並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで

1 - 40 件 / 99件

新着順 人気順

AI画像の検索結果1 - 40 件 / 99件

タグ検索の該当結果が少ないため、タイトル検索結果を表示しています。

AI画像に関するエントリは99件あります。 AI画像人工知能 などが関連タグです。 人気エントリには 『やばすぎるAI画像生成サービス「Stable Diffusion」始まる。 【簡単解説 & 応用 & Prompt付生成事例集】|やまかず|note』などがあります。
  • やばすぎるAI画像生成サービス「Stable Diffusion」始まる。 【簡単解説 & 応用 & Prompt付生成事例集】|やまかず|note

    一応、StableDiffusionとははっきりまず言います…とにかくやばいです。 分かりやすく、他のDALL・E2、Midjourney、Disco Diffusion、他有象無象Text to image machine learning系サービスと比較しますと… クオリティがかなり高い。 制限がなくなり、かなり細かい調整ができるようになったDALL・E2のような感じです。 生成が早い。 設定なしで使えば正直体感DALLE2より早いです。6秒..くらい? 安い。 3円くらいだと思います。 DALL・E2は1生成17円。Midjourneyは月4000円。 オープンソース これからいろんなサービスにこのAIが搭載されます。 他AIではかけられている学習データのフィルターがない。 各国の代表者や、有名人、ポルノがデータに含まれています。 PC上で使用できる。( = その場合無料) いや、こ

      やばすぎるAI画像生成サービス「Stable Diffusion」始まる。 【簡単解説 & 応用 & Prompt付生成事例集】|やまかず|note
    • 2022年11月末、今からAI画像生成を触りたい未経験者向け記事|852話|note

      こんにちは、852話です。 世でAI画像生成サービスが騒がれ、一旦瞬間最大風速を超えたかなと思う最近ですが、改めて『全くAI画像生成に触れてきてないけど、今から触ってみたい』という人向けの記事を書きます。 記事は ・パソコンを持っていなくても気軽に初められる ・英語がわからなくてもなんとかなる ・無料で体験できる ・もっとカッコいいものを作りたい時 などを書きました。 今現在AIに触れている方向けの記事はまた次の機会にアップします。 ・そもそもAI画像生成って何?この項目は区別がつかなかったりしても大丈夫ですし読み飛ばしても構いません。 現在話題になっているAIでの画像生成サービスの機能は、 「文章から画像を出力する」 text to image→通称t2i 「画像を指定して画像を出力する」 image to image→通称i2i の二種類がメインです。 サービス自体はDALL-E、Mi

        2022年11月末、今からAI画像生成を触りたい未経験者向け記事|852話|note
      • AI画像生成で建築パース用の添景を無限生成するまとめ|宮下巧大|note

        他にも「LatentMajestyDiffusion」「centipidediffusion」「latenddiffusion」「discodiffusion」「dalle2」など存在します。アルゴリズムが違うと同じ呪文でも質の違う画像が生成されるので、気が向いた人は色々と試してみることをお勧めします。 画像生成に関する基本知識画像生成に関するベーススキルは、どんなものを生成する場合でも一緒なので、上級錬金術師に学ぶのが一番早い。参考をいくつか紹介します。 大原則となる考え方を深津さんのnoteから抜粋します。 対話型のAIにとって、呪文プロンプトとは画像錬成の方向性ベクトルを定めるものにすぎない。 だからAIをよく使役するには、2つの理解「ベクトルの方向を強く適宜する力ある言葉ルーンの語彙力」と「再現性をもった呪文の組み立て」が必要になる。 深津さんのnote「魔術として理解するお絵描き

          AI画像生成で建築パース用の添景を無限生成するまとめ|宮下巧大|note
        • AIイラスト呪文生成器(AI画像・NovelAI・Waifu Diffusion)

          このページはAI画像生成をサポートするため制作しました 呪文(キーワード)を生成するためにから好みの条件を選択してくだい 条件が決まったらをクリック! 自動的にAI画像生成用にチューニングされた呪文(キーワード)が発行されるよ お気に入りのAI画像はツイートボタンからツイートできます を押すと【NovelAI】と【Waifu Diffusion】を切り替わるよ で出てきた条件ボタンをクリック! NovelAIの場合は{}が追加でき、Waifu Diffusionの場合は()が追加されるよ ()や{}は呪文を強調させる NovelAIは{}、Waifu Diffusionは()で呪文強化 重ね掛けで効果up リセットする場合はもう一度を押してね! このサイトはNovelAI・Waifu Diffusionのようなアニメイラスト特化型なんだ! midjourney・stable diffusi

            AIイラスト呪文生成器(AI画像・NovelAI・Waifu Diffusion)
          • 亡き妻の歌声とAI画像でミュージックビデオを作りました(CloseBox) | テクノエッジ TechnoEdge

            「亡き妻の写真」をAIで生成していることへのご意見について回答します、というコラムで、亡くなった人のイメージをAIを使って生成することの是非を問う方々への、筆者の立場からの解説を書きました。多くの方にはこの記事で理解していただいた一方で、どうしても納得がいかない、自分の疑問への回答になっていないという方も、忌避感を一層強めている方も一部にいらっしゃるようですが、それはそれぞれの心の中の問題であると思うので、あえて踏み込まずにおきたいと思います。 それはそうとして、筆者がこの技術でやりたかったことがある程度できたので、それをお見せしたいと思います。 妻があちらの世界に行って9年半が過ぎ、もうすぐ最後の誕生日が10回目のループを迎えます。彼女が遺した3曲の歌唱データから再構成した歌唱音源「妻音源とりちゃん」を使った楽曲を制作するのが自分のライフワークなのですが、このところ制作ペースが落ちてしま

              亡き妻の歌声とAI画像でミュージックビデオを作りました(CloseBox) | テクノエッジ TechnoEdge
            • midjourney、AI画像生成のプロンプトを考える。(AIアート初心者向け)|852話|note

              この記事は初心者向けです。 こんにちは。852話(ハコニワ)です。 皆様AIアート楽しんでいるでしょうか? テキスト入力で画像を生成してもらえる夢のような時代ですね。 でも実際AI画像生成サービスを利用して、皆さん思ったんじゃないでしょうか。 「なんか変なのしか生成されない!」 プロンプトを探すのって結構面倒です。midjourneyは公式サイトのfeedやranking、検索からコマンドプロンプトを探したり出来ますし、stable diffusionもプロンプト検索サイトも色々あります。画像からプロンプトを抽出してくれるサイトなんかもあります。 「でも面倒くさい! もっと攻略本的なサイトないの!?」 って結構思ってる人がいるんじゃないでしょうか。 そういう面倒くさがり向けの、要点のみを押さえた汎用プロンプトをまとめました。コピーペースト切ったり貼ったりで"それっぽい"ものを作ってみましょ

                midjourney、AI画像生成のプロンプトを考える。(AIアート初心者向け)|852話|note
              • 1万円ちょっとでAI画像認識ができるJetson Nanoを買ってみた

                  1万円ちょっとでAI画像認識ができるJetson Nanoを買ってみた
                • 最新Raspberry Pi OS(Bullseye)のAI画像認識環境構築方法

                  $ sudo apt-get install -y libhdf5-dev libc-ares-dev libeigen3-dev gcc gfortran libgfortran5 \ libatlas3-base libatlas-base-dev libopenblas-dev libopenblas-base libblas-dev \ liblapack-dev cython3 libatlas-base-dev openmpi-bin libopenmpi-dev python3-dev $ sudo pip3 install pip --upgrade $ sudo pip3 install keras_applications==1.0.8 --no-deps $ sudo pip3 install keras_preprocessing==1.1.0 --no-deps

                    最新Raspberry Pi OS(Bullseye)のAI画像認識環境構築方法
                  • 852話 on Twitter: "#NovelAIDiffusion #novelAI がリリースされました。多分現状課金会員のみ遊べるAI画像生成サービス。 かなり綺麗な線画と塗りに特化したキャラクターを生成してくれる。あとすごくボディラインが良いですね。ハイク… https://t.co/GyPrl44cmS"

                    #NovelAIDiffusion #novelAI がリリースされました。多分現状課金会員のみ遊べるAI画像生成サービス。 かなり綺麗な線画と塗りに特化したキャラクターを生成してくれる。あとすごくボディラインが良いですね。ハイク… https://t.co/GyPrl44cmS

                      852話 on Twitter: "#NovelAIDiffusion #novelAI がリリースされました。多分現状課金会員のみ遊べるAI画像生成サービス。 かなり綺麗な線画と塗りに特化したキャラクターを生成してくれる。あとすごくボディラインが良いですね。ハイク… https://t.co/GyPrl44cmS"
                    • 突然注目を集めたAI画像生成Midjoureyを運営する社員10人の「零細企業」の裏側

                      突然注目を集めたAI画像生成Midjoureyを運営する社員10人の「零細企業」の裏側 各所で話題を呼んでいる「AI画像ジェネレーター」 のMidjourneyは、社員数わずか10人の会社によって運営されている。作者のデイヴィッド・ホルツは会社を「自己資金で運営される研究所」と形容しており、すでに利益が出ているという。資金力が物を言う分野で異色の存在だ。 各所で話題を呼んでいる「AI画像ジェネレーター」 のMidjourneyは、社員数わずか10人の会社によって運営されている。作者のデイヴィッド・ホルツは会社を「自己資金で運営される研究所」と形容しており、すでに利益が出ているという。資金力が物を言う分野で異色の存在だ。 Midjourneyは「テキストを入力するとAIが画像を出力してくれるサービス」で、現在、SNS上にはMidjourneyが生成した画像が溢れている。Midjourneyは

                        突然注目を集めたAI画像生成Midjoureyを運営する社員10人の「零細企業」の裏側
                      • 852話 on Twitter: "MMD→AI これはyoutubeに上げた動画よりも1枚ごとのAI画像感を強めて1f毎にイラストのような質感をしているもの。出力に時間がかかる。 https://t.co/ifwqkHHmrX"

                        MMD→AI これはyoutubeに上げた動画よりも1枚ごとのAI画像感を強めて1f毎にイラストのような質感をしているもの。出力に時間がかかる。 https://t.co/ifwqkHHmrX

                          852話 on Twitter: "MMD→AI これはyoutubeに上げた動画よりも1枚ごとのAI画像感を強めて1f毎にイラストのような質感をしているもの。出力に時間がかかる。 https://t.co/ifwqkHHmrX"
                        • ミニレポート:無料公開中の写真編集ソフト「Luminar 3」の実力を検証 自然な効きのAI画像解析 最新版"4"との違いは? - デジカメ Watch

                            ミニレポート:無料公開中の写真編集ソフト「Luminar 3」の実力を検証 自然な効きのAI画像解析 最新版"4"との違いは? - デジカメ Watch
                          • 話題のAI画像生成サービス「Midjourney」を使ってみた--「日なたの可愛い猫」を描いたら

                            ある情景を英語の文章で表現すると、それに沿った画像を出力するAIサービス「Midjourney」が話題になっている。現在はベータ版だが、完成度の高い絵を次々生成する機能は驚くほどだ。使い方を説明しつつ、試した結果を見ていこう。 Midjourneyは、コミュニケーションサービス「Discord」内で提供されている機能。利用するには、まずDiscordのアカウントを作る必要がある。 Midjourneyのサイトにアクセスして「Join the beta」、続いて「招待を受ける」をクリックすると、Midjourneyのコーナーに入れる。ここで、画面左側のルーム一覧から「newbies-60」や「newbies-90」など、newbiesと名付けられたいずれかのルームを選んで次のステップへ進む。

                              話題のAI画像生成サービス「Midjourney」を使ってみた--「日なたの可愛い猫」を描いたら
                            • M5StickVで超お手軽エッジAI画像認識 - karaage. [からあげ]

                              超お手軽エッジAIデバイス「M5StickV」 ファブコア・カフェでお話しした「AIエッジデバイス入門」(詳細は以下記事参照下さい)。 主に、Jetson Nanoについてお話ししたのですが、小ネタとして使えないかなと、最近私のTL周りで話題の「M5StickV」も買っていました。初めて触ったのがプレゼン当日ということもあり、プレゼン自体には直接活かすことは無かったのですが(プレゼン後の質疑応答で少し話題に出しました)、なかなか予想外に面白いデバイスでした。 M5Stack UnitV Kendryte K210デュアルコア64ビットRISC-V CPUのAIカメラ最先端のニューラルネットワークプロセッサ (Stick V) メディア: エレクトロニクス 外観 ケースに描いてあるこの可愛い図が回路図(!?)らしい。まあソフト開発にはたしかにこれで良いですね このサイズで、カメラの写真をリア

                                M5StickVで超お手軽エッジAI画像認識 - karaage. [からあげ]
                              • AI画像生成とワールド制作|るら|note

                                自宅用に使えるワールドをBoothで販売してたりします。 ワールド制作の役に立つかなー、と思ってAI画像生成に手を出してみた、という次第です。 DALL·E 以前からAI画像生成自体、ワールド制作の何かに使えそうだなー、とうっすら考えていたところ、DALL·EというAI画像生成のサービスの噂を聞き、Waitlistに並んで3ヶ月ほどが経ちました。 そして先日、ついにアクセス権を手に入れた…!! とりあえず試してみると… え……すご…(言葉を失う)いや、なにこれ、すご… もうなんにでも使えるじゃん。 よっし、いろいろ試すぞー!!! …となっていたところだったのですが、ベータテストと方針が変わり、無料体験分を使い切ると15$で115回分のチケットを購入する、という方式になっているようでした。 まー、そりゃそうだよねー。サーバー負荷とかすごそうだし… 凄い画像を生成できるならそれでも安いかー で

                                  AI画像生成とワールド制作|るら|note
                                • AI画像生成ツール「Stable Diffusion」「Midjourney」を使ったイラスト集が早くも発売/852話氏が生成・リファインしたイラスト100枚以上を収録、約半数には「呪文」も掲載【Book Watch/ニュース】

                                    AI画像生成ツール「Stable Diffusion」「Midjourney」を使ったイラスト集が早くも発売/852話氏が生成・リファインしたイラスト100枚以上を収録、約半数には「呪文」も掲載【Book Watch/ニュース】
                                  • AI画像生成を利用した着色高速化ワークフロー[NovelAI]|abubu nounanka|note

                                    こんにちは。NovelAIDiffusionが公開されたことで良い方にも悪い方にも激震が起こっているイラスト界隈ですが、如何お過ごしでしょうか? 私は「強くて便利な武器があるなら使え」主義なのでAIをイラスト製作に取り入れる方法も模索しており、ちょっとした背景や模様生成や、フォトリアル創作方面でAIを活用しています。ですがイラスト創作でのメイン利用となると、やはり「使い辛い」というのが現在の結論です。理由は細部描写の甘さや解像度の低さやレイヤー概念が無いことなど多々ありますが、個人的に大きいと感じるのは「塗りや絵柄が変わってしまう」ことです。長期的な活動を考えると、フォロワーに「お、これはあの人の絵だな?」と絵柄で認知してもらえないとイラストレーターは食いっぱぐれるのです。 なので今回は線画は人間が描いたものを使いつつ、img2imgを利用して「着色作業を爆速化する方法」をご紹介します。「

                                      AI画像生成を利用した着色高速化ワークフロー[NovelAI]|abubu nounanka|note
                                    • 流行りのテキストからのAI画像生成 (Midjourney, DALL-E 2, StableDiffusion, DiscoDiffusionなど) について、歴史、仕組みから試し方までまとめる

                                      流行りのテキストからのAI画像生成 (Midjourney, DALL-E 2, StableDiffusion, DiscoDiffusionなど) について、歴史、仕組みから試し方までまとめる

                                        流行りのテキストからのAI画像生成 (Midjourney, DALL-E 2, StableDiffusion, DiscoDiffusionなど) について、歴史、仕組みから試し方までまとめる
                                      • PhotoshopでAI画像生成ができるプラグイン。GPU不要

                                          PhotoshopでAI画像生成ができるプラグイン。GPU不要
                                        • AI画像解析で「顔が映っていない画像」から人物特定、追跡が可能に 日立製作所

                                          日立製作所(以下、日立)と日立産業制御ソリューションズ(日立産業制御)は2019年10月4日、「高速人物発見・追跡ソリューション」の販売を同年10月7日に開始すると発表した。防犯カメラなどの映像に映る人物の中から、性別や年齢層、服装など100項目以上の全身特徴を使って特定の人物を高速に発見し追跡する。日立が開発したAI(人工知能)画像解析技術を活用して、日立産業制御が製品化した。 防犯カメラ映像の目視による監視や記録映像の確認といった負荷を軽減し、業務を効率化する。例えば、駅や空港、商業施設での不審者や迷子の早期発見、警察や自治体など公共機関での警備を支援する。さらに、工場や物流現場での作業者管理、商業施設や公共施設での来場者行動分析など、セキュリティ以外の分野でも利用できる。 「高速人物発見・追跡ソリューション」の特徴 高速人物発見・追跡ソリューションは、防犯カメラの映像から全身特徴抽出

                                            AI画像解析で「顔が映っていない画像」から人物特定、追跡が可能に 日立製作所
                                          • Google AI、画像内の全ての物体に効率的にラベリングする手動と機械学習をコラボしたツールを発表。既存の3倍速。試せるデモあり | Seamless

                                            Google AI、画像内の全ての物体に効率的にラベリングする手動と機械学習をコラボしたツールを発表。既存の3倍速。試せるデモあり 2018-10-23 Google AIの研究者らは、画像内の全ての物体に効率的にアノテーションする手動と機械学習を組み合わせたツール「Fluid Annotation」を発表しました。 論文:Fluid Annotation: A Human-Machine Collaboration Interface for Full Image Annotation 著者:Mykhaylo Andriluka, Jasper R. R. Uijlings, Vittorio Ferrari 従来の手動ラベリングツールでは、画像内の各オブジェクトの輪郭を慎重にクリックして注釈を付ける必要があり、膨大な時間を要します。そこで、本論文は、画像内のすべてのオブジェクトと背景領

                                              Google AI、画像内の全ての物体に効率的にラベリングする手動と機械学習をコラボしたツールを発表。既存の3倍速。試せるデモあり | Seamless
                                            • AI画像生成の課題雑感

                                              プロンプトエンジニア?現在のAI画像生成はほぼ画像検索といっていい、プロンプトは検索ワード並べてるのと変わらない。個人的にはエロ動画探すときの検索が一番似てると思った。 界隈でプロンプトエンジニアとか言い出した際には本当にセンスがなくて失望した。 適当なワードで画像検索してすばらしい景色の写真を見つけられて俺ってスゴイと思うだろうか。 俺の検索技術で最高なイラストを見つけてやったとか? キーワードによる画像生成の問題はコントロールがおおざっぱすぎることと、学習モデルが変更されたときに結果があっさり大幅に変わることである。 ユーザーが思ったところに思ったように描画してもらうにはもっと工夫が必要で、なぜかAI界隈はそういうのに無頓着でAI自動塗りなんてのもすごい大雑把な機能で「未来を予感」させながら実際は使い物にならんなこれと放置されている。 抽象モデルの必要性ツールを機能させるにはユーザーの

                                                AI画像生成の課題雑感
                                              • 今だから知りたいAI画像生成サービス4種|852話|note

                                                こんにちは、852話(ハコニワ)です。 AIアートに関するTwitterの呟きも見慣れてきたと言う感じじゃないでしょうか。 でも「正直AIアートって結局何?よくわかんないし今更聞けない、調べるのもどう調べていいか……」みたいな声も聞いたので、自分なりに簡単なまとめを作りました。 AI画像生成サービスは実は話題になる前からも沢山のものがあったのですが、今回は「文字ベースのもの4種」についてまとめます。 文字ベースのAIアートとは 文字を打ち込むと、学習した膨大なデータを元にAIが新しい画像を生成してくれるサービスです。 実際触ってみたほうが早いのですが、 "白いドレス" "アニメ調" "女の子" と入力すると "白いドレスを着たアニメ調の女の子" の絵が生成されます。 未来ですね。 大体のサービスが英語や中国語で文字を入力してねという状況ですが、自動翻訳を噛ませてあるサービスも続々出てきてい

                                                  今だから知りたいAI画像生成サービス4種|852話|note
                                                • AI画像生成ツール「Stable Diffusion」のコツまとめ(text2image)|Matsuri|note

                                                  先日オープンソース化され、話題を集めている「Stable Diffusion」を使っている中で気が付いたメソッドやコツをまとめる。自分の備忘録的な意味も込められているため適宜加筆していく。 導入については他に分かりやすいガイドがたくさんあるので割愛する。すぐに使いたいという人はGoogle Colabで環境をセットアップしてみよう。 Midjourneyとの表現の違いについてまずMidjourneyのと違いについて気になる人が多いだろう。これについてはPromptに対する理解というか反応が異なるのと、出力される画像のタッチに基本的な違いがある。非常に端的に言うとStable Diffusionは生真面目な優等生タイプで、Midjourneyはどちらかというと独創的な自由奔放タイプだ。自分が作りたい画像のイメージによって適宜切り替えながら使うといいだろう。写真のようなリアルな造形をベースに画

                                                    AI画像生成ツール「Stable Diffusion」のコツまとめ(text2image)|Matsuri|note
                                                  • 初学者向け「Amazon Rekognition」(AI画像/動画分析サービス)をPythonで利用するには

                                                    初学者向け「Amazon Rekognition」(AI画像/動画分析サービス)をPythonで利用するには:AWSチートシート AWS活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、AWSのAI画像/動画分析サービス「Amazon Rekognition」をPythonで利用する方法を紹介する。 「Amazon Web Services」(AWS)活用における便利な小技を簡潔に紹介する連載「AWSチートシート」。今回は、AWSのAI画像/動画分析サービス「Amazon Rekognition」をPythonで利用します。以下、Amazon Rekognitionに用意されているメソッドを概観し、幾つかの使い方を紹介します。 「Amazon Rekognition」とは AWSには、事前トレーニング済みのAI(人工知能)を手軽に利用できる「AIサービス」が多数用意

                                                      初学者向け「Amazon Rekognition」(AI画像/動画分析サービス)をPythonで利用するには
                                                    • 最先端のAI画像認識モデルでも正しく認識できない画像まとめ

                                                      人工知能(AI)を用いた画像認識技術は自動運転車や防犯システムなどさまざまな分野で活躍していますが、最先端のパフォーマンスを実現するディープラーニングを用いた画像認識モデル「InceptionNet」であっても、画像を正しく認識できないケースが多々あります。スタンフォード大学で機械学習やAIについて研究するアブバカル・アビド氏は、「最先端の画像認識モデル(InceptionNet)でも正しく認識できなかった画像」をまとめており、まだまだAIが人間並みの認識能力を有することは難しいと実感できます。 What Inception Net Doesn't See – Abubakar Abid – Zou Group @Stanford https://abidlabs.github.io/Inception-Blindspots/ ◆1:逆さまの車 自動車が逆さまに写っている場合、画像認識モデ

                                                        最先端のAI画像認識モデルでも正しく認識できない画像まとめ
                                                      • AI画像検索「Google Lens」がAndroid端末で利用可能に

                                                          AI画像検索「Google Lens」がAndroid端末で利用可能に
                                                        • いらすとや on Twitter: "「AIピカソ」というAI画像生成アプリでいらすとや風のイラストを生成できるようになりました https://t.co/7rgYoKEnfi https://t.co/BPZuOGss3T"

                                                          「AIピカソ」というAI画像生成アプリでいらすとや風のイラストを生成できるようになりました https://t.co/7rgYoKEnfi https://t.co/BPZuOGss3T

                                                            いらすとや on Twitter: "「AIピカソ」というAI画像生成アプリでいらすとや風のイラストを生成できるようになりました https://t.co/7rgYoKEnfi https://t.co/BPZuOGss3T"
                                                          • AI画像Tシャツ作っていたらテレビに取材された - ミネムラ珈琲ブログ

                                                            9月の頭ごろ、「取材のご相談(NHK「あさイチ」)」というメールがやってきて「なんだなんだ」となった。 開いてみると、midjouneyでTシャツを作るブログを読んで連絡をしてきたらしい。 www.minemura-coffee.com AI画像生成は、ぼくとしては既に実生活に入り込みつつあるもので、その面白さが世間に伝わるのは良さそうなことだなと思っていたので気楽な気持ちでオンラインMTGでディレクターの方と喋った。 テレビからは縁遠い生活を送っているので「あさイチ」のことはよく知らなかったけど、主婦層の視聴が多いと聞いてなかなかおもしろいなと思う。ABEMAとかで画像生成AIとかを取り上げて社会とかビジネスについて議論しているのはいかにもありそうだけど、NHKの朝の情報番組のテーマとしてはトガッている。 いい企画だなと思ったので、いろいろ喋って、「何でも聞いてください」という感じで解散

                                                              AI画像Tシャツ作っていたらテレビに取材された - ミネムラ珈琲ブログ
                                                            • AI画像生成サービス「DreamStudio」のβが開始されました。|abubu nounanka|note

                                                              こんにちは、前回前々回と記事を書いてきたStableDiffusionの公式web版「DreamStudio」の有料βがとうとう開始されましたので簡単に解説しておきます。 DreamStudio https://beta.dreamstudio.ai/dream 基本画面と項目解説■料金について サインアップ時にフリートライアル用に画像約200枚分のポンドが配布されます。課金は10ポンド単位(画像約1000枚分)でできます。日本円で1600円くらいですね。ただ注意してほしいのは、"約1枚分"という基準はあくまで基本設定の「解像度512*512ステップ数50」の画像を生成する場合です。御覧の通りある程度自由にサイズや品質を設定可能ですが、最大品質の「解像度1024*1024ステップ数150」では、一度に28.2の計算コストがかかります。「残り100枚くらい生成できるな~」と思って最大品質のを

                                                                AI画像生成サービス「DreamStudio」のβが開始されました。|abubu nounanka|note
                                                              • 総応募数2000作品 横浜で行われた展示イベント「AI画像展-プレ展示会」反応まとめ

                                                                AI画像コンテスト実行委員会 / 展示会準備中 @AI_contest 🚀AI画像展-プレ展示会 開催🚀 日本初のAIイラスト展示会 #AI画像展 のリハーサルを兼ねたプレ展示会を開催します! 📌スマホで簡単に画像生成を体験! 📌NovelAI開発者への特別インタビュー映像の放映も! 12月04日、横浜市泉区文化センターギャラリーに集合! pic.twitter.com/9XpcJQfiV2 2022-11-30 22:18:44

                                                                  総応募数2000作品 横浜で行われた展示イベント「AI画像展-プレ展示会」反応まとめ
                                                                • OpenAIがAI画像ジェネレーター「DALL・E2」の一般向け公開がスタート

                                                                  2022年4月に研究者・専門家向けに提供が始まった画像生成・編集AI「DALL・E2」の一般向けベータ版が公開されました。順番待ちリストに入っているユーザーが順次利用できるようになり、今後数週間で100万人に提供される見込みです。 DALL·E Now Available in Beta https://openai.com/blog/dall-e-now-available-in-beta/ OpenAI expands access to DALL-E 2, its powerful image-generating AI system | TechCrunch https://techcrunch.com/2022/07/20/openai-expands-access-to-dall-e-2-its-powerful-image-generating-ai-system/ 「DAL

                                                                    OpenAIがAI画像ジェネレーター「DALL・E2」の一般向け公開がスタート
                                                                  • 水害フェイク画像の投稿者を直撃「こういう人も存在するので注意しましょう、と知ってほしかった」クリエイティブなAI画像生成の登場に警鐘も(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース

                                                                    台風15号の直後にTwitter上をかけめぐった「濁流に飲み込まれる家や木々」の画像。投稿には「ドローンで撮影された静岡県の水害。マジで悲惨すぎる…」との文言が添えられている。 【映像】“静岡×水害”のその他のフェイク画像&本人を直撃 しかし、これらの画像は全くのデマで、画像生成AIを使って作られたものだった。にもかかわらず騙された人が続出し、たちまち拡散されて批判が殺到する事態に。 画像を作成した投稿者は騒動を謝罪。一方で、「ろくに確かめもせず、パッと見で信じ込んじゃってね。お前らの常識とネットリテラシーの無さが露呈しましたね!www」とも綴っている。 災害時のデマ情報は、避難や復旧作業の妨げなど思いがけない二次災害を招く可能性もある。この問題をどう考えればいいのか、27日の『ABEMA Prime』はフェイク画像を作った当事者を招いて議論した。 当該のフェイク画像を作成・投稿したくろん

                                                                      水害フェイク画像の投稿者を直撃「こういう人も存在するので注意しましょう、と知ってほしかった」クリエイティブなAI画像生成の登場に警鐘も(ABEMA TIMES) - Yahoo!ニュース
                                                                    • 風景写真家がAI画像ジェネレーター「Stable Diffusion」で非実在美景を生成

                                                                      AIを用いた画像生成はもはや珍しいものではなくなってきています。その一例として、風景写真家のAurel Manea氏は、どこにも存在しない風景の写真を生み出しています。 These Are Not Photos: Beautiful Landscapes Created by New AI | PetaPixel https://petapixel.com/2022/08/16/these-are-not-photos-beautiful-landscapes-created-by-new-ai/ AI画像ジェネレーター「DALL・E2」も使った経験があるというManea氏は「『DALL・E2』はまるで写真のように素晴らしい人物画を作ってくれますが、風景写真の生成はうまくできません。トレーニング元の画像と、現代の風景写真家を排除するクリエイターの政治的理由によるものでしょう」とコメント。一

                                                                        風景写真家がAI画像ジェネレーター「Stable Diffusion」で非実在美景を生成
                                                                      • AIが画像を生成してくれる、りんな「キラキラやフワフワも理解する」日本語向けAI画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を試してみた - ロボスタ ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン

                                                                        TOP > ニュース > AIが画像を生成してくれる、りんな「キラキラやフワフワも理解する」日本語向けAI画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を試してみた rinna株式会社が、日本語に特化した画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を公開した。また、このモデルを活用できる画像生成サービスの提供も開始した。 「テキスト文字」を入力すると、連想される画像をAIが描画生成する技術が話題を呼んでいる。一方で、多くのサービスで「テキスト文字」は英語等の外国語に限定されていて、日本語での指定には対応していない。今回のrinnaの発表は、日本語のテキストに対応し、日本語固有の表現を理解できる画像生成AIサービスが登場したことを意味する。 早速、編集部でも体験してみた結果は・・・ 「Stable Diffusion」とは 話題になっている「AI

                                                                          AIが画像を生成してくれる、りんな「キラキラやフワフワも理解する」日本語向けAI画像生成モデル「Japanese Stable Diffusion」を試してみた - ロボスタ ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン
                                                                        • プロンプトすら不要! スマホとAI画像生成だけで美麗なイラストを描けるアプリ【いまからでも遅くない!ツールとして使うAI画像生成】

                                                                            プロンプトすら不要! スマホとAI画像生成だけで美麗なイラストを描けるアプリ【いまからでも遅くない!ツールとして使うAI画像生成】
                                                                          • 【AI画像生成+ラフ清書】Stable Diffusionの使い方【人工知能】

                                                                            グーグル翻訳をかけます。 ユーザーのアイコンをクリック。 メンバーシップを選択。 £2の表記が出ます。 その下にある200世代がクレジット数です。 =最初から200クレジットが配布された状態。 元のページに戻ります。 テキストを入力すると、その絵が生成されます。 (日本語でも大丈夫ですが、翻訳ミスが起こるので英語がおすすめ) 右上にある1.0Creditが1回の生成で使われるクレジット数です。 いま2回、画像を生成したので2クレジット使われました。 右側で生成パラメーターを操作できます。 画像数以外は触らない方が良いです。 画像数を上げると「使用クレジット」×「画像数」のクレジットが消費されます。 この画像の場合、1クレジット×4画像数=4クレジット使われます。 画像サイズの上げ方 画像の大きさを上げると処理が重くなり、クレジット消費が大きくなります。 なので、画像サイズを上げる場合は「s

                                                                              【AI画像生成+ラフ清書】Stable Diffusionの使い方【人工知能】
                                                                            • 篠房六郎 BOOTH、とらのあなにて「ポーズの定理」発売中 on Twitter: "AIイラストの普及で起こる深刻な事態は、労働問題ではなく、環境問題であると思う 生産速度がAI>手描きである以上、ごく近いうちにネット上の絵や写真の総数を超えてAI画像の方が氾濫し、画像検索も使えなくなる。 繁殖力の強い外来種… https://t.co/YtSplKMEqf"

                                                                              AIイラストの普及で起こる深刻な事態は、労働問題ではなく、環境問題であると思う 生産速度がAI>手描きである以上、ごく近いうちにネット上の絵や写真の総数を超えてAI画像の方が氾濫し、画像検索も使えなくなる。 繁殖力の強い外来種… https://t.co/YtSplKMEqf

                                                                                篠房六郎 BOOTH、とらのあなにて「ポーズの定理」発売中 on Twitter: "AIイラストの普及で起こる深刻な事態は、労働問題ではなく、環境問題であると思う 生産速度がAI>手描きである以上、ごく近いうちにネット上の絵や写真の総数を超えてAI画像の方が氾濫し、画像検索も使えなくなる。 繁殖力の強い外来種… https://t.co/YtSplKMEqf"
                                                                              • 【AI画像生成の基本技】「短くて効率的な人体構造抑制ワード(独自研究)」|でべろぱ|note

                                                                                はじめにこんにちは、でべろぱです。画像生成AIに奇妙な形の人体ばかり描かれて嫌になった経験のある方、居らっしゃいますよね? 歪んだりぐちゃぐちゃになった人体を抑えつける呪文、元素法典に mutated hands and fingers とかそういう記述がありますが、今回提案するのはその発展案です。 それでは早速いってみましょう! mutated hands and fingers (元素法典より) って何だ?元素法典の習熟に励んでいる方なら、 mutated hands and fingers のような mutated ○○ シリーズをネガティブプロンプトに使ったことがあるでしょう。 extra ○○, missing ○○, fused ○○ とよくセットで元素法典に登場します。 直訳すれば「mutated ○○ は 奇形の○○」「extra ○○ は 余分な○○」「missing ○

                                                                                  【AI画像生成の基本技】「短くて効率的な人体構造抑制ワード(独自研究)」|でべろぱ|note
                                                                                • MS、「Bing」にAI画像検索機能を追加--スマホで撮影、情報検索

                                                                                  Microsoftは、スマートフォンのカメラを使ってウェブ上の画像を検索できる「Bing」の新機能「Visual Search」を公開したことをブログ投稿で明かした。AIを利用するこの新機能はまず米国で公開され、「iOS」版および「Android」版のBingアプリ、「Microsoft Launcher」(Android版のみ)で利用できる。Microsoftはこの機能をAndroid版「Edge」でも公開し、近日中にiOSデバイスとBing.comにも追加する予定だ。 「長年にわたる進歩を経て、ここにたどり着いた。クラウドコンピューティングの出現のおかげで、ピクセルを理解する能力を加速させることが可能になった」とBing Imagesのプロダクトリードを務めるVince Leung氏は述べた。 例えば、すてきなジーンズをはいている人を見かけて、そのジーンズのブランドを知りたくなったとし

                                                                                    MS、「Bing」にAI画像検索機能を追加--スマホで撮影、情報検索

                                                                                  新着記事