検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで
awsに関するエントリは39654件あります。 AWStechfeed開発 などが関連タグです。 最新エントリには 『EKSからECSに移行して開発運用コストの削減を図る - KAYAC engineers' blog』などがあります。

awsの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)39654 件中 1 - 40 件目

  • EKSからECSに移行して開発運用コストの削減を図る - KAYAC engineers' blog

    SREチームの長田です。 今回はカヤックで運用している「まちのコイン」というプロダクトのアプリケーション基盤を Amazon EKS(以下EKS)からAmazon ECS(以下ECS)に移行したはなしをします。 まちのコインとは coin.machino.co www.kayac.com まちのコインはカヤックが運営している、デジタル地域通貨を使ってその地域のコミュニティを活性化させるサービスです。 2019年11月から実証実験を開始し、翌年2月から正式リリースされました。 2022年9月現在、20の地域に導入されています。 一般ユーザーが使用するクライアントアプリと、導入地域の運営団体が使用するブラウザ用の管理画面、 それらにAPIを提供するRailsサーバーアプリがあります。 データベースはAmazon Aurora PostgreSQL、 その他AWSのマネージドサービスを組み合わせ

    EKSからECSに移行して開発運用コストの削減を図る - KAYAC engineers' blog
    • Amazon Web Services, Inc.

      AWS 認定無料再受験キャンペーンは、2022 年 9 月 23 日から 2022 年 12 月 15 日までの受験に利用できます。当該期間中の受験が不合格だった場合、2023 年 2 月 28 日までに同試験の再受験をすれば、その受験料が無料となります。2023 年 3 月 1 日以降の再受験は、無料再受験の対象になりません。両方の試験 (1 回目の受験および無料再受験) は、Pearson VUE のテストセンターまたはオンライン(OnVUE)で受験する必要があります。 本オファーを利用するには、受験者は 1 回目の受験予約の支払いの際、無料再受験のためのプロモーションコード 『 PEARSON22JP 』を入力して適用する必要があります。再受験の際、受験者は再受験割引のために改めてプロモーションコードを入力する必要はありません(1 回目の受験予約の際にプロモーションコードが未入力だっ

      Amazon Web Services, Inc.
      • 手を動かして学べるAWSの日本語講座まとめ AWS日本法人が公開 165コンテンツを一覧に(要約)

        AWSの日本語ハンズオンをまとめたページ、AWS日本法人が公開「ゼロトラストワークショップ」「機械学習入門者向けハンズオン」など165種類「AWSの学習のきっかけとして用意した。活用してもらえると幸い」という

        手を動かして学べるAWSの日本語講座まとめ AWS日本法人が公開 165コンテンツを一覧に(要約)
        • 「AWS」「Azure」「GCP」のArmサーバを徹底テスト、その納得の勝者は?

          クラウドネイティブなオープンソースAPIゲートウェイ「Apache APISIX」の開発チームは2022年8月12日(米国時間)、ネットワークI/O集約型シナリオにおける「Amazon Web Services」(AWS)、「Microsoft Azure」(Azure)、「Google Cloud Platform」(GCP)の処理性能の比較結果を発表した。狙ったのはArmベースサーバの優劣を見極めることであり、APISIXを使って比較テストを実行した。 Armプロセッサはセンサーからスマートフォン、サーバまで、世界最大のコンピューティングエコシステムの基盤となっている。低消費電力や柔軟なライセンス、低コストという特徴から、多くの専門家はArmプロセッサが、クラウドコンピューティングの未来を担うと考えている。 AWSやAzure、GCPといった大手クラウドサービスベンダーは、Armアーキ

          「AWS」「Azure」「GCP」のArmサーバを徹底テスト、その納得の勝者は?
          • 手を動かして学べるAWSの日本語講座まとめ AWS日本法人が公開 165コンテンツを一覧に

            AWSジャパンが、クラウドサービス「Amazon Web Services」やその周辺サービスのハンズオンをまとめたページを公開した。掲載しているのはいずれも日本語のコンテンツ。「AWSの学習のきっかけとして用意した。活用してもらえると幸い」という。 アマゾンウェブサービスジャパン(AWSジャパン)は9月27日、クラウドサービス「Amazon Web Services」やその周辺サービスの学習コンテンツのうち、ハンズオン(実際に手を動かして勉強できるもの)をまとめたページ「JP Contents Hubを公開した。掲載しているのはいずれも日本語のコンテンツで「AWSの学習のきっかけとして用意した。活用してもらえると幸い」(同社)という。 掲載コンテンツはアカウント作成方法などをまとめた「AWSアカウントの作り方 & IAM 基本のキ」、ゼロトラストセキュリティのアーキテクチャについて演習す

            手を動かして学べるAWSの日本語講座まとめ AWS日本法人が公開 165コンテンツを一覧に
            • AWS 日本語ハンズオンまとめ JP Contents Hub のご紹介 | Amazon Web Services

              Amazon Web Services ブログ AWS 日本語ハンズオンまとめ JP Contents Hub のご紹介 こんにちは、ソリューションアーキテクトの杉山 (@sugimount) です。本日は、AWS の日本語ハンズオンやワークショップを一覧化した「JP Contents Hub」についてご紹介します。 みなさまは AWS のサービスを使い始めるときに、どのように学習をされていますか?私は日々、様々な業種のお客様とお話しさせてもらう機会があるのですが、その中で AWS の学習方法についてご相談をいただくことがあります。キャッチアップの方法は様々あり、人によって最適な方法は違ってくると思うのですが、私個人のオススメ勉強方法は「実際に手を動かしてみる」ことです。実際にそのサービスを使ってみることで、構築の流れであったり、細かい機能であったりを知ることができ、机上で学んだ知識が定着

              AWS 日本語ハンズオンまとめ JP Contents Hub のご紹介 | Amazon Web Services
              • オンプレミス専門のインフラエンジニアに捧ぐAWS学習法 | DevelopersIO

                こんにちは、つくぼし(tsukuboshi0755)です! 大変有難い事に、最近カジュアル面談の申し込みをいくつか頂き、実施させて頂いております。 カジュアル面談の中で、私がクラスメソッドに転職する前のAWSの勉強方法について、質問される事が多々ありました。 元々私自身は、前職はオンプレミス専門のインフラエンジニアであり、また当時はAWS案件に参画した事がなかったため、AWSについては独学で勉強していました。 そこで今回改めて、私がクラスメソッドにAWSエンジニアとして転職する前はどのようにAWSを勉強をしていたか、また今振り返るとどのようにAWSを勉強するとより良かったか、まとめてみたいと思います! 対象読者 仕事で初めてAWSを触る事になり、AWSの勉強方法について知りたい方 仕事ではオンプレミスのシステムしか触れた事がないが、今後AWSを仕事で扱ってみたいエンジニアの方 私の経歴(ク

                オンプレミス専門のインフラエンジニアに捧ぐAWS学習法 | DevelopersIO
                • Amazon Aurora supports in-place upgrades from MySQL 5.7 to 8.0

                  Starting today, you can perform an in-place upgrade of your Amazon Aurora  database cluster from Amazon Aurora MySQL-Compatible Edition 2 (with MySQL 5.7 compatibility) to Aurora MySQL-Compatible Edition 3 (with MySQL 8.0 compatibility). Instead of backing up and restoring the database to the new version, you can upgrade with just a few clicks in the Amazon RDS Management Console or by using the A

                  Amazon Aurora supports in-place upgrades from MySQL 5.7 to 8.0
                  • Spring Boot アプリケーションを AWS Fargate に最適化する | Amazon Web Services

                    Amazon Web Services ブログ Spring Boot アプリケーションを AWS Fargate に最適化する この記事は Optimize your Spring Boot application for AWS Fargate (記事公開日: 2022 年 7 月 25 日) を翻訳したものです。 中断や需要のピークに迅速に対応するには、起動時間を短縮することが重要です。それによってリソース効率を高めることができます。AWS Fargate では、基盤となるコンテナホストの面倒を見る必要はありません。しかしながら、コンテナとアプリケーションの起動時間を短縮するために、いくつかの変更が必要になることがよくあります。 この記事では、Fargate 上で実行される Java アプリケーションに適用する最適化手法について説明します。この記事では特に Java Spring B

                    Spring Boot アプリケーションを AWS Fargate に最適化する | Amazon Web Services
                    • [新サービス]インシデントからの復旧を有人でサポートしてくれるAWS Incident Detection and Responseがリリースされました | DevelopersIO

                      [新サービス]インシデントからの復旧を有人でサポートしてくれるAWS Incident Detection and Responseがリリースされました 新サービスのAWS Incident Detection and Responseの紹介です。一言でいうと、大規模でビジネスクリティカルなシステムのレジリエンスを確保するAWSの有人サポートといった感じだと思います。 こんにちは、臼田です。 みなさん、インシデント対応の準備してますか?(挨拶 今回は新しくリリースされたAWS Incident Detection and Responseについて紹介します。 AWS Enterprise Support launches AWS Incident Detection and Response 概要 AWS Incident Detection and ResponseはAWSエンタープライ

                      [新サービス]インシデントからの復旧を有人でサポートしてくれるAWS Incident Detection and Responseがリリースされました | DevelopersIO
                      • AWS SESでハードバウンスのようなメールがソフトバウンス扱いで届いた場合のしくみと対処について - コネヒト開発者ブログ

                        こんにちは、インフラエンジニアのささしゅう(@sasashuuu)です。 本日はAWS SESにおけるバウンスメール周りのお話をしようと思います。 タイトルにもあるように、ハードバウンスのようなメールがソフトバウンス扱いで届き、気になってサポートへ問い合わせた際のお話をご紹介します。 バウンスメールとは そもそもバウンスメールとはなんらかの原因により配信できなかったメールのことで、その種類にはソフトバウンスとハードバウンスがあります。 違いは以下のような内容です。 ソフトバウンス 一時的な原因による配信失敗のメール(送信先のメールボックスがいっぱいだったなど) ハードバウンス 恒久的な原因による配信失敗のメール(そもそも宛先のメールアドレスが存在しないなど) 詳細な内容は過去のブログでも取り上げておりますので、よろしければご覧ください。 tech.connehito.com 届いたメールの

                        AWS SESでハードバウンスのようなメールがソフトバウンス扱いで届いた場合のしくみと対処について - コネヒト開発者ブログ
                        • AWSの課金要素を理解したい EC2を例に調べてみた | DevelopersIO

                          こんにちは。 ご機嫌いかがでしょうか。 "No human labor is no human error" が大好きな吉井 亮です。 今回は、これから AWS を使い始める方、なんとなく使っているが利用料金が気になる方向けに記事を書きます。 AWS では何をすると利用料金(課金)が発生するでしょうか?仮想サーバーを使ったときでしょ、この理解は皆さんお持ちだと思います。 しかし、これは半分正解半分不正解です。 「サーバーはシャットダウンしているのに○○ドル請求がきた」という経験を一度はしていると思います。(自分ではなくても上司に言われたなど) 課金の仕組みを理解することが無駄な支払いを抑えるための第一歩だと考えております。 主なAWS 課金要素 以下に主な課金要素を示します。 コンピュート 何らのインスタンスが起動するタイプのサービスインスタンス起動時間により課金 課金要素のなかでもっとも

                          AWSの課金要素を理解したい EC2を例に調べてみた | DevelopersIO
                          • Waifu DiffusionをAWS Lambdaで動かしたい - Qiita

                            はじめに 本記事は以下の記事の内容を補足するものです。 AWS LambdaでStable Diffusionを動かす場合、「数GBもあるモデルをどこに格納するのか?」という課題があります。 当初はモデルを任意に変えられるようオリジナルである「stable_diffusion.openvino」から特に変更せず、パラメータでモデルを指定可能にしていたのですが、これだと以下の問題がありました。 モデルのダウンロードが都度発生する ダウンロードしたモデルを保存するためのエフェメラルストレージのサイズを増やす必要がある(モデルのサイズ分+α) これらはLambdaの特性に起因する問題で致し方ないのですが、どちらもコスト増につながるため、現在はモデルをDockerイメージに含めるようにしています(これはこれでDockerイメージの増大になり、別の問題が発生しますが…)。 そのためモデルを変更したい

                            Waifu DiffusionをAWS Lambdaで動かしたい - Qiita
                            • 円安でAWSが安くない時代 できるだけ安くあげるためのヒント

                              円安でAWSが安くない時代 できるだけ安くあげるためのヒント
                              • AWS vs GCP reliability is wildly different | Pierce Freeman

                                Cloud compute is usually seen as an ethereal resource. You launch VMs and spin them down, billed to the second. The billing and the mental model make it seem like these resources are limitless. That's typically one of the selling points versus on-prem compute. They can scale responsively to your load so you're not paying for excess compute that you don't need but it's there when you want it. Of co

                                • S3互換の「Cloudflare R2」が正式サービスに。データ転送料無料、10GBまで無料の分散型オブジェクトストレージ

                                  S3互換の「Cloudflare R2」が正式サービスに。データ転送料無料、10GBまで無料の分散型オブジェクトストレージ Cloudflareは、Amazon S3互換のオブジェクトストレージ「Cloudflare R2」を正式なサービスとして提供開始しました。これまではベータ版として公開されていました。 Cloud providers taught us to expect a data transfer tax every time we actually used the data we stored with them. Introducing R2, now Generally Available. R2 gives developers object storage minus the egress fees. https://t.co/SupFs8SRUg — Cloudf

                                  S3互換の「Cloudflare R2」が正式サービスに。データ転送料無料、10GBまで無料の分散型オブジェクトストレージ
                                  • 秘密情報をGitLabに格納することなくGoogle Cloud / AWSに対して認証する - エムスリーテックブログ

                                    エムスリーエンジニアリンググループ AI・機械学習チームの笹川です。 趣味はバスケと筋トレで、このところはNBAはオフシーズンですが、代わりにユーロバスケが盛り上がっていて、NBAに来ていない良いプレーヤーがたくさんいるんだなーと思いながら見ています。 夜ご飯を催促するためデスク横で待機する犬氏(かわいい) 今回は、パブリッククラウドへの認証に必要な秘密情報をGitLab自体に格納することなく、安全に認証する方法について紹介します。 CI/CDの実行時のパブリッククラウドに対する認証 ナイーブな手法とその問題点 OpenID Connectを用いた認証 Terraformでパブリッククラウド側の設定を記述する Google Cloudの場合 AWSの場合 GitLab CI/CDで認証する Google Cloudの場合 AWSの場合 認証ステップの共通化 まとめ We are hirin

                                    秘密情報をGitLabに格納することなくGoogle Cloud / AWSに対して認証する - エムスリーテックブログ
                                    • AWSを退職しました(アカウントSA編)|Yusuke Sugiyama|note

                                      こんにちは・はじめまして、杉山(@yus-sugiyama)です。 このたび、一年間勤めたアマゾンウェブサービスジャパン合同会社(以下AWS)を退職しました。これまで書いたことがありませんでしたが、記念に退職エントリを書いてみます。 はじめに注意事項このエントリは、AWSのお客様担当チームに所属するソリューションアーキテクト(通称アカウントSA)として、2021/09/01から2022/09中旬まで過ごした経験をもとに執筆しています。ソリューションアーキテクトにはスペシャリストや、その他にも色々なロールがあります。 また、あくまで私が活動する中で観測したお話となります。個人的感想としてご覧いただければ幸いです。 自己紹介AWSでは金融機関のお客様を担当するソリューションアーキテクト(SAと呼ばれます)を務めていました。担当するお客様の課題を、AWSのサービスを活用しながらアーキテクトとして

                                      AWSを退職しました(アカウントSA編)|Yusuke Sugiyama|note
                                      • AWS Support App 導入してみた - Qiita

                                        はじめに ※本記事は2022年9月20日時点の内容です。 2022年8月にAWSからAWS Support Appが発表されました。 Slackからサポートケースの作成や検索等ができるようになるとのことで、導入してみました。 前提条件 AWSサポートのBusiness、Enterprise On-Ramp、または Enterprise Support プランを利用している。 Slack ワークスペースの管理者であるか、その Slack ワークスペースにアプリを追加する権限を持っている 必要な権限を持つIAMユーザーまたはロールとして、AWSアカウントにサインインできる。 AWS Support App用IAMロールが作成できる。 ※以下ページをグーグル翻訳し抜粋 IAMロール作成 AWS Support App用のIAMロールを作成します。 IAMロールを作成時にユースケースで「AWS S

                                        AWS Support App 導入してみた - Qiita
                                        • Amazon Inspector と AWS Systems Manager を用いた脆弱性管理と修復の自動化 – Part1 | Amazon Web Services

                                          Amazon Web Services ブログ Amazon Inspector と AWS Systems Manager を用いた脆弱性管理と修復の自動化 – Part1 このブログは Automate vulnerability management and remediation in AWS using Amazon Inspector and AWS Systems Manager – Part 1 を翻訳したものです。 AWS は最近、Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)インスタンスと Amazon Elastic Container Registry(Amazon ECR)に保存されているコンテナイメージに継続的な脆弱性スキャンを実行するための新しい Amazon Inspector の提供を開始しました。これらのスキャンは、ソフ

                                          Amazon Inspector と AWS Systems Manager を用いた脆弱性管理と修復の自動化 – Part1 | Amazon Web Services
                                          • Amazon Inspector と AWS Systems Manager を用いた脆弱性管理と修復の自動化 – Part 2 | Amazon Web Services

                                            Amazon Web Services ブログ Amazon Inspector と AWS Systems Manager を用いた脆弱性管理と修復の自動化 – Part 2 このブログは Automate vulnerability management and remediation in AWS using Amazon Inspector and AWS Systems Manager – Part 2 を翻訳したものです。 このブログは、Amazon Inspector と AWS Systems Manager を使った脆弱性管理と修復の自動化シリーズの Part 2 です。このシリーズでは、AWS Systems Manager Automation Runbook を使用して、Amazon Inspector の検出結果をオンデマンドで修復する方法を紹介します。本シリーズ

                                            Amazon Inspector と AWS Systems Manager を用いた脆弱性管理と修復の自動化 – Part 2 | Amazon Web Services
                                            • JP Contents Hub

                                              AWS 日本語ハンズオン Amazon Web Services(AWS) の 日本語ハンズオンやワークショップを、カテゴリごとにまとめています。 右側の目次や、ヘッダー部分の検索ボックスから、各コンテンツにたどり着けます。 また、Ctrl + F や command + F を使ったページ内検索もご活用いただけます。 料金について ハンズオンで作成した AWS リソースは基本的に料金が発生します。作成したリソースの削除を忘れずにお願いします。 もし忘れてしまうと、想定外の費用が発生する可能性があります。 画面の差異について ハンズオンで紹介されている手順と、実際の操作方法に差異がある場合があります。AWS は随時アップデートされており、タイミングによってはハンズオンコンテンツが追いついていません。 もし差異があるときには、AWS Document などを活用しながら進めて頂けますと幸いで

                                              JP Contents Hub
                                              • AWS CDK で API Gateway の 4XX/5XX エラーを表示する CloudWatch Dashboard をつくってみた | DevelopersIO

                                                AWS CDK で API Gateway の 4XX/5XX エラーを表示する CloudWatch Dashboard をつくってみた はじめに おひさしぶりです。アノテーション の中野です。 7 月からクラスメソッドの CX 事業本部 Delivery 部 LINE グループの保守運用のお手伝いをしながらアノテーション内の新規業務立ち上げにチャレンジしています。 今回は、CloudWatch 上で API Gateway のエラー状況をすぐに見られるようなダッシュボードを CDK で作ってみました。 以下の内容を表示できるようにしました。 API Gateway の特定のステージで 4XX/5XX が発生 CloudWatch Dashboard に 4XX/5XX の指定時間内の合計値を数値ウィジェットに表示 CloudWatch Dashboard に 4XX/5XX の指定時間

                                                AWS CDK で API Gateway の 4XX/5XX エラーを表示する CloudWatch Dashboard をつくってみた | DevelopersIO
                                                • 【AWS初心者必見】テクニカルサポートに寄せられる”本当に”よくある質問 | DevelopersIO

                                                  テクニカルサポートの m.hayakawa です。 今回は AWS テクニカルサポートに寄せられる 本当によくある質問 をまとめてみました。 どれも AWS を導入し始めた段階のお客様からお問い合わせをいただく内容です。初心者にも分かりやすくなるよう、手短にまとめてみましたので、ぜひご一読ください。 AMI(Windows) から EC2 を作ったらライセンス認証エラーになりました。 Sysprep しましたか? Sysprep とは、Microsoft 社が提供する Windows OS を展開するためのシステム準備ツールです。AMI の作成時に Sysprep を実行しない場合、ライセンス認証エラーが発生するなど、思わぬ事象に直面する可能性があります。 EC2 Windows インスタンスで AMI 作成時に Sysprep をしないとどうなるのか、やってみた | Developers

                                                  【AWS初心者必見】テクニカルサポートに寄せられる”本当に”よくある質問 | DevelopersIO
                                                  • ACM for Nitro Enclaves が Apache でも利用出来るようになりました | DevelopersIO

                                                    いわさです。 AWS Nitro Enclaves を使って Amazon EC2 インスタンスで実行されているウェブサーバーで、ACM 証明書を利用出来るようにする ACM for Nitro Enclaves という機能があります。 これまで Nginx のみサポートされていましたが、今回 Apache でも利用出来るようになりました。 AWS Nitro Enclaves を使ったことがなかったのですが、Apache で ACM を利用するくらいであればチャチャッと試せるかなと思いやってみました。 やってみる 前提となる EC2 での AWS Nitro Enclaves の有効化は以下を参考に構築しています。 ちなみに Nitro Enclaves 自体は Windows インスタンスでも利用出来ますが、ACM for Nitro Enclaves は Linux インスタンスでの

                                                    ACM for Nitro Enclaves が Apache でも利用出来るようになりました | DevelopersIO
                                                    • 【登壇資料】 「aws-nuke + Github Actoinsで AWSアカウントのクリーンアップを 自動化した話」#自動化エンジニアのLT会 | DevelopersIO

                                                      2022/09/14に開催された 自動化大好きエンジニアLT会 - vol.8の 「aws-nuke + Github Actoinsで AWSアカウントのクリーンアップを 自動化した話」の資料です。 登壇資料 おわりに aws-nukeについて、他にも何本か記事書きました。 よかったらご覧ください。 以上、AWS事業本部の佐藤(@chari7311)でした。

                                                      【登壇資料】 「aws-nuke + Github Actoinsで AWSアカウントのクリーンアップを 自動化した話」#自動化エンジニアのLT会 | DevelopersIO
                                                      • 日本オラクル、MySQL HeatWaveをAWSで利用できる「MySQL HeatWave on AWS」を発表

                                                        日本オラクル、MySQL HeatWaveをAWSで利用できる「MySQL HeatWave on AWS」を発表
                                                        • 「オンプレシステム移行は今もAWSやAzureの方がやりやすい」なら、Google Cloudは日本でどう使われているか

                                                          「オンプレシステム移行は今もAWSやAzureの方がやりやすい」なら、Google Cloudは日本でどう使われているか:大日本印刷、みんなの銀行やインテグレーターに聞いた(1/4 ページ) 国内のAWS専業インテグレーターがGoogle Cloudを扱う動きが相次いでいる。第3のメジャークラウドであるGoogle Cloudの使われ方が変化してきたということなのだろうか。だとすれば具体的にどう使われているのか。ユーザーやインテグレーターに聞いてみた。 3大パブリッククラウドで最後発のGoogle Cloud。日本に進出後、ゲームをはじめとするテック企業の世界でこそ存在感を示してきたが、現在も「一部の人が使うクラウド」というイメージが強い。一般企業には浸透してきているのだろうか。 グーグル・クラウド・ジャパンは、他の主要クラウドと同様、日本での売り上げや成長率を明らかにしていない。だが、A

                                                          「オンプレシステム移行は今もAWSやAzureの方がやりやすい」なら、Google Cloudは日本でどう使われているか
                                                          • GitHub - litements/s3sqlite: Query SQLite files in S3 using s3fs

                                                            This commit does not belong to any branch on this repository, and may belong to a fork outside of the repository.

                                                            GitHub - litements/s3sqlite: Query SQLite files in S3 using s3fs
                                                            • オラクル、AWS環境で提供する「Oracle MySQL HeatWave on AWS」リリース

                                                              オラクルは2022年9月13日、新たなクラウドデータベース(DB)サービス「Oracle MySQL HeatWave on AWS」を提供開始した。高速な分析クエリ性能や機械学習エンジンの組み込みなどを特徴とする「Oracle MySQL HeatWave」を、AWSクラウド上でフルマネージドDBサービスとして提供する。ユーザーはAWS上にあるデータやアプリケーションを移動させることなくMySQL HeatWaveを利用できる。 日本オラクルが開催した記者説明会には、同社 MySQLグローバルビジネスユニット APAC&日本 MySQLソリューション・エンジニアリング・ディレクターの梶山隆輔氏が出席し、MySQL HeatWaveの機能特徴や、AWS環境で利用するメリット、他社のクラウドDB/DWHサービスとのベンチマーク比較によるコストパフォーマンスの高さなどについて説明した。 「Or

                                                              オラクル、AWS環境で提供する「Oracle MySQL HeatWave on AWS」リリース
                                                              • AWS上で分散インメモリDB「MySQL HeatWave」、オラクルが提供開始。Amazon AuroraとRedshiftの競合に

                                                                AWS上で分散インメモリDB「MySQL HeatWave」、オラクルが提供開始。Amazon AuroraとRedshiftの競合に オラクルは、AWS上でMySQLベースの分散インメモリデータベース「MySQL HeatWave」をマネージドサービスとして提供を開始したと発表しました(日本オラクルのプレスリリース)。 [Press Release] Oracle Announces MySQL HeatWave on AWS. Transaction processing Real-time analytics Machine learning#AWS users can run it all in one service with @MySQL Read more:https://t.co/ustPKBJTPC pic.twitter.com/N47dNjumdZ — MySQL (

                                                                AWS上で分散インメモリDB「MySQL HeatWave」、オラクルが提供開始。Amazon AuroraとRedshiftの競合に
                                                                • サーバーレスアーキテクチャーも大胆に導入! 自律・自走できる組織作りを進めるカオナビのインフラチーム - はてなニュース

                                                                  タレントマネジメントシステムを提供する株式会社カオナビでは、サービスをSaaS型にシフトするにあたってAWS(Amazon Web Services)を全面的に採用し、サーバレスの基盤開発でもAWSのマネージドサービスを積極的に活用しています。 そのベースにある「運用しない運用」という言葉の意図や、計測・監視の取り組み、アプリケーション開発の経験も活用できる「自走するインフラ組織」について、インフラグループの大久保智之さんと新井健さんに聞きました。 ※この記事は株式会社カオナビによるSponsoredContentです。 AWSへの移行から技術的な挑戦を進める サーバレスを推進して温かみある手順から脱出 開発の経験も生かしたアプリケーション監視と指標 自動化の原則は自走と自律 カオナビではエンジニアを積極募集しています! AWSへの移行から技術的な挑戦を進める ── プロフィール(後掲)を

                                                                  サーバーレスアーキテクチャーも大胆に導入! 自律・自走できる組織作りを進めるカオナビのインフラチーム - はてなニュース
                                                                  • GitHub Actions & ecspresso を用いたデプロイフローの改善 - コネヒト開発者ブログ

                                                                    こんにちは。サーバーサイドエンジニアの TOC です。 本日はコネヒト株式会社で取り組んでいる Super X という活動の一環である「デプロイフロー改善」の取り組みを紹介しようと思います。 本記事で紹介した改善以外にも、デプロイフロー改善チームで取り組んだことは別エントリでお届けする予定です✨ 目次 はじめに 抱えていたデプロイフローでの課題 各課題の解決方法 開発環境で検証した Docker イメージを本番環境のデプロイで利用する ロールバック方法の確立 その他工夫した点 デプロイジョブの並列化 並列化したジョブの結果を取得する workflow-conclusion-action の利用 まとめ PR 参考 はじめに そもそも Super X って何?と思われるかと思うので、取り組みのご紹介をしようと思います! Super X はエンジニア組織として追っている目標のプロジェクト名で、

                                                                    GitHub Actions & ecspresso を用いたデプロイフローの改善 - コネヒト開発者ブログ
                                                                    • AWS、Azure、GCPの“異様な高額請求”は「エグレス料金」が原因だった?

                                                                      関連キーワード Amazon Web Services | Google | IaaS | Microsoft Azure | クラウドサービス | 導入・運用のコスト感 クラウドサービスのコストを予算内に収め、“クラウド破産”を防ぐには、コストが発生する要因を特定することが必要だ。クラウドサービスのコストを抑えるための主要な7つのポイントのうち、3つ目を説明する。 3.「エグレス料金」に制限を設ける 併せて読みたいお薦め記事 連載:“クラウド破産”を防ぐ8つの方法 第1回:AWS、Azure、GCPが安くなる「リザーブドインスタンス」「スポットインスタンス」とは? 第2回:クラウド“謎の高額請求”は「キャパシティープランニング」の不備が原因だった? クラウドサービスの無駄遣いを防ぐ クラウド“無駄コスト”はどこから削る? 最適化の落としどころ Amazon S3を安く使う「ストレージクラ

                                                                      AWS、Azure、GCPの“異様な高額請求”は「エグレス料金」が原因だった?
                                                                      • ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした

                                                                        Transcript ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. ローカル開発環境を AWSへ移行して爆速にした 2022/09/12 Kyash TechTalk #4 ©2022 Kyash Inc. 自己紹介 株式会社Kyash SREチーム (Engineering Manager, Tech Lead) SIerでオンプレミスのインフラ構築を経験後、 Webサービス企業2社でのSREを経てKyashへ入社。 副業でECサイトのSREやチャットボット開発など。 最近はスプラトゥーン3で色塗り業をしています。 Kyash: @yuu26 Twitter: @m_on_yu GitHub: @yuu26jp 上原 佑介 2 ©2022 Kyash Inc. 3 目 次 1. ローカル開発環境の課題 2. AWS開発環境の整備 3. 構築を自動化する 4. 今後の

                                                                        ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした
                                                                        • リクルート、新人エンジニア向け研修資料を無償公開 Next.jsの基礎など15種類

                                                                          同社は2017年から新卒エンジニア向けの研修資料を公開しており、外部からのフィードバックを基に毎年内容を変更している。例えば21年版ではAWSの入門研修資料を公開。22年版はNext.jsの資料を新たに追加した。過去に公開した資料は今後も閲覧可能という。 関連記事 リクルート、新人エンジニア向け社内研修資料を公開 AWS入門やマネジメント手法など20講座以上 リクルートが、新人エンジニア向けの社内研修資料を無償公開した。Webブラウザの仕組みやAWS入門、トヨタ生産方式など20講座以上の資料を公開している。 「動画で助かる」「IT基礎知識が一通り学べる」──各社が公開した新人エンジニア向けの研修資料が話題に 人気資料まとめ IT企業が社内の新人エンジニアに向けた研修資料を無償公開して話題になっている。学べる内容はIT業界の文化からゲームエンジン「Unity」を使ったゲーム開発までさまざまだ

                                                                          リクルート、新人エンジニア向け研修資料を無償公開 Next.jsの基礎など15種類
                                                                          • AWS Security Hub がお知らせ通知トピックの提供を開始

                                                                            AWS Security Hub は、Amazon Simple Notification Service (SNS) を通じてお知らせを発行できるようになりました。これにより、最新の機能リリースやお知らせの情報を入手することができます。AWS Security Hub の新機能に関するお知らせを受け取るには、ご希望のリージョンで AWS Security Hub の SNS トピックをサブスクライブしてください。 AWS Lambda 関数を使用することで、通知を受信したときにイベントをトリガーすることもできます。詳細については、Amazon SNS 通知を使用した Lambda 関数の呼び出しについての説明を参照してください。 グローバルに利用できる AWS Security Hub では、すべての AWS アカウント、すべてのリージョンのセキュリティ体制を一元的かつ包括的に確認できま

                                                                            AWS Security Hub がお知らせ通知トピックの提供を開始
                                                                            • IAM Roles Anywhereのハンズオンを通して、OpenSSLとか証明書とかについて勉強できたのでメモ - Qiita

                                                                              AWSエバンジェリストシリーズの特別編でIAM Roles Anywhereのハンズオンに参加したときに、OpenSSLやら証明書やら使用したので非常に勉強になりました。 ハンズオンの後に色々調べてみたので、個人的なメモとして残しておきます。 IAM Roles Anywhereとは 本筋とは外れるので詳細は調べていただくとして、IAM Roles Anywhereについてザクっと説明しておきます オンプレ機器からAWSのサービスを使う時に、IAMロールによるアクセス制御ができるサービス IAM Roles Anywhereは主に、以下の2つのコンポーネントから成り立つ 信頼アンカー:オンプレとAWSの間の信頼関係 認証局の証明書を登録する プロファイル:オンプレ機器に与える権限設定 IAMロール、管理ポリシー、インラインポリシーなどを使うことでAWSサービスへのアクセス制御を実施 公開鍵

                                                                              IAM Roles Anywhereのハンズオンを通して、OpenSSLとか証明書とかについて勉強できたのでメモ - Qiita
                                                                              • Amazon CloudWatch[本格]入門 ~クラウドネイティブオブザーバビリティストーリー~:アライとウマカツ

                                                                                AWS Hero とAWS Top Engineerが執筆した渾身の技術書第3弾! かわいい表紙とは裏腹に、本格的な技術内容が盛りだくさん。 AWS IAMと同じく、AWSエンジニアにとって避けて通ることができないCloudWatchの真髄を本書で味わうことができます。 ▼どんな本? 本書は、クラウドネイティブシリーズ3作目として、AWS×クラウドネイティブ×オブザーバビリティ(CloudWatch)をテーマとした技術書です。 1章では、オブザーバビリティの概要と重要性について述べています。 クラウドネイティブの文脈におけるオブザーバビリティの必要性とCloudWatchとの関連性について解説します。 2章では、Amazon CloudWatchの歴史とサービスの全体像について触れています。 Amazon CloudWatchの歴史はAWSが提供するサービス群の中では比較的古く、サービス誕

                                                                                Amazon CloudWatch[本格]入門 ~クラウドネイティブオブザーバビリティストーリー~:アライとウマカツ
                                                                                • 技術書典#13向けに「Amazon CloudWatch [本格]入門」を執筆しました - How elegant the tech world is...!

                                                                                  はじめに お久しぶりです。最近は疎かになっていましたが、久々のブログ投稿となります。 今回はタイトルの通り、技術書典#13向けに「Amazon CloudWatch [本格]入門」を執筆しました。 本ブログにて少しご紹介できればと思います🚀 techbookfest.org 今回も表紙がかなりかわゆい感じになっていますが、内容はガチガチの技術書です。 書籍の位置付け 技術書典はかれこれ2019年にオンライン開催された技術書典8が初参加です。 その時はコンテナ(Amazon ECS / AWS Fargate)+CI/CDを主テーマにした「クラウドネイティブファーストストーリー」を執筆しました。 2年後の技術書典11にて、同じくクラウドネイティブシリーズ第2弾として「比べてわかる!IaCの選びかた」を世に送り出しました。 booth.pm booth.pm 今回の書籍は、そのクラウドネイテ

                                                                                  技術書典#13向けに「Amazon CloudWatch [本格]入門」を執筆しました - How elegant the tech world is...!