検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで
五輪に関するエントリは15766件あります。 オリンピック事件政治 などが関連タグです。 最新エントリには 『ひそかに信じている陰謀論ある?』などがあります。

五輪の検索結果(絞り込み: 3 users 以上)15766 件中 1 - 40 件目

  • ひそかに信じている陰謀論ある?

    色々なオカルトやトンデモや陰謀論があるけれど、人には言えないし確かな証拠も無いが実はこれマジじゃね?と思っているのある?

    ひそかに信じている陰謀論ある?
    • 【速報】五輪汚職 組織委元理事・高橋容疑者3度目の逮捕 贈賄側「大広」幹部も逮捕 ワイロ1500万円容疑 東京地検特捜部(FNNプライムオンライン(フジテレビ系)) - Yahoo!ニュース

      東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、大手広告会社「大広」が、大会スポンサー獲得業務の一部を担う「販売協力代理店」に選ばれるよう、便宜を図った謝礼などとして、合わせて1500万円を受け取ったとして、組織委元理事の高橋治之容疑者(78)が、さきほど、受託収賄の疑いで再逮捕された。 また、東京地検特捜部は、「大広」の執行役員だった谷口義一容疑者(57)も、贈賄容疑で逮捕。容疑を裏付けるため、午後から、兵庫県内の関係先を家宅捜索している。調べによると、2019年~2022年にかけて、4回に渡り、合わせて1500万円が、「大広」側から、高橋容疑者の知人の深見和政容疑者(73)が経営する会社の口座に振り込まれたという(贈賄側の立件額は600万円)。 高橋容疑者が逮捕されるのは3度目。一連の事件は、紳士服大手「AOKI」ルートから、出版大手「KADOKAWA」ルートへ。そして、「大広」ルートに拡

      【速報】五輪汚職 組織委元理事・高橋容疑者3度目の逮捕 贈賄側「大広」幹部も逮捕 ワイロ1500万円容疑 東京地検特捜部(FNNプライムオンライン(フジテレビ系)) - Yahoo!ニュース
      • KADOKAWAルートで4人起訴 | 共同通信

        Published 2022/09/27 14:09 (JST) Updated 2022/09/27 14:27 (JST) 東京五輪汚職事件のKADOKAWAルートで東京地検特捜部は27日、受託収賄罪で大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)ら2人を、贈賄罪でKADOKAWA側の2人を起訴した。

        KADOKAWAルートで4人起訴 | 共同通信
        • 組織委元理事を3度目の逮捕へ 大広から賄賂1400万円受領容疑:朝日新聞デジタル

          東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、広告大手「大広」(大阪市)が大会スポンサーの獲得業務に参画できるよう働きかけた見返りに約1400万円の賄賂を受領した疑いが強まったとして、東京地検特捜部は、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)を受託収賄容疑で再逮捕する方針を固めた。関係者への取材で分かった。 高橋元理事は、スポンサー選定をめぐって紳士服大手「AOKI」、出版大手「KADOKAWA」の各ルートで2回逮捕されており、27日にKADOKAWAルートの勾留期限を迎える。特捜部は大広ルートについて、大広役員も贈賄容疑で本格的に取り調べる。 組織委は、スポンサーの獲得業務を広告最大手「電通」に委託した。電通は別の広告会社と「販売協力代理店」契約を結び、一部の業務を再委託することも認められていた。再委託には組織委の承認が必要で、協力店には電通経由で業務委託料が入る仕組みだった。 関係

          組織委元理事を3度目の逮捕へ 大広から賄賂1400万円受領容疑:朝日新聞デジタル
          • バッハ会長、国葬で来日 五輪尽力の安倍氏追悼で | 共同通信

            東京五輪の延期が決まる前の2019年7月に行われた記念イベントで握手を交わすIOCのバッハ会長(左)と安倍元首相=東京都千代田区 27日の安倍晋三元首相の国葬に参列するため、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が25日、成田空港着の航空機で来日した。その後、東京都内の宿泊先ホテルに入った。 安倍氏は東京五輪・パラリンピックの招致で旗振り役となり、開催準備でも尽力。2020年3月には新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大会の1年延期をバッハ会長に提案した。同会長は同年11月、五輪運動の発展に寄与したことをたたえる「五輪オーダー」(功労章)を安倍氏に授与した。

            バッハ会長、国葬で来日 五輪尽力の安倍氏追悼で | 共同通信
            • バッハ会長、国葬で来日

              27日の安倍晋三元首相の国葬に参列するため、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が25日、成田空港着の航空機で来日した。その後、東京都内の宿泊先ホテルに入った。 安倍氏は東京五輪・パラリンピックの招致で旗振り役となり、開催準備でも尽力。2020年3月には新型コロナウイルスの感染拡大を受け、大会の1年延期をバッハ会長に提案した。同会長は同年11月、五輪運動の発展に寄与したことをたたえる「五輪オーダー」(功労章)を安倍氏に授与した。

              バッハ会長、国葬で来日
              • 浜田敬子 on Twitter: "国葬の要人受入れ要員として学生を動員。1日1万円の日当と単位と引き換えに。しかも、申し込み資格として「日本国籍を有すること」と。 五輪と同じことをしている。 https://t.co/hatqoBjNdt"

                国葬の要人受入れ要員として学生を動員。1日1万円の日当と単位と引き換えに。しかも、申し込み資格として「日本国籍を有すること」と。 五輪と同じことをしている。 https://t.co/hatqoBjNdt

                浜田敬子 on Twitter: "国葬の要人受入れ要員として学生を動員。1日1万円の日当と単位と引き換えに。しかも、申し込み資格として「日本国籍を有すること」と。 五輪と同じことをしている。 https://t.co/hatqoBjNdt"
                • 【独自】東京五輪汚職をめぐる重要証言 東京地検特捜部の聴取を受ける参考人語る「政治家の名前出ている」「幕引きが全然見えない」【報道特集】 | TBS NEWS DIG

                  これまでも番組では東京五輪をめぐる様々な問題を取り上げてきましたが、“オリンピックとカネ”をめぐる問題に東京地検特捜部の捜査のメスが入りました。今回、私たちは特捜部から参考人として聴取を受けている関…

                  【独自】東京五輪汚職をめぐる重要証言 東京地検特捜部の聴取を受ける参考人語る「政治家の名前出ている」「幕引きが全然見えない」【報道特集】 | TBS NEWS DIG
                  • 主張/NHK虚偽字幕/問われる政権寄りの報道姿勢

                    昨年末放送のNHKのBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」に事実と違う字幕が付けられた問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会が「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を9日発表しました。取材・編集などの各段階で問題があったと指摘しました。同委員会の小町谷育子委員長は「放送は何のためにあるのかということを考えてほしい」と述べました。 「半ば捏造的」との声も 問題の番組は、東京五輪の公式記録映画を製作した映画監督の河瀬氏らに密着したドキュメンタリーです。五輪開催に批判的な人々の声を取材する場面で「五輪反対デモに参加しているという男性」「実はお金をもらって動員されていると打ち明けた」との字幕を付け、インタビューに応じる男性の映像が流されました。 男性が五輪反対デモに参加した事実はなく、金銭授受についても確証は得られていません。 BPO意見書は「放送の結果、五輪反対

                    主張/NHK虚偽字幕/問われる政権寄りの報道姿勢
                    • IOC渡辺委員 “東京五輪贈収賄事件 日本の地位を崩しかねず” | NHK

                      東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件を受けて、IOC=国際オリンピック委員会で委員を務める渡辺守成氏は「世界のスポーツ界における日本の地位を地盤から崩しかねない」と事件の影響の大きさに危機感を示しました。 渡辺氏は、NHKのリモートによる単独インタビューに滞在先のスイスのローザンヌで応じました。 この中で、渡辺氏は、東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件について「IOCはオリンピック改革に向けて中長期計画を進める中で透明性や高潔性という理念を柱としていて、大会のウラで利益をむさぼる人たちがいたとすれば憤慨するのは当然のことだ」としたうえで「IOCからペナルティーとして日本選手の国際大会への参加を認めないなどの対応があってもおかしくない問題で、世界のスポーツ界における日本の地位を地盤から崩しかねない」と事件の影響の大きさに危機感を示し

                      IOC渡辺委員 “東京五輪贈収賄事件 日本の地位を崩しかねず” | NHK
                      • 五輪玩具会社から800万円 元理事「竹田氏のため」

                        東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会マスコットの公式ぬいぐるみを販売した「サン・アロー」(東京)が大会組織委員会元理事の高橋治之(はるゆき)容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=に計約800万円を提供していたことが23日、関係者への取材で分かった。高橋容疑者は東京地検特捜部の調べに、受け取った資金は日本オリンピック委員会(JOC)前会長の竹田恒和氏(74)のために「集めた」と供述。特捜部が竹田氏に、参考人聴取で一連の経緯を確認したことも判明した。 特捜部は、サン・アローが高橋容疑者に理事としての便宜を依頼し、その謝礼として資金を提供した可能性もあるとみて同社幹部や組織委関係者を聴取。組織委副会長だった竹田氏の関連も含め、資金の流れを調べているもようだ。 サン・アローは公式ライセンス商品として大会公式マスコットの「ミライトワ」と「ソメイティ」のぬいぐるみを製造し平成30年7月から販

                        五輪玩具会社から800万円 元理事「竹田氏のため」
                        • 「ミライトワ」受注先が800万円送金 組織委元理事側に渡った疑い:朝日新聞デジタル

                          東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、公式マスコットの「ミライトワ」や「ソメイティ」のぬいぐるみを製造・販売した「サン・アロー」(東京都千代田区)が、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で逮捕=側に約800万円を支出した疑いがあることが、関係者への取材で分かった。

                          「ミライトワ」受注先が800万円送金 組織委元理事側に渡った疑い:朝日新聞デジタル
                          • 五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線|日刊ゲンダイDIGITAL

                            やはり“本丸”はあの人なのか。五輪汚職を巡って、名前が浮上する大会組織委員会の森喜朗元会長。政界では「森捜査は一段落」ともささやかれているが、東京地検特捜部が改めて森元会長に熱視線を送っているという。 森元会長はスポンサー契約を巡り、組織委元理事の高橋治之被告に便宜を依頼した紳士服大手「AOKIホールディングス」前会長から、見舞金名目で200万円を受け取っていたことが分かっている。 ■森元会長が関わった神宮外苑の再開発利権に着目 だが、特捜部の関心は、スポンサー契約に絡む不正とは“別ルート”にあるという。月刊誌「FACTA」10月号が報じた。 記事によると、特捜部は、スポンサー契約の不正を洗い出す班と、「政界ルート専従捜査班」の2班に分かれて捜査に当たっている。政界ルート班が目を付けているのが、森元会長が関わった東京都の「明治神宮外苑の再開発」利権なのだという。

                            五輪汚職で新展開か? スポンサー不正とは別ルートの“森利権”に東京地検特捜部が熱視線|日刊ゲンダイDIGITAL
                            • ブルーインパルスのスモーク付着 指揮官と編隊長を懲戒処分 | 毎日新聞

                              東京パラリンピック開会式当日にシンボルマークに使われる赤、青、緑の3色のカラースモークを出しながら都心上空を飛行する「ブルーインパルス」=東京都新宿区の防衛省で2021年8月24日午後2時11分、吉田航太撮影 2021年8月の東京パラリンピック開会日に飛行した「ブルーインパルス」の噴射したカラースモークの染料が一般車に付着した問題を巡り、航空自衛隊は22日、展示飛行部隊指揮官の50代男性=1等空佐=を減給15分の1(1カ月)、飛行部隊編隊長の40代男性=2等空佐=を戒告の懲戒処分とした。同日付。 空自によると、21年8月24日、東京都心の上空でカラースモークを使った機体とは別の予備機3機が発着拠点の入間基地(埼玉県)に着陸する前、低高度で赤や緑、青のスモークを噴射したとみられる。 被害に関する問い合わせがこれまでに約500件、空自に寄せられた。染料が付着した車両は基地周辺の約1200台に上

                              ブルーインパルスのスモーク付着 指揮官と編隊長を懲戒処分 | 毎日新聞
                              • 安倍元首相の国葬警備は数万人態勢 反対の声拡大、警視庁幹部「相当な緊張感」:東京新聞 TOKYO Web

                                 安倍晋三元首相の国葬が実施される27日、警視庁は全国からの応援警察官を含む数万人態勢で、テロなどの警戒に当たる。国葬への批判の声が大きくなる中での警備に、同庁幹部は「相当な緊張感を持って臨むことになる」と話す。 21日、国葬の会場となる日本武道館(東京都千代田区)周辺を視察した警察庁の露木康浩長官。報道陣に「参列者の安全と国葬の円滑な執行が確保されるよう、警備に万全を尽くしたい」と述べた。

                                安倍元首相の国葬警備は数万人態勢 反対の声拡大、警視庁幹部「相当な緊張感」:東京新聞 TOKYO Web
                                • 2030年札幌五輪招致「やめるべき」と身内も批判、汚職事件余波が深刻化 「贈収賄の温床」という負のイメージに、大会スポンサーに尻込みする企業も | JBpress (ジェイビープレス)

                                  2016年3月、2020年東京五輪・パラリンピックのオフィシャルパートナー発表会見に登壇した森喜朗大会組織委会長と竹田恒和JOC会長(ともに当時。写真:YUTAKA/アフロスポーツ) 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部が日本オリンピック委員会(JOC)の前会長で、大会組織委員会副会長を務めた竹田恒和氏から任意で事情聴取していたことが明らかとなり、さらなる波紋を広げている。 「仏司法当局は竹田前JOC会長の五輪招致疑惑の捜査をまだ諦めていない」との情報も 一連の汚職事件では大会スポンサーの選定をめぐり、企業側から立件総額で1億2000万円あまりもの多額の賄賂を受け取ったとされる大会組織委元理事・高橋治之容疑者が受託収賄容疑で逮捕。特捜部は2014年3月の大会組織委発足直後から同副会長を務めた竹田氏に対し、高橋容疑者が同理事に就任した経緯や職務などについて細かな説明を求

                                  2030年札幌五輪招致「やめるべき」と身内も批判、汚職事件余波が深刻化 「贈収賄の温床」という負のイメージに、大会スポンサーに尻込みする企業も | JBpress (ジェイビープレス)
                                  • 「森さんは産経も早稲田も試験を受けずに入ったわけね」五輪汚職だけじゃない…森喜朗85歳の“黒すぎる功績”とは? | 文春オンライン

                                    『角川の競合を排除「私は絶対認めない」森喜朗「天の声」音声』(週刊文春 9月15日号) 《組織委員会の会長だった森喜朗氏(85)が、KADOKAWAの競合相手だった講談社について「絶対認めない」などと発言していたことが、「週刊文春」の取材でわかった。取材に応じた音声データが残っていた。》(週刊文春スクープ速報9月7日) 読んでみたら想像以上。自分のことを「週刊現代」「FRIDAY」などであれこれ書く講談社の五輪スポンサー入りは「絶対認めない」と確かに発言していた。「『俺はこんなものを認めるなら辞めようと思う』と言ったら、みんなビックリして」とも。 森喜朗の「功績」とは? 完全に森喜朗の私怨ではないか。こういう権力の使い方ってアウトなんじゃないの? とも思うが、一方ではこんなニュースも。 『森喜朗氏胸像建立で募金集め 橋本聖子氏ら発起人「偉大な功績顕彰」』(朝日新聞デジタル9月7日) 森喜朗

                                    「森さんは産経も早稲田も試験を受けずに入ったわけね」五輪汚職だけじゃない…森喜朗85歳の“黒すぎる功績”とは? | 文春オンライン
                                    • 東京五輪が残したものは スポーツ実施率は大会前後でどうなった?:朝日新聞デジタル

                                      東京五輪・パラリンピックの開催から1年がたった。「コンパクト」「復興」「多様性と調和」などのキーワードがうたわれ、コロナ禍で1年延期して行われた祭典は何を残したのか。レガシー(遺産)は残るのか。汚職事件が影を落とす中、スポーツ振興に残したものについて、選手や識者に聞いた。 国立競技場で走りたい あの大会が残したものは何だったのか。陸上女子100メートル障害に出場した寺田明日香さん(32)は、2013年に23歳で現役を引退してから、結婚、大学進学、出産、ラグビー選手を経て陸上競技に復帰し、東京五輪出場を果たした。小学生の娘の母親として、東京五輪が次世代に残せたものがあると実感している。 「娘のお友達が私の競技を見…

                                      東京五輪が残したものは スポーツ実施率は大会前後でどうなった?:朝日新聞デジタル
                                      • KADOKAWA会長逮捕の衝撃、そしてなぜか新聞が匿名にしている講談社の関わりは(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                        逮捕当日にKADOKAWAは謝罪声明 東京五輪をめぐる汚職事件に関する9月14日の角川歴彦KADOKAWA会長逮捕は衝撃だった。出版界ではよく知られた人で私も取材で何度もお会いしたことがあった。 そればかりか、会長が囲み取材に応じて潔白を強調した翌6日に芳原世幸KADOKAWA元専務とともに逮捕された間庭教二元担当室長は、弊社のマスコミ志望者向けのイベントに確か複数回出演していただいた人だ。出演は『関西ウォーカー』編集長から東京に戻ってきた時期だったと思うが、間庭さんは『ザテレビジョン』編集長も務めたし、まさに角川歴彦会長の出版路線を現場で推進していた人だった。そして今回の東京五輪担当部署の責任者だ。 会長が逮捕された14日、KADOKAWAは「当社役員の逮捕について」という声明を発表。「当社グループの読者やユーザー並びに、作家・クリエイターをはじめ、関係するすべての皆様に、多大なご心配と

                                        KADOKAWA会長逮捕の衝撃、そしてなぜか新聞が匿名にしている講談社の関わりは(篠田博之) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                        • 大阪万博、バリアフリー「やり直し」 東京五輪・パラから後退… | 毎日新聞

                                          2025年大阪・関西万博会場のシンボルになる大屋根の内部のイメージ図。来場者として外国人や家族連れは描かれているが、車いす利用者らの姿は見当たらない=2025年日本国際博覧会協会提供 2025年に開催される大阪・関西万博のバリアフリー化に関するガイドラインを巡り、公表直後に事実上の「やり直し」を求められる事態が起きた。きっかけは、障害者に向けた配慮が「東京オリンピック・パラリンピックよりも後退している」と外部から指摘されたことだという。何があったのか。 障害者団体にヒアリングせず ガイドラインは21年7月、万博を運営する「2025年日本国際博覧会協会」(大阪市)が発表した。年齢や障害に関係なくすべての人が施設を使いやすいよう、通路幅や勾配といった会場整備に関する基準を定めたものだ。 ところが、国内の障害者団体には事前のヒアリングがなく、「寝耳に水」の発表だったという。障害者の意見を踏まえて

                                          大阪万博、バリアフリー「やり直し」 東京五輪・パラから後退… | 毎日新聞
                                          • 不勉強で無知なのにプライドは高い…日本のアスリートが「鼻持ちならない存在」になりがちな根本原因 「結果だけ出せばいい」を信じ続けた選手たちの末路

                                            日本では「スポーツ選手のくせに」という非難を耳にすることがある。元ラグビー日本代表で、神戸親和女子大学教授の平尾剛さんは「これはアスリート側にも問題がある。私自身も現役時代は競技のことしか見えておらず、不勉強で無知なのに自意識だけは高かった。そうした振る舞いを続けると、アスリートは社会から利用されるだけで終わってしまう」という――。 世間を賑わす東京五輪の「汚れた金」 東京五輪の開催から1年以上が経過した今になって、東京五輪の「汚れた金」が世間をにぎわしている。 東京五輪のスポンサーでもあった紳士服大手「AOKIホールディングス」や出版大手「KADOKAWA」の元幹部らから賄賂を受け取ったとして、大会組織委員会(JOC)の元理事らが受託収賄罪で、KADOKAWA会長の角川歴彦容疑者らが贈賄の容疑で逮捕されたのだ。 振り返れば開催当初から、新型コロナウイルスの感染拡大が続いているにもかかわら

                                            不勉強で無知なのにプライドは高い…日本のアスリートが「鼻持ちならない存在」になりがちな根本原因 「結果だけ出せばいい」を信じ続けた選手たちの末路
                                            • 不勉強で無知なのにプライドは高い…日本のアスリートが「鼻持ちならない存在」になりがちな根本原因(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース

                                              日本では「スポーツ選手のくせに」という非難を耳にすることがある。元ラグビー日本代表で、神戸親和女子大学教授の平尾剛さんは「これはアスリート側にも問題がある。私自身も現役時代は競技のことしか見えておらず、不勉強で無知なのに自意識だけは高かった。そうした振る舞いを続けると、アスリートは社会から利用されるだけで終わってしまう」という――。 【この記事の画像を見る】 ■世間を賑わす東京五輪の「汚れた金」 東京五輪の開催から1年以上が経過した今になって、東京五輪の「汚れた金」が世間をにぎわしている。 東京五輪のスポンサーでもあった紳士服大手「AOKIホールディングス」や出版大手「KADOKAWA」の元幹部らから賄賂を受け取ったとして、大会組織委員会(JOC)の元理事らが受託収賄罪で、KADOKAWA会長の角川歴彦容疑者らが贈賄の容疑で逮捕されたのだ。 振り返れば開催当初から、新型コロナウイルスの感染

                                              不勉強で無知なのにプライドは高い…日本のアスリートが「鼻持ちならない存在」になりがちな根本原因(プレジデントオンライン) - Yahoo!ニュース
                                              • 元理事、パーク24スポンサー契約にADK介在口利きか 五輪汚職 | 毎日新聞

                                                東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=が、駐車場サービス会社「パーク24」(東京都品川区)の大会スポンサー契約に、大手広告会社「ADKホールディングス」(港区)を介在させるよう組織委側に口利きした疑いがあることが関係者への取材で判明した。ADKは実際にパーク24の契約に関わり、組織委から報酬約3500万円を得た。東京地検特捜部は既に両社を家宅捜索しており、資金の流れを捜査している模様だ。 関係者によると、組織委は専任代理店として大手広告会社「電通」にスポンサー集めを委託したが、組織委が認めれば別の広告会社が協力代理店として加わることも認められていた。元理事はADKとコンサルタント契約を結んでおり、2016年ごろ、同社がスポンサー集めに加われないか電通に照会。当時電通と交渉中だったパーク24を介在先として指名した

                                                元理事、パーク24スポンサー契約にADK介在口利きか 五輪汚職 | 毎日新聞
                                                • KADOKAWA会長“自爆発言”で追い込まれた高橋治之氏、「東京五輪の闇」が暴かれるか!?(郷原信郎) - 個人 - Yahoo!ニュース

                                                  東京五輪をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は、9月14日、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」角川歴彦会長を贈賄容疑で逮捕した。 「KADOKAWA」側から7600万円の賄賂を受取っていた受託収賄の容疑で東京五輪組織委員会の元理事の高橋治之氏と、コンサルタント会社「コモンズ2」代表深見和政氏が逮捕され、KADOKAWA側では、元専務で顧問の芳原世幸氏と担当室長だった馬庭教二氏の2人が6900万円(公訴時効完成分を除く)の贈賄の容疑で逮捕されていたが、新たに出版・文化事業の業界の超大物が逮捕されたことで、事件は新たな展開を迎えることになった。 受託収賄罪の立証上の問題点この事件は、AOKIホールディングスを贈賄側とする事件と同様に、請託や便宜供与が、組織委員会理事の権限に関するものか、電通元専務としての民間企業電通への影響力に関するものか、という点が問題になる。 それに加え、KA

                                                  KADOKAWA会長“自爆発言”で追い込まれた高橋治之氏、「東京五輪の闇」が暴かれるか!?(郷原信郎) - 個人 - Yahoo!ニュース
                                                  • 五輪汚職、森喜朗氏に迫る特捜部 角川歴彦会長らとの赤坂・高級料亭での密談全容

                                                    次々に明るみに出る「五輪汚職」の闇。そのシンジケートの中心に元首相がいることをいち早く報じたノンフィクション作家・森功氏が、さらなる追及レポートを放つ。(文中敬称略) * * * 県知事の馳浩や北國新聞社主に会う予定が入っていた森喜朗(85)は、その日早朝7時過ぎ、東京駅から北陸新幹線グランクラスで石川県に向かった。奇しくも朝日新聞が一面に「森元首相を参考人聴取」という特ダネを載せた9月8日である。 森は8月下旬から9月初めにかけ、東京地検特捜部からホテルオークラで3回事情聴取されている。それが終わったすぐあとに元気に地元入りしているから、検察首脳はメンツをつぶされた思いではなかろうか。 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件捜査が、新たな展開を見せ始めた。大会組織委員会元理事の高橋治之(78)が、電通時代の後輩である深見和政(73)の経営するコンサルタント会社を通じて出版大手「KADO

                                                    五輪汚職、森喜朗氏に迫る特捜部 角川歴彦会長らとの赤坂・高級料亭での密談全容
                                                    • JOC竹田前会長から参考人として任意で事情聴取 東京地検特捜部(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース

                                                      東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件に関連し、東京地検特捜部がJOC=日本オリンピック委員会の竹田恒和前会長から参考人として任意で事情を聞いたことが分かりました。 【動画】「KADOKAWA」角川歴彦会長を贈賄容疑で逮捕 東京オリ・パラ汚職事件 この事件は、組織委員会・元理事の高橋治之容疑者が大会スポンサーだった企業側から賄賂を受け取ったとされるもので、これまでの立件総額は1億2000万円あまりに上ります。 関係者によりますと、高橋容疑者は取り調べに対し、不正行為を否定しているということです。 その後の取材で特捜部が16日までに参考人としてJOC=日本オリンピック委員会の前会長・竹田恒和氏から任意で事情を聞いていたことが新たに分かりました。 特捜部は組織委員会の副会長でもあった竹田氏に対し、高橋容疑者が組織委員会の理事に就任した経緯などについて説明を求めたものとみられます。 特捜

                                                      JOC竹田前会長から参考人として任意で事情聴取 東京地検特捜部(日テレNEWS) - Yahoo!ニュース
                                                      • 東京五輪・パラ汚職事件 JOC前会長に任意で事情聴取 東京地検 | NHK

                                                        東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件に関連して、東京地検特捜部が、JOC=日本オリンピック委員会の前会長で、組織委員会の副会長を務めていた竹田恒和氏から16日までに任意で事情を聴いたことが関係者への取材で新たに分かりました。 特捜部は、受託収賄の疑いで再逮捕した組織委員会の元理事が理事に就任した経緯などを確認したものとみられます。 東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐっては、 組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)が ▽出版大手KADOKAWAの幹部から総額7600万円の賄賂を受け取っていたとして、受託収賄の疑いで東京地検特捜部に再逮捕されたほか、 ▽紳士服大手のAOKIホールディングス側からも総額5100万円の賄賂を受け取った罪で起訴されています。 一連の事件に関連して、特捜部が、JOC=日本オリンピック委員会の前会長で、組織委員会の副会

                                                        東京五輪・パラ汚職事件 JOC前会長に任意で事情聴取 東京地検 | NHK
                                                        • KADOKAWA会長、賄賂性認識か 「指摘あり名目変更」社員報告 | 毎日新聞

                                                          東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で、贈賄容疑で逮捕された出版大手「KADOKAWA」会長、角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)が、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=側への送金前に、社員から「社内の弁護士から賄賂に当たる可能性を指摘され、送金名目を変更した」と報告を受けた疑いがあることが関係者への取材で判明した。社員は東京地検特捜部の任意聴取にもこの経緯を供述している模様だ。 特捜部は、この報告に用いられた社内資料を押収しているとされ、社員の供述と合わせて会長の賄賂に対する認識の立証が可能と判断し、逮捕に至ったとみられる。一方、関係者によると、角川会長は「部下から送金の報告は受けたが、スポンサー選定の謝礼とは聞いていない。元理事の知人の会社に送金したもので、元理事に資金提供した認識はない」と賄賂性を否定しているという。 角川会長の逮捕容疑は、同社

                                                          KADOKAWA会長、賄賂性認識か 「指摘あり名目変更」社員報告 | 毎日新聞
                                                          • 清水 潔 on Twitter: "振り返ると様々な裏金が決まった瞬間だったのでございます。 https://t.co/ujqztsllhF"

                                                            振り返ると様々な裏金が決まった瞬間だったのでございます。 https://t.co/ujqztsllhF

                                                            清水 潔 on Twitter: "振り返ると様々な裏金が決まった瞬間だったのでございます。 https://t.co/ujqztsllhF"
                                                            • 【五輪汚職】KADOKAWA会長 逮捕。役職員向けの社内文を入手「危機的状況を乗り切っていくためには…」

                                                              東京地検特捜部は9月14日、出版大手KADOKAWAの角川歴彦会長(79)を贈賄容疑で逮捕した。同社の夏野剛社長は角川容疑者の逮捕を受けて、逮捕の報道から2時間ほど経過した午後5時30分ごろ、役職員向けの社内ビジネスチャットで「危機的状況を乗り切っていくためには、役職員の皆さまと私たち経営陣が心をひとつにして対応していくことが不可欠」とのメッセージを発信した。 NHKなどによると、東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件で逮捕された大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者に対し、角川容疑者側が大会のスポンサー選定などで便宜を受けた謝礼として総額6900万円の賄賂を提供していた贈賄の疑いがもたれている。 KADOKAWAをめぐっては、東京地検特捜部が9月6日、元専務の芳原世幸容疑者(64)らを高橋元理事への贈賄の疑いで逮捕している。 Business Insider J

                                                              【五輪汚職】KADOKAWA会長 逮捕。役職員向けの社内文を入手「危機的状況を乗り切っていくためには…」
                                                              • KADOKAWA逮捕とかほぼ全クリエイターに迷惑かかるからやめてくれ〜

                                                                いまウェブ小説もツイッター漫画も書籍化してくれるのはほぼほぼKADOKAWA ネットでバズったクリエイターの商業デビューの場所ってほぼほぼKADOKAWAなのよ この出版不況で新人クリエイターの書籍をばんばん出してる出版社、ほかにある??? ないんだわ、これがさ 非・映像系のクリエイターがステップアップする貴重な場所なのよ それが「犯罪者の会社ねw」みたいなイメージついたらすげー迷惑 今後のクリエイターのエコシステムに大打撃あたえるからマジでやめてくれ クールジャパン、かなり地盤沈下するぞ マジでやめてくれ

                                                                KADOKAWA逮捕とかほぼ全クリエイターに迷惑かかるからやめてくれ〜
                                                                • 角川歴彦さん逮捕さる|山本一郎(やまもといちろう)|note

                                                                  予想より2日ほど遅かったかなという気もしますが、ともあれKADOKAWAの角川歴彦さんが贈賄の件で逮捕されてしまいました。報道だけでなく周辺情報から見ても先に逮捕されたKADOKAWA関係者二人はトップの大物・角川歴彦さんの強い意向を受けて窓口役として汗をかいただけなのは明白であったため、地検特捜部としても角川さんの逮捕でまずはナシをつけたというのが正直なところかなと思います。 気にしていた川上量生さんですが、角川歴彦さんという大物を摘発するにあたって脇役に置かれ(そのそろは代表取締役だったはずなんですが)、どうでもいい感じの扱いになってるのは川上ヲチャーとしては惜しくも思います。 むしろ、本来であれば東京オリンピックの誘致活動から1年遅れの開催まで多くの影響力を行使してきた筆頭の森喜朗さんに向けてはどうも諦めている風もあります。見聞きする限りでは、森喜朗さんという人は政治の最前線から退い

                                                                  角川歴彦さん逮捕さる|山本一郎(やまもといちろう)|note
                                                                  • KADOKAWA会長を逮捕 組織委元理事への贈賄容疑―五輪汚職・東京地検:時事ドットコム

                                                                    KADOKAWA会長を逮捕 組織委元理事への贈賄容疑―五輪汚職・東京地検 2022年09月14日19時51分 角川歴彦KADOKAWA会長 東京五輪・パラリンピックのスポンサー選定をめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=に対する贈賄容疑で、出版大手KADOKAWA会長、角川歴彦容疑者(79)を新たに逮捕した。 森元会長から参考人聴取 元理事の便宜、裏付け捜査―五輪汚職・東京地検 事件は同社創業家の経営トップが逮捕される事態に発展した。角川容疑者は五輪事業参入に向けて贈賄工作を主導した疑いがあり、特捜部が全容解明を進める。 逮捕容疑は、同社元専務の芳原世幸(64)、元担当室長の馬庭教二(63)両容疑者=いずれも贈賄容疑で逮捕=と共謀して大会スポンサーに選ばれるよう高橋容疑者に依頼し、謝礼として2019年9月~21年1月に

                                                                    KADOKAWA会長を逮捕 組織委元理事への贈賄容疑―五輪汚職・東京地検:時事ドットコム
                                                                    • 贈賄容疑 KADOKAWA会長を逮捕 - Yahoo!ニュース

                                                                      KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑 朝日新聞デジタル4805 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日午後、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」の会長・角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。事件はKADOKAWAトップの逮捕にまで発展した。

                                                                      贈賄容疑 KADOKAWA会長を逮捕 - Yahoo!ニュース
                                                                      • KADOKAWA会長を逮捕 五輪組織委元理事に贈賄容疑 東京地検 | NHK

                                                                        東京オリンピック・パラリンピックのスポンサー契約をめぐる贈収賄事件で、東京地検特捜部は、出版大手、KADOKAWAの角川歴彦会長(79)が、大会組織委員会の高橋治之元理事に総額6900万円の賄賂を提供していたとして、新たに贈賄の疑いで逮捕しました。 逮捕されたのは、出版大手、KADOKAWAの会長、角川歴彦容疑者(79)です。 東京地検特捜部の調べによりますと、角川会長は大会のスポンサー選定などで便宜を受けたことへの謝礼などとして、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)に去年までの3年間に総額6900万円の賄賂を提供したとして、贈賄の疑いが持たれています。 特捜部は今月6日、KADOKAWAの、元専務、芳原世幸容疑者(64)と、担当室長だった馬庭教二容疑者(63)の2人を、高橋元理事への贈賄の疑いで逮捕するとともに、元理事を受託収賄の疑いで再逮捕し、捜査を進めていました。 KADOK

                                                                        KADOKAWA会長を逮捕 五輪組織委元理事に贈賄容疑 東京地検 | NHK
                                                                        • KADOKAWA会長を逮捕 6900万円贈賄容疑、東京地検 | 共同通信

                                                                          東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、東京地検特捜部は14日、大会スポンサーの選定で有利な取り計らいを受けた謝礼などとして、大会組織委員会元理事高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=側に約6900万円の賄賂を提供したとして、贈賄の疑いで、出版大手KADOKAWAの会長角川歴彦容疑者(79)を逮捕した。 今回の事件でスポンサー企業の経営トップが逮捕されるのは、紳士服大手AOKIホールディングス(HD)に続き2社目。 角川容疑者は出版を軸に事業の多角化を進め、KADOKAWAを総合エンターテインメント企業に成長させた。

                                                                          KADOKAWA会長を逮捕 6900万円贈賄容疑、東京地検 | 共同通信
                                                                          • KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑:朝日新聞デジタル

                                                                            東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日午後、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」の会長・角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。事件はKADOKAWAトップの逮捕にまで発展した。 KADOKAWAルートで特捜部は6日、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)を受託収賄容疑で再逮捕し、KADOKAWA側は元専務・芳原世幸(としゆき)(64)と元五輪担当室長・馬庭教二(63)の両容疑者を贈賄容疑で逮捕した。特捜部は同日、角川会長の自宅も家宅捜索していた。 芳原元専務と馬庭元室長は、高橋元理事と元理事の知人でコンサルタント会社「コモンズ2」代表の深見和政容疑者(73)=受託収賄容疑で逮捕=に対し、スポンサー選定で便宜を図ってほしいと依頼。そのうえで2019年9月~21年1月、9回で計約6900万円の賄賂をコモンズ2に振り込んだ疑いが持

                                                                            KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑:朝日新聞デジタル
                                                                            • KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

                                                                              記者の質問に答えるKADOKAWAの角川歴彦会長=2022年9月5日午後2時38分、東京都千代田区、代表撮影 東京五輪・パラリンピックをめぐる汚職事件で、東京地検特捜部は14日午後、大会スポンサーだった出版大手「KADOKAWA」の会長・角川歴彦(つぐひこ)容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。事件はKADOKAWAトップの逮捕にまで発展した。 【事件の構図、一目で分かる】KADOKAWA、AOKI、電通時代の先輩後輩、五輪汚職事件の動きとお金の流れ KADOKAWAルートで特捜部は6日、大会組織委員会の元理事・高橋治之容疑者(78)を受託収賄容疑で再逮捕し、KADOKAWA側は元専務・芳原世幸(としゆき)(64)と元五輪担当室長・馬庭教二(63)の両容疑者を贈賄容疑で逮捕した。特捜部は同日、角川会長の自宅も家宅捜索していた。 芳原元専務と馬庭元室長は、高橋元理事と元理事の知人でコンサルタン

                                                                              KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職事件で贈賄容疑(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
                                                                              • KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職、贈賄容疑

                                                                                日経の記事利用サービスについて 企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら 東京五輪・パラリンピックを巡る汚職事件で、大会組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)=受託収賄容疑で再逮捕=らに賄賂を提供したとして、東京地検特捜部は14日、KADOKAWA会長の角川歴彦容疑者(79)を贈賄容疑で逮捕した。関係者によると、容疑を否認しているという。 事件はKADOKAWAトップの逮捕に発展した。スポンサー企業トップの逮捕は紳士服大手のAOKIホールディングスに続いて2社目。...

                                                                                KADOKAWAの角川歴彦会長を逮捕 五輪汚職、贈賄容疑
                                                                                • KADOKAWAの角川歴彦会長を贈賄容疑で逮捕 東京五輪汚職事件で 東京地検特捜部|FNNプライムオンライン

                                                                                  東京五輪汚職事件で、KADOKAWAの角川歴彦会長を贈賄容疑で逮捕。東京地検特捜部。 東京オリンピックを巡る贈収賄事件で、東京地検特捜部は、組織委員会・元理事へ賄賂を渡した疑いで新たにKADOKAWAの会長を逮捕した。 逮捕されたのはKADOKAWAの会長角川歴彦容疑者79歳。 特捜部によりますと、角川容疑者は、逮捕された組織委・元理事の高橋治之容疑者にスポンサー選定で便宜を図ってもらいたい趣旨でおよそ6900万円の賄賂を渡した疑いが持たれている。 角川容疑者は、逮捕前、取材に対し「賄賂の認識は全くありません」と話していた。

                                                                                  KADOKAWAの角川歴彦会長を贈賄容疑で逮捕 東京五輪汚職事件で 東京地検特捜部|FNNプライムオンライン