検索対象

並び順

ブックマーク数

期間指定

  • から
  • まで
ドローンに関するエントリは3047件あります。 技術社会drone などが関連タグです。 最新エントリには 『「ドローン撮影した静岡県の水害」と虚偽画像が拡散。AIでフェイク生成? 県は「デマやめて」』などがあります。

ドローンの検索結果(絞り込み: 3 users 以上)3047 件中 1 - 40 件目

  • 「ドローン撮影した静岡県の水害」と虚偽画像が拡散。AIでフェイク生成? 県は「デマやめて」

    台風15号の影響で浸水被害などが続いている静岡県で、街全体が水没しているかのような3つの画像がTwitter上で拡散している。 発信元は「ドローンで撮影された」とツイートしているが、静岡県の担当者はこの画像を「今回の大雨被害のものではない。デマはやめていただきたい」と否定。 AIで作成された画像とみられる特徴もあり、発信元アカウントもその後、AIで画像をつくったことを認めた。静岡県の回答からも、このツイートは「虚偽」だと言える。 ドローンで撮影された静岡県の水害画像?

    「ドローン撮影した静岡県の水害」と虚偽画像が拡散。AIでフェイク生成? 県は「デマやめて」
    • SF感がすごい。ドローンを迎撃するマシンガン型ジャマー

      SF感がすごい。ドローンを迎撃するマシンガン型ジャマー2022.09.24 17:0037,272 岡本玄介 未来のバトルっぽいドローン vs. 電磁波銃。 人が行けない場所や上空からの撮影に重宝されるドローンですが、使い方によっては盗撮や兵器として悪用されかねません。それに対抗するのは迎撃や投網といった手段がありますが、最近は小さくて高性能なドローンも増えたことですし、手っ取り早い対抗手段はやはり、電波障害を起こさせるジャミングではないでしょうか。 電磁波を出してドローンを撃退デラウェア州で警備・防衛機器を扱っているNQ DEFENSEでは、そうした危機に対処するべくマシンガン型の対ドローン・ジャマーを作っています。 「ND-BD003」にはドローンを検知するための外部機器や充電池、ディスプレイ、制御といった装置がオール・イン・ワンになっているのが特徴で、目視による見逃しや見間違いといっ

      SF感がすごい。ドローンを迎撃するマシンガン型ジャマー
      • プロペラがない! 騒音問題を解決する「イオン風で飛ぶドローン」 - ナゾロジー

        得意なジャンルはテクノロジー系。機械構造・生物構造・社会構造など構造を把握するのが好き。科学的で不思議なおもちゃにも目がない。趣味は読書で、読み始めたら朝になってるタイプ。 以前はKAIN名義で記事投稿をしていましたが、現在はナゾロジーのディレクションも担当することに。大学では電気電子工学、大学院では知識科学を専攻。科学進歩と共に分断されがちな分野間交流の場、一般の人々が科学知識とふれあう場の創出を目指しています。 Undefined claims 4.5-min flight for its “silent” ion-propulsion drone https://newatlas.com/drones/undefined-ion-propulsion-drone/ ION PROPULSION DRONE PROVES ITS COMMERCIAL VIABILITY https:/

        プロペラがない! 騒音問題を解決する「イオン風で飛ぶドローン」 - ナゾロジー
        • 「規制の結果、日本はドローン後進国になった。3Dプリンターも…」~新技術・新アイデアと「規制」についての議論

          杉 @SugiShine メタノール飲ませ妻を殺害か 製薬会社の夫逮捕 東京 大田区 | NHK グワーッ!!これ研究所や工場のメタノール管理基準が厳しくなるやつだ。鍵付き倉庫にいれて抜き取り記録をつけろってなるやもしれん www3.nhk.or.jp/news/html/2022… 2022-09-16 10:12:23

          「規制の結果、日本はドローン後進国になった。3Dプリンターも…」~新技術・新アイデアと「規制」についての議論
          • ナムチャン/南原 徹也@甲子化学工業 on Twitter: "農業の収穫現場がSFの世界に近付いてきてます。果物をドローンのカメラで認識して、昼夜問わず収穫してくれるシステム。収穫時期に不足する人員や高所位置での収穫課題に貢献してくれます。今はリンゴで実証段階中です。人材獲得が更に難しくなっ… https://t.co/CrvAuXPOcm"

            農業の収穫現場がSFの世界に近付いてきてます。果物をドローンのカメラで認識して、昼夜問わず収穫してくれるシステム。収穫時期に不足する人員や高所位置での収穫課題に貢献してくれます。今はリンゴで実証段階中です。人材獲得が更に難しくなっ… https://t.co/CrvAuXPOcm

            ナムチャン/南原 徹也@甲子化学工業 on Twitter: "農業の収穫現場がSFの世界に近付いてきてます。果物をドローンのカメラで認識して、昼夜問わず収穫してくれるシステム。収穫時期に不足する人員や高所位置での収穫課題に貢献してくれます。今はリンゴで実証段階中です。人材獲得が更に難しくなっ… https://t.co/CrvAuXPOcm"
            • ドローン、AI、3D技術…… 最新技術活用 警察庁が警護体制強化へ

              警察庁は安倍元首相銃撃事件の教訓を踏まえて要人警護を抜本的に見直し、ドローンやAI、3D技術の活用などを進める。国葬や2023年5月に広島市で開催されるG7サミットなどの重要警備が続く中、将来的な警護体制の強化に乗り出す。 日本の要人警護の不備が露呈した安倍晋三元首相の銃撃事件は9月8日で発生から2カ月。警察庁は事件の教訓を踏まえて要人警護を抜本的に見直し、ドローンやAI、3D技術の活用などを進める。8月27日に営まれる国葬や2023年5月に広島市で開催される先進7カ国首脳会議(G7サミット)などの重要警備が続く中、マンパワーだけではなく、最新技術を活用して、将来的な警護体制の強化に乗り出す。 警察庁が先月公表した事件の検証結果からは、奈良県警が作成した危機意識に欠けた安易な前例踏襲の警護計画などから、安倍氏後方に警護の「空白」が生じ、山上徹也容疑者(41)の接近を許した状況が明らかになっ

              ドローン、AI、3D技術…… 最新技術活用 警察庁が警護体制強化へ
              • AIブドウ栽培ロボット開発進める山梨県のスマート農業

                ブドウやモモの生産量全国1位を誇る山梨県は、品質もこだわる「果樹王国やまなし」を目指している。量と高品質化の両立には、人手だけでなく細かい技術が不可欠だが、果樹農家の高齢化と、担い手不足は大きな課題だ。そこで人工知能(AI)や小型無人機(ドローン)などのハイテク技術を活用する〝スマート農業〟で、課題解決を図る動きが急ピッチで進んでいる。 前例のないDX「デジタルトランスフォーメーション(DX)の社会実装の一環として、世界でも前例のないAIブドウ栽培ロボットを開発し、スマート農業や地域経済の発展につなげたい」 産官学協同によるシャインマスカット栽培の高効率・高品質化プロジェクトの中核を務める山梨大の島田真路学長は、今回の取り組みの意義をそう強調する。 種がなく皮ごと食べることができることから、年々人気が高まっているシャインマスカット。だが高い品質を維持するにはブドウの花穂の段階で摘み取る「房

                AIブドウ栽培ロボット開発進める山梨県のスマート農業
                • 台湾軍、ドローンを撃墜 中国から飛来か

                  【台北=矢板明夫】台湾の国防部(国防省に相当)は1日、中国の福建省沿岸で台湾が実効支配する離島、金門島付近の空域で、国籍不明の「撮影用の民用無人機(ドローン)」を撃墜したと発表した。ドローンは中国から飛来したとみられる。 同部などによると、台湾軍は同日正午(日本時間午後1時)すぎ、金門島近くの小島、獅嶼付近の制限水域上空にドローンを発見。獅嶼の駐留部隊が警告を発したが反応しなかったため、銃撃して撃墜した。ドローンの残骸は海に落下したという。 中国軍は8月初めのペロシ米下院議長訪問に反発して実施した大規模な軍事演習中から、金門島付近の上空にドローンを繰り返し飛行させている。台湾軍の基地の様子を撮影した映像が中国のネットで拡散する事例もあった。台湾軍は当初、照明弾などで警告を行ったが、効果がなかった。蔡英文総統は8月30日、澎湖諸島の空軍部隊を視察した際に「挑発行為に対し強力な対抗措置をとる」

                  台湾軍、ドローンを撃墜 中国から飛来か
                  • ドローンなど警備費に22億円 安倍氏銃撃受け、警察庁が概算要求 | 毎日新聞

                    安倍晋三元首相が街頭演説中に銃撃されて死亡した事件を受け、警備態勢の強化を進める警察庁は2023年度予算の概算要求に、カメラ付きドローンや人工知能(AI)による異常行動検知システムなどの費用を盛り込んだ。こうした先端機材を来年5月に広島で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)の警備でも活用する。 警護警備の強化費用として計上されたのは約22億6000万円。内訳は、銃器攻撃対策16億9500万円▽先端技術の導入4億6200万円▽訓練の実施1億100万円。

                    ドローンなど警備費に22億円 安倍氏銃撃受け、警察庁が概算要求 | 毎日新聞
                    • ロシア、イラン製ドローンで「多数の不具合」に直面=米政権高官

                      ロシアはウクライナとの戦争で使用するためにイランから今月入手した同国製無人航空機(ドローン)で「多数の不具合」に直面している。米政権高官が明らかにした。写真はイランでの軍事演習で使用されたドローン。24日入手(2022年 ロイター/Iranian Army/West Asia News Agency) [ワシントン 29日 ロイター] - ロシアはウクライナとの戦争で使用するためにイランから今月入手した同国製無人航空機(ドローン)で「多数の不具合」に直面している。米政権高官が明らかにした。 匿名を条件にしたこの高官によると、米国はロシアが今月に入ってから数日にわたりドローン「モハジェル-6」と「シャヘド」シリーズの引き渡しを受けたと分析。ロシアのドローン数百機取得計画の一環である可能性が高いという。 サリバン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は7月、イランがロシアに最大数百機のドローン

                      ロシア、イラン製ドローンで「多数の不具合」に直面=米政権高官
                      • 斜めの屋根でも着陸可能! 衝撃吸収レッグ搭載の新ドローン

                        斜めの屋根でも着陸可能! 衝撃吸収レッグ搭載の新ドローン2022.08.29 22:30 Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文] ( そうこ ) Tags : ドローン 傾斜があっても大丈夫。 ドローンの操作ってなかなか操作難しいですよね。お家の中で飛ばす趣味ドローンですら、その操縦は容易ではありません。特に緊張が走るのは着陸。平坦な地面に、スピードを落としてからソフトに着陸するのがコツです。強風は敵です。でも、この好環境は常に整うわけではないので、ドローン自体にももっとタフになって欲しい…。そこで、カナダのシャーブルック大学Createk Design研究室が開発したのは、傾斜のあるところにも着陸できるドローン。 Image:youtube現状のドローンは、理想の着陸状況を想定して作られているものが多く、脚にふんばりや柔軟性がないものがほとんどです。ただ、理

                        斜めの屋根でも着陸可能! 衝撃吸収レッグ搭載の新ドローン
                        • ロシア製ドローン、隠せぬ技術劣位 半導体は中国頼みに

                          【この記事のポイント】 ・ロシア製ドローンは米欧との技術格差が明確だ ・特に半導体は中国からの供給に頼らざるを得ない ・中国がロシアへの発言力を強めるための戦略的手段に ロシア軍との戦闘でウクライナ軍が健闘している理由の一つに、欧米諸国から供与された武器の優位性があるとされる。たしかに現地からの報道や映像を見ると、ウクライナ軍が新鋭のミサイルやドローンを使う戦場の様子がうかがえる。

                          ロシア製ドローン、隠せぬ技術劣位 半導体は中国頼みに
                          • 木村誠司 Yogibo Inc. CEO 🇺🇦 on Twitter: "これもCMレベル。ドローン達人に超絶テクニックで「Yogibo名古屋栄店」を撮影してもらった結果がこちら汗 #ドローン #yogibo https://t.co/ufKZ9XKdlb"

                            これもCMレベル。ドローン達人に超絶テクニックで「Yogibo名古屋栄店」を撮影してもらった結果がこちら汗 #ドローン #yogibo https://t.co/ufKZ9XKdlb

                            木村誠司 Yogibo Inc. CEO 🇺🇦 on Twitter: "これもCMレベル。ドローン達人に超絶テクニックで「Yogibo名古屋栄店」を撮影してもらった結果がこちら汗 #ドローン #yogibo https://t.co/ufKZ9XKdlb"
                            • 「Amazonのドローン配送」が始まる!事なかれ主義で取り残される日本の末路

                              1979年生まれ。京都大学経済学部卒業。国会議員秘書を経てプレジデント社へ入社、プレジデント編集部配属。経済誌としては当時最年少でプレジデント編集長就任(2020年1月)。2021年7月に独立。現在に至る。 Twitter → https://twitter.com/ogurapunk CONTACT → https://k-ogura.jp/contact/ DOL特別レポート 内外の政治や経済、産業、社会問題に及ぶ幅広いテーマを斬新な視点で分析する、取材レポートおよび識者・専門家による特別寄稿。 バックナンバー一覧 ついに米アマゾン・ドット・コムによる一般向けドローン配送サービスが、米国の一部地域で年内に始まるという。世界では配送だけでなく、テロ対策や危険エリアの視察などでも活用事例が相次いでいる。片や日本はドローンに対する規制が厳しく、その潮流から取り残されている。事なかれ主義でドロ

                              「Amazonのドローン配送」が始まる!事なかれ主義で取り残される日本の末路
                              • 五島の病院などに時速100キロ超で薬をドローン配送--日本初上陸の「Zipline」を現地取材

                                アフリカのルワンダなどで、固定翼型ドローンを使って、病院向けに輸血用血液製剤などを配送している「Zipline(ジップライン)」。カタパルトから勢いよく発射される離陸の瞬間や、ワイヤーを使ってキャッチするドローンの回収方法がユニークであることで知られているが、このZiplineが2022年に日本に初上陸していることをご存知だろうか。 ルワンダでは1年365日、各地の病院から依頼がくると、ドローンが血液パック(輸血用血液製剤)を積んで病院へ飛び立っていく。病院上空に到着すると、血液パックを入れた箱を空から投下して、パラシュートでゆっくり安全に地上へ届けている。 CNET Japanは2020年に、ルワンダから現地レポートをお届けしたが、今回は長崎県五島市で始まった、医療用医薬品B2Bドローン配送事業を現地取材した。フライトの手順、発射や着陸の仕組み、施設設備の構成など、Ziplineから日本

                                五島の病院などに時速100キロ超で薬をドローン配送--日本初上陸の「Zipline」を現地取材
                                • 安倍元首相銃撃事件受け 要人警護にドローン活用を検討 警察庁 | NHK

                                  安倍元総理大臣が演説中に銃撃されて死亡した事件で、警備の見直しを進めている警察庁が、多くの聴衆が集まる屋外の警護にドローンを活用した上空からの警戒を新たに導入する方向で検討していることが分かりました。 演説する要人の周囲に防弾ガラスを設置することも検討していて、実効性ある警護体制を確立できるか問われることになります。 先月8日、安倍元総理大臣が奈良市で演説中に銃で撃たれて死亡した事件から8日で1か月です。 警察庁は襲撃を未然に防げなかった当時の警備の検証を進めていて、これまでに奈良県警が作成した「警護・警備計画」について、前例を安易に踏襲し十分な検討が行われなかったことや、演説の直前に警察官の配置が変更されたにもかかわらず現場で共有されないまま後方の警戒に隙が生まれたことなどを問題点として挙げています。 こうした点を踏まえ、警察庁が選挙の遊説など多くの聴衆が集まる屋外での要人の警護に、ドロ

                                  安倍元首相銃撃事件受け 要人警護にドローン活用を検討 警察庁 | NHK
                                  • ドローンの操縦に新資格、国交省が試験内容や教則を公表

                                    ドローンの運用ルールなどを定めた改正航空法の施行を2022年12月に控え、国土交通省は操縦者の技能を証明する新たな資格の試験内容や講習に用いる教則の具体案を示した。22年7月25日にパブリックコメントの受け付けを開始。年度内に初回の試験の実施を予定する。 ドローンの操縦者の技能を証明する試験制度の概要。ドローンの安全運航に必要な知識や操縦技術の有無を確かめる。レベル4の飛行に必要な「一等無人航空機操縦士」と、飛行ごとに必要な許認可手続きを簡略化できる「二等無人航空機操縦士」の2種類の資格を設ける(資料:国土交通省) 改正航空法は、ドローンの操縦者の技能や機体の性能を認証する仕組みを新設し、飛行の安全性を担保するのが狙いだ。市街地など第三者のいる場所の上空を補助者なし・目視外で飛ばす「レベル4」の実現に向けて整備した。認証制度を生かし、人口集中地区(DID)など特殊な条件下の飛行で必要な国交

                                    ドローンの操縦に新資格、国交省が試験内容や教則を公表
                                    • 鹵獲されたロシアのドローンを分解、西側各国の技術を使用 CNN取材班が撮影

                                      (CNN) 前線から離れた場所で、ウクライナの技術情報将校マキシン(仮名)氏が、鹵獲(ろかく)されたロシアの偵察ドローン「オルラン10」を分解している――。 CNN取材班が撮影した光景だ。ニック・ロバートソン記者らは今回、報道関係者として初めて、ロシアが兵器製造にどのように西側の技術を使用しているのかをウクライナ側から見せてもらった。 取材動画に映る回路板は携帯電話の位置をピンポイントで突き止めることができ、カメラよりも危険な可能性がある。マキシン氏によると、この携帯電話追跡装置は米国製で、エンジンは日本製。カメラに搭載された熱線映像装置は侵攻開始後にフランスで製造されたものだという。 「こうしたドローンは戦場で恐怖の的となり、戦争の方法に革命をもたらしている。だが、機体内部の部品をめぐる戦いも、新しいロケット砲や火砲の供与に匹敵する重要性を持つ」(ロバートソン記者) ウクライナの軍情報機

                                      鹵獲されたロシアのドローンを分解、西側各国の技術を使用 CNN取材班が撮影
                                      • アマゾン、テキサス州でもドローン配送「Prime Air」開始へ--カリフォルニア州に続き

                                        同社は6月に、カリフォルニア州ロックフォードでPrime Airの実証実験を始めると発表している。テキサス州の取り組みは、これと同様のもの。 カレッジステーションでのPrime Air提供は、2022年の終わりまでに始める予定。 なお、英国ではPrime Airの取り組みを継続するとしているものの、プロジェクトの規模は縮小した。

                                        アマゾン、テキサス州でもドローン配送「Prime Air」開始へ--カリフォルニア州に続き
                                        • 砂浜のすぐ近くで群れるサメが年々増えている、ドローンで判明

                                          米フロリダ州マイアミ沖の温かい浅瀬に集まるカマストガリザメ。(PHOTOGRAPH BY SYDNEY PETERSEN, NATIONAL GEOGRAPHIC) 毎年夏になると、太平洋に面した米カリフォルニア州やオーストラリアの砂浜に、多くのサーファーが押し寄せる。しかし、海のなかではホホジロザメの群れが浜のすぐそばまで迫ってきていることにほとんどの人は気づいていない。しかも、その数は年々増えているという。 それがわかったのはドローン技術のおかげだ。ドローンによる上空からの観察は、地上や海面付近からは見えないサメの動きや捕食行動、社会的な関係、自分たちの生息海域に入ってきた人間に対する反応などを明らかにし、サメ研究に変革をもたらしている。 「当初は、このような形で研究に使えるとは思っていませんでした。ところが導入から数年のうちに、ドローンはなくてはならないツールになりました」と話すのは

                                          砂浜のすぐ近くで群れるサメが年々増えている、ドローンで判明
                                          • 初心者がドローンの設定を何も考えずにリセットするとこうなる

                                            PCで言えば「なんか調子が悪くて原因がよくわからないから、ともかくBIOSで適当にやればなんとかなるかなと思ったらHDDを物理フォーマットしちゃって、設定どころかそもそも起動しなくなってしまった」というところかな。通信やモーターのI/O設定を保存せずにすっ飛ばした後始末。

                                            初心者がドローンの設定を何も考えずにリセットするとこうなる
                                            • カルマンフィルタを実装してみる!ドローンに使用される姿勢推定システムの作り方 - ABEJA Tech Blog

                                              はじめに こんにちは、ABEJAの栗林です! 私はもともと機械工学・制御工学の出身であり、車からロボットまで幅広く機械が大好きです。今回はそんな私がドローンを作るために取り組んでいた飛行制御システムの一部をご紹介できればと思い記事を書いています。 機械学習等は使わず、制御工学のアプローチにはなりますがIoTなどに興味がある方に読んでいただければ幸いです! Raspberry Pi zeroを用いた、ドローン用の簡易な姿勢角推定装置を実装する方法をまとめています 実際にドローンに搭載するものは500Hz程度での計算が必要になるのでCで実装する必要がありますが、理論の確認ではRaspberry Piでも十分かと思われます。10000円程度で姿勢角推定装置を自作できます! 概要 ドローンなどの小型無人航空機(SUAV:Small Unmanned Aerial Vehicle)において、飛行制御

                                              カルマンフィルタを実装してみる!ドローンに使用される姿勢推定システムの作り方 - ABEJA Tech Blog
                                              • とてつもない速度でドローンを操作するレースで自律機械が人間に勝利する! - ナゾロジー

                                                時速100km以上のハイスピード「ドローンレース」ドローンレースの中でも特に難易度が高いのが、「FPV(一人称視点)ドローンレース」です。 この競技では、ドローンレーサーがヘッドセットを装着して、ドローン前面のカメラから得られる映像だけを頼りに操縦します。 つまりレーサーは、まるで小型ドローンに搭乗しているかのような視点でレースに挑むのです。 ヘッドセットを使ってドローンのカメラ視点でレースする / Credit:Depositphotosそのため、このレースはいわゆるラジコンレースでありながら、操縦者には自動車「F1」レースのレーサーと同じようなセンスが求められます。 しかもFPVドローンレースでは、時速100~150kmものポテンシャルをもつレース用ドローンを使って、3次元構造の狭くて複雑なコースを周回しなければいけません。 自動車レース以上に判断力や精密な操作、超人的な瞬発力が求めら

                                                とてつもない速度でドローンを操作するレースで自律機械が人間に勝利する! - ナゾロジー
                                                • 警察・消防に配備の国産ドローン「蒼天」、不具合で運用停止…4月に墜落事故(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース

                                                  官民で共同開発した国産ドローン「蒼天(そうてん)」が、機体の不具合を理由に全国の警察や消防で使用停止となっていることが分かった。安全性がセールスポイントだったが、4月に機体の不具合が原因とみられる墜落事故を起こしていた。開発企業が不具合の解消に向けて、制御プログラムの更新準備を進めている。 【写真】国産ドローンはデータ抜き取りや操縦の乗っ取りを防ごうと開発された 蒼天は幅約64センチ、重さ1・7キロの小型空撮用ドローン。小型機は、中国企業製が日本国内でも圧倒的シェアを誇る。撮影画像や飛行データなどの情報漏えい防止などの観点から国産機を求める声が高まり、蒼天が誕生した。 開発は、ドローン関連の新興企業「ACSL」(東京)やNTTドコモのほか、経済産業省所管の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などが共同で担った。蒼天は風速15メートルの強風でも飛行可能で、離島の測量や、災害時の捜索

                                                  警察・消防に配備の国産ドローン「蒼天」、不具合で運用停止…4月に墜落事故(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
                                                  • 「ロシア戦車キラー」と目されたウクライナ軍ドローンが存在感を失った理由とは(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース

                                                    ウクライナ戦争の初期、ロシア軍に致命的な打撃を与えて注目されていたウクライナのドローンが、次第に威力を失っていると「ビジネス・インサイダー」(BI)が3日(現地時間)に報じた。序盤で予想外の「伏兵」ドローンに屈辱を味わわされたロシア軍が、徐々に電子戦能力を強化するなど、ドローンに対する防御システムを改善したことによるものだという。 BIによると、戦争の序盤の時点でドローンはウクライナ軍の予想外の勝利源泉として関心を集めた。序盤の時点で、各種のソーシャルメディア(会員制交流サイト)には、ウクライナのドローンがロシアの最新鋭戦車を破壊するなどロシア軍を無力化して猛威を振るう動画も頻繁に登場していた。 だがロシア軍も、やられてばかりではいなかった。開戦当初ドローンの攻撃で恥をさらしたロシア軍が、試行錯誤を経て、最近は防御システムを改善した。専門家らは、最近になってウクライナのドローンが撃墜された

                                                    「ロシア戦車キラー」と目されたウクライナ軍ドローンが存在感を失った理由とは(朝鮮日報日本語版) - Yahoo!ニュース
                                                    • 無人トラクター、ドローンから農薬…使って見えた利点と課題:朝日新聞デジタル

                                                      【岡山】農業の効率化や担い手不足対策として、県内でもスマート農業の研究が進んでいる。自動で水やりをするシステムや無人で動くトラクターなどの実証プロジェクトを通じ、具体的な効果や課題が見え始めてきた。もうかり、持続可能な農業の処方箋(せん)となり得るのか――。 笠岡市でキャベツやカボチャなどを育てている農業法人「エーアンドエス」のタマネギ畑(4千平方メートル)。約2メートル四方のドローンがプロペラ音を響かせ、2・5メートルほどの高さから収穫期を迎えた畑へ液体肥料を噴射していく。以前は肥料をまき始めてから1人で1時間ほどかかった作業がわずか10分で完了した。 エー社では、新技術を備えた農業機器などを積極的に採り入れている。センサーで水分量を把握して自動で水まきをするシステム設備や、事前に設定したルートを無人で動くトラクターに、それぞれ1千万円超を投じてきた。 背景にあるのは農業の未来への危機感

                                                      無人トラクター、ドローンから農薬…使って見えた利点と課題:朝日新聞デジタル
                                                      • ドローンの登録義務化がスタート 100g以上の機体は未登録だと飛行不可に

                                                        6月20日からドローンやRC飛行機などの無人航空機の登録義務化と、改正航空法の施行がスタートした。100g以上の重さの機体の場合、所有者情報の登録と許可無しでの飛行は禁止となる。 6月20日からドローンやRC飛行機などの無人航空機の登録義務化と、改正航空法の施行がスタートした。100g以上の重さの機体の場合、所有者情報の登録と許可無しでの飛行は禁止となる。これまで200g未満の機体は航空法の規制対象外だったが、100g以上に引き下げられた。本体重量を199gに抑えたDJIの「Mavic Mini」など、これまで登録が不要だったドローンも申請が必要になる。 6月20日以降、飛行は登録時に発行される登録記号で管理される他、リモートIDと呼ばれる機体の識別情報を発信するためのビーコンをドローン本体に取り付ける必要がある。登録は国土交通省のドローン情報基盤システム「DIPS」を使用する。 オンライ

                                                        ドローンの登録義務化がスタート 100g以上の機体は未登録だと飛行不可に
                                                        • 既存小型船をR2-D2のように自動操縦 船舶ドローン化ユニットをベンチャーが開発

                                                          帆船型ドローンを開発してきたベンチャーが、今度は既存の小型船を自動操縦のドローンにできるユニットを発表した。 帆船型ドローンなどを開発するベンチャー、エバーブルーテクノロジーズ(東京都調布市)は6月20日、小型ヨット、小型ボートなどを自動操船化するユニット「eb-NAVIGATOR2.0」を開発し、予約受付を開始したと発表した。X-Wingを操縦するR2-D2のように、既存の船舶にユニットを取り付けることで自動操縦を可能にするという。 同社はこれまで無人で操船する帆船型ドローンの実証実験を行ってきたが、その経験を生かして、既存の船を遠隔から自動操船するコントローラーと通信部分をユニット化した。 eb-NAVIGATOR2.0は風速・風向・障害物センサーを一体化した、防水型の全天候型制御ユニットで、操船に必要な制御信号(ラダー、推進器、セールウインチ)を変換し、電動モーターを制御する。独自開

                                                          既存小型船をR2-D2のように自動操縦 船舶ドローン化ユニットをベンチャーが開発
                                                          • ドローン きょうから所有者情報の登録義務化 違反で罰則も | NHK

                                                            活用が広がるドローンなどの無人航空機について、所有者などの情報の登録を義務づける新たな制度が20日から始まりました。登録していない機体の飛行が禁止され、違反した場合は罰則が科されます。 ドローンなどの無人航空機は、人手不足などを背景に物流や警備、災害対応などで活用が広がる一方、事故の際などに機体の所有者が特定できないケースが相次いでいます。 20日に施行された改正航空法では、屋外を飛行させる100グラム以上のすべての無人航空機を対象に所有者などの情報の登録が義務づけられます。 登録していない機体の飛行は禁止され、違反した場合は、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金が科されます。 さらに、新たな制度では、国から交付される登録記号を機体に表示させることが求められるほか、飛行中の位置や速度などを電波で発信する機能を備えなければなりません。 国土交通省によりますと、去年12月からの事前登録では

                                                            ドローン きょうから所有者情報の登録義務化 違反で罰則も | NHK
                                                            • レースドローン向け低遅延映像伝送システムのご紹介 - fumiLab

                                                              本記事では2021年度IPA未踏プロジェクトで採択されたプロジェクトの実装物について簡単にご紹介させて頂きたいと思います.まずは実装物をご覧ください. えっこれだけ!?と思われたかもしれませんが,これだけですorz でも,これを作るのに非常に苦労しました.本システムの性能を以下に示します. 項目 FPGAボード Ultra96-V2 FPGA Ultrascale+ Zynq MPSoC CPU ARM Cortex-A53 カメラ Digilent Pcam 5C 解像度 1280*720 px カメラ周波数 30Hz 帯域 100Mbps程度 レイテンシ(送信機) 0.74ms 背景 レースドローンというものがあります.これは結構高速に飛行していてクラスによっては150km/h以上で飛行することもあります.レースドローンはオンボードカメラ(FPVカメラ)映像をヘッドマウントディスプレイ

                                                              レースドローン向け低遅延映像伝送システムのご紹介 - fumiLab
                                                              • 「まぐれを疑った」高齢化の町で豊作 ドローンは農業をどう変えるか | 毎日新聞

                                                                農業用大型ドローンの中央下部から水田にまかれるイネの種もみ=茨城県五霞町で2022年5月9日、安藤龍朗撮影 「ブーン」と低い音を響かせて、大型ドローンが水田の上を滑るように飛んでいく。空から種もみがパラパラと落ちてきた。空からの田植えだ。おいしくて安全なコメを育ててきた日本の農村だが、過疎化、高齢化で手間ひまかけたコメ作りが困難になって久しい。事態打開の切り札がドローンだ。現地を訪れると、省力化された上に豊作にもつながったという。何だかわくわくしてきた。【安藤龍朗】 利根川、江戸川など4本の川にぐるりと囲まれた茨城県五霞(ごか)町。人口約8200人。高齢化率は35・50%と全国平均を上回る。江戸時代には、東北や信州からの物資を運ぶ高瀬舟が往来した水郷地帯だ。川が恵みをもたらし、時には氾濫に苦しめられ、住民は川とともに暮らしてきた。 「腰を痛めないようにやらないといけませんね」。田植え最盛期

                                                                「まぐれを疑った」高齢化の町で豊作 ドローンは農業をどう変えるか | 毎日新聞
                                                                • ネットで交流の相手をドローンで監視、自宅を撮影 29歳を逮捕 | 毎日新聞

                                                                  • 深海から浮上して離陸偵察可能な新ドローンが登場!

                                                                    深海から浮上して離陸偵察可能な新ドローンが登場!2022.06.15 10:0037,596 Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文] ( 湯木進悟 ) Image: YouTube/SpearUAV 潜水艦の大幅な性能向上に! 原子力潜水艦の登場で、グンと長く深く海の底に潜れるようにはなったものの、ずっとそのままだと外部との通信まで遮断され、思うような活動ができないそうです。かといって、海面近くまで浮上してきて、ワイヤレス通信用のアンテナを展開したり、潜望鏡を海の上から出しつつ周囲をチェックしたりしようものなら、敵に発見される危険性が増すことにもなるでしょう。 このほどSpearUAVは、新開発の「Ninox 103 UW」の情報を公開しました。なんと深く深く潜ったままの潜水艦からでも、海面に向けて、まるでミサイルを発射するごとく、Ninox 103 UWを格

                                                                    深海から浮上して離陸偵察可能な新ドローンが登場!
                                                                    • Amazon、ドローン配送サービス「Prime Air」を米国で今年の後半に導入

                                                                      Amazon、ドローン配送サービス「Prime Air」を米国で今年の後半に導入
                                                                      • Amazonのドローン配達サービス「Amazon Prime Air」が10年越しにいよいよ始動

                                                                        Amazonが、長らくテストを続けてきた、自律型ドローンによる配達サービス「Amazon Prime Air」の開始準備に入っていることがわかりました。 Amazon Prime Air prepares for drone deliveries https://www.aboutamazon.com/news/transportation/amazon-prime-air-prepares-for-drone-deliveries Amazon to deliver packages by drone, after a decade of promises - POLITICO https://www.politico.com/news/2022/06/13/amazon-deliver-packages-by-drone-00039156 「Amazon Prime Air」は、注文か

                                                                        Amazonのドローン配達サービス「Amazon Prime Air」が10年越しにいよいよ始動
                                                                        • 学校にテーザー銃を備えた遠隔操作ドローンを導入することをメーカーが提案

                                                                          治安機関向けのテーザー銃やボディカメラを開発するAxonが、テーザー銃やカメラ、AIを備えた遠隔操作ドローンの開発に着手したことを明らかにしました。学校にこのドローンを導入し、銃乱射事件を阻止しようという狙いがあります。 Axon Announces TASER Drone Development to Address Mass Shootings - Jun 2, 2022 https://investor.axon.com/2022-06-02-Axon-Announces-TASER-Drone-Development-to-Address-Mass-Shootings How Non-Lethal Armed Drones Can Help Address School Shootings https://www.axon.com/news/how-non-lethal-armed

                                                                          学校にテーザー銃を備えた遠隔操作ドローンを導入することをメーカーが提案
                                                                          • 空気電池を安全かつ長寿命化する、東レが開発した「イオン伝導ポリマー膜」のスゴい性能|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社

                                                                            東レは、開発が進む空気電池の安全性向上と長寿命化が可能なイオン伝導ポリマー膜を開発したと発表した。重量エネルギー密度がリチウムイオン電池の10倍以上というリチウム空気電池は通常の微多孔フィルムのセパレータでは、異なる電解液の混合による劣化やショートの発生などの安全性が課題。新たなポリマー膜は無孔構造で分離性能が高く、金属イオンがサイト間をジャンプする「ホッピング」により伝導性を確保した。 開発したイオン伝導ポリマー膜は高耐熱アラミドポリマーにイオン親和性を加えた設計。さらにリチウム塩を複合化し、無孔構造でイオン伝導性を高めたのが特徴。空気電池内の異なる電解液を分離するとともに、金属イオンだけをホッピングにより移動させることができる。 正極に空気極を、負極に金属リチウムを使うリチウム空気電池の場合、微多孔フィルムのセパレータでは電解液が含浸し混合により劣化しやすい。また充電時にリチウムの結晶

                                                                            空気電池を安全かつ長寿命化する、東レが開発した「イオン伝導ポリマー膜」のスゴい性能|ニュースイッチ by 日刊工業新聞社
                                                                            • 「横浜開港祭」で最大500機のドローンショー、2日夜 18区同時の打ち上げ花火も

                                                                              横浜市は6月2日、「横浜開港祭」の会場で最大500機のドローンが登場する「ナイトドローンショー」を実施する。会場はみなとみらいの「臨港パーク」上空で、午後7時20分から約10分間のショーになる。 ドローンショーは多数のドローンを一斉に操り、機体のLEDを発光させて夜空にイルミネーションを描く催し物。今回のショーを担当するレッドクリフ(東京都新宿区)は「横浜開港祭にちなんだオリジナルアニメーションを用意している」としている。 ドローンショーの後(2日午後7時53分頃から)は、新型コロナウイルス感染症の収束を願い、医療従事者への感謝を込めて横浜市の全18区で同時に花火を打ち上げる。混雑を避けるため実施場所は公表していない。 横浜開港祭は、開港記念日である6月2日に毎年開催している市民のためのイベント。みなとみらいの会場ではダンスステージや官公庁音楽隊による生演奏などを行っており、YouTube

                                                                              「横浜開港祭」で最大500機のドローンショー、2日夜 18区同時の打ち上げ花火も
                                                                              • ドローン操縦ライセンス(免許)とは?2022年版新設ドローン操縦ライセンス制度まるわかり

                                                                                先日4月20日に国が新たに設立する"ドローン(無人航空機)操縦ライセンス(免許)制度"について発表がありました。今回はその経緯や背景も含め、ざっくりとドローンパイロットの近未来について読み解いていきたいと思います。 操縦ライセンス制度とは? 操縦ライセンス制度の概要 「操縦ライセンス制度」は、国が新たに設立するいわゆる国家ライセンス制度です。これまでのドローン関連資格・ライセンスは民間管理団体が設立したものでしたが、自動車の運転免許のように国が設立・管理していくものとなります。 かねてより2022年の実現を目指している「レベル4飛行(都市部などの有人地帯における補助者なし目視外飛行)」の実施にあたり安全性を担保するためや、現状では飛行の許可・承認が必要な飛行ルールについても合理化・簡略化することを目的に同じく新設される「機体認証制度(機体の安全性を認証、第三者上空飛行が可能な第一種と第三者

                                                                                ドローン操縦ライセンス(免許)とは?2022年版新設ドローン操縦ライセンス制度まるわかり
                                                                                • もう済んだ? 6月20日から義務化“ドローン登録”やってみた

                                                                                  もう済んだ? 6月20日から義務化“ドローン登録”やってみた