タグ

VPSに関するkzakzaのブックマーク (18)

  • メールサーバー構築(Postfix+Dovecot) - CentOSで自宅サーバー構築

    メールサーバーを構築する場合、送信メールサーバー(SMTPサーバー)と受信メールサーバー(POP/IMAPサーバー)の構築が必要となる。 ここでは、送信メールサーバーにはPostfix、受信メールサーバーにはDovecotを採用する。 なお、Postfixは迷惑メールの不正中継に利用されないようにするため、初期設定では外部から外部宛(例えば、会社等で自宅サーバーのメールアドレスからプロバイダのメールアドレス宛)に送信できないようになっているが、迷惑メールの不正中継に利用されずに外部から外部宛に送信できるようにするため、SMTP認証機能※を有効にする。 また、DovecotはPOP/IMAPサーバーとして構築し、ユーザーがPOPまたはIMAPを選択できるようにする。※POPとIMAPの違い ※SMTP認証機能とは、メール送信時にユーザー名とパスワードで認証を行なう機能であり、これにより、迷惑

  • メールサーバー構築(Postfix Dovecot) - Fedoraで自宅サーバー構築

    メールサーバーを構築する場合、送信メールサーバー(SMTPサーバー)と受信メールサーバー(POP/IMAPサーバー)の構築が必要となる。 ここでは、送信メールサーバーにはPostfix、受信メールサーバーにはDovecotを採用する。 なお、Postfixは迷惑メールの不正中継に利用されないようにするため、デフォルトでは外部から外部宛(例えば、会社等で自宅サーバーのメールアドレスからプロバイダのメールアドレス宛)に送信できないようになっているが、迷惑メールの不正中継に利用されずに外部から外部宛に送信できるようにするため、SMTP-Auth機能※をもたせる。 また、DovecotはPOP/IMAPサーバーとして構築し、ユーザがPOPまたはIMAPを選択できるようにする。※POPとIMAPの違い ※SMTP-Auth機能とは、メール送信時にユーザ名とパスワードで認証を行なう機能であり、これによ

  • PostfixとDovecotでさくらVPS上にバーチャルメールボックスが利用できるメールサーバを作る

    Postfix と Dovecot でさくらVPS上にメールサーバを動かしてみましたので設定例を置いときます。 Postfix は SMTP サーバでメールを送る部分の担当、Dovecot は POP3/IMAP サーバでクライアントからメールを見る部分の担当です。完結したメールサーバとして動かすには両方必要になります。 設定方針は以下の3点です。 バーチャルメールボックスの設定を行い Unix ユーザーを作らなくてもメールを受信できるように設定します。 なるたけセキュリティ的に硬めにしたかったので、自サーバ宛のメールの配送と、サブミッションポート経由で SSL + SMTP AUTH で認証されたクライアントからの外部へのリレーのみを許可します。 バーチャルメールボックスのパスワード管理は Dovecot で一元管理します。(Postfix での SMTP AUTH の認証時のアカウント

    PostfixとDovecotでさくらVPS上にバーチャルメールボックスが利用できるメールサーバを作る
  • サーバでメールを送るまで - あんこの成長記録

    正直、こんなにはまると思ってなかった。。。 目標:symfonyからmailを送る - あんこの成長記録で書いたsymfonyからメールを送るを、前回はMacbookProで試したが、今回はCentOSでたてたサーバで試す。 まずは、以下のページを参考にしてMTAをpostfixに切り替える。 /var/log/maeda.log: CentOSでMTAをSendmailからPostfixに切り替える % yum install postfix % alternatives --config mta % /etc/init.d/postfix start この状態で、前回作成したタスクを今回の環境用にenvとconnectionを修正して実行。 試しに自分のgmailアカウント宛にメールを送信してみる。 でも、失敗。 そこで、ログを確認。 % less /var/log/maillog p

    サーバでメールを送るまで - あんこの成長記録
  • メールサーバー構築時の25番ポートについて - OKWAVE

    ルータなどを通過する通信には、LANを内側、WANを外側として、内から外への通信か、外から内への通信か判別されています。 一般的にルータは内側から外側には自由に通信でき、外側から内側には特別にポートを開放しないと通信できません。メールソフトの場合、送信(ポート25)受信(ポート110)を使って内側から外側に対して通信を始めます。 また、外側から内側への通信ができないとはいっても、内側からの通信に対しての返答は外側からもできる仕組みとなっています。ですからメールソフトが始めた通信に対して、プロバイダのメールサーバはデータを送信できるワケです。 一方メールサーバの場合は、外側にある任意のメールサーバから適時メールの送信を受けます。これは外側のサーバから始まる通信になるので、25番ポートを空けない限り内側のメールサーバにメールが届くことは無いのです。 もちろん内側のサーバから外側のメールサーバへ

    メールサーバー構築時の25番ポートについて - OKWAVE
  • さくらのVPSの設定 - メールサーバーの構築

    さくらの VPS での Postfix と Dovecot によるメールサーバーの構築法を説明します。 記事を書いた後に間違いがないか一応検証済みです。 うまく動かない場合にはコメント欄からご指摘ください。 この記事を書くに当たり使用したバージョンはそれぞれ以下の通りである。 Postfix 2.6.6 Dovecot 2.0.9 インストール後であれば、次のコマンドでバージョンを確認できる。 $ postconf mail_version mail_version = 2.6.6 $ dovecot --version 2.0.9 Dovecot のバージョン 1 と 2 では設定ファイルの構成や設定の内容に差異があるので注意が必要である。 設定方針 バーチャルメールボックスを利用し、メールアカウントと Unix ユーザーアカウントとを分けて管理する。 自サーバ宛のメールの配送と、サブミ

    さくらのVPSの設定 - メールサーバーの構築
  • http://radio-age.com/dev/sakura-2.html

  • ここで躓いた:さくらのVPSでVirtualHost、複数ドメイン

    現在さくらのVPSの2個目を借りて悪戦苦闘中。1個目のVPSを借りた時に試し切れなかったマルチドメインやメールサーバー等々をコチラでテストする予定。

    ここで躓いた:さくらのVPSでVirtualHost、複数ドメイン
  • さくらVPSとnginxリバースプロクシで最速WordPressブログを作る方法(ベンチマーク付き)

    負荷的に厳しくなってきたので sakuratan.biz を Apache(さくらスタンダード)から nginx(さくら VPS 512)に移転しました。 頻発していた 503 もほとんど出なくなって快適です。 Apache から VPSnginxWordPress を移転したいと考えている人もいるかなーと思いましたので、さくら VPSnginx リバースプロクシを使った WordPress ブログの構築する方法をがっつり書いていきたいと思います。 結構長文になってしまいましたので、先に索引を載せときます。 nginx とは nginx が速い理由 リバースプロクシ さくら VPS にインストールするシステム構成 EPEL パッケージリポジトリのインストール MySQL のインストール PHP のインストール nginx のインストール nginxPHP FastC

    さくらVPSとnginxリバースプロクシで最速WordPressブログを作る方法(ベンチマーク付き)
    kzakza
    kzakza 2012/04/05
    nginxかぁ。
  • VPSサービスのご案内 | さくらインターネット

    VPSならさくらインターネット。全プラン2週間無料でお試しいただけます。「使いやすいけどもう少しスペックが欲しい!」「検証用に使うだけだから価格重視」 さくらインターネットのVPSは、用途や必要なスペック、予算に合わせて選べる5つのプランをご用意。個人のライトユーザーからプロユースまで、幅広くご利用いただけます!

    kzakza
    kzakza 2012/03/26
  • さくらインターネット、仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」をリニューアル | さくらインターネット

    国内最大級のバックボーンネットワークを有しインターネットデータセンター事業を運営するさくらインターネット株式会社(社:大阪市中央区、代表取締役社長:田中 邦裕)は、完全仮想化による仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」をリニューアルし、2012年3月29日(木)より新プランとして提供を開始いたします。 「さくらのVPS」は、専用サーバの自由度と共用サーバの低価格、そして仮想化ならではの機能を合わせもつ仮想専用サーバサービスで、Linuxカーネルに標準搭載の仮想化技術である「KVM」を採用し完全仮想化を実現しています。完全仮想化ならではの全6種・14バージョンという豊富なOSの選択肢、Webブラウザからサーバを操作できるリモートコンソール機能などに加え、低価格・高性能という圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。特に技術志向の強いユーザー層から熱烈な支持をいただき、2010年9月1

    さくらインターネット、仮想専用サーバサービス「さくらのVPS」をリニューアル | さくらインターネット
    kzakza
    kzakza 2012/03/21
    うーん。
  • さくらのVPS CentOSでサーバ構築 1 – Login - AKIBE @AKIBE

    <p>さくらのVPSをサーバ構築する作業をメモしていきます</p>ウェブサイトをリニューアルするため、レンタルサーバを多数試用していたところ、共有サーバと同価格帯でVPSを借りられる事を知り、サービスが始まったばかりの「さくらのVPS」を仮登録してみました。今迄、環境の整った共有サーバしか借りた事が無く、一からサーバを構築した事がなかったので、後学の為に作業のメモを残していきます。なお、サーバ管理に関してはド素人で、他所で聞きかじった知識を検証もせずに載せてる部分もあるかと思われますので、ご注意ください。 特にセキュリティ面やパフォーマンス面はご自身で調べる事をお勧めします。助言を頂いたり、気がついた事があれば、随時修正していきます。初期稼動段階での目標と条件一つのサーバで複数のサブドメインを運営するWordPressRedmineを稼動させるDNSはValueDomainのサーバをその

    kzakza
    kzakza 2012/03/04
  • さくらのVPS 設定ガイドリンク集 厳選140 \(初心者歓迎)/ - 浜村拓夫の世界

    さくらのVPSでWebサーバを構築するのに、参考にしたページをまとめました。 相違点を比較検討することによって、標準的な作業手順を洗い出すのに役立ちました。 情報を公開、提供してくださった皆様に感謝いたします。m(__)m 【2011/5/2 追記】 インストール作業のまとめページを用意しました。 → さくらのVPS インストールまとめ ●主な作業内容 基となる作業内容は、デフォルトのゲストOS(CentOS)を使った事例です。\(土台)/ ユーザーの設定 ・管理者ユーザー (root) のパスワード変更 ・作業ユーザーの追加 ・作業ユーザーのグループ追加 (wheel) ・作業ユーザーの sudo 許可 ・作業ユーザーのコマンドのパス追加 SSHの設定 ・rootのログイン禁止 ・パスワード方式のログイン禁止 ・鍵認証方式のログインOK ・秘密鍵と公開鍵の作成と設置 ・SSHのポート番

    kzakza
    kzakza 2012/02/20
  • 月額980円で高速快適! 「さくらのVPS」を試用してみた 

    kzakza
    kzakza 2012/02/19
  • さくらのVPSが想像以上に凄かった。サーバー構築初体験。

    | 人気ページ | おすすめ記事 | 定番ツール | さくらのVPSが想像以上に凄かった。サーバー構築初体験。

    さくらのVPSが想像以上に凄かった。サーバー構築初体験。
    kzakza
    kzakza 2012/02/19
  • Webサービス用にさくらのVPSサーバーを借りた後で役に立つ記事色々:phpspot開発日誌

    WEBサービス用にさくらのVPSサーバーを借りた後で役に立つ記事色々 さくらVPSサーバの人気が高いということで、借りたらやる設定についての記事をまとめてみました。 さくらのvpsといっても普通のcentosと一緒なので、他のvpsサービスやec2でも使えます。レンタルサーバーと違って最初はなにも入ってないので初期設定が必要ですが、これさえみとけば大体大丈夫というものをまとめてます。 さくらのVPS 初期設定 【さくらのVPS】初期設定をしてみた | Untitled Documents. root パスワードの変更、ユーザ追加、sudoers編集、ssh公開鍵設置、パッケージ管理ツールの設定等 CentOSをサーバーとして活用するための基的な設定 (さくらインターネット創業日記) sshのポート番号変更、公開鍵設定、ファイアウォール設定の他、不要サービスの停止といったさくらインターネッ

    kzakza
    kzakza 2012/02/19
  • IDEA * IDEA

    ドットインストール代表のライフハックブログ

    IDEA * IDEA
    kzakza
    kzakza 2012/02/19
  • サーバー管理知識が無くても「さくらVPS」をレンタルサーバーのように使える方法

    Server room with grass! / Tom Raftery さくらインターネットのVPSは月980円、年間だと10,780円から利用できる、かなりお得なVPSです。 VPS(仮想専用サーバー)は、ユーザーの使えるリソースの上限が設定されているため、共有のレンタルサーバーのように他のユーザーさんからの影響がほとんどありません。root権限を持てるため、普通のレンタルサーバーでは出来ないようなカスタマイズが可能です。 その反面、各種設定や管理を自分で行わないといけません。とはいえ、基的な設定作業はそんなに難しいものではないので、多少意味がわからなくても、手順どおりに作業を進めていけば、サーバーを動かすことは可能です。 おおまかな作業の流れを知る idea×ideaさんが当に大雑把な流れを紹介しています。わからない言葉があっても大丈夫です。まずは最初から最後までの流れを知るこ

    サーバー管理知識が無くても「さくらVPS」をレンタルサーバーのように使える方法
    kzakza
    kzakza 2012/02/19
    はてブのコメントでサーバー管理の厳しさを知る。
  • 1