タグ

コミュニケーションに関するkzakzaのブックマーク (6)

  • ゲーム嫌いも知らないと損するゲーミフィケーション入門(1/3)- @IT

    ゲーム嫌いも知らないと損する ゲーミフィケーション入門 あなたの生活を変える「Gamification」現状まとめ 株式会社ライブドア マークアップエンジニア/ディレクター 浜 俊太朗 2011/9/16 「Gamification(ゲーミフィケーション)」という言葉をご存じでしょうか? 最近よく話題になっているので、見掛けたことのある方も多いことでしょう。稿では、今後のWeb業界のキーワードとなり得るゲーミフィケーションの解説と現状、そして未来予想をお届けします。 今年の初めごろまでは一部の人が注目しているだけでしたが、ここ最近ではセミナーや勉強会が開催されたり書籍も出版されるなど、盛り上がりを見せています。 「ゲーミフィケーション」とは、何なのか ゲーミフィケーションは海外で生まれた概念で、その質を説明すると「ユーザーエンゲージメントを高めるために、ユーザーに楽しんでもらうための方

  • 「米国のイマドキの若者はメールをあまり使わないらしい」という調査結果 | ライフハッカー・ジャパン

    日々、大量のメールと格闘している大人たちをよそに、「米国のイマドキの若者は、あまりメールを使わないらしい」という調査結果が明らかになりました。 米紙「ニューヨーク・タイムズ」では、メールの利用に関するリサーチ会社「Comscore」の調査結果を紹介しています。 この調査によると、主なウェブメールサイトの米国総ユニークユーザ数は下降気味。Gmailだけが、前年に比べて10%増と、唯一気を吐いています。Yahoo!やHotmailでは、2009年11月をピークに6%減少、とくに12~17歳の層は18%も減少しています。 前年からの、ウェブメールに費やす時間の変化について年齢層別にまとめた、冒頭のチャート図を見ても、その傾向がうかがえます。55歳以上の世代ではウェブメールに費やす時間が15%以上増えているのに対して、12~17歳の年齢層では48%減ったとのこと。また、55歳未満の各年齢層でも、1

    「米国のイマドキの若者はメールをあまり使わないらしい」という調査結果 | ライフハッカー・ジャパン
  • シリコンバレーで見た自由闊達な議論の場所 - 未来のいつか/hyoshiokの日記

    自分が受けたインタビューを自分が解説するという変な企画の第4弾(笑)。スーパーハッカー列伝。吉岡弘隆氏 その1 ソフトウェアの国際化をやっていたころの話をしよう http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20100113#p1 その2 そろそろUnicodeについて一言いっておくか http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20090419#p2 その3 そろそろオラクルについて一言いっておくか http://d.hatena.ne.jp/hyoshiok/20100116#p1 会社に依存しないで技術に真面目に向き合う 最近のキーワードは勉強会 吉岡 私が最近、勉強会とか熱に浮かされたように言ってるのは、そういうコミュニティを作りたいからなんですよ。 川井 なるほど。 そういうコミュニティというのは、プロフェッショナルがプロフェッショナルとして評価

    シリコンバレーで見た自由闊達な議論の場所 - 未来のいつか/hyoshiokの日記
  • Twitterはコミュニケーション革命なんかじゃない (1/3)

    知床半島を海上から見て回る船に乗ったことのある人はご存じだと思う。カモメたちが甲板に立つ観光客の手の届くところまでやってきて、競うようにカルビーの「かっぱえびせん」をくわえていく。その間、船はエンジンをゴンゴン鳴らして水面を強引に引き裂きながら前に進むが、カメモは風に乗ったグライダーのようですらある。羽ばたきもするが、オホーツク海の強い風と重力のバランスを上手くとっている。 大自然のまっただ中で暮らす鳥や魚はもちろんだが、地上生物でさえ自然法則を十二分に活かしている。『運動会で1番になる方法』というを企画したときに、著者の深代千之さんに教えてもらったのは、「カンガルーは速く走っているときのほうが疲れない」というお話だった。ゆっくり動くときは筋肉を使うが、速く走るときは「靱」をバネにゴムボールのように跳ねていくので、疲れないのだ。 それに比べると、人間が使う機械というのは、なんとも効率の悪

    Twitterはコミュニケーション革命なんかじゃない (1/3)
  • サポートエンジニアが経験から語る、論理的文章によるコミュニケーションのススメ

    俺はこれまで一貫してIT業界エンジニアとしてのキャリアを進んできたのだが、これまでのキャリアでもう一つ一貫していることがある。それは、ずっとサポートエンジニアであるということだ。実はサポート職というのはかなり論理的なコミュニケーションを必要とする職種であり、如何に論理的な文章を上手に書くかということが、如何に良い仕事をするか(短い時間で成果=顧客満足度を得られるか)ということに繋がるという側面がある。(もちろん高い技術力が必要なのは言うまでもないが。)サポートエンジニアはメールや報告書という形で日々論理的な文章を書かなければならないので、サポートの経験を重ねることによって論理的にコミュニケーションをする能力というのは徐々に磨かれよう。しかし、論理的にコミュニケーションをするというのは意外と皆出来ているようで出来ていないし、筋が悪いといつまで経っても身につかないこともあり、上手にお客さんを

    サポートエンジニアが経験から語る、論理的文章によるコミュニケーションのススメ
  • 20代の“宅飲み”実態レポート 自宅にいながら、携帯電話やインターネットを介して誰かとつながる、新しい飲酒スタイル“つながり飲み”が出現 2009.9.24 ニュースリリース サントリー

    No.10565   (2009.9.24) 20代の“宅飲み※1”実態レポート 自宅にいながら、携帯電話やインターネットを介して誰かとつながる、 新しい飲酒スタイル“つながり飲み”が出現 近年、“草系男子”や“和風淡々民”などの造語が表すように、若者の生活スタイルや嗜好の変化に対する関心が高まっています。当社が2009年1月に発表した「RTD※2レポート2009」(リリースNo.10322)の調査結果からも、20代は他の世代に比べ、RTDに求める味わいや飲用シーンにおいて特徴的な結果がみられました。今回は、なかでも20代の自宅や友人宅での飲酒スタイルに注目し、その結果をレポートします。 <調査結果の概要>

  • 1