検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

slideの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)15990 件中 1 - 40 件目

  • MPA化するSPAとSPA化するMPA

    2022/9/21 Techfeed カンファレンスで発表した MPA化するSPAとSPA化するMPA の話です。

    MPA化するSPAとSPA化するMPA
    • デイリースクラムいらなくなくなくなーい!?

      CoffeeScript is Beautiful & I Never Want to Write Plain JavaScript Again

      デイリースクラムいらなくなくなくなーい!?
      • CTFで出題されたWebの難問良問解説

        @hakatashi (博多市) 2012年ごろ チームEpsilonDeltaで CTFに初参加 現在の所属はTSG 現在もCTFに参加するかたわら CTFの主催・作問を行う TSG CTF GoogleCTF SECCON 得意ジャンル: Crypto, Web, Stego

        CTFで出題されたWebの難問良問解説
        • OKRはツリーではない

          組織内でバリュー・ストリーム・マッピング(VSM) の宣教師をやってみてわかった、 VSMを組織に広める3つのポイント

          OKRはツリーではない
          • 「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ

            「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ

            「のどが渇いた」というユーザーに何を出す? ユーザーの「欲しい」に惑わされない、本当のインサイトを見つけるUXデザイン・UXリサーチ
            • ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした

              Transcript ©2022 Kyash Inc. ©2022 Kyash Inc. ローカル開発環境を AWSへ移行して爆速にした 2022/09/12 Kyash TechTalk #4 ©2022 Kyash Inc. 自己紹介 株式会社Kyash SREチーム (Engineering Manager, Tech Lead) SIerでオンプレミスのインフラ構築を経験後、 Webサービス企業2社でのSREを経てKyashへ入社。 副業でECサイトのSREやチャットボット開発など。 最近はスプラトゥーン3で色塗り業をしています。 Kyash: @yuu26 Twitter: @m_on_yu GitHub: @yuu26jp 上原 佑介 2 ©2022 Kyash Inc. 3 目 次 1. ローカル開発環境の課題 2. AWS開発環境の整備 3. 構築を自動化する 4. 今後の

              ローカル開発環境をAWSへ移行して爆速にした
              • Next.js

                Transcript Next.js 研修 2022年4月18日 リクルート63期新人BC_エンジニアコース 講師の自己紹介 吉井 健文 @Takepepe / フロントエンド関連の記事書いたり 所属:横断エンジニアリング部 ASG 2020年10月入社、Next.js を採用したプロジェクトの 開発支援を中心に、横断従事 Time Table ▪【1】MPA と SPA(30m) ▪【2】React ハンズオン(75m) ▪ 昼休憩(12:00 〜 13:00) ▪【3】Next.js の基礎と概念(30m) ▪【4】静的生成 ハンズオン(60m) ▪ 休憩(14:30 〜 15:00) ▪【5】動的生成 ハンズオン(30m) ▪【6】簡単な CRUD アプリを開発(60m) ▪ 休憩(16:30 〜 17:00) ▪【7】現場での使われ方と最新動向( 45m) 【受講者の想定】Type

                Next.js
                • レガシーなプロダクトからドメイン層を再設計する / iOSDC_takahashi_ishii

                  事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering

                  レガシーなプロダクトからドメイン層を再設計する / iOSDC_takahashi_ishii
                  • PWAの今とこれから、iOSでの対応状況 / PWA now and in the future, status of support on iOS

                    PWAの今とこれから、iOSでの対応状況 / PWA now and in the future, status of support on iOS ネイティブアプリと同様の機能をウェブアプリに追加できる技術、それがProgressive Web Apps (PWA)です。iOSでも近年、徐々にPWAの機能が追加されています。これらの流れは、ユーザービリティに重きを置く昨今の潮流に即しているように感じます。 この発表では、PWAの現状とその可能性についてお話しします。 - PWAとは? - PWAの歴史 - PWAを特徴づける機能(オフライン、ホーム画面に追加、プッシュ通知 、Progressive Enhancement) - iOSにおける対応状況 - PWAの成果事例 - PWAのこれから - PWA活用のフローチャート 弊社のAmbient Weavingのサイトはこちら http

                    PWAの今とこれから、iOSでの対応状況 / PWA now and in the future, status of support on iOS
                    • ブラウザ / Browser

                      Transcript Browser 2022/04/06 @ Recruit Twitter: @yosuke_furukawa Github: yosuke-furukawa Browser • ஌ͬͯΔΑ͏Ͱ஌Βͳ͍ • ΢ΣϒΞϓϦέʔγϣϯΛ࡞Δ࣌ʹඞͣ࢖͏ ΋ͷͷɺத਎͕Ͳ͏ͳͬͯΔ͔Λઆ໌ͯ͘͠ ͍ͩ͞ͱݴΘΕΔͱͲ͏ͨ͠Β͍͍͔Θ͔Β ͳ͍΋ͷ • ࠓճ͸ͦΜͳϒϥ΢βʹ৮ΕΑ͏ͱࢥ͍·͢ Browse + er ோΊΔ΋ͷ ຊߨٛͷͶΒ͍ • օ͞Μʹϒϥ΢βͷத਎Λೝࣝͯ͠΋Β͍ɺ಄ͷதʹ ϚοϓΛ࡞ͬͯ΋Β͏ɻ • ϒϥ΢βͷ஍ਤΛ࡞্ͬͨͰ͜ͷ͋ͱͷߨٛʢύ ϑΥʔϚϯεɺηΩϡϦςΟɺJavaScript/ TypeScriptʣΛड͚ͯ΋Β͏͜ͱͰཧղ౓ΛਂΊΔɻ • HTTP/HTMLͳͲͷجૅతͳ෦෼͸ޙ൒ϋϯζΦϯͰ ;ΕΔɻ લ൒ Agenda • ϒϥ

                      ブラウザ / Browser
                      • ソフトウェアエンジニアとしての姿勢と心構え / Software Engineer's Survival Guide

                        事業価値とエンジニアリング・リソース効率性とフロー効率性 / Business Value and Engineering

                        ソフトウェアエンジニアとしての姿勢と心構え / Software Engineer's Survival Guide
                        • 株式会社リクルート エンジニアコース新人研修の内容を公開します!(2022年度版)

                          こんにちは!2022年度エンジニア新人の太田です。毎年反響を頂いているエンジニアコースの研修内容を、今年は受講者の立場から紹介させていただきます。 研修概要 リクルートの新卒エンジニアコースでは、入社した新人を対象に技術研修を行っています。その内容は、実際の開発業務に活かせる技術を扱う「本当に必要な生きた知識・技術」を取り入れたものとなっています。 特筆すべき点として、研修の資料はほとんどが内製であることが挙げられます。そのため、講義中の質疑を通してより深い知識や、開発の現場で培われた経験に触れることができます。 フロントエンド、モバイルアプリ、バックエンド、インフラ、データ分析、セキュリティなど幅広いテーマが扱われるため、知識のインデックスを張ることにもつながります。またハンズオンや競技形式の演習も取り入れられており、実際に手を動かすことで印象に残りやすく、エラーへの対処も学ぶことができ

                          株式会社リクルート エンジニアコース新人研修の内容を公開します!(2022年度版)
                          • 2022年コンテナ/Kubernetes向けストレージ技術の最新動向

                            Transcript ����೥ 
 ίϯςφ�,VCFSOFUFT޲͚ 
 ετϨʔδٕज़ͷ࠷৽ಈ޲ :VLJOPSJ�4BLBTIJUB ࣗݾ঺հ ‣ ٕज़�ݚڀΤϦΞ� � ӡ༻؅ཧٕज़� � Ϋϥ΢υ� � αʔό�ετϨʔδ� � ࣗಈ�ࣗ཯ίϯϐϡʔςΟϯά� � "*�.-� // �).. �#BZFTJBO�/FUXPSL �� ‣ ৬ྺ� � ೔ཱ੡࡞ॴ� 㾎தԝݚڀॴ�ԣ඿ݚڀॴ� ओ೚ݚڀһ � 㾎ւ֎ݚڀॴ!γϦίϯόϨʔ� ϥϘ௕ � � αʔόϕϯμʔ ςΫχΧϧ4& 2 ࡔԼ�޾ಙ� ത࢜ � :VLJOPSJ�4BLBTIJUB� 1I�% ‣ Ϡϑʔגࣜձࣾ�θοτϥϘגࣜձࣾ� ‣ 4/*"೔ຊࢧ෦�ٕज़ҕһձ�෭ҕһ௕ ݉�Ϣʔεέʔε෼Պձ௕� ‣ 4/*"�5FDIOJDBM�$PVODJM�"EWJTPS "HFOEB ‣ ίϯςφ�,VCFS

                            2022年コンテナ/Kubernetes向けストレージ技術の最新動向
                            • 2022.9.7 NAIST DSCサマーセミナー「Vision and Language技術の最新動向」

                              2022.2.11 第6回 統計・機械学習若手シンポジウム チュートリアル講演 Vision and LanguageとTransformers

                              2022.9.7 NAIST DSCサマーセミナー「Vision and Language技術の最新動向」
                              • ReactのSuspenseを使った非同期処理のエラーハンドリング

                                ローンチから16年目のWebサービスに、どうやってフィーチャートグルを導入したか、運用しているか / phpcon2022

                                ReactのSuspenseを使った非同期処理のエラーハンドリング
                                • Ruby meets WebAssembly

                                  Transcript Ruby meets WebAssembly Yuta Saito / @kateinoigakukun 1 About this talk 1. Introduction to Ruby on WebAssembly 1. Motivation 2. Live demo: “on-browser” usage 3. About WebAssembly and WASI 4. Live demo: “non-web” usage 2. Technical details: How to port the Ruby Interpreter 1. Explore missing pieces for porting: Exceptions, Fiber, Conservative GC 2. A magic technique Asyncify 3. FAQ & Reca

                                  Ruby meets WebAssembly
                                  • Service Meshがっつり入門/Get-Started-Service-Mesh

                                    はじめてのOracle Cloud Infrastructure (Oracle Cloudウェビナーシリーズ: 2022年9月7日)

                                    Service Meshがっつり入門/Get-Started-Service-Mesh
                                    • SSMJP-20220907-NLOG2N2 | ドクセル

                                      作者について: サーバーやネットワークを構築したり、ちょっとしたスクリプトをかいたり、通信解析を行ったりすることが得意なフレンズです。 シェル芸、Wireshark が大好き。流離のシェルスクリプター。ここに書かれてあることは大部分がフィクションです。 スライド一覧 各ページのテキスト 1. Terraform入門 つまずきポイント集 @nlog2n2 Sekiguchi Toshihiro 2. ssmjp は運用とセキュリティの勉強会 • 最近書いた Ansible の Playbook ssmjp の slack に security チャンネルができました!! 今日、一番の見せ場(スクショチャンス) 3. コメント稼ぎ(Twitterで猫可愛いって言ってね!) • 質問・コメントがあればTwitterへお願いします! 4. おしながき • 経緯と今日話さないこと • Terrafo

                                      SSMJP-20220907-NLOG2N2 | ドクセル
                                      • Service Mesh in 2022

                                        分割多変量テスト: マイクロサービス型システムにおける 干渉を回避した複数A/Bテストの実行方式/Seperated_MVT

                                        Service Mesh in 2022
                                        • 【資料公開】エンジニアリングマネージャーのしごと

                                          みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 2022年9月6日に行われたオンラインイベント「エンジニアリングマネージャーのしごと - Forkwell Library #5」の登壇資料を公開します。 内容は、新刊書籍『エンジニアリングマネージャーのしごと』に関するものなのですが、本書は18章、350ページからなる本であり全部を網羅的に紹介するのは無理筋なので、今回は根底にある考え方にフォーカスを当てています。この発表のあとにQ&Aコーナーがあったのですが、その内容については、aki.mさんのブログ記事にまとまっていますので参考にしてください。 内容に関するご意見やフィードバックは、Twitter: @ryuzee までお知らせください。 スライドを見て興味を持たれた方は、ぜひ書籍『エンジニアリングマネージャーのしごと』を読んでいただければと思います。 それでは。 エンジニアリングマネージャー

                                          【資料公開】エンジニアリングマネージャーのしごと
                                          • 150 分で学ぶ高校数学の基礎

                                            Transcript 150 分で学ぶ 高校数学の基礎 2022 年 9 月 6 日 米田 優峻 [@E869120] 序 259 自己紹介 2 米田優峻(よねだ まさたか) • 2002 年生まれ • 2021 年東京大学入学 主な実績 • 国際情報オリンピック(IOI)金メダル • 著書『「アルゴリズム×数学」が基礎からしっか り身につく本』2 万部突破 序 259 • 本スライドでは、高校数学の基礎的事項について概観します。中学数学の一部を理解していない方も、 第 1 章で前提知識を説明するのでご安心ください。 • 全部で 10 個の章からなります。1 章当たり 15 分で読む場合、150 分で読破することができます (ただし、章によってページ数は異なります)。 スライドの概要/諸注意 3 注意: 本スライドでは基礎的事項のみを扱っており、高校数学のすべてを網羅しているわけではありま

                                            150 分で学ぶ高校数学の基礎
                                            • 事業会社におけるプロジェクトマネジメントの基礎

                                              Transcript 事業会社におけるプロジェクトマ ネジメントの基礎 2022/9 この資料とは • 対象 ◦ プロジェクトマネジメント経験が少ない人 • 書かれていること ◦ 事業会社におけるプロジェクトマネジメントの概要について記載 • 資料読後のゴール ◦ プロジェクトマネジメントの根底にある概念を理解する ◦ プロジェクトマネジメントとして行われる活動の大枠を理解する 免責事項 • 実践的な内容にフォーカスしているため、一般的なベストプラクティスからは外れている部分がある • 事業会社(特に、内製でソフトウェアを構築している会社)に合わせた内容のため、クライアントワークにお けるプロジェクトマネジメントとは考え方が異なる 目次 1. プロジェクトとプロジェクトマネジメント 2. 事業会社におけるプロジェクトマネジメントの基本方針 3. プロジェクトマネジメントの活動内容 プロジェ

                                              事業会社におけるプロジェクトマネジメントの基礎
                                              • ソフトウェアテスト入門 / 2022-08-30 software testing

                                                Transcript ソフトウェアテスト入門
 2022-08-30
 諏訪真一 自己紹介
 suwa_sh
 
 Shinichi Suwa
 プロセスのデザイナー兼エンジニア
 株式会社プレーサ 取締役
  → 大企業 / 開発プロセス改善
 個人事業主
  → 中小企業 / DX伴走、DevOps支援 文化、プロセス、テクノロジーを通して
 より楽で安全に より早く多く
 顧客に価値を届ける noteやってます テストとは? JSTQB / 利用者や提供者のリスクを防ぐ活動
 引用: JSTQB ソフトウェアテスト教科書 JSTQB Foundation 第4版 シラバス2018対応 Agile Testing / 一緒に価値を生み出すことが大切
 引用: 【翻訳記事】テストに対する考え方「Testing Manifesto」 テストの種類 テストの種類
 テストレベル
 テストタイ

                                                ソフトウェアテスト入門 / 2022-08-30 software testing
                                                • セキュリティ・キャンプ全国大会2022 オンライン 当社エンジニアの講義資料を公開 | ニュース一覧 | 脆弱性診断(セキュリティ診断)のGMOサイバーセキュリティ byイエラエ

                                                  2022年8月8日-12に開催された「セキュリティ・キャンプ全国大会2022 オンライン」で当社エンジニアが講師として講義しました講義資料を公開しました。講義資料をご希望の方は以下のURLよりダウンロードいただけます。 「マイクロサービス/分散モノリス的アーキテクチャへの攻撃手法」 オフェンシブセキュリティ部アプリケーションセキュリティ課 山崎 啓太郎 オフェンシブセキュリティ部アプリケーションセキュリティ課 西谷 完太 講義資料ダウンロード用URL:https://ma.ierae.co.jp/asset/70:seccamp-2022-b2–pdf

                                                  セキュリティ・キャンプ全国大会2022 オンライン 当社エンジニアの講義資料を公開 | ニュース一覧 | 脆弱性診断(セキュリティ診断)のGMOサイバーセキュリティ byイエラエ
                                                  • カミナシでの技術的負債プロジェクトとその決断 / Beyond tech debts at Kaminashi

                                                    アプリケーション開発者は Amazon ECS あるいは Kubernetes をどこまで知るべきか #AWSDevDay / You build it, you run it

                                                    カミナシでの技術的負債プロジェクトとその決断 / Beyond tech debts at Kaminashi
                                                    • GraphQL Ruby benchmark

                                                      How to introduce GraphQL to an existing React-Redux application

                                                      GraphQL Ruby benchmark
                                                      • いかにして GraphQL を組織に導入するか (新規開発編) / how we introduce GraphQL on scratch development

                                                        いかにして GraphQL を組織に導入するか (新規開発編) / how we introduce GraphQL on scratch development GraphQL Tokyo #18 Lightning Talks https://www.meetup.com/ja-JP/graphql-tokyo/events/286913987/ Links: [GraphQL を活用したスキーマ駆動開発の実践](https://speakerdeck.com/qsona/schema-driven-development-with-graphql) [GraphQL を利用したアーキテクチャの勘所 / Architecture practices with GraphQL - Speaker Deck](https://speakerdeck.com/qsona/architectu

                                                        いかにして GraphQL を組織に導入するか (新規開発編) / how we introduce GraphQL on scratch development
                                                        • Terraform Module Designs

                                                          Transcript �����������BTLFOΠϯϑϥઃܭษڧձ 5FSSBGPSN�.PEVMF�%FTJHOT ࢥߟͷҾ͖ग़͠Λ૿΍͢Ϟδϡʔϧઃܭͷώϯτ !UNLOPN ຊൃදͷҐஔ͚ͮ w ͓࿩͢Δ͜ͱ� w ࣾ಺ͷผνʔϜ޲͚5FSSBGPSNϞδϡʔϧΛઃܭ͢Δͱ͖ͷώϯτ� w ૊৫తʹεέʔϧͤ͞ΔͨΊɺͲ͏͍ͬͨ͜ͱΛߟྀͯ͠ઃܭ͢Δ͔� w ΰʔϧ� w 5FSSBGPSNϞδϡʔϧઃܭʹ͓͚ΔࢥߟͷҾ͖ग़͠Λ૿΍͢͜ͱ� w ਖ਼ղ΍ϕετϓϥΫςΟεͰ͸ͳ͘ɺࣗ෼Ͱߟ͑Δࡍͷࢹ఺Λఏڙ ΞδΣϯμ w ࣗݾ঺հ� w 5FSSBGPSNϞδϡʔϧجૅ� w ιϑτ΢ΣΞઃܭͷॏཁͳؔ৺ࣄ� w ·ͣެࣜυΩϡϝϯτΑΓ͸͡ΊΑ� w ࢥߟͷҾ͖ग़͠Λ૿΍͢� w ͓ΘΓʹ ࣗݾ঺հ w ໊લɿϊϜϥτϞΩ� w 5XJUUFSʗ(JU)VCɿ!UNLOPN�

                                                          Terraform Module Designs
                                                          • TextKitでのシンタックスハイライト高速化 / Optimize Syntax Highlight with TextKit

                                                            macOS native symposium (https://macos-native.github.io) #08 登壇資料 テキスト描画の世界は複雑で、何気ない操作もデータ量が大きくなると簡単に処理のボトルネックと化します。しかし、何がそんなに時間を要するのでしょうか。macOS、iOS共にテキスト描画を司るTextKitの癖を読み抜くことで、愚直な実装からシンタックスハイライトの適用を高速化していく過程を理屈を追いながら解説します。

                                                            TextKitでのシンタックスハイライト高速化 / Optimize Syntax Highlight with TextKit
                                                            • 新卒エンジニア向け機械学習研修2022〜機械学習と再帰化〜 - ペパボ研究所ブログ

                                                              研究員の渡辺(@watasan) です。 先日、ペパボ研究所のメンバーが社内で実施した、新卒エンジニア向け機械学習研修についてご紹介します。 ペパボ研究所は2020年から、新卒エンジニア研修1の一環として機械学習研修を実施しています2。 今年で3年目となりますが毎年アップデートを重ねており、今年はより「ペパボらしさ」の強い研修となりました。 このエントリでは本研修の目的やコンテンツについてご紹介できればと思います。 本研修の位置付けと目的 GMOペパボ(以降ペパボ)では、新卒入社したエンジニアに向けて、様々な技術要素について「現時点で一番良いやり方」を学んでもらうための研修を毎年行っています2。 フロントエンド、バックエンド、インフラ、セキュリティなど、Webサービスを構築するための技術に関して「現時点で一番良いやり方」を学ぶことが研修全体のゴールとして設定されています。 この新卒エンジニ

                                                              新卒エンジニア向け機械学習研修2022〜機械学習と再帰化〜 - ペパボ研究所ブログ
                                                              • ベストな Terraform ディレクトリ構成を考察してみた

                                                                Transcript ベストなTerraformディレクトリ構成を 考察してみた Thursday, August 25, 2022 Haruka Sakihara 自己紹介 Haruka Sakihara • アクセンチュア株式会社 テクノロジーコンサルティング本部所属 • 普段はクラウドインフラ構築の支援をしております • アプリケーション……プライベートだとGo, 仕事だ と少しPython • インフラ……ほとんどAWS Twitter:@saki_engineer GitHub: @saki-engineering Terraformのディレクトリ構成、 迷いませんか? Terraformコードのディレクトリ構成パターン Terraformのディレクトリ構成は様々なパターンが考えられますが、ここでは以下2パターンについ て考察していきたいと思います。 パターン1のディレクトリ構成

                                                                ベストな Terraform ディレクトリ構成を考察してみた
                                                                • writing technical articles as you like

                                                                  「技術記事を好き勝手に書くために」 LINE株式会社 uhyo 2022年8月25日開催 今年こそは継続的にアウトプットすると決めた方向けに語る技術発信の取り組み方 https://techplay.jp/event/866808

                                                                  writing technical articles as you like
                                                                  • Fresh の話

                                                                    class: middle, center <img src="./assets/fresh-logo.svg" width="100" /> Fresh の話 --- # 話す人 <img src="./assets/hinosawa.jpg" align="right" width="300" /> 日野澤歓也 twitter @kt3k - 2009 ~ Web 開発者 - 言語 JS, PHP, Java, etc - 2021 ~ Deno 開発者 <small>Deno 社では主に標準モジュール開発、Node 互換性開発を担当</small> --- # <img src="./assets/fresh-logo.svg" width="50" /> Fresh とは - フロントエンド Web フレームワーク - Deno 公式 - Preact ベース (React と互換

                                                                    • 30分でわかるシステム運用アンチパターン / Operations Anti Patterns in 30 minutes

                                                                      30分でわかるシステム運用アンチパターン / Operations Anti Patterns in 30 minutes

                                                                      30分でわかるシステム運用アンチパターン / Operations Anti Patterns in 30 minutes
                                                                      • AI Project Management Flow and Build Trap Review

                                                                        Transcript AI Project Management Flow and Build Trap Review 数十の不確実性の高い機械学習プロジェクトを 自己組織化されたチームで健全かつ最大化されたゴールに向かうための戦術と組織戦略 DeNAにおけるAI/DS/Analytics組織の前提 • DeNAでは2016年から機械学習を軸とする横断組織を立ち上げ • AIやデータ活用に関わる人材が集まるデータ本部だけで2022年現在89名。これに実 際ソリューション提案を受けるステークホルダーがAIやデータ活用に関わっている • DeNAは多角的事業会社であり、機械学習プロジェクトは常に数十個が同時並行して いる。これらは事業単位で微妙に異なる文化の組織・戦略を持つステークホルダー (社外とのアライアンスや新しくDeNAグループに加わった多文化的な側面も影響)で あるが、その上でPjM

                                                                        AI Project Management Flow and Build Trap Review
                                                                        • GitOps共有会

                                                                          LINSTOR — это как Kubernetes, но для блочных устройств

                                                                          GitOps共有会
                                                                          • 不幸を再生産しないための設計に対する向き合い方

                                                                            ビジネス考えてるかい?事業の持続的成長を促進させるシステム設計の考え方 / buisiness_purpose_system_design

                                                                            不幸を再生産しないための設計に対する向き合い方
                                                                            • モデリングはキラキラ技術より地味だが役に立つ / modeling-over-shiny-tech

                                                                              # Event データモデリングとデータ基盤の構築・運用 (第14回ちゅらコラボ)CARTA HOLDINGS x ちゅらデータ 合同イベント https://churadata.connpass.com/event/254417/ ぼくのかんがえる最高のレポーティング基盤 https://speakerdeck.com/pei0804/hokufalsekankaeruzui-gao-falserehoteinkuji-pan-at-awsdeshi-jian-analytics-modernization ディメンションモデリングモデリング https://zenn.dev/pei0804/articles/dimensional-modeling スタースキーマ https://zenn.dev/pei0804/articles/star-schema-design コンフォ

                                                                              モデリングはキラキラ技術より地味だが役に立つ / modeling-over-shiny-tech
                                                                              • MySQL/Postgres におけるトランザクション分離レベル

                                                                                MySQL/Postgres におけるトランザクション分離レベルと発生するアノマリーを整理する https://zenn.dev/mpyw/articles/rdb-transaction-isolations 上記のスライドの具体的な結論に至るまでの導入として,知識があまりない状態でも段階的に読み込んでいけるように心がけたスライドで,株式会社ゆめみの社内勉強会にて発表しました。 スライドの途中の URL などは PDF としてダウンロードするとクリックできると思います。 事前のレビュー協力者 - https://twitter.com/neko_han25 - https://twitter.com/KentarouTakeda

                                                                                MySQL/Postgres におけるトランザクション分離レベル
                                                                                • 8日で作るオレオレRISC-V CPU

                                                                                  サービスと開発者に最も近いProduct SREsとして 取り組んでいるコト / Work as Product SREs closest to services and developers

                                                                                  8日で作るオレオレRISC-V CPU