音、擬態語など)など、独特の文化を反映した画像を生成できるとしている。 配布場所はGitHubとAI関連コミュニティ

                                                                                  日本語版「Stable Diffusion」公開 追加学習でオノマトペも理解 「キラキラ瞳」も反映