検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

歴史の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)131459 件中 1 - 40 件目

  • 人魚の肉と不老不死の関係についての話

    「人魚の肉を食すると不老不死・不老長寿となる」という物語は、八百比丘尼の伝説・昔話として有名でもあるし、仮にそれらを読んだり聞いたりしたことは無くても、高橋留美子の連作漫画『人魚の森』シリーズを読んだから何となく知っているという人も少なくない。 しかし、そもそも何故、人魚の肉を食したら不老不死・不老長寿となるのか?その理由というか説明については、知らない人も多いのではないだろうか。 これを書いている増田が、その理由らしきものについて書かれたものを最初に読んだのは、神話学者・大林太良の著書『神話の話』(講談社学術文庫)であった。この現物を、確かに所有しているはずなのに本棚や倉庫の中から見つけられないので、ここでは記憶を頼りに大林説を書き起こすが、もしも『神話の話』の現物を持っている人は、そちらを見た方が早い。図書館で探してもよい。 まず、八百比丘尼伝説の概要は、大同小異、以下のようなものであ

    人魚の肉と不老不死の関係についての話
    • The new wave of Javascript web frameworks

      The new wave of Javascript web frameworks Make sense of the proliferation of new Javascript web frameworks. A deep dive into the problems at scale and the recent evolution of innovation. IntroductionStaying current in the Javascript ecosystem is not for the faint of heart. It’s challenging for those entering the industry to follow what’s happening amongst the new libraries, frameworks, concepts, a

      • 「この役、私がやるんですか?」声優・井上喜久子がオーディションで思わず“二度見”してしまった「サクラ大戦3」の衝撃 | 文春オンライン

        アイナ・サハリン(画像:「機動戦士ガンダム アーセナルベース」公式より) 収録は月1回くらいだったので、TVアニメのように毎週、役の気持ちを積み上げて、まとめていくということができないのは苦労しましたけど、憧れの小山茉美さんと共演できたのも光栄でした。 何より印象深いのは、ジオン軍のアイナと敵対する連邦軍のシローとの恋です。まるで『ロミオとジュリエット』のような困難の多い恋愛で、最終的にシローは片脚を失いながらアイナと二人で生きていくんですけど、「やっぱり戦争は良くない」ということがいちばんのテーマとして描かれていて。時を経ても色あせない作品だと、今でも思っています。あと、シロー役の檜山修之くんが熱かった(笑)。あの叫び声! リミッターがない感じで、「そんなに?」というくらいの声量と圧でエイヤーと来るから、私も心を揺さぶられて演じることができました。ありがたいことに、『ガンダム』シリーズに

        「この役、私がやるんですか?」声優・井上喜久子がオーディションで思わず“二度見”してしまった「サクラ大戦3」の衝撃 | 文春オンライン
        • 尾張藩蔵書 裏も希少 医学書補強材に明の人事公文書 名古屋・蓬左文庫などが発見

          (左)医学書「銅人腧穴鍼灸図経」の裏面に貼られた中国・明の人事関連の公文書。上は同書の表面=名古屋市東区の市蓬左文庫で(川柳晶寛撮影) 17世紀に中国・明(みん)で製本され、現在は名古屋市蓬左文庫(同市東区)が所蔵する医学書の紙の裏面に、補強材として当時の中国の官僚人事にまつわる公文書が大量に使われていることが、同文庫と立命館大、京都大、愛知県立大の共同調査で分かった。公文書は、明王朝中枢で保管された正本で、現代の中国にも残されていないとみられる貴重な史料という。(谷村卓哉) 医学書は鍼灸の極意をつづった「銅人腧穴鍼灸図経(どうじんしゅけつしんきゅうずけい)」。明の首都・北京の紫禁城内にあった石碑から取った拓本を10冊の折り本にした。尾張藩初代藩主・徳川義直(1600~50年)が何らかの形で入手し愛蔵したと考えられている。 紙面の裏に別の文書が貼られていることは以前から知られており、昨年末

          尾張藩蔵書 裏も希少 医学書補強材に明の人事公文書 名古屋・蓬左文庫などが発見
          • 昭和のおばあちゃんの家にあったあれこれがめっちゃ懐かしくて共感しかない「金と銀の謎の肉(笑)」

            山田全自動 @y_haiku 昭和58年生まれ。 本名は山田孝之。書籍「山田全自動の落語でござる」発売中です!ブログ→ zenjido.blog.jp 📗書籍「山田全自動でござる(BOOKぴあ)」「福岡路上遺産(海鳥社)」「福岡穴場観光(書肆侃侃房)」 ✉️ taka3004@gmail.com instagram.com/y_haiku/

            昭和のおばあちゃんの家にあったあれこれがめっちゃ懐かしくて共感しかない「金と銀の謎の肉(笑)」
            • 「朝日の記者みたいになりたいのか」脅迫から始まった旧統一教会との35年 500人の脱会に成功した牧師、山崎浩子さんも | 47NEWS

              「朝日の記者みたいになりたいのか」脅迫から始まった旧統一教会との35年 500人の脱会に成功した牧師、山崎浩子さんも 安倍晋三元首相銃撃事件では、逮捕された山上徹也容疑者(42)が取り調べに「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に恨みがあった」と供述していることが明らかになり、現在もなお旧統一教会に多額の献金をして苦しむ家庭が多くいる実態が浮かび上がった。この衝撃的なニュースを複雑な思いで見た人がいる。牧師の杉本誠さん(74)は35年間、脅迫や妨害ともとれる行為を受けながら、旧統一教会からの500人以上の脱会に関わってきた。「もし山上家ともつながれていたら、違った結果があったかもしれない」。凶行に至るまでに、手を差し伸べる方法はなかったのかと自問している。(共同通信=助川尭史) ▽「助けてください」熱意に動かされ 旧統一教会との関わりは、杉本さんが愛知県西尾市にある日本キリスト教団西尾教会の

              「朝日の記者みたいになりたいのか」脅迫から始まった旧統一教会との35年 500人の脱会に成功した牧師、山崎浩子さんも | 47NEWS
              • 首里城を追い出された最後の琉球国王 121年前の葬儀で沖縄県民はどう喪に服したか 安倍氏の国葬を前に振り返る | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス

                尚泰の息子、尚典の葬列。ひつぎを安置したみこしや、カンカン帽をかぶった県民の姿が確認できる。尚泰の葬列もほぼ同じ様式だったとみられるという=1920年9月26日、現那覇市首里の玉陵付近(那覇市歴史博物館提供) 尚泰の葬儀は、当初は都内で営む案もあったが、親族や元臣下の強い希望で沖縄開催が決まった。 琉球王国時代は国王の死去で「士族は50日、平民は25日」喪に服する慣習があった。だが、時代は王国ではなく沖縄県。当時の奈良原繁知事は「なにぶん指図致しがたく候に付き、各自謹慎を旨とするよう」指示し、商店や芝居が休業した。 王府の歴史に詳しい故真栄平房敬氏は「首里では送葬当日まで一般の人も自主的にほとんど喪に服していた」と記している。 尚泰の亡きがらは1901年8月29日、尚家邸(旧中城御殿跡、現那覇市首里)を出発し、歴代国王が眠る玉(たま)陵(うどぅん)まで運ばれた。葬列は警部巡査を先頭に、警護

                首里城を追い出された最後の琉球国王 121年前の葬儀で沖縄県民はどう喪に服したか 安倍氏の国葬を前に振り返る | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
                • 地図は国家なり─清国による日本地図の密売未遂事件、その真相に迫る | 地図でたどる「日中100年の攻防」

                  井出孫六と『アトラス伝説』 地図は国家なり──。 精密な地図は国家の機密事項に属し、ときには人々に重大な犠牲を強いることがある。明治時代の地図にまつわる「黄遵憲(こうじゅんけん)事件」は、時代の大変革期に起きた謎の事件のひとつで、追跡調査した作品を発表したのは作家でルポライターの井出孫六だった。その実録が『明治・取材の旅 黄遵憲事件覚書』(現代史出版会、1986年)に収められている。 「黄遵憲事件」とは、1881年(明治14年)、駐日清国公使館の依頼を受けた日本陸軍参謀本部地図課が日本地図を製作し、それが発覚して多数の関係者が逮捕され、4人の自殺者が出た事件である。 奇妙なことに、その日本地図はすでに市販されていて国家機密には当たらず、金銭の授受があった事実も問題視されなかった。それどころか事件は極秘に処理され、長年にわたって「謎の事件」とされてきた。 もっとも、井出孫六が当初書いたのは『

                  地図は国家なり─清国による日本地図の密売未遂事件、その真相に迫る | 地図でたどる「日中100年の攻防」 
                  • ゆう@小さな資料集 on Twitter: "このツイートを見てふと思い出したので、民社党のブレーンを務めた政治学者・関嘉彦氏(参議院議員1期)の『回想録 私と民主社会主義』(「政策研究フォーラム」1997年4月)よりご紹介。現場からの声だけに、貴重な資料。 https://t.co/SASV9A8XUu"

                    このツイートを見てふと思い出したので、民社党のブレーンを務めた政治学者・関嘉彦氏(参議院議員1期)の『回想録 私と民主社会主義』(「政策研究フォーラム」1997年4月)よりご紹介。現場からの声だけに、貴重な資料。 https://t.co/SASV9A8XUu

                    ゆう@小さな資料集 on Twitter: "このツイートを見てふと思い出したので、民社党のブレーンを務めた政治学者・関嘉彦氏(参議院議員1期)の『回想録 私と民主社会主義』(「政策研究フォーラム」1997年4月)よりご紹介。現場からの声だけに、貴重な資料。 https://t.co/SASV9A8XUu"
                    • 何故ロシアによるウクライナ侵攻は長期化したのか~戦史に残る軍事的大惨事~|botamoti・ω・記念称号民間牡丹餅設計工作局(CV.ゆっくり魔理沙(Softalk:女性2))|note

                      極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。 1.ウクライナ紛争っていう2014年から続く紛争があるんですけど背景情報~ソ連とかいうクソデカ国家の崩壊~ 昔々あるところに、ソヴィエト社会主義共和国連邦っていうクソデカ国家(東京ドーム479093145四億七千九百九万三千百四十五個分の大きさ)がありました。 デェェェェェェェェェン♪ この国家は我々西側との競争の結果崩壊してバラバラになっちゃったんですけど、どれぐらいバラバラになったかというと15個に割れました。 連邦っていう位なので構成国家が独立しちゃって構成国家がゼロ

                      何故ロシアによるウクライナ侵攻は長期化したのか~戦史に残る軍事的大惨事~|botamoti・ω・記念称号民間牡丹餅設計工作局(CV.ゆっくり魔理沙(Softalk:女性2))|note
                      • ユヴァル・ノア・ハラリは「ファクト」よりも「フィクション」を語っている|『サピエンス全史』をファクトチェックしてみたら…(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース

                        ユヴァル・ノア・ハラリが唱えていることの科学的な正しさについては疑いもある Photo: Visual China Group / Getty Images 意外に思われるかもしれないが、ユヴァル・ノア・ハラリの著作における事実的な妥当性は、学者や主要な論文などによる鑑定をほとんど受けてこなかった。 指導教官としてハラリの博士論文「ルネサンス期の軍事回顧録:戦争、歴史、アイデンティティ、1450-1600年」の研究指導をしたオックスフォード大学のスティーヴン・ガン教授は、ハラリが本質的にファクトチェックのプロセスをどうにかして回避していると認めているが、これは驚くべきことだ。 「ニューヨーカー」誌のハラリに関する記事でガンは、ハラリが(特に『サピエンス全史』で)「『ここが少し間違っている、あそこも少し間違っている、と誰も指摘できないような大きな問いを立てよう』と言うことで」専門家からの批判

                        ユヴァル・ノア・ハラリは「ファクト」よりも「フィクション」を語っている|『サピエンス全史』をファクトチェックしてみたら…(クーリエ・ジャポン) - Yahoo!ニュース
                        • 海外「日本は世界の先を行っていた」 30年前にドイツを震撼させた日本車が海外で再び脚光

                          1989年(平成元年)から2006年(平成18年)にかけて、 トヨタ自動車から販売された高級セダン「セルシオ」。 日本国外では同社が展開する高級車ブランド、 「レクサス」から「LS400」としてデビューしています。 日本での販売価格は455万円から(当時クラウンが200万円台)。 当時アメリカでは、キャデラックなどの国内メーカーや、 ドイツのメーカーが高級車市場を独占していました。 一方の日本車は、あくまでもまだ、頑丈な大衆車扱い。 そういった状況を打破すべく「LS400」は開発されたのですが、 その並外れた静粛性や走行性能は世界に、 特に無双状態にあったドイツの高級車メーカーに対して、 突然のライバル出現という大きな衝撃と焦りを与える事になります (多くの海外メーカーがLS400を解体分析しており、 V8エンジンなどの面で大きな影響を与えたとされている)。 非常に高い性能が話題を呼び、セ

                          海外「日本は世界の先を行っていた」 30年前にドイツを震撼させた日本車が海外で再び脚光
                          • 最終回が一番おもしろい作品

                            さっき、初恋の悪魔最終回を見てて、いい最終回だとは思ったんだけど ドラマや漫画で最終回が一番面白く感じたものって、個人的にはないなぁと思ってしまった。 映画だったらラストシーンがすごく良くて印象的なやつってあるんだけど。 これを読んだあなたにはありますか?最終回が一番面白かった作品。

                            最終回が一番おもしろい作品
                            • 「日本はとんでもない間違いをした」岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三…3代続く関係性から見える旧統一教会が目指した“国家宗教”【報道特集】 | TBS NEWS DIG

                              安倍元総理の国葬が3日後に迫るなか、旧統一教会はどう政界に入り込み、何を目指したのか。岸家・安倍家3代との関係性に焦点を当て、検証します。81年前の開戦を宣言する詔書。ここに旧統一教会と自民党の深い関係…

                              「日本はとんでもない間違いをした」岸信介、安倍晋太郎、安倍晋三…3代続く関係性から見える旧統一教会が目指した“国家宗教”【報道特集】 | TBS NEWS DIG
                              • 紀伊半島に巨大津波の痕跡 宝永地震を上回る:朝日新聞デジタル

                                これまで南海トラフで発生した地震で最大級とされてきた江戸時代の宝永地震(1707年、推定マグニチュード8・6)の津波よりも大きな津波が、紀伊半島の沿岸を襲ったと推定される――。そんな研究成果が発表された。海岸線に巨石列が続く「橋杭岩」(和歌山県串本町)周辺に散らばる石が津波でどう動いたかを調べて分かったという。 調査、発表したのは、国立研究開発法人の産業技術総合研究所(産総研)と法政大学などの研究者チーム。チームは、津波に対する防災計画を考える場合、過去にどれくらいの大きさの津波が来襲したのかを知るのが重要と考えた。 文献が残るなかで、宝永地震は、南海トラフで発生した最大規模の地震とされる。大地震は数千年以上にわたり繰り返し発生したと考えられるが、宝永地震以前に南海トラフに関連する大地震の記録は残っていないという。 チームは「過去に発生した地震は将来も起こる可能性がある」とし、地質調査とコ

                                紀伊半島に巨大津波の痕跡 宝永地震を上回る:朝日新聞デジタル
                                • 「住む場所がないので助けて下さいって奴は絶対に家に入れるな!」80歳代の鬼の形相での主張に思い当たるところあり

                                  @nezikure 地元の八十歳以上の世代が 「もし戦争から逃げてきました、住む場所がないので助けてくださいって言ってくるヤツが居たら絶対に家に入れずに警察呼べ。子供連れでも絶対にそうしろ」って鬼の様な迫力で言ってて、その…うん… 2022-09-24 11:35:45

                                  「住む場所がないので助けて下さいって奴は絶対に家に入れるな!」80歳代の鬼の形相での主張に思い当たるところあり
                                  • 仏教の大東亜戦争 鵜飼秀徳著

                                    日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 敗戦から、77年。アジア・太平洋戦争をめぐっては、その「体験」が記され、「証言」が提供され、多くのことが語られてきた。いまや「記憶」の段階に入り、(祖父母が戦争経験者という)あらたな世代の登場によって、なぜ戦争経験を伝えるのかということまでが議論されるようになっている。アジア・太平洋戦争については語りつくされたような感があるが、本書を読むとまだまだ明らかにしなければならないことの多さに気づかされ...

                                    仏教の大東亜戦争 鵜飼秀徳著
                                    • 毛利家書状 原本初確認 織田信長「中国攻め」の際 家臣に送る | NHK

                                      戦国時代、織田信長の軍勢が中国地方を攻めたいわゆる「中国攻め」の際に、猛攻を受けた毛利家が家臣に送った書状など200点以上の原本が新たに確認されました。 江戸時代に作られた写しは伝えられていましたが、専門家は「原本が見つかったことで戦いの様子をより詳しく分析できる」と指摘しています。 確認されたのは、戦国時代、中国地方を治めていた毛利家が「中国攻め」の際に家臣の湯原春綱に宛てた書状など200点以上の書状の原本です。 東京大学史料編纂所の村井祐樹准教授が去年12月、湯原氏の子孫の家に残されていたのを見つけたもので、江戸時代に作られた写しは伝えられていましたが、原本は確認されていませんでした。 書状は、1560年代から1580年代にかけて、毛利元就をはじめ、毛利輝元や吉川元春などが送ったもので、署名に当たる花押や紙の分析などから原本と確認されたということです。 このうち吉川元春が送った書状は縦

                                      毛利家書状 原本初確認 織田信長「中国攻め」の際 家臣に送る | NHK
                                      • コーヒーからカフェインを発見した人の面白話

                                        Y Tambe @y_tambe コーヒーからカフェインを発見した薬学者フリードリープ・ルンゲは、学生時代にベラドンナという毒草の成分を研究していた。ナポレオンのロシア遠征に徴兵されそうになった友人が「腕を切り落としてでも行きたくない」と言ったとき、「俺を信じろ」と彼の目にベラドンナエキスを点眼し(続 2022-09-24 08:53:11 Y Tambe @y_tambe 承前)一時的に目が見えなくなった(ベラドンナエキスには散瞳効果があるが、効果が切れると戻る)友人は徴兵を免れた。その後、ルンゲはこの成分を分離し、師事していた教授の前で、猫の目に点眼すると光を当てても反応しなくなる実験をデモンストレーション(続 2022-09-24 08:58:10 Y Tambe @y_tambe 承前)さらにこれが、当時ヨーロッパ最高の知性と言われたゲーテの耳にも入り、彼の前で実験を披露することに

                                        コーヒーからカフェインを発見した人の面白話
                                        • 現代哲学の研究に哲学史は必要なのか - 研究日誌

                                          大雑把に言えば、タイトルの問いに「必要ない」と答える論文が出た。 Hanno Sauer, "The End of History", Inqury. https://doi.org/10.1080/0020174X.2022.2124542 読んでみたら面白かったので、自分用のメモも兼ねて概略をまとめておいた。感想なども書きたいのだけど概要だけでだいぶ長くなったのでその辺はまたの機会にしたい。とはいえいくつかのことは注に書いておいた。 要注意事項 以下では同論文を2022年9月現在の'Latest articles'版のページ番号だけで参照する*1。 以下に出てくる鉤括弧は、そのあとにページ番号が付されている場合には同論文からの引用である(翻訳は植村による)。それ以外の鉤括弧は読みやすさのために植村がつけたものだ。 この要約は、箇所によっては原文をかなりパラフレーズするかたちで作られてい

                                          現代哲学の研究に哲学史は必要なのか - 研究日誌
                                          • 100年前 日本の商船が戦火の住民救出 ギリシャでたたえる催し | NHK

                                            100年前、ギリシャとトルコの戦火に巻き込まれたエーゲ海沿岸の町から住民たちを救出したとされる、日本の商船の功績をたたえようと、23日、ギリシャの首都アテネで記念の催しが開かれました。 第1次世界大戦後の1922年9月、日本の商船「東慶丸」は、ギリシャとトルコの戦争に巻き込まれたエーゲ海沿岸の港町から、住民数百人を救出したとされています。 こうした功績をたたえようと、救出からことしで100年となるのに合わせて、ギリシャの日本大使館や地元の美術館が、23日、アテネで記念の催しを開き、およそ250人が参加しました。 はじめに日本大使館の中山泰則大使があいさつし「日本船の英雄的な行為に対して感謝の気持ちを伝えたいという人々と出会い、大使としてこの出来事を広く知らしめていくという使命を感じている」と述べ、功績をたたえました。 またギリシャのメンドーニ文化・スポーツ相は「遠く離れた国から危険を冒して

                                            100年前 日本の商船が戦火の住民救出 ギリシャでたたえる催し | NHK
                                            • キノコ雲が校舎や校旗に…原爆が誇りのアメリカの街で歴史を見直す動き | この街では長崎に投下された原爆のプルトニウムを生産していた

                                              長崎に投下された原爆のプルトニウムが生産されたアメリカ北西部ワシントン州のリッチランドでは、キノコ雲が地元高校の校舎や校旗に描かれるなどし、地域の誇りとなってきた。 しかし近年、コロンブスや南北戦争で奴隷制を支持した南軍関係の銅像や記念碑が撤去されるなど、全米で歴史の捉え方を見直す動きがある。そんななか、リッチランドでも地域の誇りについて議論が始まっているという。 原爆式典で被爆者の祖母の話 ワシントン州南東部の乾燥した低木帯に位置する小さな農業地帯のリッチランドは、第二次世界大戦中に密かに変化を遂げた。数千人の労働者がコロンビア川のほとりで、究極の兵器に必要な材料を生産するために集まったのだ。 原爆が長崎を破壊してから数十年が経った現在、放射性物質を生産した技術者や科学者はレガシーを残した。原子力産業の城下町であるリッチランドのパブでは、「炉心ピザ」を「プルトニウム・ビール」と共に味わう

                                              キノコ雲が校舎や校旗に…原爆が誇りのアメリカの街で歴史を見直す動き | この街では長崎に投下された原爆のプルトニウムを生産していた
                                              • 新訳で劇的に面白くなった名著『新版 歴史とは何か』(E.H.カー)

                                                ・歴史とは現在と過去との終わりのない対話である ・世界史とは各国史をすべて束ねたものとは別物だ ・すべての歴史は「現代史」である 名言だらけのE.H.カーの名著。 昔は「教養を身につけるため」と有難がっていた。今でも教養課程の必読書とされているかもしれない。文系理系関係なく読むべき名著といえば、 『理科系の作文技術』 とこれだろう。 ところが、新訳を読むと、がらりとイメージが変わった。「教養を身につける」という体裁よりも、むしろ、ユーモア満載、毒舌たっぷり、ハラを抱えて大笑いできる一流の講義になる。 論敵をあてこすり、酷評し、嘲笑する。死者を皮肉り、(歴史学も含めた)人文学を軒並み張ッ倒し、強敵は名指しで祭り上げ、しかる後にメッタ斬り。 母親の膝のうえで学んだ子どもっぽいナイーヴな学説だとか、成績が「可」ばかりの学生みたいな史観だとか、めずらしく階級的感覚の低い発言だとか、嫌味と毒舌のオン

                                                新訳で劇的に面白くなった名著『新版 歴史とは何か』(E.H.カー)
                                                • 中国の覇権主義、大平外相が予言 「低姿勢、50年後変わる」―日中国交正常化:時事ドットコム

                                                  中国の覇権主義、大平外相が予言 「低姿勢、50年後変わる」―日中国交正常化 2022年09月24日07時16分 第1回首脳会談を行う田中角栄首相(左)と周恩来中国首相(肩書はいずれも当時)=1972年9月、中国・北京 1972年9月29日、日本と中国は国交正常化を果たした。日本側は首相の田中角栄と外相の大平正芳が主導。日中共同声明をめぐる交渉は一時難航したものの、中国側は総じて融和的な姿勢を取った。だが、その中でも大平は、覇権主義的な動きを強める現在の中国の姿を予言していた。(肩書は当時、敬称略) 訪中悩む角栄氏、大平氏が説得 森田一氏インタビュー―日中国交正常化50年 ◇見切り発車 「中国は低姿勢だったが、50年たったら態度はガラッと変わる。大きく経済発展して日本を見下すようになるよ」。9月29日の共同声明調印式を終え、中国から帰国する日本航空特別機の中で、大平は娘婿でもある秘書官の森田

                                                  中国の覇権主義、大平外相が予言 「低姿勢、50年後変わる」―日中国交正常化:時事ドットコム
                                                  • 夜の闇に紛れて墓地から持ち去った?大学に残る先住民遺骨の謎 | 毎日新聞

                                                    入手経路が分からない海外の先住民の遺骨が、国内の大学に眠っているらしい――。そんな話を聞き関連資料をたどっていくと、三つの国立大に行き着いた。その過程で、遺骨は東南アジアにいた日本人が戦前、夜の闇に紛れ先住民の墓地から掘り出して持ち帰ったもの、というストーリーが見えてきた。 そもそも、なぜ先住民の遺骨が研究の対象になるのか。 ヒトの生物学的な違いなどを研究する「人類学」は19世紀末、植民地主義が広がる欧州で生まれた。欧州各国の植民地だったアジアやアフリカなどの先住民は「より原始的」とみなされ、遺骨の中で特に頭骨が収集されていた。現在は、自然人類学や形質人類学などの分野に細分化されている。 東京大教授がアイヌなどの遺骨収集 国内で人類学の基礎が築かれたのは、明治期だ。当時の東京帝国大医科大(現・東京大医学部)の教授を務めた小金井良精(よしきよ)氏(1859~1944年)は、アイヌ民族など国内

                                                    夜の闇に紛れて墓地から持ち去った?大学に残る先住民遺骨の謎 | 毎日新聞
                                                    • 住宅街にくっきり楕円形、周回1Kmの競馬場跡 車で迷い込むと……:朝日新聞デジタル

                                                      シジミで有名な宍道(しんじ)湖の東岸近く、松江市内の住宅街をグーグルアースで見ると、まるで陸上競技場のトラックのように、不自然なほどきれいな「楕円(だえん)」が浮かぶ場所がある。住宅街を周回する道路のようだが、調べてみると、かつてあったある施設の名残で、完全な形で残るのは「全国唯一」だ。 カーブの見通しもやや悪く 車で訪れ、道路を走ってみた。1周約1キロ。本当にサーキットかのような形だが、ところどころで対向車とすれ違うのに苦労するほど道幅が狭くなり、カーブの見通しもやや悪い。ふと、カーブミラーが付いた電信柱に目をやると、そこにヒントがあった。 NTT西日本のプレートに記されていたのは「競馬場」という文字。郷土資料などを調べると、90年近く前、この場所に「松江競馬場」があったことが分かった。そしてこの「楕円」は、もともとは競走馬の走路だったのだ。 1929年にオープンした松江競馬場は1周1千

                                                      住宅街にくっきり楕円形、周回1Kmの競馬場跡 車で迷い込むと……:朝日新聞デジタル
                                                      • 秀吉は「東洋のナポレオン」なのに、なぜ大河ドラマではいつも悪役扱いなのか

                                                        NHK大河ドラマでは秀吉が悪く描かれがちな背景は何か? 江戸時代は一番人気…時代で変わる秀吉の評価 「東洋のナポレオン」とも言える功績について八幡氏が論じる NHK大河ドラマでは豊臣秀吉は悪く描かれることが多い。来年の大河は松本潤主演の「どうする家康」で、秀吉役のムロツヨシさんもまた格好の悪役を演じるかもしれないと言ったら失礼になってしまうか。 若い頃の木下藤吉郎はともかく、天下をとってからの秀吉は、野心と好色と我が子である秀頼への溺愛が空回りして、甥の秀次を殺したり、朝鮮出兵という暴挙をした醜い老人扱いというワンパターンだ。 しかし、秀吉ファンとしては、悔しいので、あの世の寧々が、日本経済新聞社から「私の履歴書」の執筆を頼まれたという想定で、『令和太閤記 寧々の戦国日記』(ワニブックス)という評伝を書いてみた(八幡衣代と共著)。小説でないので、嘘は書いてない。あやふやなことは寧々の推測と

                                                        秀吉は「東洋のナポレオン」なのに、なぜ大河ドラマではいつも悪役扱いなのか
                                                        • 【仁藤夢乃】一般社団法人Colaboさん「性売買は日本が韓国に持ち込んだものであり、日本社会の責任を強く感じた」

                                                          ( ´∀`)つ 関連記事 【慰安婦】フェミ仁藤夢乃氏、ソウル日本大使館の前で少女像に再会 一般社団法人Colaboさん、韓国の脱性売買相談所を訪問「性売買はもともと日本が持ち込んだものであり、日本社会の責任を強く感じた」 https://t.co/m1tbahhmvO — Share News Japan (@sharenewsjapan1) September 23, 2022

                                                          【仁藤夢乃】一般社団法人Colaboさん「性売買は日本が韓国に持ち込んだものであり、日本社会の責任を強く感じた」
                                                          • 日本人が憧れているのは白人ではなくインド人説…なぜなら1500年前からインド人のフィギュアを作ってるから

                                                            垂木いすゞ @Isuzu_T 日本人が憧れているのは実は白人ではなくインドなんですよね 国をあげてインド人フィギュアを作って大事に保管してみたり、インド人の凄さを表現するために金色に塗ってみたり、インドに行きたさのあまり適当に海に飛び込んでみたり、インド性の違いで殺し合ったり、1,500年にわたってそんな感じなので 2022-09-19 16:18:59 垂木いすゞ @Isuzu_T 昔の迷信でしょと思うかもしれませんがさにあらず、「そこに行けばどんな夢も叶うというよ」なんてインドへの憧れ全開の歌が大ヒットしたりしてますね やはりインド インド人もびっくり 2022-09-19 16:25:01 垂木いすゞ @Isuzu_T インドに憧れすぎている日本人はカレーも大好き。日本人が十人いたら九人まではカレー好きで、残りの一人はそういうカレー好きみたいなのと一緒にしてほしくないな……みたいなカ

                                                            日本人が憧れているのは白人ではなくインド人説…なぜなら1500年前からインド人のフィギュアを作ってるから
                                                            • 底辺高に勤めていると「勉強できなくても音楽とかスポーツならできる子もいるんでしょ?」と言われるが、経験上、いない。

                                                              いち教員 @ichi_kyouin 底辺高に勤めていると「勉強できなくても音楽とかスポーツならできる子もいるんでしょ?」と言われるが、経験上、いない。 ここまで勉強のできない子は認知力も身体能力も低いし、自分で練習ができないし、根性もない。「ダメな奴は何やらせてもダメ」という厳しい現実がある。 2022-09-23 13:20:07

                                                              底辺高に勤めていると「勉強できなくても音楽とかスポーツならできる子もいるんでしょ?」と言われるが、経験上、いない。
                                                              • 3DO -誕生から崩壊へ至るまでのクロニクル- 後編|初心カイ|note

                                                                現れた二人の天才。――そして悲劇は訪れる 松下も、三洋も、なりふりかわまずソフトメーカーに誘致をかけた。その多数はろくな結果を生んでいない。オープンプラットフォームを標榜し、規制も弱かったため、18禁の実写取り込み脱衣ゲームも出た。カプコンがストリートファイターⅡXの独占販売(このゲームは長らく3DO以外に移植されなかった)をしてくれたことがほぼ唯一の優位性であった。 しかしその姿勢は二人の天才を呼び込むことに成功した。一人は飯野賢治である。 飯野賢治。彼はそのときはまだ無名の1クリエイターでしかなかった。その彼が独立し会社を設立したあと、選んだプラットフォームが3DOだった。それには理由がある。 当時圧倒的シェアを誇っていたのはスーパーファミコンだ。しかしスーパーファミコンで売れる人気ソフト、といえば続編ものであったりキャラクタものであったり、もしくはアーケードの移植作だ。飯野賢治の手元

                                                                3DO -誕生から崩壊へ至るまでのクロニクル- 後編|初心カイ|note
                                                                • 国葬で休校 反対して座りこんだ高校生たち 待っていた意外な結末:朝日新聞デジタル

                                                                  その日、白いワイシャツ姿の高校生約20人は、授業を無断で欠席した。 大阪府の教育委員会へ、抗議に向かうためだ。 府立高校に対し、「国葬」で弔意を示すため、午後から半日休校とする通達を出していた。 相反する評価が交錯する首相経験者に対し、国を挙げて功績をしのび、喪に服する。 政治的に中立であるはずの学校が休みになる。 そんな「国葬」に疑問を持った。 玄関前に座り込むと、異様さに気づいたマスコミが続々と集まってきた。 1967年11月1日。吉田茂元首相の国葬が行われた翌朝のことだ。 北野高校に伝わる「国葬事件」 手に持つ抗議文には、それぞれが調べた吉田氏に対する評価を盛り込んだ。 「米英との戦争には反対したが、中国への侵略には積極派だった」 「日米安保条約を結んだ一方、沖縄を米軍統治下にして犠牲にした」 抗議文を渡せず、1時間ほど座り込んだ後、ようやく府教委の職員が現れた。受け取ると、「係に渡

                                                                  国葬で休校 反対して座りこんだ高校生たち 待っていた意外な結末:朝日新聞デジタル
                                                                  • 博物館などで古文書食べる害虫「シミ」相次いで発見 外来種か | NHK

                                                                    博物館などで紙の資料を食べることから害虫とされる「シミ」について、国内ではこれまで報告が無かった種類が全国で相次いで見つかっていることが分かりました。従来の「シミ」より繁殖力が高いとみられ、専門家は、文化財などに被害が出るおそれがあるとして、対策が必要だとしています。 紙を食べる昆虫、「シミ」は、博物館などに保管されている古文書などを損傷させる害虫として知られています。 東京文化財研究所などのグループによりますとこの数年、国内の博物館などからこれまで知られていた種類とは異なる「シミ」が相次いで報告されたことから、DNA解析などを行ったところヨーロッパや中米などに生息する外来種とみられることが分かったということです。 この「シミ」は体長が1センチほどで色が白っぽいということで、グループでは、和名として「ニュウハクシミ」と名付けました。 グループによりますと少なくとも国内の7か所で確認され、1

                                                                    博物館などで古文書食べる害虫「シミ」相次いで発見 外来種か | NHK
                                                                    • 生成AI技術が辿った濃い一ヶ月間

                                                                      Stable Diffusionがオープンソースで公開されてちょうど1ヶ月が立ちました。OpenAIがDall-E2をリリースしたのが4月。こういう異次元なリソースを使ってモデルを作れるのはごく限られたプレーヤーだけと思い込んでいたものが、若干十数人のチームがMidjourneyをリリースしたのが7月。一連の騒ぎがここ半年程度の出来事で、1ヶ月前に深津さんも予見していた「世界変革」が目の前で怒涛の勢いで進行しています。 このブログも書いた瞬間に古くなるだと思うけど、この文化的特異点とも言える1ヶ月に起こったことを振り返ってみたいと思います。それにしても手書き文字の生成に感動していた2015年から比べるとずいぶん遠いところまで来ましたね。DataRobotでも「AIの民主化」を掲げて様々な企業のAI活用を推進していたけれど、今起こっている変化を見ているとそのスピード感に愕然とします。 少し宣

                                                                      生成AI技術が辿った濃い一ヶ月間
                                                                      • 外国人「江戸時代の日本が描くカエルは世界最高だと気付いてしまった」 : 海外の万国反応記@海外の反応

                                                                        スレッド「世界最高のカエルの絵は1790年に伊藤若冲が描いたカエルだと気付いてしまった」より。 引用:Twitter、Facebook

                                                                        外国人「江戸時代の日本が描くカエルは世界最高だと気付いてしまった」 : 海外の万国反応記@海外の反応
                                                                        • (第13回)大日本帝国の崩壊と海外引揚(加藤聖文) | Web日本評論

                                                                          日本の近代・現代とはどのようなものだったのでしょうか。 私たちが今、日々ニュースで接する日本の社会状況や外交政策を、そのような歴史的視点で捉えると、いろいろなものが見えてきます。 この連載では、「日本」と東アジア諸国との関係を中心に、各時代の象徴的な事件などを取り上げ、さまざまな資料の分析はもちろん、過去の事実を多面的に捉えようとする歴史研究の蓄積をふまえて解説していただきます。 現在の日本を作り上げた日本の近現代史を、もう一度おさらいしてみませんか。 (毎月下旬更新予定) 「引揚」とは何か? 1945年8月の敗戦まで日本は広大な植民地と占領地を抱える「大日本帝国」でした。これが一夜にして解体してしまったのですが、帝国の領域内には多くの日本人が住んでいました。彼らは一夜にして「外国」となった土地に取り残されることになったのです。その数は300万人を超えました。 彼らの日本への帰還を「引揚」

                                                                          (第13回)大日本帝国の崩壊と海外引揚(加藤聖文) | Web日本評論
                                                                          • エリザベス女王の棺を「砲車」に載せ海軍が運ぶ…なぜ? 「ロイヤル」名乗れぬ陸軍の“序列” | 乗りものニュース

                                                                            2022年9月19日、厳粛な雰囲気のなか行われた故エリザベス女王の葬儀。彼女の棺を運んだのは、多数の海軍兵士が引く砲車でした。砲車が使われた意味と、葬儀に大いに関係していたイギリス軍内での陸海空の序列について見てみます。 70年前にも使われた歴史と伝統の砲車 2022年9月8日にスコットランドのバルモラル城で亡くなられたイギリス女王、故エリザベス2世の国葬が、9月19日、厳かに行われました。 その様子はテレビや新聞の報道などで大きく取り上げられ、インターネット動画などでは中継映像も流されました。その際、葬儀で重要な役割をはたした「乗り物」と、その周りを固めていたイギリスの陸海空軍について見てみましょう。 拡大画像 2022年9月19日、故エリザベス2世の棺を乗せた砲車とともにロンドン市内を進むイギリス海軍兵士たち(画像:イギリス海軍)。 葬儀の当日、女王の棺をウエストミンスター宮殿からウエ

                                                                            エリザベス女王の棺を「砲車」に載せ海軍が運ぶ…なぜ? 「ロイヤル」名乗れぬ陸軍の“序列” | 乗りものニュース
                                                                            • 【助けて】横浜の酒場「都橋商店街」で市から管理を引き継いだ団体が唐突に「家賃を3倍にする」と言って裁判になってるらしい

                                                                              酒徒(しゅと)- おうちで中華 @shutozennin 【助けて】横浜野毛の酒場遺産・都橋商店街。数年前に横浜市から管理を受け継いだ非営利団体の横浜歴史資産調査会が、唐突に全店の家賃を3倍にするとの内容証明を送りつけ、裁判になってます。何たる非道。個人店が消え、チェーン店で埋まる都橋は嫌だ。この問題の可視化にRTでご協力ください(血涙) pic.twitter.com/DPDFetHlcr 2022-09-22 23:36:06 酒徒(しゅと)- おうちで中華 @shutozennin 都橋商店街の大家に当たる横浜歴史資産調査会は、屋根の雨漏りの補修など大家として果たすべき責務を全て放置していたくせに、各店と一度も協議せずに3倍もの家賃値上げを内容証明で送りつけてきたそうです。そこにどんな妥当性があるのか。非営利の公益社団法人として、説明責任を果たすべきです。 pic.twitter.c

                                                                              【助けて】横浜の酒場「都橋商店街」で市から管理を引き継いだ団体が唐突に「家賃を3倍にする」と言って裁判になってるらしい
                                                                              • 大漢和辞典には1字だけ、本当にこんな字が存在していたのか謎だと言われている不思議な字がある→海外からも考察が集まる

                                                                                拾萬字鏡 @JUMANJIKYO 2014年から漢字字典の編集をやっています。(近現代)漢字学(表記)を中心に。 RT≠賛意。♥はすべて賛同。※DMはOK!! ツイート内容:いろんな漢字>漢字圏諸語>古本>地名>漢字以外の文字 拾萬字鏡 @JUMANJIKYO 大漢和辞典には1字だけどうしても解決できない字があって、それが1001の「パ」といわれているのだが、この字は石山福治編『最新支那語大辞典』から何らかの理由で大漢和に混入したと云われている。中国の字書にもなく字義も限定的であり本当にこんな字が存在していたのかすら謎のままとなっている。 pic.twitter.com/OxpKQcgjXm 2022-09-21 20:34:43

                                                                                大漢和辞典には1字だけ、本当にこんな字が存在していたのか謎だと言われている不思議な字がある→海外からも考察が集まる
                                                                                • ヨーロッパを擬人化した地図、なぜ500年前に人気となったのか

                                                                                  神聖ローマ帝国の地図学者ゼバスティアン・ミュンスターによる『宇宙誌』に掲載された、1588年版の「ヨーロッパ女王(Europa regina)」。オリジナルは1530年代に作られたヨハネス・プッチの木版画。(ALAMY/ACI) 1400年代後半のヨーロッパでは、地図作りが盛んに行われていた。その多くは、拡張し続ける交易路を安全に移動するための実用的な地図だったが、なかには当時の文化的、社会的、政治的な情勢を反映した創造性あふれるものもあった。 とりわけ目を引くのは、オーストリアの宮廷に仕えた学者ヨハネス・プッチが1530年代に制作した作品だ。ヨーロッパ大陸を擬人化し、王冠とガウンを身につけて宝珠と笏(しゃく)を持った女王の姿に見立てて描いた地図は、彼の作品の中で最も有名だ。(参考記事:「コロンブスの地図に隠されていた秘密、明らかに」) この地図のオリジナルは粗い木版画で、その後、「ヨーロ

                                                                                  ヨーロッパを擬人化した地図、なぜ500年前に人気となったのか