検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

scrumの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)6498 件中 1 - 40 件目

  • デイリースクラムいらなくなくなくなーい!?

    CoffeeScript is Beautiful & I Never Want to Write Plain JavaScript Again

    デイリースクラムいらなくなくなくなーい!?
    • 「社員は優秀だけど楽しそうじゃない」、パナソニックHDはアジャイル道場で覆せるか

      「もう仲間だから正直に言いますね。社員は優秀ですごく頑張っているのに、楽しそうじゃないんですよ」――。パナソニック ホールディングス(HD)でグループCIO(最高情報責任者)を務める玉置肇執行役員は2022年春、大阪府守口市にある本社ビルの一室でこう語った。 語りかけた相手はリアルとオンラインで参加したパナソニック オペレーショナルエクセレンス(PEX)らの社員数十人。皆、同社のアジャイル推進組織「PEXアジャイルセンター」が主催する「アジャイル実践塾・道場」に参加する塾生や事務局関係者である。 PEXは2022年4月の持ち株会社制への移行に伴い発足し、ITや生産技術、品質管理、調達、知的財産、人事、経理、ブランドマネジメントといった各分野にわたり、グループの各社・各部門の仕事を効率化・高度化する企画やそれを具現化したサービスなどを提供している。事業会社としてパナソニックグループの経営方針

      「社員は優秀だけど楽しそうじゃない」、パナソニックHDはアジャイル道場で覆せるか
      • OKRはツリーではない

        ObjectivesとKey Results • Objectives • 目標 • 自分は何を目指したいのか、 という問いに対する答え • Key Results • 成果指標 • 目標までの到達度を測定するもの アンドリュー・S・グローブ(1983) HIGH OUTPUT MANAGEMENT 日経BP および Google re:Workに記載の定義に基づく OKRを組織に循環させる手段 • Conversation(対話) • Feedback(フィードバック) • Recognition(承認) ジョン・ドーア(2018) Measure What Matters 伝説のベンチャー投資家がGoogleに教 えた成功手法 OKR 日本経済新聞出版社 CFR スクラム プロダクトゴール スプリントプランニング スプリントレビュー スプリントレトロスペクティブ デイリースクラム プロ

        OKRはツリーではない
        • サポート一覧

          オフショア開発アカデミーでは、オフショア開発に関する基本的な情報を学びます。そのため個別のプロジェクトやオフショア開発を利用する企業の状況に合わせた対応方法は、サポートにて対応しています。 無料で様々なサポートを利用することが出来ます。 ぜひサポートを活用して、オフショア開発に役立ててください。

          サポート一覧
          • オフショア開発ラボ型講義一覧

            オフショア開発ラボ型講義一覧 失敗しないオフショア開発アカデミー / 失敗しないオフショア開発アカデミー講義一覧 / オフショア開発ラボ型講義一覧 現在準備中 REGENESIS Inc All Right Reserved

            オフショア開発ラボ型講義一覧
            • Agile and DevOps の歴史をチェリーピック

              Transcript アジャイルとDevOpsの 歴史をチェリーピックして 勝手にふりかえりながら 仙人と語らうためのスライド 川口 恭伸 かわぐち やすのぶ Twitter: @kawaguti アギレルゴコンサルティング株式会社 シニアアジャイルコーチ 株式会社ホロラボ シニアアジャイルコーチ 一般社団法人スクラムギャザリング東京実行委員会 代表理事 一般社団法人 DevOpsDays Tokyo 代表理事 研修やってます アギレルゴアジャイル研修 検索 前段で勝手なことを話しておけば だまって聞いてる仙人がウズウズして しゃべりたいことがたくさん出てくる だろうという戦術 仙人 勝手なことを 話してる 市井の人 ITバブル崩壊 2009年 リーマンショック 2001年 まことに勝手なる歴史観 ITバブル崩壊 2009年 リーマンショック 2001年 先アジャイル期 アジャイル期 De

              Agile and DevOps の歴史をチェリーピック
              • QAがAcceptance Criteriaにテストしたい項目を追加して、みんなでいつ何をつくるのか考えたよ

                こんにちは。SouzohでQAをしている____rina____です。 先日、「ショップデザインの編集」で商品をまとめたり、並び替えられるような機能をリリースしました。 こちらの機能は、メルカリShopsマガジンで新機能として紹介されています(メルカリShopsマガジンでは、新機能やネットショップの開設・はじめ方などを紹介しています。) 「ショップデザインの編集」で商品をまとめたり並び替えられるようになりました | メルカリShopsマガジン 売れてるショップの活用例4選!ショップデザイン機能で商品を魅力的に見せよう 私の推しのショップさま(豊洲まぐろ一代 メルカリ店さん)も掲載されています。リリースした週にこの機能を使いこなされていて、想像以上にかわいくしてくださってうれしかったです🐟 今回このショップデザインの編集機能の開発では、Acceptance Criteria を充実させたこ

                QAがAcceptance Criteriaにテストしたい項目を追加して、みんなでいつ何をつくるのか考えたよ
                • 言いにくい・無関心・おもしろくないから内職… フィードバックが出てこないスプリントレビューを改善した「ファシリテーション改革」

                  言いにくい・無関心・おもしろくないから内職… フィードバックが出てこないスプリントレビューを改善した「ファシリテーション改革」 チーム全員で盛り上げるファシリテーション 「開発PM勉強会」では、今後のキャリアを考えるプロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー、エンジニアと共に、プロダクト開発事例の共有やシステム開発上流工程の相互学習の場を提供しています。第13回目は、プロダクト開発、プロジェクト管理とは切り離せないスクラムイベントや会議の進行「ファシリテーション」技術について話しました。ここで登壇したのは、株式会社グロービスの久津佑介氏。ファシリテーション改革によりスプリントレビューを改善した事例について話しました。 グロービス社・CPO兼法人開発チームのPMを担当 久津佑介氏:それでは、「チームで盛り上げるファシリテーション」とタイトルに変えて、お話しします。よろしくお願いします。

                  言いにくい・無関心・おもしろくないから内職… フィードバックが出てこないスプリントレビューを改善した「ファシリテーション改革」
                  • いかにして GraphQL を組織に導入するか (新規開発編) / how we introduce GraphQL on scratch development

                    いかにして GraphQL を組織に導入するか (新規開発編) / how we introduce GraphQL on scratch development GraphQL Tokyo #18 Lightning Talks https://www.meetup.com/ja-JP/graphql-tokyo/events/286913987/ Links: [GraphQL を活用したスキーマ駆動開発の実践](https://speakerdeck.com/qsona/schema-driven-development-with-graphql) [GraphQL を利用したアーキテクチャの勘所 / Architecture practices with GraphQL - Speaker Deck](https://speakerdeck.com/qsona/architectu

                    いかにして GraphQL を組織に導入するか (新規開発編) / how we introduce GraphQL on scratch development
                    • 新卒で飛び込んだフロントエンド刷新プロジェクトが学びだらけだった話 - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ

                      こんにちは、kintone フロントエンドリアーキテクチャプロジェクト (フロリア) に所属している 21 新卒の西川 (@nissy_dev) と左治木 (@sajikix) です。 フロントエンド刷新プロジェクトへの配属から約 1 年が経ち、プロジェクトに関わる中で多くの学びがあったので振り返ってみました。 目次 自己紹介 西川です 左治木です kintone フロントエンドリアーキテクチャプロジェクト(フロリア)とは 配属されてみて実際どう? プロジェクトから学べたこと 小規模なチームでのスクラム開発 Testing Trophy を意識した QA とのテスト設計 アクセシビリティを考慮した UI の開発 現在取り組んでいること いきなり刷新プロジェクトに配属されるのってどう? チームに任された裁量が大きく、新卒でも技術選定やより良い設計の提案をしながら開発できる 新規開発した機能に

                      新卒で飛び込んだフロントエンド刷新プロジェクトが学びだらけだった話 - Cybozu Inside Out | サイボウズエンジニアのブログ
                      • アジャイルやスクラムでも遅い? TeslaやSpaceXがイノベーションを生み出せる理由

                        アジャイルやスクラムでも遅い? TeslaやSpaceXがイノベーションを生み出せる理由:マネジメントはソフトウェアが代替 イノベーションで世界の注目を集めるTeslaやSpaceXは、ソフトウェア開発の現場で広まっているアジャイルやスクラムの考え方を製造現場に適用し、現在はその先を目指そうとしているという。2022年7月に開催された「Agile Tech EXPO 2022」でアジャイル導入支援の経験を持つJoe Justice(ジョー・ジャスティス)氏が、その「凄さ」を紹介した。 「アジャイルやスクラムはソフトウェア開発に適用するもの」というイメージが強いかもしれない。しかし、イーロン・マスク氏が率いるTeslaやSpaceXでは、電気自動車やロケットというハードウェアにもアジャイルやスクラムの考え方を取り入れ、これまでのモノ作りでは考えられないような短期間で新しいバージョンの製品をリ

                        アジャイルやスクラムでも遅い? TeslaやSpaceXがイノベーションを生み出せる理由
                        • 一年間 Working Agreement を作りながらチームビルドした話 - 弁護士ドットコム株式会社 Creators’ blog

                          はじめに こんにちは。弁護士ドットコム株式会社エンジニアの砂川です。 社名と同じ弁護士ドットコム事業本部の開発部でエンジニアリングマネージャをしています。 弁護士ドットコムではいくつかのプロジェクトチームに分かれてそれぞれのミッションに取り組んでいます。 その中で今回は掲題の Working Agreement 1 2 を作成しながらチームビルディングをしていった話をご紹介します。 はじめに 導入 Working Agreementってなに? 導入の背景 導入の流れ 実践 導入初期 追加されたルール例 導入から3か月 追加されたルール例 導入から半年 追加されたルール例 導入から一年 追加されたルール例 まとめ 導入 Working Agreementってなに? Working Agreement とはチームで仕事をするときの約束事を書いたものです。会議をいつ行うのか、流れはどのように実施

                          一年間 Working Agreement を作りながらチームビルドした話 - 弁護士ドットコム株式会社 Creators’ blog
                          • すべてがXPになる ─ エクストリームプログラミングで見える開発風景(セミナーレポート) - Agile Journey

                            アジャイルソフトウェア開発を企業が導入する際に、スクラムと並んで名前が挙がる開発手法にエクストリームプログラミング(XP)があります。ガイドブックや研修が存在するスクラムに対して、ペアプログラミング(ペアプロ)やテスト駆動開発といったプラクティスをエクストリーム(極限的)に実践しようというXPの導入には、どこから始めればよいのかと戸惑う開発組織もあるようです。 2022年6月に開催されたユーザベース主催の勉強会「エクストリームプログラミングで見える開発風景」では、XPの提唱者であるケント・ベックの著作などの翻訳者として知られる角征典さんと、XPを導入しているユーザベースのソフトウェアエンジニアである野口光太郎さんが講演したのち、XPの始め方やエンジニア以外との体制づくりなどについて、視聴者の質問をもとにパネルトークが行われました。 本記事では、組織にXPをどのように導入するか、またスクラム

                            すべてがXPになる ─ エクストリームプログラミングで見える開発風景(セミナーレポート) - Agile Journey
                            • スペシャリストになれなくても成長する方法 #scrumsendai / How to grow even if you can't become a specialist

                              スペシャリストになれなくても成長する方法 #scrumsendai / How to grow even if you can't become a specialist 2022/08 スクラムフェス仙台でプレゼンテーションしたスライドです。 https://confengine.com/conferences/scrum-fest-sendai-2022/proposal/17013/5000dai ソフトウェア開発者としてのキャリアやスキルをどのように広げていくかについて悩むことは多いと思います。日々技術は変化していっているのに自分の勉強がおいつかなくて、まわりのすごい人たちに焦り、何もできていない自分にがっかりする。自分はそんな日々を過ごしてきました。 ですが、そこからほんの少しずつでも視点をずらしてジェネラリストという道を選び、ソフトウェア開発に徐々に貢献できるようになり、自信を

                              スペシャリストになれなくても成長する方法 #scrumsendai / How to grow even if you can't become a specialist
                              • アジャイルであり続けるために技術スキルと向き合う

                                これから始める人のためのデータベース超入門 / A super introduction for Database beginners.

                                アジャイルであり続けるために技術スキルと向き合う
                                • 【資料公開】スプリントプランニング Deep Dive

                                  みなさんこんにちは。@ryuzeeです。 8月26日に新刊『エンジニアリングマネージャーのしごと』が発売になったのでぜひよろしくお願いします。 2022年8月26日〜27日までスクラムのコミュニティイベントであるScrum Festが初めて仙台で行われました。 このイベントで「スプリントプランニング Deep Dive」というタイトルで話をする予定だったのですが、急遽体調不良となり、代わりに弊社の@miholovesqに登壇してもらいました。 ただ、資料をそのままにしておくのも勿体ないので、こちらで公開します。 スクラムガイドの複数回の改訂で、スプリントプランニングにも何度か変更が加わっています。 ところが巷のブログなどを読んでいると古い知識をベースにしていたり、特定のツールの従来からの仕様に引きづられた運用になっていたりするのを多く見かけます。 ということで、今回スプリントプランニングに

                                  【資料公開】スプリントプランニング Deep Dive
                                  • 全関係者の相関図をまず作れ、「聞いてない」は手戻りに直結

                                    書籍『誰も教えてくれなかったアジャイル開発』(日経BP)では、ウオーターフォール型開発が主流の「日本企業」で試行錯誤しながらアジャイル開発を成功に導いてきたコンサルタントたちが、自ら経験を体系化している。本書から抜粋し、アジャイル開発のポイントを紹介する「実践編」から、“抵抗勢力”への対策について解説する。(技術プロダクツユニットクロスメディア編集部) ここではプロジェクト関係者、とりわけステークホルダー「全員」をリストにまとめて可視化する。プロジェクト開始時に直接プロジェクトに参加する人たちの体制図はつくるものの、間接的に影響を与える可能性のある人たちについては各自の頭の中にあるだけで、積極的に洗い出したり可視化したりはしないプロジェクトが多い。 ステークホルダーの可視化が不十分だったプロジェクトで起こったトラブルを紹介しよう。営業活動を可視化し、業務効率向上と働き方改革を支援することを

                                    全関係者の相関図をまず作れ、「聞いてない」は手戻りに直結
                                    • それなりに長いことスクラム開発を続けて得た知見とこれから。

                                      こんにちは。株式会社ペライチの執行役員開発部長の佐藤です。 ペライチではスクラムで開発しています。 ペライチのスクラム開発は、かれこれ 3、4 年前に 1 つのスクラムチームから始めました。 幸いなことに、チームも機能ごと 4 つに拡大しそれなりに長い期間、スクラム開発を続けられています。 今回はスクラムを始めた導入機から拡大期までの変遷と振り返りを記事にしてみようと思います。 ※この記事はペライチの通ってきたスクラムの歴史を振り返る n=1 のストーリーを記載します。スクラムはこうすべき!というわけでなく、各社ごとのスクラムのスタイルがあって良いと考えている上での記事ということをご承知おきいただけると幸いです。 スクラム導入以前 導入以前は issue ベースで開発案件をエンジニアに都度アサインする形式の開発をしており、CTO から各エンジニアが直接作業指示を受けているような形式を取って

                                      それなりに長いことスクラム開発を続けて得た知見とこれから。
                                      • 段取りとマイクロマネジメントとスクラム - yigarashiのブログ

                                        仕事ができるエンジニアはだいたい段取りがうまい。達成したいゴールがあるときに、AとBとCをやる必要があって、Bはわからないことが多いから先にやろうとか、AとCは並行してできるからCを誰かにお願いしようとか、とにかく目標を達成するための道のりをうまく計画できる人が多い。こういう作業をそつなくこなせるかが、ジュニアと一人前を区別する重要な指標のひとつと言える。そしてこの段取りをうまくできない人に対して、細かい計画を立ててあげて指示をするのがマイクロマネジメントだと思う。 スクラムにおけるスプリントプランニングは、この段取りをチームでやると思うとよく腹落ちする。達成したいゴールとしていくつかのプロダクトバックログアイテムを置いて、その達成に必要な作業を半日から1日で終わるサイズのタスクにみんなで分解して、不明点を一緒に洗い出して、どういう順番でやっていくか計画を立てる。まさに段取りだ。これがスク

                                        段取りとマイクロマネジメントとスクラム - yigarashiのブログ
                                        • スクラムマスターの役割とは何か? チームと環境の変化で“変わる”取り組みと“変わらない”原則

                                          2001年の「アジャイルソフトウェア開発宣言」から20年以上が経過し、アジャイル開発の認知や実践は大きく広がりを見せています。一方で、社会や環境の変化に適応するように、その実践の形も、姿を変えながら進化を続けています。今回は、スクラムマスターを務めるヤフー 田原慎也氏とChatwork 粕谷大輔氏に、「リモートでのスクラム」「大規模スクラム」など、アジャイル開発、特にスクラムにおける、ホットなトピックについて語っていただきました。 ともに複数チームでプロジェクトを推進する2人のスクラムマスター 田原:ヤフーの田原です。スクラムマスターを務めるようになったのは1年ほど前からで、まだ初心者です。今回は、自分のこれまでの取り組みをお話しして、エキスパートである粕谷さんに、いろいろと突っ込んで、教えていただければと思っています。 粕谷:Chatworkの粕谷です。こちらこそ、よろしくお願いします。

                                          スクラムマスターの役割とは何か? チームと環境の変化で“変わる”取り組みと“変わらない”原則
                                          • 自身の影響力の拡張がそのままキャリアとなっていく 「#ScrumMasterWay」から考える、スクラムマスターの成長プラン

                                            今回のテーマは​​「スクラムマスターのキャリア」 粕谷大輔氏(以下、粕谷):ではお時間になりましたので、「だいくしーのスクラムBar #5」を始めていこうと思います。よろしくお願いしまーす。 藤井善隆氏(以下、藤井):お願いしまーす。 粕谷:スクラムBarは、ブラッと立ち寄ってスクラムについてよもやま話をみんなで仲良くワイワイ話す、本当にバーのような雰囲気を目指しています。 Chatworkのことを知ってもらって、僕らの採用とかに興味を持ってもらえればなとは思っているのですが、そういう話はちょっと脇に置きつつ、スクラムや開発手法についてなんでも気軽に相談し合って、ワイワイ話す場にしたいなと思います。 ゆくゆくは「リアル店舗でしたいね」なんて言っていて、そのうちどこかバーを借りてやったりしたいなぁと思ったりもしています。 今日の前半は、僕から少しスクラムマスターのキャリアについてお話をして、

                                            自身の影響力の拡張がそのままキャリアとなっていく 「#ScrumMasterWay」から考える、スクラムマスターの成長プラン 
                                            • スクラムでプロジェクトを始める前にお客様に説明しておきたいスクラムのエッセンス | DevelopersIO

                                              はじめに みなさんこんにちは、CX事業本部Delivery部のかみとです。 受託開発のプロジェクトをスクラムで始める際、アジャイル開発やスクラムのフレームワークに対する認識がお客様とベンダー間で一致していることが望ましいのですが、アジャイルやスクラムの経験有無、理解度の違いなどによって異なった認識のままプロジェクトが開始してしまうことで、後々プロジェクトの進行に影響を及ぼしてしまうことがあると思います。 これがただの小さな認識のズレで、プロジェクト進めていく中で調整可能なものであればいいのですが、そもそもの前提が違うくらいの大きな認識相違となってしまった場合、プロジェクトとしてはもちろんお客様との信頼関係にも悪影響を与えかねません。 そういった状況を避けるためにも、なるべくプロジェクト開始前にお客様との間でアジャイル開発にまつわる、よくある誤解を解消しておくのはとても大切なことだと思います

                                              スクラムでプロジェクトを始める前にお客様に説明しておきたいスクラムのエッセンス | DevelopersIO
                                              • 「やらないことリスト」をまず作れ、アジャイル開発で必ず役立つ

                                                書籍『誰も教えてくれなかったアジャイル開発』(日経BP)では、ウオーターフォール型開発が主流の「日本企業」で試行錯誤しながらアジャイル開発を成功に導いてきたコンサルタントたちが、自ら経験を体系化している。本書から抜粋し、アジャイル開発のポイントを紹介する「実践編」から、前回に続いてポイント(5) 「やること」よりも「やらないこと」をまず決める、を掲載する。(技術プロダクツユニットクロスメディア編集部)

                                                「やらないことリスト」をまず作れ、アジャイル開発で必ず役立つ
                                                • あなたが学んだアジャイルとテスラの手法は何が違うのか? 認定スクラムトレーナーが語る、テスラの真の凄さ

                                                  「Agile Tech EXPO(あじゃてく)」は、社会をちょっと良くするテクノロジーを学び、ちょっと先の未来の話をする無料オンラインコミュニティです。Keynote Speakerとして登壇したのは、ビル・ゲイツ氏、ジェフ・ベゾス氏、イーロン・マスク氏の下で働いた経験があるジョー・ジャスティス氏。テスラ社の急成長を支える、アジャイルハードウェア開発について話しました。全2回。前半は、イノベーションの加速のポイントとなる「スプリントの長さ」と「プロジェクトの同時進行」について。 テスラのアジャイル文化を12のステップで紹介 ジョー・ジャスティス氏:本日はありがとうございます。アジャイルハードウェアディロップメントとして、アジャイルをいかにハードウェア開発に適用していくかということを、今回お話しします。 私の経験ですが、マイクロソフトのビル・ゲイツや、スペースカンパニーやAmazonをやって

                                                  あなたが学んだアジャイルとテスラの手法は何が違うのか? 認定スクラムトレーナーが語る、テスラの真の凄さ
                                                  • コンウェイの法則の反転現象 - 余白

                                                    発見したつもりだが、すでに周知のことかもしれない。が、少なくとも私には知られていなかった。全文はScrapboxに。 scrapbox.io TL;DR システムの構造を変更するほうが組織の構造を変更するよりも困難である場合、組織の構造はむしろシステムの構造から優越的に影響を受ける 「コンウェイの法則の反転現象」と呼ぶものについて システムの構造と組織の構造がミスマッチしたとき、システムの構造を変化することが容易でなければ、組織の構造のほうが適応してしまう システム開発能力の養成が不十分なまま内製化を進める組織においては、この反転現象が起こりやすい また、ソフトウェア開発現場のアジャイル化はこの現象をさらに促進するだろう アジャイルな組織とは変更容易性の高い組織であるため、相対的に必然的に組織の構造のほうが適応しやすい この現象によって、逆コンウェイ戦略を狙ってシステム構造の改善をめがけた

                                                    コンウェイの法則の反転現象 - 余白
                                                    • スクラムチームでモブプロをやってみた - commmune Engineer Blog

                                                      はじめに こんにちは!コミューン株式会社でサーバーサイドエンジニアをしている安藤(@andnandna)と申します。 今回、私が所属しているチームでモブプロを実践してみたのでその方法や感想を紹介したいと思います。 モブプロが気になっている人や他の人がどうやっているかが気になるような方へ参考になれば幸いです。 モブプロ導入 導入まで 私が今所属しているチームではスクラムを実践しているのですが、その中での取り組みの一つとして"WIP制限"というものをしていました。 簡単に言うと「チーム全体で進行中にするストーリーの数を絞る」というものです。 (詳しい内容や背景などはこちらの記事をご参照ください) チーム全員が同じストーリーに取り掛かるので、うまい具合にタスクがバラけていれば一人ずつ作業を進められますが、実装を切り分けづらかったりする場合もあります。 そういった場合にメンバー全員が一つのタスク(

                                                      スクラムチームでモブプロをやってみた - commmune Engineer Blog
                                                      • プロダクトの非機能的な改善の工数をどう確保するか - yigarashiのブログ

                                                        プロダクトの非機能的な改善をビジネスの中でどのように進めるかは、多くのチームが頭を悩ませる課題であると思います。本記事では私が最近考えていることをまとめてみようと思います。主に自社プロダクトの継続開発を想定した議論をします。 前提 まず非機能改善について議論する上で、重要な前提がふたつあると思っています。 ひとつは、我々は常に共通の目標を持っているということです。プロダクトのミッションや期の目標のことです。ビジネスサイドの人もエンジニアも、そうした目標を達成するためにそこにいることに違いはありません。機能開発も非機能的な改善も、見ている時間軸が多少違うことはあれど、この目標を達成するための手段です。それらが一見対立するように見えるのは影響を与える指標が違うからです。 もうひとつは、非機能改善に「やらない」という選択肢はないということです。システムにはデフォルトで滅びる方向に力が加わっていま

                                                        プロダクトの非機能的な改善の工数をどう確保するか - yigarashiのブログ
                                                        • 自衛隊の兵器開発もアジャイル化 | スラド セキュリティ

                                                          政府は長射程ミサイルとして開発中の地対艦ミサイルに関して、開発完了前でも一定の性能を獲得できた段階で導入する「アジャイル開発」を用いて、配備の時期を前倒しする方針を固めたそうだ。12式地対艦誘導弾の改良型がそれにあたり、計画では12式の約200キロを大きく上回る900~1500キロの射程延長を目標としている。政府は従来は26年度以降の量産・配備開始を目指していたが、23年度以降に前倒しすることを目指すとしている(毎日新聞、Yahoo!ニュース)。 あるAnonymous Coward 曰く、開発完了を待たず100%の性能が得られなくても実戦配備をおこなってアジャイル化・スパイラル開発をおこなうそうです #射程1500kmの対艦ミサイルを対地攻撃に転用すれば日本列島からソウル、ピョンヤン、台北、北京、南京、ウラジオストックに届く すべて読む | セキュリティセクション | 日本 | 軍事 |

                                                          • アジャイルとは 〜5つの解釈〜 | Agile Studio

                                                            Agile Studio プロデューサーの木下です。「アジャイル」という言葉が広く使われるようになり、さまざまなところで耳にするになりました。それに伴い「アジャイル」という言葉の解釈も多岐に亘ってきています。「アジャイルソフトウェア開発宣言」の執筆者のひとりボブおじさんこと ロバート・C・ マーチンはこの状況を「アジャイル」の知名度と意味を無断で拝借した「不正利用」と指摘しました。(参考:『Cle...

                                                            アジャイルとは 〜5つの解釈〜 | Agile Studio
                                                            • スクラムフェス大阪2022に登壇しました! | IIJ Engineers Blog

                                                              名古屋支社所属。新しい技術・怪しいデバイス・GISが好き。名古屋から影響力のある開発チームを作って発信していくのを目標としている 名古屋からこんにちは。名古屋支社の北河です。 登壇からかなり時間がたってしまいましたが(書くのが面倒くさかった訳ではないですよ!)、スクラムフェス大阪2022(6/17-18)で登壇しましたので、そのレポートを書きたいと思います。 スクラムフェス大阪とは何ぞや?って方は過去のblogをぜひ読んでみてください。 参加の動機 昨年のスクラムフェス大阪2021から登壇を始めましたが、 とにかく私たち名古屋技術4課のことを多くの人に知ってもらいたい!知って貰って横の繋がりを広げたい! が一番のモチベーションとなります。なので、よーーく覚えてもらえると嬉しいです! 応募したプロポーザルはリンク先を参照してください。 印象に残ったセッション やはりKeynote抜きでここは

                                                              スクラムフェス大阪2022に登壇しました! | IIJ Engineers Blog
                                                              • ITの世界でよく聞く言葉「アジャイル」ってどういう意味?|@DIME アットダイム

                                                                ソフトウエア開発の分野において、『アジャイル』という言葉はよく聞かれます。エンジニアにとってはなじみの深い言葉ですが、IT分野に詳しくなければ意味が分からない人も多いでしょう。アジャイルという言葉の意味から開発手法まで解説します。 アジャイルの意味は? アジャイルはIT分野でよく使われる言葉です。とはいえ、エンジニアをはじめとした技術者以外には、あまりなじみのない言葉かもしれません。まずはアジャイルの意味から押さえましょう。 言葉の定義 アジャイル(agile)とは、日本語で『俊敏』『敏捷』といった意味を持つ単語です。名詞にすると『敏捷性』を意味する『アジリティ(agility)』となり、素早い行動や動きの速さを表します。 特にIT分野では、ソフトウエアをスムーズに開発するための方法を指すのが一般的です。具体的な方法というよりは、開発の進め方というニュアンスで用いられていると考えましょう。

                                                                ITの世界でよく聞く言葉「アジャイル」ってどういう意味?|@DIME アットダイム
                                                                • なぜオブジェクト指向方法論に代わる方法論が出ないのか - きしだのHatena

                                                                  1990年代にオブジェクト指向分析・設計の方法論がめちゃ流行ったことがあります。 ただ、そのブームが終わって、後続となるような方法論が流行ることはありませんでした。 で、なぜなのか考えていたのですけど、オブジェクト指向方法論のウリは分析段階で出てきたオブジェクト(といいつつクラス)がコードにそのまま引き継がれるというものでした。ようするにオブジェクト指向方法論というのはコードのスケッチを書いて詳細化していくというものだったのです。 しかしながらこれは、スケッチとして書いた分析・設計が間違っていればコードも間違うわけで、強くウォーターフォールの性質をもつものでした。 結局のところスケッチの妥当性というのはコードを書かないと検証ができません。分析・設計段階で見出されたクラスが妥当かというのは、コード書かなければわからなかったのです。逆に、コードを書けば妥当かどうかわかります。であれば、最初から

                                                                  なぜオブジェクト指向方法論に代わる方法論が出ないのか - きしだのHatena
                                                                  • チームで盛り上げる ファシリテーション

                                                                    Transcript チームで盛り上げる ファシリテーション @開発PM勉強会vol.13 株式会社グロービス Globis Digital Platform CPO/PM 久津佑介 2 自己紹介 久津 佑介 / Yusuke Hisatsu 株式会社グロービス Globis Digital Platform 学習サービス事業部 CPO 兼 法人開発チーム PM @Nunerm プロダクトマネージャーカンファレンス実行委員会もやってます(今年は11/2開催です) 3 今日話したいこと フィードバックが出てこない スプリントレビューを改善するために チームでファシリテーション改革に取り組んだ話 4 当時の状況 プロジェクト • 法人向けプロダクトの大規模な機能のリニューアル • 少しずつリリースするのではなく、まとめてリリースする • リリースは半年以上先の予定 • プロダクトの特性上、カス

                                                                    チームで盛り上げる ファシリテーション
                                                                    • ログラスを支える技術的投資の仕組み / loglass-technical-investment

                                                                      実践!CloudFormation Best Practice ~CloudFormationで始める組織改革~

                                                                      ログラスを支える技術的投資の仕組み / loglass-technical-investment
                                                                      • みんなの銀行がマイクロサービス導入、開発スピードはどれだけ上がったか

                                                                        マイクロサービスの活用はネット企業が中心だったが、今や一般企業にも広まりつつある。その原動力は、システムを俊敏に変更したい、保守性を高めたいというニーズの高まりだ。ふくおかフィナンシャルグループ傘下の「みんなの銀行」の事例でメリットを見よう。 「競合のフィンテック企業はクラウドに素早くシステムを構築し、プロダクトを磨き上げる。同じ土俵のクラウドに乗り、アジャイル(俊敏)に改善していく」。スマートフォン専業銀行、みんなの銀行の宮本昌明執行役員CIO(最高情報責任者)はGoogle Cloud上に一から構築した勘定系を含む銀行システムのコンセプトをこう話す。 システムの俊敏な変更を可能にするために選んだのが「マイクロサービスアーキテクチャー」だ。比較的小さなサービスをAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)経由などで疎結合に連携させて、一連の処理を実現する。従来に比べてサー

                                                                        みんなの銀行がマイクロサービス導入、開発スピードはどれだけ上がったか
                                                                        • オフショア開発会社実績:Vinpearlホテル予約システム開発:【オフラボ】

                                                                          ベトナム全国にホテル( 5つ星の宿泊施設)を展開するベトナム最大のホテルグループであるVinpearlグループ(全国45軒)のウェブサイトです。 お客様がツアー、ホテル、航空券を検索し、予約、決済まで行うことが出来ます。 またウェブサイトの情報や予約はホテル毎の管理画面で管理することが出来ます。 ベトナム全国にホテル( 5つ星の宿泊施設)を展開するベトナム最大のホテルグループであるVinpearlグループ(全国45軒)の質の高いウェブサイトです。 また、ホテルのサービスに特化した管理画面を開発することが出来ます。 同じようなデザイン性の高いウェブサイトの開発とホテルのサービス運用を効率化したいプロジェクトをお考えの方はぜひお問い合わせください。

                                                                          オフショア開発会社実績:Vinpearlホテル予約システム開発:【オフラボ】
                                                                          • アジャイルは手段ではないよ。|市谷 聡啓 (papanda)|note

                                                                            今日も今日とて、様々なところで相談を受けている。日本中、そこかしこで課題がある。そんな中で寄せられる一つに「アジャイルができない」という話がある。 話を聞いていくと、アジャイルをやりたいのだけど上手くいかない、という。よくある話だけども、そもそも「なぜアジャイルをやりたいのか」を問うと、ごにょごにょし始めてしまう。 なぜアジャイルなのか? になると言葉に詰まる、あるいは通り一遍のフレーズ「変化に対応できるために」しか出てこない。どんな変化のことなのか、対応とはどういうことか? このあたりが言語化できないと、アジャイルを利用しようとしていて、その実、アジャイルという言葉に使われているだけかもしれない。これもよくある話。いわゆるアジャイルをやることが目的になっている。 そんなんじゃダメだから。すぐにアジャイルなるものの意義を確認しよう。 「だから、アジャイルは手段なんだ。あくまで手段なんだ。ア

                                                                            アジャイルは手段ではないよ。|市谷 聡啓 (papanda)|note
                                                                            • スタートアップのためのオフショア開発の始め方セミナー:【オフラボ】

                                                                              スタートアップの限られた費用の中で 効率的に開発を行うためには、オフショア開発を利用することは大きなメリットです ベトナムのオフショア開発を利用するメリット ・費用は国内の1/2ほど ・スキルの高い開発者を選びやすい ・日本語でコミュニケーション ・柔軟に開発可能 オフショア開発を利用すると、費用を抑えながら国内のフリーランス開発者に依頼するように、柔軟に開発できます。 今回のセミナーでは、スタートアップのためのオフショア開発の始め方として ・スタートアップがオフショア開発を行うための気をつけるポイント ・シリーズごとのオフショア開発の活用の方法 ・オフショア開発のアジャイル開発の方法 ・オフショア開発を失敗しないためのポイント ・戦略的にオフショア開発を導入する計画作成 を学んでいきます。 日時 2022/07/14 19:00 対象者 スタートアップ関係者 申し込み締め切り 2022/

                                                                              スタートアップのためのオフショア開発の始め方セミナー:【オフラボ】
                                                                              • 失敗しないオフショア開発セミナー・イベント:【オフラボ】

                                                                                オフラボでは失敗しないオフショア開発について学び、質問することが出来ます:【オフラボ】1人1ヶ月から始めるオフショア開発:常駐フリーランスのようにオフショア開発を

                                                                                失敗しないオフショア開発セミナー・イベント:【オフラボ】
                                                                                • スプリントゴールって何? - ナイスビア珍道記

                                                                                  今週、筑波大学のenPiT夏合宿をやっています。 大学生10チームがソフトウェアプロダクトを作るというプロジェクト型教育のなかで、1週間の夏合宿で1日1スプリントのスクラムを採用してアジャイル開発を実践しています。 ちなみに9月には琉球大学のenPiT夏合宿もやります。 詳しくは過去にいろいろ書いてきたのでそちらを参考にしてください。 miholovesq.hatenablog.com 今回は、「スプリントゴール」をうまく使いこなせないチームを目にして全体に伝えた内容に加筆して、ブログにも残しておきます。 スプリントゴールとは 現時点で最新のスクラムガイド 2020年11月版から引用します。 スプリントゴールはスプリントの唯一の目的である。スプリントゴールは開発者が確約するものだが、スプリントゴールを達成するために必要となる作業に対しては柔軟性をもたらす。スプリントゴールはまた、一貫性と集

                                                                                  スプリントゴールって何? - ナイスビア珍道記