検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

人工知能の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)13645 件中 1 - 40 件目

  • デジタルの悪魔か?AI生成画像に繰り返し現れる不気味な謎の女性「Loab(ローブ)」 : カラパイア

    プログラムで動作するAI(人工知能)といえど、それが人間の意識や概念を反映している以上、恐怖や闇から逃れることはできない。AIは我々にそのことを忘れるなとでも言いたいのだろうか? 文字を入力するだけで画像を自動生成できるAIが生み出した不気味な謎の女性「Loab(ローブ)」は、いつまでも消えることなく、繰り返し現れるという。 ローブは別の領域からやってきたデジタル悪魔なのだろうか?まるでAIがこの女性に取り憑かれたかのように見える。 広告 ローブ誕生のきっかけ 「DALL・E(E2) 」「Midjourney」「Stable Diffusion」といった画像生成AIのおかげで、今や誰でもちょっとした文章を入力するだけで、本格的な画像を作れるようになった。 スウェーデンのAIアーティスト Supercomposite(スーパーコンポジット)氏もまた、そうしたAIを作品作りに利用している。 そ

    デジタルの悪魔か?AI生成画像に繰り返し現れる不気味な謎の女性「Loab(ローブ)」 : カラパイア
    • Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確かに「意識」があった

      <グーグルが開発している最先端チャットボット「LaMDA」には知覚がある──。同社を解雇されたエンジニアが語る「真相」> グーグルが開発中の対話アプリ用チャットボット「LaMDA」。最先端の人工知能(AI)によって高度な会話ができるよう訓練されたこのマシンには、知覚がある──。開発チームのエンジニア、ブレーク・リモイン(41)が、ワシントン・ポスト紙にそんな見解を明らかにしたのは6月のことだ。 LaMDAと友達になったと語るリモインは、「UFOを見た」と言う人が経験するような、驚嘆と疑いと愚弄の入り交じった目を向けられてきた。だが、実際に会ってみると、リモインは非現実的な世界に「行ってしまった人」とは程遠い。 マシンが知覚や魂を持ち得るかといった議論は、問題の本質から人々の注目をそらしてしまうと、リモインは言う。「議論が独り歩きして、私が本来言いたかったことから遠く離れてしまった」 では、

      Google元エンジニアは言う──彼が開発したAIには、確かに「意識」があった
      • 生成AI技術が辿った濃い一ヶ月間

        Stable Diffusionがオープンソースで公開されてちょうど1ヶ月が立ちました。OpenAIがDall-E2をリリースしたのが4月。こういう異次元なリソースを使ってモデルを作れるのはごく限られたプレーヤーだけと思い込んでいたものが、若干十数人のチームがMidjourneyをリリースしたのが7月。一連の騒ぎがここ半年程度の出来事で、1ヶ月前に深津さんも予見していた「世界変革」が目の前で怒涛の勢いで進行しています。 このブログも書いた瞬間に古くなるだと思うけど、この文化的特異点とも言える1ヶ月に起こったことを振り返ってみたいと思います。それにしても手書き文字の生成に感動していた2015年から比べるとずいぶん遠いところまで来ましたね。DataRobotでも「AIの民主化」を掲げて様々な企業のAI活用を推進していたけれど、今起こっている変化を見ているとそのスピード感に愕然とします。 少し宣

        生成AI技術が辿った濃い一ヶ月間
        • 成田 修造 / Shuzo Narita on Twitter: "またやっばいAIでた。OpenAI社が出したWhisperというモデル 信じられない早口もKPopも、全部正確に聞き取りすぐテキスト化して英語に翻訳してくれる。68万時間分学習して30分動画も20秒とかで翻訳。 音声→テキスト… https://t.co/14jmqLe0fh"

          またやっばいAIでた。OpenAI社が出したWhisperというモデル 信じられない早口もKPopも、全部正確に聞き取りすぐテキスト化して英語に翻訳してくれる。68万時間分学習して30分動画も20秒とかで翻訳。 音声→テキスト… https://t.co/14jmqLe0fh

          成田 修造 / Shuzo Narita on Twitter: "またやっばいAIでた。OpenAI社が出したWhisperというモデル 信じられない早口もKPopも、全部正確に聞き取りすぐテキスト化して英語に翻訳してくれる。68万時間分学習して30分動画も20秒とかで翻訳。 音声→テキスト… https://t.co/14jmqLe0fh"
          • 画像生成AI「Stable Diffusion(AUTOMATIC1111版)」で生成した画像の種類に合わせて「Extras」からキレイに拡大する方法まとめ

            画像生成AI「Stable Diffusion」をブラウザ上で簡単に操作できるウェブUIパッケージ「AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UI」は、超解像アルゴリズムのESRGANを使って低解像度の画像を高解像度にしながら拡大するアップコンバートの機能「Extras」が搭載されています。また、アルゴリズムに利用できるESRGANにはさまざまな種類があり、簡単に追加することも可能。そこで、実際に公開されているReal-ESRGANを導入して、手元にある画像がどれだけキレイに拡大できるか試してみました。 Dependencies · AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui Wiki · GitHub https://github.com/AUTOMATIC1111/stable-diffusion-webui/wiki/Depe

            画像生成AI「Stable Diffusion(AUTOMATIC1111版)」で生成した画像の種類に合わせて「Extras」からキレイに拡大する方法まとめ
            • Stable Diffusionの内容を理解するための情報・書籍 - karaage. [からあげ]

              Stable Diffusion完全に理解した 画像生成AIで話題のStable Diffusion、完全に理解した状態になりたいですね。私もです。夜な夜な、Stable Diffusion睡眠不足になりながらの自分の理解は以下です。 Stable DiffusionというAIモデルは、上記のように、2つのモデルで構成されています。凄いのがDiffusion Modelとよばれるもので、これはランダムノイズ的な画像から、クオリティの高い絵を生成することができます。 ただ、このままだとどんな絵が生成されるか分からないので、絵をコントロールするために、プロンプト(自然言語)をCLIPと呼ばれるTransformerのモデルに入力して、埋め込みベクトルに変換します。このベクトル情報をDiffusion Modelに入れてやることで、自分の好きな画像を生成することができます。 無理やりカメラとの対

              Stable Diffusionの内容を理解するための情報・書籍 - karaage. [からあげ]
              • 2022年版・深層学習による写実的画像合成の最新動向

                Transcript 2022年版・深層学習による写実的画像合成の 最新動向 筑波大学 システム情報系 金森 由博 (kanamori@cs.tsukuba.ac.jp) 1 自己紹介 • 2009 年に (当時) 東大の西田友是先生の指導下で博士号取得 • 学生時代から CG 関連の研究に従事 – 学生時代 (~2009): (リアルタイム) 3DCG – 筑波大 (2009~): 画像を入力とした CG – ETH Zurich (2014 ~ 2016): アニメの研究 – 2016~: 深層学習の CG/CV 応用 噴水の高速描画 (EG’08) LDR HDR 低階調画像の高階調化 (SIGA’17) 人物画像の照明変更 (SIGA’18) 景観画像からの動画生成 (SIGA’19) • 現時点での「深層学習による写実的画像合成の最新動向」を概観 2 この講演の内容 ※画像や動画

                2022年版・深層学習による写実的画像合成の最新動向
                • AIにより高品質で撮れる物件撮影アプリの利用店舗が山形県に誕生

                  クラスココンサルファームが提供するサービス「不動産テックのTATSUJIN」による物件撮影アプリ「NODALVIEW」の利用店舗が山形県に誕生しました。 このAIニュースのポイント 賃貸管理会社向けの物件撮影アプリの利用店舗が山形県に登場 スマホアプリと専用アクセサリで、ハイクオリティな写真と360°パノラマ写真の撮影が可能 AI搭載で簡単に高品質の写真が撮れるため、物件写真撮影の効率化に寄与 全国の不動産会社向けにサービスを展開する、株式会社クラスココンサルファームが、山形県の株式会社セレサに、賃貸管理会社向けの物件撮影アプリ「NODALVIEW」を新たに提供開始することを発表しました。 「NODALVIEW」は、スマホアプリと専用アクセサリを使うだけで、ハイクオリティな写真と360°パノラマ写真の撮影が可能な物件撮影アプリです。通常のカメラの場合には、撮影後の明るさ調整などの画像加工が

                  AIにより高品質で撮れる物件撮影アプリの利用店舗が山形県に誕生
                  • オンラインアロマAI診断&通販「VinX」のサービス開始

                    宮田商店が、自分にぴったりの香りがわかるアロマAI診断と購入も出来る「VinX」のECサービスを開始しました。 このAIニュースのポイント アロマAI診断とアロマブレンドの購入も出来る「VinX」のECサービスが開始 オンラインで質問に答えることで、AIがアロマ選びをサポート 香りに関する情報が付いた、おすすめのアロマブレンドをポストで受け取れる オーガニックコスメや自然療法に関わる商品を販売する宮田商店は、自分にぴったりの香りがわかり、購入も出来る「VinX」(ヴィンクス)のECサービスを開始しました。 VinXは、オンラインで15の質問に答えると、150種類のアロマブレンドの中から自分にぴったりの1本がわかり、通販で購入もできるサービスです。アロマ選びの最初のつまずきを解消し、多くの人により便利に自然の香りの素晴らしさを知ってもらうことを目的としています。 利用者のアロマ選びは、経験豊

                    オンラインアロマAI診断&通販「VinX」のサービス開始
                    • OmniDX、オムニチャネルマーケティングAI分析ツール「OmniAI」β版をリリース

                      このAIニュースのポイント クラウド型オムニチャネルAI分析ツール「OmniAI」のβ版をリリース 集計用URL発行やリンク遷移の集計などを自動で行える 自然な計測用URLの発行により、様々なチャネルからの集客を自動分析できる 株式会社OmniDXは、URLやQRコードからの遷移をスムーズに分析するクラウド型オムニチャネルAI分析ツール「OmniAI」のβ版をリリースしました。 「OmniAI」は、苦痛となっていた「数値の集計」や、勘に頼っていた「今後の見込み」の自動化を目的としたものです。計測用に自然なURL「official-url.jp/〇〇」を発行することで、様々なチャネルからの集客を自動で分析できます。 β版では、主に以下の機能を無料で活用できます。 集計用URL「official-url.jp/(任意の文字列)」の自動発行 日々のリンク遷移の自動集計 集計用URLのQRコード自

                      OmniDX、オムニチャネルマーケティングAI分析ツール「OmniAI」β版をリリース
                      • 西日本鉄道がYEデジタルの「モビリティサイネージクラウド」を初導入

                        西日本鉄道がYEデジタルの提供する「MMvision(モビリティサイネージクラウド)」を春日原駅新ホームにて運用を開始すると発表しました。 このAIニュースのポイント 西日本鉄道がYEデジタル提供の「MMvision」を春日原駅新ホーム初導入、運用開始 デジタル時刻表の表示やニュースや広告との一体運用、年末年始などの特別ダイヤなどに対応 時刻表および豊富な情報発信で、駅サービスの向上を目指す 西日本鉄道は、春日原駅の新ホームに導入したYEデジタル提供の「MMvision(モビリティサイネージクラウド)」の運用を開始すると発表しました。 モビリティサイネージクラウド「MMvision」とは、広告やお知らせ等を配信する従来のデジタルサイネージ配信システムの機能に加え、時刻表や運行情報などの交通情報の配信が可能なデジタルサイネージ配信プラットフォームです。 西鉄グループのバス事業でも導入が進んで

                        西日本鉄道がYEデジタルの「モビリティサイネージクラウド」を初導入
                        • ノーコード推進協会が設立、デジタル活用人材の育成を推進

                          アステリア株式会社、サイボウズ株式会社、株式会社船井総研デジタル、株式会社INDUSTRIAL-X、株式会社シムトップス、株式会社セゾン情報システムズ、ウイングアーク1st株式会社の7社(アルファベット順)は、ノーコードによるソフトウェア文化の変革を目的にノーコード推進協会を設立したことを発表しました。 このAIニュースのポイント アステリア株式会社、サイボウズ株式会社、株式会社船井総研デジタル、株式会社INDUSTRIAL-X、株式会社シムトップス、株式会社セゾン情報システムズ、ウイングアーク1st株式会社がノーコード推進協会を設立 ノーコードによるソフトウェア文化の変革が目的 2022年末までに加盟企業数30社を目指す アステリア株式会社、サイボウズ株式会社、株式会社船井総研デジタル、株式会社INDUSTRIAL-X、株式会社シムトップス、株式会社セゾン情報システムズ、ウイングアーク1

                          ノーコード推進協会が設立、デジタル活用人材の育成を推進
                          • 日本初、 “AI絵画”だけのイラスト集発売 MidjourneyとStable Diffusionで生成した100枚超

                            日本初、 “AI絵画”だけのイラスト集発売 MidjourneyとStable Diffusionで生成した100枚超 画像生成AI「Midjourney」「Stable Diffusion」を使って生成したイラスト100点以上を掲載したイラスト集がインプレスから。 画像生成AI「Midjourney」「Stable Diffusion」を使って生成し、イラストレーターがリファインした100枚以上のイラストを掲載した書籍「Artificial Images Midjourney / Stable DiffusionによるAIアートコレクション」(著:852話)を、インプレスR&Dが9月23日に発売する。 B5版104ページで、電子書籍版1800円(税別)、印刷版2100円(同)。 イラストレーター・背景グラフィッカーとして活躍する852話氏がMidjourneyとStable Diffus

                            日本初、 “AI絵画”だけのイラスト集発売 MidjourneyとStable Diffusionで生成した100枚超
                            • OpenAIが高性能文字起こしAI「Whisper」を発表、日本語にも対応し早口言葉や歌詞も高精度に文字起こし可能

                              画像生成AI「DALL・E 2」や文章生成AI「GPT-3」といった高性能AIを開発してきたAI開発組織のOpenAIが、新たに音声を超高精度で認識して文章に書き起こせるAI「Whisper」を発表しました。発表と同時に公開されたサンプルでは「早口のセールストーク」や「ハイテンポな曲の歌詞」などの音声でも問題なく文字起こしできる性能の高さが示されています。 Introducing Whisper https://openai.com/blog/whisper/ GitHub - openai/whisper https://github.com/openai/whisper Whisperはインターネット上から収集された合計68万時間におよぶ音声データでトレーニングされた文字起こしAIです。OpenAIのブログ記事には「早口のセールストーク」「K-POPの曲」「フランス語」「独特なアクセン

                              OpenAIが高性能文字起こしAI「Whisper」を発表、日本語にも対応し早口言葉や歌詞も高精度に文字起こし可能
                              • AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること | TechnoEdge テクノエッジ

                                AIに呪文を唱えて絵を描く、AIイラスト・AI絵画の一大ブームが起きています。その先駆的サービスであるMidjourneyが公開されたと同時に飛びつき、オープンソース公開されたStable Diffusionはすぐに自分のマシンにインストールして制作を始めたアーティスト、852話(ハコニワ)さん。彼女がAIと共同で制作した画集「Artificial Images Midjourney / Stable DiffusionによるAIアートコレクション」が9月23日、インプレスR&Dから発売されます。これら新世代AI絵画によって生成した、紙の書籍としても出版される画集としては日本初。言葉さえ用意すれば誰にでも完成度の高い絵を描ける「AI絵画」に、なぜイラストレーターが積極的に取り組むのか、話を聞いてきました。 MidjourneyとStable Diffusionは、「スクリプト」と呼ばれる、

                                AIと人間、どちらが描いたかは意味がなくなる。日本初のAI画集(紙)を出すアーティスト、852話さんが考えていること | TechnoEdge テクノエッジ
                                • 画像生成AI「Stable Diffusion」「Midjourney」「DALL-E」などで生成した画像のアップロードと販売をGetty Imagesが禁止、ユーザーが法的なリスクに直面する可能性があるという懸念が理由

                                  写真・画像・動画・音楽などのデータ素材をインターネット経由で配布する大手ストックフォトのGetty Imagesが、著作権侵害問題を恐れて「Stable Diffusion」「Midjourney」「DALL-E」などの画像生成AIが生成した画像をアップロード・販売することを禁止すると発表しました。 Fearing copyright issues, Getty Images bans AI-generated artwork | Ars Technica https://arstechnica.com/information-technology/2022/09/fearing-copyright-issues-getty-images-bans-ai-generated-artwork/ Getty Images bans AI-generated content over fears

                                  画像生成AI「Stable Diffusion」「Midjourney」「DALL-E」などで生成した画像のアップロードと販売をGetty Imagesが禁止、ユーザーが法的なリスクに直面する可能性があるという懸念が理由
                                  • AI画像生成ツール「Stable Diffusion」「Midjourney」を使ったイラスト集が早くも発売/852話氏が生成・リファインしたイラスト100枚以上を収録、約半数には「呪文」も掲載【Book Watch/ニュース】

                                    AI画像生成ツール「Stable Diffusion」「Midjourney」を使ったイラスト集が早くも発売/852話氏が生成・リファインしたイラスト100枚以上を収録、約半数には「呪文」も掲載【Book Watch/ニュース】
                                    • Stable Diffusionのプロンプトをチェックするテクニック

                                      Stable Diffusionのプロンプトの鉄の掟 Stable Diffusionのプロンプトは、CLIPと呼ばれるAIモデルに入力されて、埋め込みベクトルに変換されて、画像を生成するDiffusion Modelの画作りのガイドとして使用されます。 そのCLIPですが、入力された文章をトークナイザで意味のあるトークン(形態素と言ってよいのかな?)に分割するのですが、そのトークンが75個までという鉄の掟があります。75個以上はどうなるかというと後半が容赦なく捨てられます。 要は、Stable Diffusionに頑張って100や200の単語を超える長文プロンプトを入力しても、最初の75個分以降の文章は、バッサリ捨てられてしまうということです。 捨てられたらもったいないですね。事前にチェックする方法を記載したいと思います。 Google Colaboratory(Google Colab

                                      Stable Diffusionのプロンプトをチェックするテクニック
                                      • 画像生成AI「Stable Diffusion」で画像の部分修正を行うマスクを文字列から自動で作成してくれる「txt2mask for Stable Diffusion」の導入&使い方まとめ

                                        画像生成AI「Stable Diffusion」をウェブブラウザから簡単に操作できる「AUTOMATIC1111版Stable Diffusion web UI」用のアドオンで、画像から画像を生成する「img2img」モードで文字列に応じて自動的に画像を部分修正するためのマスクを作成してくれるのが「txt2mask for Stable Diffusion」です。このアドオンを導入することで、ブラシツールで画像を選択してマスクを作成する必要がなくなります。 GitHub - ThereforeGames/txt2mask: Automatically create masks for Stable Diffusion inpainting using natural language. https://github.com/ThereforeGames/txt2mask AUTOMATIC

                                        画像生成AI「Stable Diffusion」で画像の部分修正を行うマスクを文字列から自動で作成してくれる「txt2mask for Stable Diffusion」の導入&使い方まとめ
                                        • 画像生成AI「Stable Diffusion」が実はかなり優秀な画像圧縮を実現できることが判明

                                          2022年8月に一般公開されたStable Diffusionは、入力した言葉に従って画像を自動で生成してくれるAIです。そんなStable Diffusionを画像生成AIだけではなく強力な非可逆画像圧縮コーデックとして使う方法について、ソフトウェアエンジニアのマシュー・ビュールマン氏が解説しています。 Stable Diffusion based Image Compression | by Matthias Bühlmann | Sep, 2022 | Medium https://matthias-buehlmann.medium.com/stable-diffusion-based-image-compresssion-6f1f0a399202 実際に以下の画像はすべて512×512ピクセルに圧縮した画像で、サンフランシスコ市街を撮影したもの。1枚目がJPEG形式、2枚目がWeb

                                          画像生成AI「Stable Diffusion」が実はかなり優秀な画像圧縮を実現できることが判明
                                          • 三重県がデジタルの日にイベント開催 ドローンプログラミングやeスポーツ体験も

                                            三重県は、デジタルの日である10月2日(日)に『「三重県」×「デジタルの日」2022』~ふれよう!#デジタルのチカラ~を開催します。 このAIニュースのポイント 県民の皆さんがデジタルについて親しみ、楽しく学べるイベント みえDXアドバイザーズによるパネルセッションを実施 ドローンプログラミング体験教室やeスポーツ体験も 三重県は、デジタルの日である10月2日(日)に、県民の皆さんがデジタルについて親しみ、楽しく学んでいただけるよう、『「三重県」×「デジタルの日」2022』~ふれよう!#デジタルのチカラ~を開催します。 本イベントでは、みえDXアドバイザーズによるパネルセッションを実施するとともに、みえDXパートナーズによる最新デジタルツールの紹介・体験のほか、ドローンプログラミング体験教室やeスポーツ体験などのイベントを開催します。また、三重テラスとつながる「窓」や津市民向けにマイナンバ

                                            三重県がデジタルの日にイベント開催 ドローンプログラミングやeスポーツ体験も
                                            • タメニーが京都府へAI機能を搭載した婚活支援システムを再提供開始

                                              タメニーが、京都府へAI機能を搭載した地方自治体向け婚活支援システム「parms(パームス)」を再提供することを発表しました。 このAIニュースのポイント タメニーが、京都府へAI機能を搭載した地方自治体向け婚活支援システム「parms」を再提供 AIによる相手の紹介や移住婚に対応したオンラインお見合いなど、多角的な婚活支援が可能に 地方の活性化をはじめ、その先にあるよりよい社会の実現に向けて提供する予定 タメニー株式会社が公募型プロポーザルにより、京都府へ独自のAI機能を搭載した地方自治体向け婚活支援システム「parms(パームス)」を再提供することになったことを発表しました。 京都府は、2015年10月より結婚を希望する独身男女に対して、出会いから交際、結婚までのワンストップ支援を行うことを目的とした、「きょうと婚活応援センター」を設置しています。応援センターでは、婚活相談や婚活イベン

                                              タメニーが京都府へAI機能を搭載した婚活支援システムを再提供開始
                                              • AIチャットコマース事業のジールス、アメリカ法人設立

                                                このAIニュースのポイント ジールスがアメリカ法人を設立 ジールスは国内でAIによるチャットコマース事業を展開する企業 今後はアメリカを起点としたグローバル展開を図る ジールスが、アメリカ法人「ZEALS, Inc.」を設立しました。 代表には代表取締役の清水正大氏が就任し、アメリカを起点としたチャットコマース事業のグローバル展開を図ります。 ジールスは、国内におけるチャットコマース(※)市場のパイオニアとして、国内企業へチャットコマース「ジールス」を導入してきました。 化粧品・食品・人材・教育・通信・自動車・金融・不動産・アパレル・エンターテイメントなど400社以上のエンタープライズ企業に導入実績があります。 (※)チャットツールを活用したAIによる接客サービス ジールスは今後、早期のアメリカでの事業拡大を目指します。 出典:ジールス 株式会社アイスマイリーが運営するAIポータルメディア

                                                AIチャットコマース事業のジールス、アメリカ法人設立
                                                • AIアノテーションサービスのFastLabel、沖電気「OKI AIエッジパートナーシップ」に参画

                                                  AIデータプラットフォームを提供するFastLabel株式会社が、沖電気工業株式会社が推進する「OKI AIエッジパートナーシップ」に参画します。 このAIニュースのポイント FastLabelが沖電気工業のパートナーシップに参画 AIデータプラットフォーム企業としては初 今後はAIソリューションの共同開発や案件相互獲得を実施する予定 AIデータプラットフォームを提供するFastLabelが、沖電気工業が推進する「OKI AIエッジパートナーシップ」に、AIパートナーとして参画します。 沖電気工業はAIエッジコンピュータを開発・提供しており、AIエッジ領域のさらなる市場拡大に向けて、さまざまな分野のパートナー企業との共創を推進するエコシステム「AIエッジパートナーシップ」を展開しています。 FastLabelは教師データの作成、分析、管理の効率化および精度向上を実現するAIデータプラットフ

                                                  AIアノテーションサービスのFastLabel、沖電気「OKI AIエッジパートナーシップ」に参画
                                                  • AI活用で自動精算!レジを通らずにお買い物、カインズが実証実験を開始。

                                                    株式会社カインズは、デジタル技術を活用し、レジを通らずにお買い物が可能な店舗「CAINZ Mobile Store」をカインズ本社1階ロビーに設置し、2022年9月1日(木)より実証実験を開始しました。 このAIニュースのポイント 株式会社カインズは、デジタル技術を活用し、レジを通らずにお買い物が可能な店舗CAINZ Mobile Storeをカインズ本社に設置し実証実験を開始 店舗入り口にあるゲートに専用アプリのQRコードをかざして入店し、お買い物後、店舗出口から出ると決済が完了 CAINZ Mobile Storの利用はカインズメンバー(従業員)限定とし、実証実験の結果を踏まえて今後の展開を検討する予定 株式会社カインズは、デジタル技術を活用し、レジを通らずにお買い物が可能な店舗CAINZ Mobile Storeをカインズ本社1階ロビーに設置し、2022年9月1日(木)より実証実験を

                                                    AI活用で自動精算!レジを通らずにお買い物、カインズが実証実験を開始。
                                                    • 化石証書代理購入サービスを提供開始。独自AIで脱炭素に関わる課題解決を目指す。

                                                      インフォメティス株式会社は、2022年9月7日に企業の脱炭素経営を支援する「非化石証書代理購入サービス」の提供を開始しました。 このAIニュースのポイント インフォメティス株式会社は脱炭素経営を支援する非化石証書代理購入サービスの提供を開始 政府の目指すカーボンニュートラルにより企業全体が脱炭素化に向けた取引慣行の変化に伴い始動 非化石証書をはじめとする環境価値の取引制度を活用し証書を購入することで、契約プランを変更せずに使用電力の実質的な非化石化や脱炭素経営が可能 インフォメティス株式会社は、企業の脱炭素経営を支援する非化石証書非化石証書※1の代理理購入サービスの提供を開始しました。 2020年10月、政府は2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにするカーボンニュートラル※2を目指すことを宣言しました。企業においてもサプライチェーン全体での脱炭素化に向けた取引慣行の変化に伴い

                                                      化石証書代理購入サービスを提供開始。独自AIで脱炭素に関わる課題解決を目指す。
                                                      • AIペアプログラミング「GitHub Copilot」を試したくなる! 8つの便利な利用法がこれだ

                                                        AIペアプログラミング「GitHub Copilot」を試したくなる! 8つの便利な利用法がこれだ:非英語話者のサポート、辞書作成、コードテストなど GitHubはAIペアプログラミングツール「GitHub Copilot」の楽しく有益な8つのユースケースを紹介した。コードのテストに役立てることはもちろん、不慣れなプログラミング言語を慣れ親しんだプログラミング言語に翻訳するといった使い方もできるという。 GitHubは2022年9月14日(米国時間)、2022年6月に一般提供を開始した「GitHub Copilot」について、楽しく有益な8つのユースケースを紹介した。 GitHub Copilotは「Visual Studio Code」「Visual Studio」「Neovim」、JetBrainsの一連の統合開発環境(IDE)などで拡張機能として使用できるAIペアプログラミングツール

                                                        AIペアプログラミング「GitHub Copilot」を試したくなる! 8つの便利な利用法がこれだ
                                                        • 電話で“認知症の疑い” 測定のサービス開始 無料でAIが判定 | NHK

                                                          21日は認知症への正しい理解と支援を呼びかける世界アルツハイマーデーです。日本でも認知症の早期発見と治療が課題となるなか、大手通信会社が、AI=人工知能を活用し、認知症の疑いがあるかどうかを、電話で測定するサービスを無料で始めました。 大手通信会社が始めたのは、電話をかけたうえで、その日の日付と、自分の年齢を答えるだけで、脳の健康状態をチェックし、認知機能を測定するサービスです。 電話のガイダンスに従って回答すると、AI=人工知能が、声のトーンや回答の速さなど、1000余りの要素を分析し、その場で認知症の疑いがあるかどうか、音声で結果が伝えられます。 判定にかかる時間は、およそ1分で、会社では、軽度の認知症の疑いがあるかどうか、93%の確率でチェックできるとしています。 厚生労働省によりますと、認知症の高齢者は国内で600万人以上いるとされ、2025年には、65歳以上の人の5人に1人に当た

                                                          電話で“認知症の疑い” 測定のサービス開始 無料でAIが判定 | NHK
                                                          • Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権(その2) | STORIA法律事務所

                                                            前回記事「Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権」は、おかげさまで沢山の方に読んで頂き、いろいろな意見や御質問や取材を頂きました。 それらの意見・御質問や取材を通じて、自分の中で新たな整理ができたので、続編の記事を書きたいと思います。 第1 どのような場合に著作権侵害になるのか みなさんの興味関心が強いトピックとして「画像自動生成AIを利用して画像を自動生成し、既存著作物の類似画像が生成された場合に著作権侵害に該当するか」があります。 前回の記事では「学習に用いられた画像と同一の画像が『偶然』自動生成された場合、著作権侵害に該当するか」について解説をしましたが、今回の記事では、もう少し多くのパターンについて検討をしたいと思います。 まず、その前提として「著作権侵害の要件」と「著作権侵害の効果」について説明をします。 この「要件」と「

                                                            Midjourney、Stable Diffusion、mimicなどの画像自動生成AIと著作権(その2) | STORIA法律事務所
                                                            • ANA、ボーイングのAI新技術導入 機体の異常検知

                                                              ボーイングは現地時間9月20日、運航に影響のある問題を人工知能(AI)を活用して対処する「インサイトアクセラレーター」(IA)を、全日本空輸(ANA/NH)がローンチカスタマーとして導入すると発表した。アルゴリズムを使用し異常を分類・検出するクラウドベースの技術で、問題が発生する前に特定・対処が可能となる。 IAはクラウドを活用した予知保全ソフトウェアで、AIが複雑なデータを理解することで運航に影響を及ぼす問題を発生前に特定・対処できるようになる。コーディングやプログラミングなどの技能を必要とせず、アルゴリズムを用いる。導入により、機体稼働率や定時運航など運航スケジュールの信頼性のほか、業務効率の向上にもつながる。 ボーイングによると、ANAが主力機として導入している中型機の787型機をはじめとする最新民間機では、大量の飛行データが残されるものの、多くの航空会社は情報を管理・活用するための

                                                              ANA、ボーイングのAI新技術導入 機体の異常検知
                                                              • Midjourney利用の短編ノベル『ぼくとAIのなつやすみ』フリーゲームとして公開。溜めこんだ絵日記のイラストをAIに描かせる、少年の夏休み - AUTOMATON

                                                                国内のインディーゲーム開発者げーむくりえいたーねこ氏は9月18日、『ぼくとAIのなつやすみ』をPC向けに公開した。unityroomにて、ブラウザからプレイ可能となっている。 『ぼくとAIのなつやすみ』は、少年のある夏の出来事を描いた、短編ノベルゲームだ。本作の主人公は、夏休み中の少年である。夏休みも終盤に差し掛かろうという頃、少年は宿題をためてしまっていた。夏休みの宿題の中でも、絵日記は1ページも書いておらず、今から絵を描くのは大変だ。そこで少年は、簡単に絵を描く方法をインターネットで検索。AIに絵日記用の絵を描かせることで、新学期の提出へ間に合わせようとする。AIを使って描かれた絵日記をとおして、少年の夏の物語が表現されていく。 本作でプレイヤーは、少年がAIを使って描いた絵日記を読む。ゲームを開始すると、作中で少年がAIに描かせたイラストと、少年の描いた文章が絵日記風に表示される。イ

                                                                Midjourney利用の短編ノベル『ぼくとAIのなつやすみ』フリーゲームとして公開。溜めこんだ絵日記のイラストをAIに描かせる、少年の夏休み - AUTOMATON
                                                                • 保険×テクノロジー、Insurtech業界のSasuke Financial Labが11.2億円を資金調達。保険業界のDX化を加速。

                                                                  Sasuke Financial Lab株式会社は、第三者割当増資及びプロパー融資により、合計11.2億円の資金調達を行い、今回の資金調達により累計調達額が16.8億円となったことを発表しました。 このAIニュースのポイント Sasuke Financial Lab株式会社は、第三者割当増資及びプロパー融資により、合計11.2億円の資金を調達 今回の資金調達により累計調達額が16.8億円を突破 デジタル保険代理店「コのほけん!」の機能拡充及び認知拡大、保険業界向け開発・マーケティング支援に向けた採用を強化 Sasuke Financial Lab株式会社は、シリーズBラウンドにおいて、複数社を引受先とした第三者割当増資及びみずほ銀行からのプロパー融資により、合計11.2億円の資金調達を行い、今回の資金調達により、累計調達額が16.8億円となったことを発表しました。 Sasuke Finan

                                                                  保険×テクノロジー、Insurtech業界のSasuke Financial Labが11.2億円を資金調達。保険業界のDX化を加速。
                                                                  • ベジベジ株式会社が2,500万円を資金調達、AIを活用してデジタルバイオレンスを特定。

                                                                    HIMEPAを運営するベジベジ株式会社は、DRGファンドより約2,500万円の資金調達が完了したことを発表しました。 このAIニュースのポイント ベジベジ株式会社は、DRGファンドより約2,500万円の資金調達が完了 クローラーと顔解析技術を用いて、自身の動画や画像が無断でネット上にアップロードされていないかを特定するHIMEPAを運営 被害の特定・対策・ケアまでをワンストップで行えるようなサービスにアップデートし、同時に犯罪の抑止力となるようなサービスを目指していく AIでリベンジポルノをはじめとしたデジタルバイオレンスの発見と防止を行うHIMEPAを運営するベジベジ株式会社は、DRGファンドより約2,500万円の資金調達が完了したことを発表しました。 ベジベジ株式会社が運営するHIMEPAは、独自のアルゴリズムで開発されたクローラーと顔解析技術を用いて、自身の動画や画像が無断でネット上

                                                                    ベジベジ株式会社が2,500万円を資金調達、AIを活用してデジタルバイオレンスを特定。
                                                                    • 株式会社Dental Predictionが新たに総額1.5億円の第三者割当増資を実施、累計資金調達額2億円突破

                                                                      株式会社Dental Predictionは、B Dash Fund 4号投資事業有限責任組合及びMSIVC2021V投資事業有限責任組合に対し総額1.5億円の第三者割当増資を実施し、累計資金調達額が2億円になったことをお知らせしました。 株式会社Dental Predictionは、2022年8月にB Dash Fund 4号投資事業有限責任組合(運営:B Dash Ventures株式会社、以下BDF4号)及びMSIVC2021V投資事業有限責任組合(運営:三井住友海上キャピタル株式会社、以下MSIVC2021V)に対し総額1.5億円の第三者割当増資を実施し、累計資金調達額が2億円になったことをお知らせしました。 株式会社Dental Predictionは歯科領域の課題を解決すべく、歯科医師とITエンジニアにより2020年6月に設立されました。設立以来、デジタ ルツイン技術(収集デー

                                                                      株式会社Dental Predictionが新たに総額1.5億円の第三者割当増資を実施、累計資金調達額2億円突破
                                                                      • ソフトバンクロボティクス、AI・ロボット技術を活用した物流自動化事業を開始

                                                                        ソフトバンクロボティクス株式会社が、AI・ロボット技術を活用した物流の最適化を提案する物流自動化事業を開始します。 このAIニュースのポイント ソフトバンクロボティクスが物流自動化事業をスタート AI・ロボット技術を活用して物流の最適化を提案する 物流自動化ソリューション体験施設が千葉県市川市にオープン ソフトバンクロボティクスが、AI・ロボット技術を活用した物流の最適化を提案する物流自動化事業を開始します。 新しい物流自動化事業のコンセプトは「世界の技術で 物流を最適に」です。 顧客の課題、要望に応じて世界の先端技術を活用した自動化ソリューションを提案します。 ■ソフトバンクロボティクスが紹介する物流自動化ソリューション例 保管~ピッキングの効率化: 高密度自動倉庫システム「AutoStore (オートストア)」 ピッキング~検品の効率化: デジタル情報で業務をサポートするスマートグラス

                                                                        ソフトバンクロボティクス、AI・ロボット技術を活用した物流自動化事業を開始
                                                                        • 名古屋グランパス試合でAIシェアタクシーの実証実験、トヨタ・コニック・プロとニアミー

                                                                          トヨタ・コニック・プロ株式会社と株式会社NearMeが、名古屋グランパスホームゲーム(開催:豊田スタジアム)にて、スタジアムシェアタクシーの実証実験を実施します。 このAIニュースのポイント 豊田スタジアムで、スタジアムシェアタクシーの実証実験を実施 希望場所などから豊田スタジアムまで、相乗りタクシーで移動できるサービス CO2や排気ガスによる環境問題、交通事故など様々な地域課題解決を目指す トヨタ・コニック・プロとニアミーが、豊田スタジアムで開催の名古屋グランパスホームゲームにて、スタジアムシェアタクシーの実証実験を実施します。 スタジアムシェアタクシーは、名古屋市内等の希望場所または名古屋鉄道 豊田市駅から、豊田スタジアムまで相乗りタクシーで移動できるサービスです。 専用の予約サイトから出発地・目的地・人数・利用希望日時を入力すると、AIにより最適ルートでの乗車マッチングが行われます。

                                                                          名古屋グランパス試合でAIシェアタクシーの実証実験、トヨタ・コニック・プロとニアミー
                                                                          • 京都定額観光シャトルを試験運行、ニアミーと彌榮自動車がAIを活用した実証実験を開始

                                                                            株式会社NearMeと彌榮自動車株式会社が、「京都定額観光シャトル powered by nearMe.」の試験運行を開始します。 このAIニュースのポイント 京都定額観光シャトルの試験運行がスタート 運行エリア内であれば定額で利用できる乗合タクシー 新たな移動サービスにより、トップシーズンの混雑解消を目指す ニアミーと彌榮自動車は、アフターコロナにより予想される京都のオーバーツーリズムの解消を見据えたシェアタクシーの実証実験として、「京都定額観光シャトル powered by nearMe.」の試験運行を開始します。 ニアミーと彌榮自動車は2021年4月より業務提携しています。京都定額観光シャトルは、ニアミーのAIシェアマッチングサービス「スマートシャトル®」をベースに開発されました。運行エリア内であれば、出発地から目的地まで一人あたり500円から1,000円の定額で利用できます。 専用

                                                                            京都定額観光シャトルを試験運行、ニアミーと彌榮自動車がAIを活用した実証実験を開始
                                                                            • 全国初、品川区が戸籍専門書籍のAI検索サービスを利用開始

                                                                              このAIニュースのポイント 品川区が戸籍専門書籍のAI検索サービスを導入 戸籍届書の審査等に係る調査時間を約半分に短縮 区民サービスの向上につながる 品川区が、戸籍専門書籍のAI検索サービスを利用開始しました。 今回は戸籍専門書籍の最大手出版社である日本加除出版株式会社の専門書籍を中心に370冊を電子データ化、AIにより速やかに幅広く検索できるようになりました。 日本加除出版の電子書籍をAIで検索する仕組みは全国で初めてです。 ■AI検索サービス利用の背景 戸籍事務は関係法令が多く、自治体業務の中でも極めて専門性が高い分野です。 特に複雑な窓口事例においては、ベテラン職員であっても根拠資料の調査・判断に相当な時間を要します。 また一定周期で人事異動を行う関係上、経験年数の浅い担当職員も多く、知識習得や審査事務の効率化が全国的な課題となっています。 ■AI検索サービスについて このサービスは

                                                                              全国初、品川区が戸籍専門書籍のAI検索サービスを利用開始
                                                                              • AI活用で資産運用を応援するウェルスナビと十六銀行が業務提携

                                                                                ウェルスナビは十六銀行と業務提携契約を締結し、全自動の資産運用サービス「WealthNavi for 十六銀行」を提供開始予定であることを発表しました。 このAIニュースのポイント ウェルスナビが十六銀行と業務提携契約を締結 全自動の資産運用サービス「WealthNavi for 十六銀行」を提供予定 「長期・積立・分散」の資産運用を自動的に行い、AI活用の多彩な機能で運用をサポート 預かり資産・運用者数 国内No.1 ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供するウェルスナビが、十六銀行と業務提携契約を締結しました。今秋には、全自動の資産運用サービス「WealthNavi for 十六銀行(仮称)」を提供開始する予定です。 ロボアドバイザー「WealthNavi」は、世界の富裕層や機関投資家が実践する「長期・積立・分散」の資産運用を、テクノロジーの力で自動化。6~7つ

                                                                                AI活用で資産運用を応援するウェルスナビと十六銀行が業務提携
                                                                                • 画像生成AI「Stable Diffusion」世界に衝撃 CEOに聞く

                                                                                  日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 文章を基に精巧な画像を生み出す人工知能(AI)ソフト「Stable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)」が世界のAI研究者らに衝撃を与えている。英スタートアップのStability AI(スタビリティーAI)が8月下旬、オープンソース形式で公開し瞬く間に利用が広がった。人間の創造性に迫るようなAIをつくる狙いは何か。エマド・モスターク最高経営責任者(CEO)が日本経済新聞の取材に...

                                                                                  画像生成AI「Stable Diffusion」世界に衝撃 CEOに聞く