検索対象

並び順

ブックマーク数

セーフサーチ

期間指定

  • から
  • まで

文学の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)21943 件中 1 - 40 件目

  • 『ダンピアのおいしい冒険 1巻』(トマトスープ 作)感想 | Call of History ー歴史の呼び声ー

    17世紀イギリス政府はスペインとの対抗上、民間船に海賊行為を許可。 その乗組員ダンピアは博識かつ好奇心旺盛!航海で出会う未知の文化、 未知の動植物、そして未知の食を好んだという。この人物は実...

    『ダンピアのおいしい冒険 1巻』(トマトスープ 作)感想 | Call of History ー歴史の呼び声ー
    • ポリコレが蔓延し表現の自由がなくなった日本を書いた、桐野夏生のディストピア小説『日没』が怖すぎると話題に - Togetter

      森井良 @ryo_morii 桐野夏生『日没』。「ポリコレ」が「ペスト」のように蔓延した日本で、政治・倫理的に「正しく」ない作家を矯正する施設に入れられた主人公の「反抗」を描く。結末はカミュよりbitte...

      ポリコレが蔓延し表現の自由がなくなった日本を書いた、桐野夏生のディストピア小説『日没』が怖すぎると話題に - Togetter
      • なぜ美少年趣味につきあわなければいけないのか - jun-jun1965の日記

        佐藤亜紀の「天使」という、藝術選奨新人賞を受賞した長編小説は、第一次大戦を背景に、超能力を持つ少年を描いた作品だが、半ばまで読んでも面白くないので、文春文庫版の豊崎由美の解説を読んでみた...

        なぜ美少年趣味につきあわなければいけないのか - jun-jun1965の日記
        • 【著者インタビュー】佐藤亜紀『黄金列車』/ユダヤ人の金銀財宝を積み込んだ列車の迷走劇 | P+D MAGAZINE

          1944年にブダペシュトを発ち、道中、保管庫に立ち寄ってお宝をごっそり積み込んだ通称・黄金列車。その約4か月に亘る迷走劇を、積荷の管理を命じられた大蔵省の中年職員らの奮闘を軸に描いた傑作。 20...

          • 大相撲令嬢 ~聖女に平手打ちを食らった瞬間相撲部だった前世を思い出した悪役令嬢の私は捨て猫王子にちゃんこを振る舞いたい はぁどすこいどすこい~

            「この僕、アリアカ王国第一王子ジョナスとフローチェ・ホッベマー侯爵令嬢との婚約は、現時点をもって破棄させていだたく!」 悪役令嬢の汚名を着せられたフローチェは、光の聖女ヤロミーラ・シュチャ...

            • 小説の新人賞受賞作が激論の末改題→賛否の声が続出。改題の意図とは。何故否定的意見が散見するのか - Togetter

              奥村勝也 @kokumurak 第8回ハヤカワSFコンテスト〈優秀賞〉『電子の泥舟に金貨を積んで』ですが、著者・竹田人造さんとの激論の結果、 『人工知能で10億ゲットする完全犯罪マニュアル』 に改題します。...

              小説の新人賞受賞作が激論の末改題→賛否の声が続出。改題の意図とは。何故否定的意見が散見するのか - Togetter
              • 不死を得た世界に、新たな神が現れる。フランス作家による未来への警告──『透明性』 - 基本読書

                透明性 作者:マルク・デュガン発売日: 2020/10/15メディア: 単行本この『透明性』は、セネガル生まれのフランス人作家マルク・デュガンによる長篇小説である。本書が長篇のフィクションとしては本邦初...

                不死を得た世界に、新たな神が現れる。フランス作家による未来への警告──『透明性』 - 基本読書
                • "現代ジャズ×文学"のためのディスクガイド for 文學界"JAZZ×文学"|柳樂光隆 Mitsutaka Nagira|note

                  僕は”ジャズに言葉は不要なのか?”というテーマの評論を書きましたが、依頼されたお題が評論ではなかったら書けるなと思っていたアイデアがあるので、ここで紹介しておきます。 それは "現代ジャズ×文...

                  "現代ジャズ×文学"のためのディスクガイド for 文學界"JAZZ×文学"|柳樂光隆 Mitsutaka Nagira|note
                  • 『かか』『推し、燃ゆ』宇佐見りんinterview「自律的に生きられる人ってそんなにいるの?」 - i-D

                    心を病んだ母を救おうとする娘を描いた壮絶なデビュー作『かか』。「推しを推す」ことを、自身の肉を背骨ひとつになるまで削ぎ落とすような祈りとして描ききった第二作『推し、燃ゆ』。前者は文藝賞、...

                    『かか』『推し、燃ゆ』宇佐見りんinterview「自律的に生きられる人ってそんなにいるの?」 - i-D
                    • 品田悦一「万葉ポピュリズムを憂う」 - 白水社

                      『万葉集』の作者層が「天皇から庶民まで」にわたるというのは、近代国家建設期に、国民的一体感の醸成という国家的課題に沿って作為された想像、幻想である。そのことを私はもう二十年も前に実証し、...

                      品田悦一「万葉ポピュリズムを憂う」 - 白水社
                      • 私は妻を救えなかった 「産後鬱での自死」 生後三か月から精神・身体の不調..

                        私は妻を救えなかった 「産後鬱での自死」 生後三か月から精神・身体の不調が出始めて 保健師との面談や心療内科に通うも相性が良くなく 実家に帰省して別の病院に通いながら投薬治療を続けていたが 子...

                        私は妻を救えなかった 「産後鬱での自死」 生後三か月から精神・身体の不調..
                        • 男社会から早々にドロップアウトして人生ヌルゲー状態

                          タイトルのとおりなんだけど 小学校はサッカー部で先輩後輩なく楽しくやってたんだけど、中学校になってどうもおかしな気配を感じた。 普通の公立中学校だったからなのか、サッカー部なんかド不良の集...

                          男社会から早々にドロップアウトして人生ヌルゲー状態
                          • 解釈違い二次創作が増えると何が嫌なのかという話

                            よく「見なけりゃいいじゃん」って言う奴いる。それは部分的には正しいけど、部分的には間違ってる。 自分が傷付かないためには見ないのが一番。だから私は常に先行ブロックしてる。 でも、解釈違い二...

                            解釈違い二次創作が増えると何が嫌なのかという話
                            • ノーベル文学賞2020年、裏読み解説 今年の授賞の謎ときに挑む(鴻巣友季子) - 個人 - Yahoo!ニュース

                              「いけず」な授賞? さて、2020年のノーベル文学賞の受賞者が発表された。アメリカの詩人ルイーズ・グリュック氏(77)だ。わたしの事前解説と予想の記事はこちらを読んでいただきたい。受賞者が日本...

                              ノーベル文学賞2020年、裏読み解説 今年の授賞の謎ときに挑む(鴻巣友季子) - 個人 - Yahoo!ニュース
                              • 白人のアメリカ人女性がノーベル文学賞をとることの意味について - ネットロアをめぐる冒険

                                皆さんお元気ですか。ご無沙汰しております。なかなかこちらの記事を更新する暇がない日々を過ごしております。 今日はノーベル文学賞のこの呟きについて。 ノーベル文学賞を受賞した人が 「白人でアメ...

                                白人のアメリカ人女性がノーベル文学賞をとることの意味について - ネットロアをめぐる冒険
                                • #ペスト 1巻 評論(ネタバレ注意) - AQM

                                  自分の毎日の巡回ルートのWEBサイトの一つにアキバBlogがあります。 今となっては古参の大手ブログで、エッチなコンテンツが多く敬遠される向きの方もいらっしゃるサイトですが、毎日10記事ぐらいの更...

                                  #ペスト 1巻 評論(ネタバレ注意) - AQM
                                  • Gotoトラベルで初めて泊まった宿に見覚えがあった。

                                    今週末、東京都が初めてGotoトラベルの対象となった。 旅行好きであった私はようやく世間に旅行に行くことを許された気分となり、 心晴れやかに、しかし道中は自動車で移動し、極力寄り道をせず、 泊ま...

                                    Gotoトラベルで初めて泊まった宿に見覚えがあった。
                                    • ヴィクトリア朝人は家具の脚が恥ずかしいからカバーをかけたわけではない~イギリス文化と性にまつわる神話探訪 - wezzy|ウェジー

                                      2020.10.10 16:00 ヴィクトリア朝人は家具の脚が恥ずかしいからカバーをかけたわけではない~イギリス文化と性にまつわる神話探訪 ヴィクトリア朝のイギリスといえば、性的に抑圧され、やたら厳しい道...

                                      ヴィクトリア朝人は家具の脚が恥ずかしいからカバーをかけたわけではない~イギリス文化と性にまつわる神話探訪 - wezzy|ウェジー
                                      • 「教養」についての雑感 - ねずみのすもう

                                        現代ほど「教養」という言葉がときに称揚され、時にpgrされている時代はないのではないか。 ときは明治大正・旧制高校のエリート教育華やかなりし頃、「教養」はステイタスであった。学生は古今東西の...

                                        「教養」についての雑感 - ねずみのすもう
                                        • ノーベル文学賞に米国の詩人 長年研究、札幌の木村さん喜び 日本で無名「光当たった」 「現代人の心に響くはず」 | 北海道新聞 どうしん電子版

                                          ノーベル文学賞発表から一夜明けた9日、受賞した米国の女性詩人ルイーズ・グリュックさんを長年研究してきた北海道武蔵女子短大名誉教授の木村淳子さん(84)=札幌市北区=が「日本であまり知られてい...

                                          ノーベル文学賞に米国の詩人 長年研究、札幌の木村さん喜び 日本で無名「光当たった」 「現代人の心に響くはず」 | 北海道新聞 どうしん電子版
                                          • 架空の神話大系・クトゥルー神話はいかにして生まれ、世界に広がったのか? 森瀬繚さんインタビュー|好書好日

                                            文・朝宮運河 写真・斉藤順子 森瀬繚(もりせ・りょう)ライター・翻訳家 小説やアニメ・ゲームのシナリオの執筆や、ゲームを中心に神話・オカルト・歴史考証に携わる。翻訳家としてはS・T・ヨシ『H・P...

                                            架空の神話大系・クトゥルー神話はいかにして生まれ、世界に広がったのか? 森瀬繚さんインタビュー|好書好日
                                            • 濱田麻矢 on Twitter: "今年のノーベル文学賞受賞者は私の知らない方でした。邦訳は見つからず、中国語訳を発見。これからこういうことが増えていくんだろうなぁ https://t.co/0fXn66n2uR"

                                              今年のノーベル文学賞受賞者は私の知らない方でした。邦訳は見つからず、中国語訳を発見。これからこういうことが増えていくんだろうなぁ https://t.co/0fXn66n2uR

                                              濱田麻矢 on Twitter: "今年のノーベル文学賞受賞者は私の知らない方でした。邦訳は見つからず、中国語訳を発見。これからこういうことが増えていくんだろうなぁ https://t.co/0fXn66n2uR"
                                              • 『SFマガジン』編集長・塩澤快浩が語る、SFが多様性を獲得するまで 「生き延びることしか考えてきませんでした」|Real Sound|リアルサウンド ブック

                                                『SFマガジン』編集長・塩澤快浩が語る、SFが多様性を獲得するまで 「生き延びることしか考えてきませんでした」 2020年2月号が創刊60周年記念号となった「SFマガジン」を発行する早川書房は今年、ハヤ...

                                                『SFマガジン』編集長・塩澤快浩が語る、SFが多様性を獲得するまで 「生き延びることしか考えてきませんでした」|Real Sound|リアルサウンド ブック
                                                • “読者への嫌がらせ”のためにわざと乱丁・落丁・無裁断 印刷会社にお断りされまくった東方projectの同人誌『この作者、天邪鬼につき』 - ねとらぼ

                                                  同人誌制作者さんに作品へのこだわり、思い入れなどを伺う読者応募企画「装丁にこだわりまくった同人誌、教えてください」。今回は「“わざと乱丁・落丁・無裁断”というハチャメチャなコンセプトにした...

                                                  “読者への嫌がらせ”のためにわざと乱丁・落丁・無裁断 印刷会社にお断りされまくった東方projectの同人誌『この作者、天邪鬼につき』 - ねとらぼ
                                                  • ノーベル文学賞にアメリカの詩人 ルイーズ・グリュック氏 | ノーベル賞 | NHKニュース

                                                    ノーベル賞の選考委員会はグリュック氏について「厳粛な美を伴う、まぎれもなく詩的な声で、個の存在を普遍的なものにした」と評価しています。 そのうえで「詩の音色は一見、自然だが衝撃的だ。読者は...

                                                    ノーベル文学賞にアメリカの詩人 ルイーズ・グリュック氏 | ノーベル賞 | NHKニュース
                                                    • 文章生成AI「GPT-3」がRedditで1週間誰にも気付かれず人間と会話していたことが判明 - GIGAZINE

                                                      人工知能を研究している非営利団体OpenAIが開発した言語モデル「GPT-3」を使用して、何者かが海外掲示板のRedditに1週間近く投稿を続けていたことが分かりました。GPT-3による投稿は、最終的に開発者の...

                                                      文章生成AI「GPT-3」がRedditで1週間誰にも気付かれず人間と会話していたことが判明 - GIGAZINE
                                                      • 日本ペンクラブ声明 「全員を任命すべきである――政府の日本学術会議会員任命拒否をめぐって」 – 日本ペンクラブ

                                                        日本ペンクラブ声明20201008学術会議 今般、菅義偉首相が日本学術会議の一部会員の任命を拒否したことは、学問の自由の侵害であり、言論表現の自由、思想信条の自由を揺るがす暴挙であることは明らかで...

                                                        • 今夜ノーベル文学賞発表 村上春樹はどうなる?受賞者を予想してみた(鴻巣友季子) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                          ノーベル文学賞は「世界翻訳文学大賞」? 今夜発表の受賞者を予想してみたノーベル賞の栄えあるメダル。世界最大の翻訳祭り いよいよ10月8日(木)の今夜、日本時間の午後8時に、ノーベル文学賞の発...

                                                          今夜ノーベル文学賞発表 村上春樹はどうなる?受賞者を予想してみた(鴻巣友季子) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                          • イスラエルのSFを集めた、恐ろしく質の高い傑作アンソロジー──『シオンズ・フィクション』 - 基本読書

                                                            シオンズ・フィクション イスラエルSF傑作選 (竹書房文庫) 発売日: 2020/09/30メディア: 文庫この『シオンズ・フィクション』は、イスラエルSFの傑作16篇を集めたアンソロジーである。訳者の一人である...

                                                            イスラエルのSFを集めた、恐ろしく質の高い傑作アンソロジー──『シオンズ・フィクション』 - 基本読書
                                                            • 芥川賞の遠野遥さん・バクチク櫻井敦司さん、親子と公表:朝日新聞デジタル

                                                              今年7月に芥川賞を受賞した作家の遠野遥さん(29)と、ロックバンド「BUCK-TICK」のボーカル櫻井敦司さん(54)が実の親子であることが、7日発売の文芸誌「文芸」冬号(河出書房新社)で明かされた。遠...

                                                              芥川賞の遠野遥さん・バクチク櫻井敦司さん、親子と公表:朝日新聞デジタル
                                                              • 「ゴジラ幻論」書評 フィクションが導く科学の世界|好書好日

                                                                2016年、東京に上陸し、活動を停止した巨大不明生物「ゴジラ」。従来の生物学の知見では単純に説明することのできない生態、機能、起源と発生プロセス等における多くの謎に、進化… ゴジラ幻論―日本...

                                                                「ゴジラ幻論」書評 フィクションが導く科学の世界|好書好日
                                                                • 26年前の小説がコロナ禍で注目 小川洋子さんに聞く:朝日新聞デジタル

                                                                  「ポスト・トゥルース」「ウィズ・コロナ」。そんな聞き慣れない言葉がついて回る時代にあって、四半世紀前に書かれた小説が世界で読まれている。作家、小川洋子さんの『密(ひそ)やかな結晶』(講談...

                                                                  26年前の小説がコロナ禍で注目 小川洋子さんに聞く:朝日新聞デジタル
                                                                  • BUCK-TICK櫻井敦司と芥川賞作家・遠野遥は実の親子、本日発売「文藝」で初対談が実現 - 音楽ナタリー

                                                                    BUCK-TICK櫻井敦司と芥川賞作家・遠野遥は実の親子、本日発売「文藝」で初対談が実現 2020年10月7日 13:45 12697

                                                                    BUCK-TICK櫻井敦司と芥川賞作家・遠野遥は実の親子、本日発売「文藝」で初対談が実現 - 音楽ナタリー
                                                                    • 完全新作TVアニメシリーズ「ゴジラ シンギュラポイント Godzilla Singular Point」公式サイト

                                                                      監督 高橋敦史/シリーズ構成・脚本 円城塔/キャラクターデザイン原案 加藤和恵/怪獣デザイン 山森英司/音楽 沢田完/アニメーション制作 ボンズ×オレンジ

                                                                      完全新作TVアニメシリーズ「ゴジラ シンギュラポイント Godzilla Singular Point」公式サイト
                                                                      • #足立区短歌 まとめ - Togetter

                                                                        tiro(ちろ)⛅ @tirorin1220 放課後に二人夕焼け見た橋は終わりの時まで残していいよね わたしたち最後の二人になったけど鹿ハクビシン猪もいる 好きだったパン屋も本屋も滅ぼしてごめんと荒れた髪の毛...

                                                                        #足立区短歌 まとめ - Togetter
                                                                        • 歴史小説の技法 – 大蟻食の生活と意見

                                                                          コンテンツへスキップ 歴史小説の技法と可能性について、月3回全36回の予定で論じて行きます。 目次 I 歴史小説の類型 (2020.oct. 4回予定) i 二種類の歴史小説 (4.oct) 余談 何故架空の人物? 一つの...

                                                                          • 人物と思想で読み解くインド叙事詩『マハーバーラタ』1:アルジュナ(沖田瑞穂) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                                            『マハーバーラタ』は『ラーマーヤナ』とともにインド二大叙事詩に数えられる、長大な物語である。成立は紀元前四世紀から紀元後四世紀にかけて、長期間にわたって次第に形作られたと考えられている。...

                                                                            人物と思想で読み解くインド叙事詩『マハーバーラタ』1:アルジュナ(沖田瑞穂) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                                            • 手首に線を刻むより、フランス料理を食べていく - トイアンナのぐだぐだ

                                                                              10年以上前。首を吊った。生還した。数日寝込んだ。頭痛がひどかった。視界はぼやけていた。吐しゃ物で臭う寝床。自分の身体にかろうじて残っていた「死ぬ気」まで使いつくし、寝床で呻くしかなかった...

                                                                              手首に線を刻むより、フランス料理を食べていく - トイアンナのぐだぐだ
                                                                              • 読書猿『独学大全』~待ち焦がれた傑作、それでも、足らないもの|ばる|専業読書家(人文学)|note

                                                                                3年、待っていた。自身、独学者を志し今年はじめに会社を辞めるとき、少なからず不安はあった。でも、どこか「その頃には『独学大全』も出るしな」と思って気持ちを落ち着けていたところがあった。 そ...

                                                                                読書猿『独学大全』~待ち焦がれた傑作、それでも、足らないもの|ばる|専業読書家(人文学)|note
                                                                                • 飯田一史×編集マツダ特別対談〔前編〕 「Web小説で食っていく」は可能か?小説と作家の未来|編集マツダ|monokaki

                                                                                  飯田一史×編集マツダ特別対談〔前編〕 「Web小説で食っていく」は可能か?小説と作家の未来|編集マツダ 「Web小説の森」では、短編小説ブームなど「ネット上では盛り上がっているが世間的な認知が追い...

                                                                                  飯田一史×編集マツダ特別対談〔前編〕 「Web小説で食っていく」は可能か?小説と作家の未来|編集マツダ|monokaki